ヨークシャ テリア。 ヨーキー(ヨークシャテリア)にぴったりのヘアスタイル特集

ヨークシャーテリア専門 ブリーダーとヨーキーの子犬紹介サイト ディアヨーキー

ヨークシャ テリア

ヨークシャテリアの平均寿命は? ヨークシャテリアの平均寿命は14~16歳くらい(人間の年齢に換算すると72~80歳)で、小型犬の中では長寿な犬種と言えます。 18歳まで生きたというヨークシャーテリアもおり、これは人間に換算すると100歳近くになります。 ヨークシャテリアの寿命と長生きするコツ ヨークシャーテリアを長生きさせるコツとして病気に注意することが挙げられます。 ヨークシャテリアは長寿の傾向にありますが、心臓病などは比較的早い時期から起こりやすく、シニアになったら定期的な健康診断を欠かさないようにしましょう。 また、シングルコートで暑さにも寒さにも弱い犬種なので、エアコンなどで室内の温度管理をしっかりと行いましょう。 小型犬で関節も弱いため、フローリングなどの滑りやすい床だと関節に負担がかかり、怪我の可能性も高まりますので、滑り止めマットやカーペットなどで体への負担を減らしてあげましょう。 ヨークシャテリアは我が強い面があります。 目の届く範囲で、ハウスやケージなどパーソナルスペースを作ってあげるなどストレスを減らしてあげることも大切です。 また、避妊や去勢をすることで「精巣腫瘍」「卵巣腫瘍」「前立腺疾患」「子宮蓄膿症」「乳腺腫瘍」「肛門周囲の腫瘍」などの病気の予防にもなり、寿命を延ばすことにも繋がります。 Sponsored Link ヨークシャテリアのかかりやすい病気は? ヨークシャーテリアのかかりやすい病気の一つに「膝蓋骨脱臼」が挙げられます。 これは膝の骨である膝蓋骨が脱臼してしまう病気で、発症すると犬は足をつったような歩き方をします。 膝蓋骨脱臼は自然に治ることが多いのですが、一度脱臼してしまうと再発しやすくなり、症状が重くなると骨が変形し、手術が必要になる場合もあります。 「気管虚脱」もかかりやすい病気のひとつで、気管が本来の形を保てなくなり、途中でつぶれてしまう病気です、詳しい原因は分かっておらず、遺伝もひとつの要素とされています。 脳室と言われる部位に脳脊髄液が過剰にたまり、脳圧が上がる「水頭症」という病気も気を付ける必要のある病気の一つです。 この病気も遺伝が関与していると言われており、先天性水頭症が見られることがあります。 また、「門脈シャント」もヨークシャテリアのかかりやすい病気の一つとして知られています。 これは腸管から吸収されて肝臓に運ばれ、解毒されるはずの毒素が、シャント(余分な血管)により、肝臓で処理されないまま体内に回ってしまう病気で、無治療の場合は死に至る病気です。 多くは2才くらいまでに発症します。 その他にも糖尿病、尿結石、低血糖などがヨークシャーテリアのかかりやすい病気として挙げられます。 ヨークシャテリアの病気のサイン 「膝蓋骨脱臼」では違和感のある脚を浮かせたような歩き方、脚をかばうような歩き方、引きずるような歩き方をする、散歩の途中に急に立ち止まったりするなど歩き方に症状が現れます。 「気管虚脱」では呼吸が苦しくなり、「ゼーゼーとあえぐ」「乾いた咳を出す」というような症状が現れます。 初期の症状では、喉に何か詰まったような咳(空咳)や、水を飲んだ時にむせるような仕草などが特徴的です。 「水頭症」では、同じところを旋回し続ける(意識障害)、一日中ぼーっとしたり寝ている時間が多い(痴呆症状)、突然性格が変わったかのように、吠える、噛む、暴れる(神経疾患)、呼んでも反応がないなどの症状が現れます。 「門脈シャント」の初期症状は食欲不振、下痢、嘔吐、多飲多尿など、他の病気でもよく見られる症状が多いので判断が難しいかもしれません。 病気の予防法と対処法 小型犬なので必要な運動量は少なく、室内だけの運動でも十分まかなうことができます。 しかし、散歩は運動以外にも、外の景色に触れ好奇心を満たすことや、ほかの犬や家族以外の人と触れあうことで社会性を磨くためにも必要です。 食間あるいは食前に20分ほど散歩をさせれば十分です。 できれば毎日、少なくとも週2~3回は散歩に連れて行ってあげるようにしましょう。 歳を重ねるごとに体力が低下していきますので、様子を見て調整が必要です。 ヨークシャテリアの老化のスピード 他の犬種に比べて平均寿命が長めのヨークシャテリア。 14歳~16歳が平均寿命だと言われているので、人間と比較するとおよそ4倍の老化速度となります。 人間の歳に換算すると、1年で4歳歳を取ることになります。 しかし、寿命は環境によっても変化するので、平均寿命よりうんと長生きするわんちゃんはたくさんいます! ヨークシャテリアの老化に伴う外見の変化 元々足腰の強くないヨークシャテリアですが、老犬になると更に骨や関節が弱くなります。 床が滑りやすいと骨折の危険性だけでなく、歩き難さによるストレスも出てきます。 そのほかに、毛ツヤがなくなるなどの変化も見られます。 Sponsored Link ヨークシャテリアに適した散歩の量は? 小型犬なので必要な運動量は少なく、室内だけの運動でも十分まかなうことができます。 しかし、散歩は運動以外にも、外の景色に触れ好奇心を満たすことや、ほかの犬や家族以外の人と触れあうことで社会性を磨くためにも必要です。 食間あるいは食前に20分ほど散歩をさせれば十分です。 できれば毎日、少なくとも週2~3回は散歩に連れて行ってあげるようにしましょう。 歳を重ねるごとに体力が低下していきますので、様子を見て調整が必要です。 ストレスをかけないために飼い主が出来ること ヨークシャーテリアは比較的抜け毛が少ないと言われるシングルコートですが、毛が細く絡まりやすいのでブラッシングは毎日行いましょう。 暑さ寒さの変化に弱いので、トリミングでショートカットにする場合は、冬は服を着せるなどして、しっかり対策してあげましょう。 必要な運動量自体は室内の運動で十分まかばえますが、好奇心旺盛なヨークシャーテリアにとって、あまり変化のない室内だけの生活ではストレスになってしまいます。 定期的に散歩に連れて行ってストレスを発散させてあげましょう。 遊ぶこと、甘えることが大好きなヨークシャーテリアですが、ひとりになることは苦手な為、留守番が多いとストレスを溜めてしまうこともあるので、気を付けましょう。 体が小さいため、関節が弱く、滑りやすい床は身体に負担がかかり危険です。 フローリングの場合は、滑り止めマットや、カーペットなどを利用して、関節への負担を減らしましょう。 ヨークシャテリアの寿命に関するまとめ ヨークシャテリアの平均寿命は14~16歳くらいで、小型犬の中では長寿な犬種と言えます。 長寿の傾向にありますが、心臓病などは比較的早い時期から起こりやすく、シニアになったら定期的な健康診断を欠かさないようにしましょう。 また、暑さにも寒さにも弱い犬種なので、室内の温度管理をしっかりと行いましょう。 小型犬で関節も弱いため、フローリングなどの滑りやすい床には滑り止めマットやカーペットなどを敷き、体への負担を減らしてあげるようにしましょう。 必要な運動量は少なく、室内だけの運動でも十分まかなうことができますが、少なくとも週2~3回は散歩に連れて行ってあげるようにしましょう。

次の

ヨークシャー・テリア(ヨーキー)ブリーダー|日本最大級のヨークシャー・テリア(ヨーキー)ブリーダー子犬販売サイト

ヨークシャ テリア

関連記事 ヨークシャテリアの運動について 小型犬なので必要な運動量は少なく、室内だけの運動でも十分まかなうことができます。 可能であれば、1回20分程度、毎日の散歩が理想的です。 ヨークシャテリアのしつけ方は? まず上下関係をしっかり教え、飼い主さんがリーダーであることを理解させます。 そうすることで、しつけをスムーズに行いやすくなりますよ。 無駄吠え アイコンタクトして叱るようにします。 ご飯などの要求吠えの場合は、無視することを心がけてください。 反応しているとなんでも要求が通ると勘違いさせてしまうからです。 噛み癖 噛み癖に悩まされる飼い主さんも多いですが、子犬時代からしっかりと躾けることで直すことができます。 もし噛まれたら痛そうな素振りをみせたりすることも手段のひとつですよ。 ヨークシャテリアの噛み癖は、一度や二度のしつけでは直らないので、根気よく向き合ってあげることが大切です。 ヨークシャテリアのしつけ全般については関連記事をご確認ください。 関連記事 ヨークシャテリアとの生活について ヨークシャテリアは小型でとても繊細な犬種なので、飼育環境にも注意が必要です。 室内環境 ヨークシャテリアは、シングルコートで暑さにも寒さにも弱い犬種ですので、エアコンなどで室内の温度管理はしっかりと行います。 また、ヨークシャテリアが休むベッドやハウスは特に快適な気温になるように、夏ならば冷感シート、冬ならばペット用ヒーターなど工夫をしてあげると良いですね。 床 ヨークシャテリアは小型で関節も弱いために、床にも注意が必要です。 フローリングなど滑りやすい床だと関節に負担がかかり怪我の可能性が高まります。 滑り止めマットやカーペットなどで関節の負担を減らしてあげるといいですよ。 家具の配置 ヨークシャテリアは小型ながら我が強い面があります。 目の届く範囲で、ハウスやケージなどパーソナルスペースを作ってあげることをおすすめします。 また、ベッドやトイレ、食事場所を決めておけば、お留守番の時も困ることがありませんよ。 ヨークシャテリアの手入れについて 関連記事 ヨークシャテリアのカットスタイルについて フルコート ヨークシャテリアの美しい被毛が堪能できるヘアスタイルです。 地面につくほど長く伸ばした被毛は「動く宝石」と呼ばれるほど美しいですが、毎日のブラッシングが欠かせません。 サマーカット 全体的に短くカットするスタイルです。 鼻が丸めの子には全体を丸く仕上げると可愛さが増しますよ。 セミロング風 様々なヘアアレンジを楽しめるのがセミロングです。 顔周りの毛だけを長くしたり、頭頂部だけの毛を伸ばしてリボンを付けるなど様々なスタイルが楽しめます。 耳の毛だけを伸ばすと女の子らしさがより増しますよ。 ショースタイル 被毛の美しさを競うショーで披露されるヘアスタイルです。 日常生活には不向きですが、ヨークシャテリアのもつ愛らしさ、高貴さ、豪華さが堪能できますよ。 ヨークシャテリアのミックス犬について ミックス犬とは、ずばり違う犬種同士の掛け合わせによって生まれたハーフ犬のことを指します。 トイプードルと掛け合わせた「ヨープー」、チワワと掛け合わせた「ヨーチワ」などがいますよ。 ヨークシャテリアのミックス犬は関連記事をご確認ください。

次の

ヨークシャテリアブリーダー ハミングバード

ヨークシャ テリア

愛らしい顔立ちと、美しい被毛が印象的な ヨークシャーテリア(ヨーキー)。 成長とともに毛色が美しく変化することから「動く宝石」という異名を持つことでも知られています。 室内でも飼うことができ、気軽に一緒にお出掛けを楽しめるのは小型犬ならではの魅力と言えますよね。 日本では戦後から永らく愛され続けている人気の犬種です。 ヨークシャテリア (ヨーキー)の子犬を迎えたばかりという方は、 気になる無駄吠えや、噛むのをやめさせる方法についても是非参考になさって下さいね! Contents• ヨークシャテリア (ヨーキー)のしつけのコツ ヨークシャーテリア(ヨーキー)場合には、 子犬の時期にいかに飼い主さんとの信頼関係を築いておくかが非常に重要なポイントになります。 それさえ意識すれば、ヨークシャーテリア(ヨーキー)のしつけ方・育て方は難しくはないはずです。 噛む・吠えるという基本的な犬の行動から考えてみましょう。 ヨークシャーテリア(ヨーキー)は気難しい!? 小さな身体のヨークシャーテリア(ヨーキー)ですが、かつてはネズミを捕まえる狩猟犬として活躍していました。 その為、 狩猟犬ならではの気が強く少々興奮しやすいところがあります。 ネズミを捕まえる際には人間の手を借りずに捕まえていたということもあり、 人間への依存度が低い部分があるでしょう。 そんなヨークシャーテリア(ヨーキー)ならではの気質から、「懐きづらい犬種」「気難しい犬種」と言われてしまうこともあるようです。 しかしながら、ヨークシャーテリア(ヨーキー)はテリア系犬種ならではの賢さを持ち合わせています。 本来物覚えが早く、他の犬や飼い主さん以外にも社交的に接することができます。 しつけ成功の鍵を握るのは「信頼関係」を築くこと ヨークシャーテリア(ヨーキー)のしつけをスムーズに行うためには、 飼い主さんが愛犬との信頼関係を意識することが非常に重要です。 では、ヨークシャーテリア(ヨーキー)との信頼関係を築くためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。 【一貫した態度で接する】 しつけのためのトレーニングが思うようにうまく進まなかったとしても、 飼い主さんは焦らずじっくりと取り組むようにしましょう。 人間と同じで、犬にもそれぞれ個性があるものです。 飼い主さんの気分によって、愛犬への態度がバラバラになってしまうと、愛犬は戸惑ってしまいます。 いつもは許されていたはずのことを、ある日は厳しく叱られたりする、などの バラバラの対応では愛犬には理解できるはずがありません。 ヨークシャーテリア(ヨーキー)のしつけに取り組む際には、飼い主さんが正しいしつけ方法や対処法を学び、一貫した態度で接するようにしましょう。 【コミュニケーションを欠かさないようにする】 本来人間への依存度が低い犬種ですので、スキンシップやアイコンタクトなどの細かな コミュニケーションも欠かさないようにすることも重要です。 飼い主さんの都合で、お散歩や遊びの時間があまり取れない日もあるかもしれません。 そんな時こそ、愛犬へのフォローを疎かにしないようにしましょう。 ちょっとしたスキンシップや、トイレの後には必ず褒める、目が合えば褒める、などの些細なことで構いません。 愛犬と一緒に過ごせる時間中は可能な限りコミュニケーションを取る努力をしましょう。 ヨークシャテリア (ヨーキー)噛む場合のしつけ方・育て方 ヨークシャーテリア(ヨーキー)は小型犬で愛らしい容姿をしていますが、 テリア系犬種らしい気が強く少々興奮しやすいところがあります。 狩猟犬としての本能の名残で、遊びの最中に興奮して本気で噛んでしまうこともあるかもしれません。 そのような時には、まだ小さな子犬のうちは歯が当たってもあまり痛くないかも知れませんが、 遊んでいる最中に少しでも手を噛まれたり歯が当たったりしたら、遊びを中断するようにしましょう。 おもちゃを使って遊んでいる場合には、速やかに取り上げます。 そして、動かずに無視をしましょう。 「え〜!?どうしたの?もっと遊ぼうよ」と甘える仕草でじゃれついてくると思いますが、しばらくの間は無視を続けて下さい。 子犬が落ち着いたら、興奮させない程度に優しく褒めましょう。 愛犬が落ち着いたら遊びを再開します。 また甘噛みをされたら、無視をして落ち着くまで待つ、これを徹底します。 楽しく遊んでいたはずなのに、急に中断されたら子犬は悲しくなります。 段々と「甘噛みをしたり歯を当てると遊びが終わっちゃって悲しいな」と理解するようになります。 ただし、家族で犬を飼っている場合には注意が必要です。 全員が子犬の噛み癖に対して、同じように対応するということが重要なのです。 賢い犬種ですので、対応に一貫性がないと飼い主さんを信頼しなくなり、言うことを聞かなくなってしまうことも。 必ず家族でしつけ方を統一するようにしましょう。 ヨークシャテリア (ヨーキー)吠える場合のしつけ方・育て方 あまりにも吠え続けられてしまうと、飼い主さんは根負けして愛犬の言う通りにしてしまったり、イライラしてつい叱ってしまうこともあるかもしれません。 でも、そこは我慢が必要です。 甘え鳴きや要求吠えには「無視をする」ということが効果的なのです。 飼い主さんが根負けしてしまうと「吠え続けていれば飼い主さんが言う通りにしてくれる」と覚えてしまいます。 どんな時でも必ず愛犬の要求に応えてあげられるわけではありませんよね? 飼い主さんは、愛犬を混乱させない為にも、一貫性のある対応をしてあげましょう。 辛いかもしれませんが、無視を徹底することが重要です。 また、 叱ることも逆効果になってしまう場合があるのでやめましょう。 愛犬を興奮させてしまう可能性があるからです。 愛犬が吠えるのには、過度な興奮による場合があります。 そういった場合には興奮を鎮めるための「おすわり」や「待て」が効果的です。 飼い主さんに注意を向けさせることで、一度気持ちを落ち着けさせましょう。 まとめ ヨークシャーテリア(ヨーキー)の場合には、叱るのではなく「褒めて伸ばす」ということを意識するようにしましょう。 愛犬には「飼い主さんに褒められたい」という気持ちになってもらい、信頼関係を強固なものにすることこそがしつけのコツです。

次の