キキ 魔法 が 弱く なっ た 理由。 魔女の宅急便のジジが話せない理由は?なぜか真相を調べてみた

魔女の宅急便でキキが飛べなくなった理由!恋説ではなく、実は初潮説?

キキ 魔法 が 弱く なっ た 理由

ジブリの名作『魔女の宅急便』魔女見習いの少女・キキが飛べなくなってしまう&黒猫のジジの言葉が分からなくなってしまうのはなぜ?突然のスランプの原因は? 魔法が弱くなってしまった窮地のキキ・魔法は復活する?? 金曜よる9時 13歳の新米魔女・キキが修業のために訪れた海沿いの大都会コリコ 降り立つシーンをちょっとだけ 見せちゃおうカナ — アンク@金曜ロードSHOW! 魔女は13歳になると修行のために生まれ育った故郷を離れ、一人で修行に出るという古いしきたりがあります。 まだ飛ぶことしか能のない(本人談)魔女見習いの、13歳の少女キキは、その修業の場に海沿いの街・コリコを選びます。 魔女の子として生まれ、ずっと大切に守られて育ってきた温かい街を離れ、未知の地に降り立ちました。 自分の事どころか、魔法使いのこと(存在)すら知らない、ただひたすらにせわしなく行き交う、(周りに、人々に関心のないのような冷たい)街の人々に少なからずショックを受けてしまうキキ。 自分は魔女であることを誇りに思って生きてきたつもりだったのに、あくまで世間はそんな自分にそっけない。 やがて、キキはその街に住むトンボという男の子と出会います。 知らない街で出会った初めての男の子で、同世代のお友達でした。 魔法使いに興味津々なその男の子は、明るく、屈託なく、キキに話しかけてきます。 ずっと仲良しだったのかな、と錯覚するほどに。 しかし、キキの中で、ある複雑な感情が芽生えていきます。 男の子、女の子、おじさんもおばさんも、どんな人とでも仲良く親しくなれる少年でした。 ある日、トンボ作のプロペラ自転車の後ろに乗せてくれる事になり、自転車(?)ドライブへと行ったトンボとキキ。 とても楽しい時間を過ごすことが出来たキキ。 純粋にこんなに笑った時間は久し振り。 トンボといる時間がとても楽しかった、と感じるキキ。 しかしその瞬間、遠くからやってきたのはトンボのいつものお友達集団。 車に皆で乗り込んで、トンボを誘っている。 女の子たちはおしゃれな服を来て、垢抜けた都会人といったところ。 「あ、あの子知ってる。 宅急便やってる子よ。 」 そんな声が遠くから聞こえる。 自分のことを話している。 トンボは楽しそうに仲間のところに駆けていく。 胸の中がモヤモヤしていくようなキキ。 帰ってきたトンボは一緒に行こうよ、みんなにも紹介するから、と楽しそう。 しかし突然キキは、帰る!と突っぱねるのでした。 どうしたの?と目を丸くするトンボ。 「怒ってなんかいないわ。 私は仕事があるの、付いてこないで!」 可愛くなくなっちゃったキキ?初恋?嫉妬?少女から大人に?魔力が弱くなった原因は? 自分は原作も読んでいませんし、具体的に詳しい話はわかりません。 初恋説、初潮説、少女から大人への変化による葛藤、スランプ、色々な説が聞かれます。 しかし、宮崎駿監督が作ったこの素敵なお話に、ふんわりと包んであるものをばりっと開けて中身を出し、これは絶対こういうことだ、と他人が言い切って、断言してしまうのも野暮ってなものです。 なので、正解はなく、すべての説が一理あると思っていつも拝見しています。 正解は決めなくても良いと思います。 ですが、自分なりの説もちょこっとだけ載せてみたいと思います。 トンボといるのが楽しくて、こんな時間をずっと過ごせたら素敵でいいのになぁ。 そんな時に割って入られた相手は都会に住むキラキラした女の子たち。 きれいな格好をして、おしゃれなものを持ち、自分にはないものを持っている。 瞬間的に面白くない、と感じたキキは道を翻していきます。 この行動は単純に嫉妬でしょうね。 友達を取られる、お気に入りのものを取られる、ステキな異性を取られる、そんな類のもの。 あの膨れ顔は単純に嫉妬、気に入らない、そんな感じですね。 明白です。 そしてプンプンして帰ってきて、私可愛くないな~なにやってんだろ、と部屋に落ち込みながら帰ってきて、ジジの言葉が通じないことに気づきます。 ジジが話しているのに「にゃ~」しか聞こえない。 そしてキキは外でほうきで飛べるか確認しますが、力が出ない。 飛べなくなっている。 魔力がとても弱くなっていることに気づきます。 「どうして…?」 の言葉が分からなくなり、魔法のちからが弱くなっていることに気付いた。 ほうきで飛ぶこともできなくなってしまい、何とかして飛べるように練習していたのですが、うまくいかずほうきが折れてしまいます😞初めての挫折が強く印象を残すシーンです — アンク@金曜ロードSHOW! それが自分なりに考えたのが 「普通の人間女子への憧れ」。 これが瞬間的に大きくなりすぎてしまい、自分の魔女としての力を脅かすほどに、自分の中を占めてしまい、力を弱めてしまったのかな?と。 プンプンしながら帰っていたあの時、ぐるぐると考えていた頭の中、心の中。 自分も普通の女の子みたいに、あっち側になれたらな、と思ってしまったのではないでしょうか。 羨望、嫉妬、自己否定、自信喪失。 キキは魔女として生まれて育ち、それが当たり前で、その血が誇りですらあった。 自分は魔法使いで、故郷の街の大人たち、友人たち、皆が応援してくれて、自信を持って生きてきた。 だけどそんな自分は今、あの子達には勝てない気がした。 魔女であるということすらどこか少し恥ずかしく、自信なく思えてしまった。 自分が魔女であることは誇りだったのに。 初めてその根底が揺らいでしまった。 自分をどこか恥ずかしいと思うような。 悔しいと思うような。 人を好意的に思うという初めての気持ちを通して、「普通の女の子」への嫉妬。 私もあの子達みたいな普通の女の子になれたら…、と自分を否定するような。 そしたらトンボもあっちには行かなかったのではないか、なんて。 そんなことをぐるぐる考えて歩いているうちに、普通の女の子としての自分>魔女としての自分、になってしまっていったのではないでしょうか。 初めて自分の中の魔女比率が下がってしまった瞬間だったのかもしれません。 『魔女の宅急便』のテーマは「思春期」ですから。 これを言葉にってのは野暮ってものです。 ですが、トンボが仲間の方に行った途端、キキは露骨に不機嫌になったので、そこを軸に、自分なりに想像してみました。 いつかどこかの瞬間で突然なにかのきっかけがあってバチッと魔力が弱くなったのではなく、歩きながら頭でモヤモヤ考え事をしている事で、自分で自分の力を痛めつけ、弱めていってしまったのではないか、ということです。 体が元気でも、心が病気になると、人間は病気になったりしますからね。 心っていうのは体に出てしまうし、体は心に逆らえません。 キキの精神的なものが魔力に直に影響してしまったのでしょう。 あくまで、個人的ないち予想ですが。 相変わらず魔力は弱めで、飛び方はめちゃくちゃです。 修行スタート時とほぼ変わらないとも取れますが(笑)。 ですが、トンボの危機を知って反射的に、本能的に飛び出して行ったキキ。 助けたい、救いたい、そんな一心で向かいます。 近くにいたお掃除のおじさんのデッキブラシを借りて、荒れた魔力のままがむしゃらに。 自信を喪失していたキキでしたが、トンボのために力を集中させます。 キキが一つ大きく成長した、この映画のメインとも言える場面でした。 ああだったら…、こうだったら…、自分なんて…、私なんて…。 そんなことをぐちゃぐちゃ頭で考えて弱っていくのではなく、ただ自分の持てる才能と力と気合と、強い想いで出来ることに精一杯立ち向かう。 そんな強い気持ちが勝った瞬間でした。 一つ殻を破った瞬間でした。 しかしラスト、キキのそばにやってきたジジは最後まで人間の言葉を話しませんでした。 成長して、殻を一つ破ったはずのキキは、ジジの言葉を理解できないまま終わります。 これは キキがおとなになり、ジジの助けを必要としなくなったから、という説が濃厚ですね。 キキの母も黒猫はそばに置いていませんね。 先輩魔女さんは連れてはいましたが。 本人がおとなになると話せなくなっていく、っていうのもしきたりなのかな? 赤ちゃんが生まれるとおしゃぶりをあげたり、ぬいぐるみをあげたりするのと同じように、魔女の子には小さな子猫をあげるのかな? でもジジって普段からそんなに助け?アドバイスしてないし(笑)、まぁ、動物の気持ちを訳してくれるのは助かるけど。 でも普通にお友達として話しながら二人で仲良く過ごして行って欲しかったなぁ。 また大人の魔女として力をつけたらいつか話せる時が来るのかな? キキと同じで、ジジも猫界では選ばれし猫なのかな~って思っていたので、リリーちゃんと恋して結婚して、子供が生まれて、なんだかめちゃくちゃ普通なモブ猫になってしまった感がどうにも違和感なんですよね(笑)。 こんなところで終わるジジじゃないだろ?と。 気になるところですが、そこは各々の妄想を膨らまて楽しみましょう。 以上、長くなりましたが、魔力についての紹介でした! 正解は探さずに、妄想で、想像で、楽しんでいきましょう!! 追記: 再び飛ぶことができるようになった ですが、 は喋らないままです。 実はキキの魔女の力が弱くなってしまったからではなく、キキが新たな一歩を踏み出したからこそ、ジジが「ただの猫」に戻ったということなんです。 このことについて鈴木敏夫プロデューサーは次のように語っています。 だからジジとの会話っていうのは、自分との対話なんです。 ラストでジジとしゃべれなくなるというのは、分身がもういらなくなった、コリコの町でちゃんとやっていけるようになりました、という意味を持っているわけです」 — アンク@金曜ロードSHOW!

次の

『魔女の宅急便』キキが飛べない(魔法が弱くなった)のはなぜ?スランプの理由は?どんな説が?

キキ 魔法 が 弱く なっ た 理由

スポンサーリンク 魔女の宅急便のジジが喋れなくなったのはなぜ?映画と原作の違い ある日を境に、キキにはジジの声が聞こえなくなってしまいます。 故郷の街からジジと2人で新しい街へやってきて、相棒とも言うべきジジの声を聴くことができない時のキキの不安は相当のものだったでしょう。 そしてそれ以降、ジジは人の言葉を発しません。 飛べなくなったキキが再び空を飛んでもジジが喋る事はありません。 いつも思う、魔法の力は戻ったはずなのにジジの声はまだ聞こえないのは何故? — ふろん Foget1975 魔法の力が弱くなったからジジの言葉も分からなくなったのでは… あくまで予想 — ・秋 桜・🌸低浮上気味 cosumosu0127 キキが飛べなくなって、ジジの言葉が分からなくなるじゃないですか。 で、キキは飛べるようになるけど結局ジジの言葉は分からないまま。 これって、キキの魔法の力が弱まったからじゃなく、ジジに好きな猫ができて人間の言葉を忘れたからなのか? — ちょむ助 tyomusuke4989 突然ジジが喋らなくなってしまったのはなぜなのでしょうか。 原作と映画版の違いも解説します。 原作ではジジはずっと喋っている 原作では最初から最後まで相変わらず『魔女猫のジジ』であり、ジジが人間の言葉を喋らなくなったという設定は、宮崎駿監督の魔法にかかったジブリアニメ『魔女の宅急便』におけるオリジナルの解釈となります。 文字ではジジは喋っている、映画では喋らない・・・ ジジファンの葛藤が見えるようです(笑) 多くの人が考えていた答え 魔法の力が弱くなったから ジジが人間の言葉を喋らない事から、ひょっとしたら自分の魔法の力が弱くなったのかもしれないと、慌ててキキがほうきにまたがるシーンがあります。 この場面を観れば、 『魔法の力が弱まった=ジジの言葉がわからなくなった』と解釈するのはごく自然な事とも言えるのではないでしょうか。 魔法の力を使って黒猫のジジと言葉を交わしているから、という見解です。 恋をしたから キキは本当はおしゃれをしたい年頃の普通の女の子です。 だからトンボの女の子の友達にも、嫉妬なのか何なのかわからないイライラした感情を抱いてしまうんですよね。 宮崎監督はトンボと恋仲になるような設定は考えていなかったようですが、好きでもなんでもない男の子の女友達なんて、正直どうでもいいですよね・・・(笑) ちょっとでも好意を感じるからこそのイライラだと思ったのですけどね(汗) キキは 『人間として(魔女だけど)』トンボに恋心を抱き、ジジは 『ネコとして』白猫のリリーちゃんに恋をしてしまった。 今までずっと一緒にいたのに、 恋がキッカケで別々の道を歩み始めたことから言葉が通じなくなった、という見解もあります。 宮崎駿監督の答え:ジジはもともと喋っていなかったから 『ジジはもともと喋っていない』 なんとも衝撃的な理由ですね・・・ もう少し掘り下げると、映画公開時に宮崎駿監督はトークショーで次のように語ったようです。 ジジの声はもともとキキ自身の声で、キキが成長したためジジの声が必要なくなった。 変わったのはジジではなくキキ。 宮崎駿監督の言葉 つまり、キキの独りごと? 子供が人形やぬいぐるみで1人2役演じるアレと一緒? キキにとってずっと一緒だった『人の言葉を喋る黒猫のジジ』は、小さな子供にとっての一番のお気に入りのおもちゃのように、 キキとキキの心の声が生み出していた空想上のものだったのですね。 えー、そうなの・・・? って、ちょっとだけ寂しくなるのは私だけでしょうか(笑) そうやって様々な見解ができる部分を散りばめ、思わぬ答えがあるのがジブリ作品の面白いところ。 そして答えがわかってもわからなくても、知っていても知らなくても楽しめるのがジブリ作品のいいところでもありますね。 子供が観るのと大人が観るのとでも、見方が違ってくるわけです。 スポンサーリンク キキの魔法の力が弱くなった理由は?原作の内容から解説 ジジの言葉がわからない事に驚いてほうきにまたがってみるキキ、悪い予感は的中し、空を飛ぶことができなくなっている事に気がつきます。 そして その理由をキキは『魔法が弱くなってる』と解釈しています。 一方、 原作における『魔法が弱くなる理由』は『時代』。 真っ暗な夜も、音のない夜もない現代では集中力を維持できません。 ただでさえ不安定な年頃のキキですから、ちょっとしたことで心が乱されることもあるのです。 以上の事から、キキの魔法の力が弱くなった理由を解説します。 魔法の力が弱くなったのではなく使い方がわからなくなった キキ自身が、魔法の力でジジと言葉を交わしていると信じているようですが、振り返って考えてみると旅立ちの時、キキのお母さんはキキについて 『空を飛ぶことしか覚えなくて』と言っていますね。 キキの母オキノは薬を魔法の力を加えた上で作っていますが、 『私の代で終わり』と言い、お客さんであるドーラさんには 『時代ですよ』と言われています。 このやり取りからわかるように、キキは母の薬の作り方を習得していないのです。 (または覚える気が無いのかもしれませんが。 ) たくさんの街の人々が生活しているとすれば、当然夜の闇も静けさもあるとは思えません。 キキはこんな時代の魔女だから集中力が散漫になっている上、元々が『魔法の力が弱まる』状態だったからこそ母の薬作りのレシピを受け継ぐことができなかった、とも考えられます。 しかし、仮に元々持っている魔法の力が弱かったとしても、意識せずに空を飛ぶことはできたキキ。 ジジの言葉が突然わからなくなり、空の飛び方も意識すればするほど『わからない』という軽いパニック状態に陥ったと考えられます。 それは『元々持っていた魔法の力が弱くなった』わけではなく、『魔法の使い方がわからなくなった』。 つまり魔法を使うためには集中力が必要なのに キキの心に乱れがあったから、と言えるでしょう。 これまでの自分ではなくなってしまったから 大きくなるにつれ、小さな頃にはできていたことが出来なくなってしまった。 キキにとっては 『簡単に空を飛べていたのに、なぜか飛べなくなってしまった』が該当します。 13歳という年齢は、通常急激に体に変化が訪れる頃でもありますから、そんな変化にキキ自身の心が追いついていない状態なのだと思われます。 集中力という観点から見れば、急激な体の変化で心が乱れていますから、当然のように散漫になっている事でしょう。 簡単に言えば、 何か最近思うように体が動かないわぁ。 体も重い気がするし。 小さい時は早起き得意だったのに、最近眠いわぁ。 てか先生とか親ウザ・・・ キキもこういう年頃なんです。 スポーツ選手でも、成長と共にバランスのとり方が崩れてしまって、一時的に成績が振るわないような事もあります。 それと同じような変化がキキにも訪れたという事ですね。 まとめ かわいくてちょっと憎たらしいセリフも喋っていたジジが突然言葉を言わなくなってしまう・・・ キキの成長を表す部分であったとしても、単にかわいいジジの行動を眺めていたかったファンにとっては悲しすぎる演出です(涙) 子供の頃は単純に魔法使いの女の子の物語として観ていた『魔女の宅急便』は、大人になるとキキの戸惑いや苛立ちに、過去の自分を重ねて見る事ができるようになります。 一人の少女が大人になっていく過程を描いた『魔女の宅急便』。 子供でも大人でもない微妙な年頃の気持ちを思い出しては、懐かしさを感じます。 ・・・いや、微笑ましい気持ちになりながらも、もう『大人サイド』からしか観れなくなってしまっていた自分に気づいて、やっぱりちょっとだけ悲しくなるのでした(汗).

次の

魔女の宅急便でキキが飛べなくなった理由!恋説ではなく、実は初潮説?

キキ 魔法 が 弱く なっ た 理由

一人前の魔女を目指す少女が、親元を離れ、修行をしていく過程で、様々な出会いや経験を経て成長していく姿が描かれた、スタジオジブリ作品の国民的アニメ 「魔女の宅急便」 その一つ一つのシーンを記憶している方もたくさんいらっしゃると思います。 そこで空を飛べる魔女の特技を活かして「魔女の宅急便」を開業し、見知らぬ街で奮闘するキキでしたが、ある日突然、空を飛べなくなり、生まれた頃から一緒にいる相棒の黒猫ジジとも会話ができなくなってしまうというシーンがあります。 劇中では「魔法が弱くなってる」と呟き、焦るキキの様子が描かれていましたが、一体この原因は何なのでしょうか? ネットでは様々な理由が噂されていますね。 今回は、そのキキが飛べなくなった理由を考察し、ご紹介したいと思います。 その中でも有力だったのが、 「トンボに恋をしたため」でした。 この原作内では「恋」が理由として描かれていました。 母親のコキリさんが人間のお父さんと出会い、恋に落ちて魔法を一つ忘れてしまうという描写もあります。 ジジと会話ができなくなった理由も、キキがトンボと仲良くなっただけでなく、ジジも近所の白猫リリーと恋仲になったことが恋愛説の根拠として挙げられていました。 恋愛説が有力なのはこのように原作準拠の考え方に基づいているからですね。 実際、映画内でも、トンボとの接し方でキキの不安定な様子が描かれています。 キキの初潮説 冒頭でご説明した「魔法が弱くなってる」とキキが呟いたシーンで、彼女が自分の下腹部を押さえているような場面があります。 この場面がキキが初潮を迎えたのではないかと考えられているシーンです。 そして、キキが飛べなくなった理由として、キキが初潮を迎えた説も有力視されているのです。 その根拠として、宮崎駿監督の次のコメントが挙げられます。 この作品では「魔法」というものを、従来の魔法の伝統とかを全て切り離して、キキの持っている、ある種の才能であると限定して考えました。 そのため、時には飛べなくなることがあるんです。 飛べなくなったのはトンボと喧嘩したからだとか、説明すれば問題が明確になるとか言えば、そうはならないと思うんです。 むしろ、映画の中の表現の方が 女の子に納得してもらえると考えたんです。 僕たちにも、昨日まで描けていたものが突然、今日描けなくなることがよくあります。 どうしていままで描けていたのか忘れてしまうんです。 それがどうしてなのか解りませんよね コメントの中で、飛べなくなった理由として、トンボとのことだとは明言できないことや、映画の中の表現の方が 女の子に納得してもらえると思ったということを述べられています。 つまり、原作とは違う表現にしたかったことや、視聴者の想像に委ねるといった含みのある言い方をされています。 このことから、 女の子ならわかるという解釈で、キキの初潮説が浮上したようです。 劇中のキキは13歳で、初潮を迎えてもおかしくない年齢です。 まとめ 宮崎駿監督は、キキがジジと話せなくなってしまった変化についてもジジが話さなくなったのではなく、 変わったのはキキ自身であることをコメントされています。 ジジの声はもともとキキ自身の声で、キキが成長したためにジジの声が必要なくなったということです。 実際、劇中でジジはキキ以外とは話していません。 13歳の女の子が、独り立ちを目指し見知らぬ街で、新生活を始めるのに話し相手として心の支えになっていたのがジジだったということでしょうか。 そして、色々な出会いや経験を経て、精神的にも、身体的(初潮)にも成長して少女から大人へと変化しつつある状況を表現したかったのが、今回の飛べなくなったシーンということになります。 監督のコメントからそんなメッセージを感じ取れました。 都会のおしゃれな服で着飾った同世代の女の子たちを見て、自信を失ったり、好きな男の子が気になって嫉妬して本心とは違う態度をとってしまったりと、思春期の女の子特有の成長過程が物語で描かれています。 クライマックスでは、大好きなトンボを救うために無我夢中になりホウキではなく、そばにあったデッキブラシで再び飛んで救出に向かいます。 そして、エンディングではそのデッキブラシを気に入ったかのように乗り続けている姿が描かれています。 魔女として当たり前のホウキではなく、自分らしさの個性としてデッキブラシを使い続けている点も、今回考察したシーンとつながっている場面だと考えられます。 宮崎駿監督も、明言を避けて視聴者に判断を委ねるようなコメントをしていらっしゃいます。 ですので、答えはないかもしれませんが、名作映画を自分なりの考察を交えて鑑賞してみるのもいいと思います。 気になった方は是非、今回の話題となったシーンを注目してみてください。

次の