ギガ ノーカウント使用料とは。 ソフトバンクの動画見放題プラン「ウルトラギガモンスター+」登場

ソフトバンクのウルトラギガモンスターはテザリングに要注意

ギガ ノーカウント使用料とは

YouTube、Abema TV、TVer、GYAO! 、Hulu、LINE、Instagram、Facebook 対応アプリは今後も 拡大する予定。 なおLINEでも音声通話などの利用はギガノーカウントにならなかったりするので、細かな注意点はよりどうぞ。 Image: プレスリリースより。 詳しくはから 料金は 3,480円(1年目)から。 ただしこの3,480円というのは、家族4人以上の「みんな家族割+」や、自宅のインターネットと携帯をセットした「おうち割 光セット」などの割引が適用された価格。 1人かつ割引なしで加入した場合は、 1年目6,480円(おうち割 光セットなし)、 2年目7,480円(おうち割 光セット、1年お得割なし)になります(通話プランは従量課金)。 は9月6日から受付開始。 なお、このプランに加入した方は、すべてのアプリでデータプランがデータ消費なしで通信できる「ギガ使い放題キャンペーン」の特典もあり。 こちらは2018年9月6日から2019年4月7日まで。 半年間は無双や! Source: ソフトバンク(, )• Tags :•

次の

ソフトバンク『ミニモンスター』は注意!新料金プランは安いのか?|格安SIMで料金節約?今話題のMVNOの正体に迫る!

ギガ ノーカウント使用料とは

ウルトラギガモンスター+は動画・SNSサービスのデータ通信容量をカウントしないこと、ミニモンスターは利用した容量に応じて料金が4段階で変わることが特徴だ。 ただし、 これらのプランでは、端末購入に伴う「月月割」を原則として適用できない。 また、本文も一部変更しました 【追記・訂正:14時30分】ウルトラギガモンスター+の「ギガノーカウント」対象外通信について追記しました。 また「通話基本プラン(フリーコース)」の説明を訂正しました 【訂正:16時40分】ソフトバンクからニュースリリースを訂正する予定との連絡を受けたため、その内容を記事に反映しました (記事中の価格は全て税別) ウルトラギガモンスター+。 1人で利用する場合、割り引きを最大限適用すると新規契約から1年間は月額5480円で使える データ定額 50GBプラスは月額5980円。 月間50GBの高速通信容量が付与される他、 動画・SNSサービスに関するデータ通信量をカウントしない「ギガノーカウント」を利用できる。 サービス開始時は、以下のサービスがギガノーカウントの対象となる。 YouTube• AbemaTV(お知らせページ・FAQ・公式サイトの閲覧は除く)• TVer(広告やトピックスの閲覧などは除く)• GYAO! (広告の視聴・閲覧、画像・テキストの閲覧などを除く)• Hulu(動画の視聴・ダウンロード以外の通信を除く)• LINE(LINE通話を除く)• Instagram(Music Storiesの再生を除く)• Facebook(Music Storiesの再生とMessengerの通信を除く) ただし、VPNを介して通信した場合は対象サービスであってもデータ通信量をカウントされる場合がある。 また、一定期間に著しく大量の通信をすると速度制限がかかる場合がある。 ギガノーカウントの対象外通信 通話基本プランは「2年契約」「2年契約(フリープラン)」「2年契約なし」を選択できる。 2年契約は月額1200円で、契約期間中の解約には9500円の契約解除料が必要となる。 フリープランは月額1500円で、 初回の2年契約満了時以降の契約解除料が不要となる。 2年契約なしは月額料金は3900円で、いつ解約しても契約解除料がかからない上、 月月割を適用できる。 いずれの契約も通話は30秒あたり20円の従量課金となるが、国内宛通話が1回あたり5分間無料となる「準定額オプション」(月額500円加算)と、国内宛通話が無制限で無料となる「定額オプション」)(月額1500円加算)も用意している。 ギガ使い放題キャンペーン(2019年4月7日まで) 2019年4月7日までにウルトラギガモンスター+を契約すると、2019年4月7日を含む請求月まで 全ての国内におけるデータ通信を使い放題とする。 このキャンペーンは「iPhone(iPhone 3G)発売から10周年を記念」(ソフトバンクの榛葉淳副社長)したものでもある。 ミニモンスター。 4段階のデータ定額だ(画像の料金は割り引きを最大限適用した場合) データ定額ミニモンスターは、データ通信量によって月額料金が以下の通り変動する。 〜1GB:月額2480円• 〜2GB:月額4480円• 〜5GB:月額5980円• 〜50GB:月額6980円 容量が50GBを超過した場合は通信速度が上下最大128kbpsに制限されるが、従来のデータ定額と同様に追加容量を購入すれば速度を回復できる。 通話基本プランやウェブ使用料は、ウルトラギガモンスター+と同様の設定となっている。 割り引きを最大限適用すると、月額料金が0円から利用できる。 ソフトバンクの既存契約者の他、MNPや純粋な新規契約で他社から移行するケータイユーザー(Y! mobileからの番号移行も含む)も対象となる。 「みんな家族割+」 大容量データプランの契約者を対象とする「みんな家族割」は、9月6日からウルトラギガモンスター+とミニモンスターもカウント対象回線に加わる。 これに伴い、プログラム名も「みんな家族割+」に改める。 ただし、 ミニモンスターは割り引きの適用対象外となる(回線カウントのみ)。 みんな家族割+では、比較的小容量なミニモンスターも回線数に組み入れられる プラン・サービス・オプションの提供終了 今回の新料金パックの提供開始に伴い、9月5日をもって新規契約時のプラン・サービスの加入受け付けを終了する。 通話定額プラン• 通話定額ライトプラン• データ定額ミニ 1GB/2GB• データ定額 5GB• データ定額 20GB(ギガモンスター)• データ定額 50GB(ウルトラギガモンスター)• おてがるプラン また、10月31日をもって既存契約者の以下のプランへの変更の受け付けも終了する。 おてがるプラン(機種変更時)• 通話定額プラン(ホワイトプランからの変更時)• 通話定額ライトプラン(ホワイトプランからの変更時) さらに、以下のプランの契約者が2019年2月1日以降に機種変更する場合、月月割が適用されなくなる。 ホワイトプラン• 通話定額プラン• 通話定額ライトプラン 関連記事• ソフトバンクの「ギガモンスター」向けテザリングオプションが6月から有料化された。 同じ大容量プラン向けテザリングオプションの有料化で大騒ぎとなったauとは異なり、炎上は回避できたようだ。 ソフトバンクは、「SoftBank 光」など固定通信サービスとのセット契約を対象とした割引サービス「おうち割 光セット」を1月17日に改定。 改訂前は2年間と3年目以降で割引率が異なる場合があったが、これを統一する。 2017年はiPhone 8/8 Plusの発売に合わせ、「半額サポート for iPhone」や50GBの「ウルトラギガモンスター」を発表。 同社のモバイル戦略を、iPhoneを中心に榛葉淳副社長に聞いた。 ソフトバンクは、ソフトバンク銀座にて「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「Apple Watch Series 3」の発売セレモニーを開催。 宮内謙社長が、ソフトバンクの料金プランや買い替えプログラム、家族割をアピールした。 また、上戸彩さんと古田新太さんが駆け付けてセレモニーを盛り上げた。 ソフトバンクが、月額7000円で50GBまで通信できる「ウルトラギガモンスター」を提供する。 従来のデータ定額 30GBより1000円安い。 家族で入ると月額料金を割り引く施策も行う。 関連リンク•

次の

ソフトバンクが新料金「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」を3月12日に開始 メリハリプランは容量次第で“1500円引き”

ギガ ノーカウント使用料とは

・kurashiru ・Hulu ・スタディサプリ ・LINE ・Twitter ・Instagram ・Facebook ・TikTok ソフトバンクのスマホプラン「ウルトラギガモンスター+」のスペックをまとめました。 「動画SNS放題」が特徴的ですね!上記の 「ノーカウント対象」にまとめたサービスは、データ通信量を消費しません! 特に「YouTube」や「AmazonPrime」などの消費量が多いコンテンツも対象なのが嬉しいですね。 これ以外で月間50GBも使えるので、スマホの通信量としては十分でしょう…! ただ、ソフトバンク公式に記載されているような「月額3,480円~」というのは、かなり厳しい条件なので注意してください…汗 ウルトラギガモンスター+の通常料金は月額7,480円です。 端末代金は別でこの料金なので、結構な金額ですね。 なお、申し込みの受付は「ソフトバンクショップ」のみとなっています。 契約したい場合は、実際に店頭まで行きましょう。 ウルトラギガモンスター+を申し込む前に知っておきたい4つのデメリット・注意点 ウルトラギガモンスター+の注意点• 公式記載の「3,480円~」を適用するには…、• 家族4人全員でソフトバンク使用(-2,000円)• ・のどちらかと契約し、おうち割を適用(-1,000円)• ご自身の料金が何円になるか?はしっかりとチェックしておきたいですね。 2.ノーカウント対象外の動画サービスには要注意 ノーカウント対象外サービスの例 Netflix、U-NEXT、SHOWROOM、17Live、Mildomなど… ウルトラギガモンスター+のノーカウント対象サービスは年々増えており、サービス開始当初と比べると、かなり充実したラインナップになりました。 ただ、 動画サービスである「Netflix」や「U-NEXT」はまだ対応していないので要注意です。 普通に使える分が月間50GBもあるので、画質に気を付ければ十分に見れる範囲ではあります。 3.ノーカウント対象サービスでもデータ量を消費するケースがある データ通信量を消費するケース (一部サービスを例として掲載しています) 全対象サービス共通 ・VPN、プロキシサーバーを介した通信 ・外部リンク、外部サーバーへの接続 ・非公式アプリ利用時の通信 ・海外での利用 ・Wi-Fiとモバイルデータ通信の同時接続および接続切り替えが発生した場合の通信 YouTube ・ライブ配信投稿 ・広告クリックの遷移先 Amazon Prime Video ・動画視聴やダウンロード以外の通信 Abema TV ・お知らせページの閲覧 ・FAQの閲覧 ・番組公式サイトの閲覧 TVer ・広告 ・計測関連のビーコン ・動画配信ソリューションのシステムに関する通信 ・トピックスの閲覧 Hulu ・動画視聴やダウンロード以外の通信 LINE ・音声通話 ・ビデオ通話 Twitter ・広告クリックの遷移先 Instagram ・音楽(Music Stories)の再生 ノーカウント対象サービスでも、一部対象外となる項目があります。 特に注意してほしい、通信量を消費しそうなケースを赤字で表記しました。 LINE、Instagramは普通に使っていても対象外になる事がありそうですし、YouTubeもライブ配信(する側)は対象外です。 他の項目はあまり気にならないかと思いますね。 4.使い切れなかった容量を翌月に繰り越しできない 翌月へのデータ量繰り越し ウルトラギガモンスター+ 繰り越しできない ウルトラギガモンスター+の月50GBのデータ量を使い切れなかった場合でも、 翌月への繰り越しはありません。 毎月50GBの定量です。 繰り越し出来るサービスも多いですが、ウルトラギガモンスター+は対象外なので注意しましょう。 ウルトラギガモンスター+の嬉しいポイント・メリットも3つ紹介! ウルトラギガモンスター+のメリット• 続いて、ウルトラギガモンスター+の嬉しいポイント・メリットも紹介していきます! 1.月間50GBは動画を毎日約6~7時間見れる大容量! 動画なら毎日約6~7時間視聴できるボリュームですね!(1GB=1,000MB)基本、YouTubeはノーカウントですし、ほとんど使い切る心配はないと思います。 2.家族間通話料無料の「家族割」は適用される ソフトバンク携帯の魅力の一つ「家族割」。 家族間の通話を無料にしてもらえる「家族割」は、 「ウルトラギガモンスター+」に申し込んでも適用されます!無くなりません! 家族が遠方に居て電話をかける機会が多い!しょっちゅう電話もする!電話代も気になる、、。 そんな方は、安心ですね!! 3.ノーカウントのコンテンツはテザリングでパソコンやタブレットで利用してもノーカウント ウルトラギガモンスターおすすめの人• 家族みんなでソフトバンクスマホを利用している方• ソフトバンク光・SoftBank Air・NURO光などの「おうち割 光セット」対応回線を契約している方• ノーカウント対象サービスが無制限で使える点に魅力を感じる方 ウルトラギガモンスター+の割引を全て適用できる方の月額料金は3,480円です。 ノーカウント対象サービスの動画も快適に見れるでしょう。 ただ、 割引が一切適用出来ない場合の月額料金は7,480円と、かなり高めです…。 割引を適用できない方は「」などのを別途契約し、スマホ用は格安SIMの低用量プランで節約するのがおすすめですね。 まとめ ウルトラギガモンスター+まとめ• 月間50GB&YouTube、Amazon PrimeなどのSNSがデータ消費量なし• 通常料金は月額7,480円で、割引を最大まで適用させた場合に3,480円• 割引がある程度適用でき、3,480円~4,980円程で契約できるならお得!• 3大キャリアの高品質通信がこれだけ使えるのは嬉しい この記事では、ウルトラギガモンスター+について紹介しました。 私個人的には、 ウルトラギガモンスター+はある程度割引を適用させ、3,480円~4,980円ぐらいで利用できる方にはおすすめかと思います! 割引一切なしで契約するのは損ですね…。 格安SIMへの乗り換え+無制限wifiの組み合わせや、100GBぐらい容量のあるデータSIMを契約した方がお得かと思います。 この場合、通信品質が落ちるというデメリットがあります。 2019年10月の違約金上限1,000円に制限されたことで、ソフトバンクは解約金が0円となりました。 乗り換えもしやすいからこそ、携帯大手3社は自社のプランへ力を入れてきている印象です。 携帯料金は最適化すれば、かなりの節約になります。 各々、どのプランが最適か…?検証してみてくださいね。

次の