白鵬 休場。 白鵬の休場に心ない批判 「稀勢の里よりはよっぽどマシ」の声も

白鵬の休場理由は「蜂窩織炎」親方「夜、熱が出た」→毎回いろいろと理由考えますね。

白鵬 休場

「同じ横綱でも、ちょっと価値観が違うのかなと」 白鵬は2019年初場所で、初日から10連勝の後3連敗し、14日目から休場した。 千秋楽の1月27日、NHKの中継で解説した元横綱・北の富士勝昭氏も「(白鵬の)3敗は相手を褒めるべきだと思う」と勝った3力士を評価。 一方で、 「しかし遠慮なく言わせてもらえば、僕は2日間くらい足を引きずってでも、這ってでも出てきてほしかったね」 と、その後休場した白鵬に不満をもらした。 今場所の白鵬は右膝の手術明け。 4日目の幕内・北勝富士戦でその右ひざを再び負傷し、5日目の幕内・錦木戦では左足首を痛めた。 報道によれば、右膝血腫と左足関節炎で「約1週間の加療を要する」と診断されたという。 ケガを押して出場した力士もいた。 幕内・勢は初日に額を切り、8針縫った。 それでも大きなガーゼを当てながら15日間取り切り、9勝6敗と勝ち越し。 千秋楽は敗れたが、ケガをいとわず正面から当たっていった。 ここで白鵬に言及したのが舞の海氏だ。 この日、NHK中継でもう1人の解説者を務めており、 「勢は今日負けましたけど、こういう姿を見ると、やっぱり先ほど北の富士さんのお話にもありましたが、白鵬には最後まで出てほしかったですね」 と、勢と比較。 さらには、 「ケガの箇所も確かに違うんですけど、稀勢の里は出ましたもんね。 そこは同じ横綱でも、ちょっと価値観が違うのかなと考えてしまいますね」 と稀勢の里も引き合いに出し、白鵬に苦言を呈したのだ。 「さすがに共感できない」 稀勢の里は17年3月場所で、左腕を負傷しながら強行出場を続け、結果として優勝と引き換えに相撲人生を左右する「爆弾」をその肩に抱えた。 同5月場所から8場所連続休場(うち3連続全休)、復帰した18年9月場所は10勝5敗と最低限の成績を収めたが、翌11月場所は初日から4連敗後に休場。 そしてこの初場所でも1勝もできず、横綱ワーストの8連敗という不名誉な記録も残して、引退を決断した。 1月16日の引退会見では「自分の相撲が取れなくなっていた。 ケガする前の自分に戻ることはできなかった」と明かしており、最後までケガが影を落とし続けていたことは、多くの人が知るところだろう。 こうした事情もあり、ケガでも強行出場した末に引退した稀勢の里と比べながら、休場を選んだ白鵬に物申した舞の海氏には、違和感を覚える視聴者が少なくなかったようだ。 ツイッターでは、 「舞の海は、稀勢の里があの後八場所連続休場したという事実をふまえた上で白鵬の休場を批判しているのだろうか?」 「力士もファンもケガにナーバスになってるこのご時世にその発言、さすがに共感できない。 最近の舞の海は放言が過ぎる」 「舞の海の白鵬ディスりが意味不明。 稀勢の里は出続けた、と休場続きの稀勢の里と比べるのも違和感あるし」 といった声が相次いだ。 また、ここ数年の白鵬は態度や取り組みぶりが「横綱らしくない」などと批判を受けることも多いのを念頭に置いてか、「白鵬叩きたいだけ?」「白鵬いじめの発言が出ました」との反応もあった。 さらには、 「稀勢の里は、こんな事いう人たちが多かったから、無理して出て引退したんだ」 との指摘も出ていた。

次の

白鵬の休場に心ない批判 「稀勢の里よりはよっぽどマシ」の声も

白鵬 休場

相撲界の横綱「白鵬」ですが、2020年は初場所休場のスタートとなりました。 それに対して引退の噂が流れ始めています。 2日目の対戦相手の「遠藤」が白鵬お得意のエルボーを封じて白鵬に勝利し、3日目は本来であるならな負けるはずのない相手「妙義龍」に敗れてしまったという負け試合の内容も大きいようですね。 妙義龍に至っては、過去の対戦成績は20勝1敗で数字からみても白鵬が負けるはずのない試合であったそうなんですが・・・ 追記:白鵬の休場した病名が判明しました。 蜂窩織炎(ほうかしきえん) 番付発表前にかかとが割れており、そこから菌が入り熱が出たとのこと。 また、遠藤戦で、土俵に強く打ち付けた腰が炎症を起こしているそうです。 昨年2019年9月には日本国籍を取得しているという白鵬関。 今後引退した場合、日本で親方として活動していくのでしょうか?調査してみました。 今回は、白鵬の休場で引退はいつになるのか予想!今後は親方として活動?と題してお届けします。 自身が持つトレーニングルームで汗を流す姿も公開。 約1時間にわたって筋力トレーニングを行ったが、白鵬がこのような姿を見せるのは異例だというが、 「どっちみち今年終わるんだから見せてもいいじゃん。 今年引退するんだから、俺」とポツリ。 真意は不明だが、横綱には2020年にかける強い思いがあるという。 白鵬の父親「ジグジドゥ・ムンフバト」さんは、モンゴル国の元スポーツ選手でモンゴル人史上初のオリンピックメダリスト。 オリンピックには、 レスリングで1964年東京オリンピックから5大会連続出場しています。 白鵬関はその父親と同じ東京五輪に立つため、 2020年に開催される東京オリンピックには髷がついているまま、東京五輪開会式で土俵入りを披露したい。 あと半年、東京五輪まで精いっぱい努めたいと語っていたのとのこと。 親子で東京五輪の舞台に立つ、それが今の白鵬の夢なんだそう。 引退に関しての真偽は分かりませんが、 2020年のオリンピック開催をめどに引退を考えている可能性は充分にありそうですね。 その夢に対して2020年初場所に休場となった白鵬。 手が届きそうな矢先、つまづいてしまいました。 来場所は、今まで以上に勝ちにこだわった姿を見せてきそうな予感もしますね。 白鵬、引退して今後は親方として活動? 白鵬は、2019年9月に日本国籍取得しました。 日本国籍は親方になるための必要条件で、白鵬はこの日本国籍取得により現役引退後も親方として日本相撲協会に残ることが可能になりました。 白鵬自身も以下のように話しています。 モンゴル国籍でなくなった心境について「将来的には自分のためでもあると思うけど、家族や内弟子がいるわけだから、彼らのためでもある」と語り、 「今まで土俵で戦った力士が今は親方ですからね。 (自分も)親方になってから弟子を育てて、相撲界に恩返ししたい」と角界への恩返しを誓った。 白鵬の日本名はしこ名と同じ「白鵬翔」 やっと日本国籍を取得できた、稽古を重ね相撲一筋でやってきたことが今日につながったと思うと話していたことからも、念願だったことが分かります。 引退がいつになるか分かりませんが、将来親方としての道に進むことを決めているようです。 まとめ 今回は、白鵬の休場で引退はいつになるのか予想!今後は親方として活動?と題してお届けしました。 遠藤にエルボーを封じられた白鵬関。 遠藤に、裏返しに土俵にたたきつけられる屈辱的な負け方を喫して、3日目の黒星はこの負けが尾を引いているとみられているようです。 本来の白鵬は、負けた翌日は厳しい相撲を見せ2連敗はめったにしないとされています。 メンタルな部分が心配されていた白鵬ですが、休場した病名が判明しました。 追記:白鵬の休場した病名が判明しました。 蜂窩織炎(ほうかしきえん) 番付発表前にかかとが割れており、そこから菌が入り熱が出たとのこと。 また、遠藤戦で、土俵に強く打ち付けた腰が炎症を起こしているそうです。 今場所は休場となってしまいましたが、来場所それを乗り越えた白鵬を見られるのか・・・ 楽しみです。 それでは、今回はここまでとなります。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の

白鵬の休場に心ない批判 「稀勢の里よりはよっぽどマシ」の声も

白鵬 休場

そろそろ引退かなあ。 日本ダービーは相撲のレースなのだが(第1回勝馬がワカタカ)、朝青龍が不祥事で春に引退した2010年、日本ダービーが白鵬と朝青龍の枠連1-4で仮想での最後の対戦だったことが忘れられない。 白鵬休場に親方「菌が入り昨日の夜に熱が出た」 — キムラハヤオ kimurahayao 「大相撲初場所・4日目」(15日、両国国技館) 横綱白鵬(34)=宮城野=が4日目の15日、日本相撲協会に休場を届け出た。 「腰部挫傷、右踵部裂傷蜂窩織炎(ほうかしきえん)で今後2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出した。 2場所ぶり14度目の休場。 4日目に対戦予定だった平幕北勝富士(八角)は不戦勝。 史上最多を更新する44度目の優勝を目指し、初日は新小結大栄翔に完勝発進したが、2日目、平幕遠藤(追手風)、3日目、平幕妙義龍(境川)と連敗。 2日連続で金星を配給した。 この日朝、都内の部屋で対応した師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)によると、2日目の遠藤戦で腰をぶつけ、「炎症がある」と説明。 右踵(かかと)は「場所前の稽古で割れた。 きのうの夜、熱が出た」と明かした。 5年ぶりの賜杯を狙った初場所は今年も戦線離脱となり、治療に専念することになった。 「1年最初の場所だし、去年がダメだったし、特に優勝したい気持ちはあったと思う」と弟子の心中を思いやった。 満身創痍(い)の体にむち打ち、大目標としてきた東京五輪の年は悔しい幕開け。 親方は「年を取ってくると傷もある。 いろんなところに出て来る。 ケガを治しても治り切らない。 少しずつでも治して付き合うしかない」と、話した。 yahoo.

次の