シャンティ フーラ 今村。 [シャンティ・フーラの時事ブログ] 開示される宇宙の壮大な歴史1 ~スミワタルタカキホシノヒメミコ様の通信文より~: 織姫Mのブログ

[シャンティ・フーラの時事ブログ] 開示される宇宙の壮大な歴史1 ~スミワタルタカキホシノヒメミコ様の通信文より~: 織姫Mのブログ

シャンティ フーラ 今村

ここは、あのディディエ・ラウルト医師の研究所ですよ。 pさんのツイートでは、「隔離」と訳されていますが、論文の機械翻訳を見ると「分離」だと思います。 論文では「臨床サンプルからSARS-CoV-2を1週間で大規模に分離できるようにした」と書かれています。 大手メディアのフェイクニュースに絡めとられている一般人が「陰謀論」に目覚めると、今度はチャネリングまがいの誤情報を妄信する人が出て来ます。 「陰謀論」はある種の新興宗教と言えるのかも知れません。 理性を失わず、理性を超えて「直観」を用いてください。 「直観」はの覚醒なしにはあり得ません。 中国の洪水被害が酷いようです。 6月22日に豪雨の影響で、重慶市の各地で川が氾濫。 当日午前に重慶市の水利当局は、「史上最大規模の洪水」が発生すると警告していました。 また、三峡ダムの決壊を防ぐためでしょうが、下流の住民に知らせずに秘密裏に放水したとのことです。 また、ということですが、そのサイズがピンポン玉以上の大きさなのです。 北京では、新型コロナウイルスのG型(D614G)が広がっているようなのですが、G型は「感染力がこれまでの10倍」と言われています。 アメリカで猛威を振るっているのもG型です。 ジョージ・フロイド氏の死から始まった暴動を利用して「イエズス会は米国で内戦を起こそうとしています」と言っていますが、この情報は正しいと思います。 私の直観では、中国の洪水被害も同様に「イエズス会」によるものだと見ています。 「イエズス会」の上層部であるは、現在「光」と「闇」に分裂して争っています。 「光」の側が、になります。 7月5日に東京都知事選挙が行われます。 れいわ新選組の山本太郎候補は、公約に「総額15兆円の都債発行」を掲げています。 これまで時事ブログで多く取り上げてきた金融システムの問題や、これからの経済のあり方を知る方々にとっては違和感のない訴えだと思われます。 しかし、旧来の金融システムの枠内で考える人々にとっては、非常識、奇抜なことをぶち上げて人目を引く詐欺のように映ってしまうようです。 大西つねき氏は、冒頭で「れいわ新選組だから応援するというだけでなく、この都知事選をきっかけに多くの人にお金の仕組みを理解してほしい。 きっと都知事選の見え方が変わる」「多くの人々の生活の困難を解決する突破口が東京都になる」その可能性を語っています。 大変わかりやすく、例えば「15兆円もの都債を誰が買うのか?」との予想質問への回答など、実に説得力にあふれ、ニヤリとしてしまいます。 経済全体のレベルでは「借金はダメ」「借金は返すべき」という思い込みは間違い。 むしろ東京都のような優良自治体は都民を豊かにするために「借金をすべきだ」という理由を解説されています。 今の金融システムは必ず終わります。 終わらなければ地球が破壊されます。 いかに速やかに変えられるか、それはいかに多くの人々が今、どんな牢獄システムの中にいるかに気づくことが鍵になります。 山本太郎を気に入らないという方も、多くの人々を救う提案だという前提で偏見なく視聴していただければ良いなと思いました。 山本候補からは東京都の優良性、そして今は100年に一度の緊急事態であることも考慮した断固たる回答がありました。 0:20〜 山本太郎代表の立候補で 一番注目されるであろう政策は「15兆円の都債発行」とそれによる財政出動という、大胆な提言。 前代未聞だ。 おそらく「未来へのツケ」など常識的な批判がくると思われるが、 この機会に「お金の仕組みの真実」を理解してほしい。 そうすれば山本太郎の政策の意義がわかる。 ビッグピクチャーを見てほしい。 東京都だけでなく日本全体の生きづらさの解決に繋がる。 世界的な変化の根本を知ってほしい。 3:35〜 多くの人が古い「思い込み」にとらわれている。 「借金は返さなければならない」と言う思い込み。 確かに個人レベル、企業レベルでは、当たり前だ。 しかし 「本当は 借金は返してはいけない」 経済全体のレベルで見た場合、全員が借金を返してしまうとお金は消える(お金は死ぬ)仕組み。 「 とりわけ今は政府の借金は返してはいけない。 」 今、政府借金を今返すと大変なことになる。 政府の財政と一般家庭の財政と一緒にしてはいけない。 地方財政は、これまで一般家庭と同じ限られたお財布の中でやると考えられてきた。 それがこれまでの常識だった。 地方債など誰も考えなかった。 15兆円の都債発行などできるのか。 関連記事はこちら• 世界中の子ども達の社会生活を奪ったコロナ 4月から始まった緊急事態宣言。 一番先に閉鎖になったのは学校や幼稚園でした。 困ったのは親、保育園。 いえいえ子ども達です。 コロナは世界中の子ども達の社会生活を一方的に奪ってしまったと言っても過言ではありません。 子どもの立場から見ると、いきなり明日から学校には行けませんと言われて、抵抗できないのです。 特に卒業式を控えた子にとっては残りの学生生活が切られてしまってショックです。 命に代えられないという理由ですが、 一度も子どもの意見を聞こうとしなかった社会。 そして、毎日ニュースで流れている何だか怖そうなウイルス。 死んだ人もいる!外に出てはいけない、友達と遊んではいけない、お母さんが毎日家に居て嬉しいけど、心配そうな顔をして「手を洗いなさい!」ばかり言うのです。

次の

[B!] 竹下氏からの情報

シャンティ フーラ 今村

スミワタルタカキホシノヒメミコ様の通信文が、代理の方を通して中西征子さんにもたらされました。 地球の歴史に関するものだと思っていたので、やはり期待した通りの通信文でした。 神智学においては、1850万年前にサナット・クマーラが金星から地球に降臨して来たこと以降の歴史を語るのみで、それ以前の彼とその一団の転落に関しては沈黙したままです。 これまで一切伝えられなかった宇宙の壮大な歴史が、これから開示されるものと考えています。 週に1回のペースだと思いますが通信が入り次第、情報を皆さんと共有したいと思います。 私もまったく気づいていないレベルの内容が語られるだろうと思っています。 楽しみにしたいと思います。 様 〈通信者:中西征子〉 スミワタルタカキホシノヒメミコ様の代理の方から通信が入りました。 以下通信文です。 「これからあなたに予告していた通信を送ります どうかよろしくお願い致します。 前例のない時代の幕開けに際して、これまでの歴史的事実をまず、お伝えする予定です。 何万年も前から地球に対する計画が天界に於いて計画されてきました。 しかし地上の歴史はまだ始まっていませんでした。 現在につながる歴史の始まりは、約1万年前、チグリス・ユーフラテス川の流域で始まりました。 遥かな昔の時代の痕跡はほとんど形を留めることなく消失してしまいました。 それで先史時代は過去の中に埋もれ、わずかに発掘される遺跡のみとなっています。 今の有史時代は約7千年前から始まったと一般に考えられてきました。 しかし本当の地球上の歴史は数千万年前に遡るのです。 約1億3千万年前に私達星のヒメミコ達は、それぞれの星に赴任を命ぜられ、地球を離れて見守る事になりました。 そして1年前地球に帰還した事はご存知の通りです。 これまで多くの間違った情報が人々をますます混乱させてきました。 それで私達を通して正しい歴史的事実をお伝えする事になったのです。 これまでの情報とは相いれない情報に驚かれるかも知れません。 冷静に真実を見極めようとする強い意志と勇気を持ち 頑迷さや頑なさを打ち破ることが出来れば、 きっとすべての霧がうち払われて物事をつぶさに理解する目を持つ事が出来るでしょう。 かなりの期間に渡って、多くの事をお伝えする事になります。 どうか楽しみに待っていて下さい。 真実を告げる スミワタルタカキホシノヒメミコより」.

次の

[シャンティ・フーラの時事ブログ] 開示される宇宙の壮大な歴史1 ~スミワタルタカキホシノヒメミコ様の通信文より~: 織姫Mのブログ

シャンティ フーラ 今村

ここは、あのディディエ・ラウルト医師の研究所ですよ。 pさんのツイートでは、「隔離」と訳されていますが、論文の機械翻訳を見ると「分離」だと思います。 論文では「臨床サンプルからSARS-CoV-2を1週間で大規模に分離できるようにした」と書かれています。 大手メディアのフェイクニュースに絡めとられている一般人が「陰謀論」に目覚めると、今度はチャネリングまがいの誤情報を妄信する人が出て来ます。 「陰謀論」はある種の新興宗教と言えるのかも知れません。 理性を失わず、理性を超えて「直観」を用いてください。 「直観」はの覚醒なしにはあり得ません。 中国の洪水被害が酷いようです。 6月22日に豪雨の影響で、重慶市の各地で川が氾濫。 当日午前に重慶市の水利当局は、「史上最大規模の洪水」が発生すると警告していました。 また、三峡ダムの決壊を防ぐためでしょうが、下流の住民に知らせずに秘密裏に放水したとのことです。 また、ということですが、そのサイズがピンポン玉以上の大きさなのです。 北京では、新型コロナウイルスのG型(D614G)が広がっているようなのですが、G型は「感染力がこれまでの10倍」と言われています。 アメリカで猛威を振るっているのもG型です。 ジョージ・フロイド氏の死から始まった暴動を利用して「イエズス会は米国で内戦を起こそうとしています」と言っていますが、この情報は正しいと思います。 私の直観では、中国の洪水被害も同様に「イエズス会」によるものだと見ています。 「イエズス会」の上層部であるは、現在「光」と「闇」に分裂して争っています。 「光」の側が、になります。 7月5日に東京都知事選挙が行われます。 れいわ新選組の山本太郎候補は、公約に「総額15兆円の都債発行」を掲げています。 これまで時事ブログで多く取り上げてきた金融システムの問題や、これからの経済のあり方を知る方々にとっては違和感のない訴えだと思われます。 しかし、旧来の金融システムの枠内で考える人々にとっては、非常識、奇抜なことをぶち上げて人目を引く詐欺のように映ってしまうようです。 大西つねき氏は、冒頭で「れいわ新選組だから応援するというだけでなく、この都知事選をきっかけに多くの人にお金の仕組みを理解してほしい。 きっと都知事選の見え方が変わる」「多くの人々の生活の困難を解決する突破口が東京都になる」その可能性を語っています。 大変わかりやすく、例えば「15兆円もの都債を誰が買うのか?」との予想質問への回答など、実に説得力にあふれ、ニヤリとしてしまいます。 経済全体のレベルでは「借金はダメ」「借金は返すべき」という思い込みは間違い。 むしろ東京都のような優良自治体は都民を豊かにするために「借金をすべきだ」という理由を解説されています。 今の金融システムは必ず終わります。 終わらなければ地球が破壊されます。 いかに速やかに変えられるか、それはいかに多くの人々が今、どんな牢獄システムの中にいるかに気づくことが鍵になります。 山本太郎を気に入らないという方も、多くの人々を救う提案だという前提で偏見なく視聴していただければ良いなと思いました。 山本候補からは東京都の優良性、そして今は100年に一度の緊急事態であることも考慮した断固たる回答がありました。 0:20〜 山本太郎代表の立候補で 一番注目されるであろう政策は「15兆円の都債発行」とそれによる財政出動という、大胆な提言。 前代未聞だ。 おそらく「未来へのツケ」など常識的な批判がくると思われるが、 この機会に「お金の仕組みの真実」を理解してほしい。 そうすれば山本太郎の政策の意義がわかる。 ビッグピクチャーを見てほしい。 東京都だけでなく日本全体の生きづらさの解決に繋がる。 世界的な変化の根本を知ってほしい。 3:35〜 多くの人が古い「思い込み」にとらわれている。 「借金は返さなければならない」と言う思い込み。 確かに個人レベル、企業レベルでは、当たり前だ。 しかし 「本当は 借金は返してはいけない」 経済全体のレベルで見た場合、全員が借金を返してしまうとお金は消える(お金は死ぬ)仕組み。 「 とりわけ今は政府の借金は返してはいけない。 」 今、政府借金を今返すと大変なことになる。 政府の財政と一般家庭の財政と一緒にしてはいけない。 地方財政は、これまで一般家庭と同じ限られたお財布の中でやると考えられてきた。 それがこれまでの常識だった。 地方債など誰も考えなかった。 15兆円の都債発行などできるのか。 関連記事はこちら• 世界中の子ども達の社会生活を奪ったコロナ 4月から始まった緊急事態宣言。 一番先に閉鎖になったのは学校や幼稚園でした。 困ったのは親、保育園。 いえいえ子ども達です。 コロナは世界中の子ども達の社会生活を一方的に奪ってしまったと言っても過言ではありません。 子どもの立場から見ると、いきなり明日から学校には行けませんと言われて、抵抗できないのです。 特に卒業式を控えた子にとっては残りの学生生活が切られてしまってショックです。 命に代えられないという理由ですが、 一度も子どもの意見を聞こうとしなかった社会。 そして、毎日ニュースで流れている何だか怖そうなウイルス。 死んだ人もいる!外に出てはいけない、友達と遊んではいけない、お母さんが毎日家に居て嬉しいけど、心配そうな顔をして「手を洗いなさい!」ばかり言うのです。

次の