リクルートカード オススメ。 リクルートカード(JCB)の年会費・ポイント還元率、特徴

リクルートカード(JCB)の年会費・ポイント還元率、特徴

リクルートカード オススメ

リクルートカード じゃらんやHOT PEPPERなどリクルート系のサービスを利用される方には本当にオススメです! オススメポイント 年会費無料 これは、外せない項目です! どんなに良いサービスがあっても使わなければただの無駄になってしまいます。 ポイント還元率が高い! クレジットカードを選ぶに当たって、みなさんが最も気になる箇所だと思います。 還元率の良さはピカイチ! 今やポイント還元率が低くなっていく一方、この数字はすごいと思います。 充実の保障内容ですので、 既にクレジットカードをお持ちの方にも、お薦めいたしております。 カードご送付時からご利用できます。 保険の適用は、旅行代金をリクルートカードでお支払いいただくことが条件となります。 詳細・その他諸条件は、各カード発行会社のご案内を参照願います。 JCB: ショッピング保険 リクルートカードには、カードでご購入された品物の破損・盗難などの損害を保障するショッピング保険をお付けしております。 国内はもちろん、海外でも、リクルートカードにてご購入された品物であれば、購入日より90日間保障いたします。 カードご送付時からご利用できます。 保障には条件がございます。 詳細は、各カード発行会社のご案内を参照願います。

次の

おすすめNo1クレカ【リクルートカード】比較・メリット・口コミ

リクルートカード オススメ

リクルートカードの基本スペック。 メリットと言われる点。 リクルートのメリットは、 還元率1. 2%だけでは有りません。 カードスペックで比較してみても、ライバルカードより優れています。 ETCカードも 年会費無料だし、 海外旅行保険だけでなく、 国内旅行保険、 ショッピング保険も付帯していますし、 保険は 利用付帯ですが、現地で保険延長できる裏技カードとしては貴重です。 月3万円までなら、 還元率も変わらずnanacoチャージも可能。 nanacoチャージで高還元率クレジットカードも希少ですからね。 どこに難癖つけるところがあるのか?説明します。 リクルートカードのデメリット リクルートカードは、一見すると優れたカードなのですが、 他社ライバルカードを使ってると、残念な点に気づきます。 楽天カード、ヤフーカード。 自社サービスとの連携や、ポイントの貯まりやすさが、ぜーんぜん違います。 リクルートカードは、Pontaカードでは無い リクルートカードは、Pontaポイントの貯まるカードとして紹介されがちですが、 リクルートカードで貯まるポイントは、リクルートポイントとなります。 リクルートカードには、 Pontaポイントカードとしての機能も無いので、 Ponta加盟店で使う場合は、リクルートカードを提示しても意味がなく、 別途、Pontaカードを所持する必要が有るわけです。 ローソンPontaカードは、一体型なんですけどね・・・ リクルートIDとPonta 会員IDも別であり、 リクルートポイントは、リクルートのサービスで使えるけど、 リクルートポイントは、Ponta加盟店では使えない。 ややこしい感じへ。 リクルートのサービスでは、Pontaポイントが貯まるんだけど、 リクルートカードで貯まるのは、リクルートポイントのまま。 じゃあなんで、リクルートポイントを残しているのか? リクルートのサービスと、Pontaのサービスを区別するためなんじゃないかと。 リクルートのサービスは、 Ponta加盟店の一つというイメージ。 リクルートには、リクルート会員に付与される期間限定ポイントも有りますからね。 使えるポイント 貯まるポイント リクルート運営サービス (じゃらん、ホットペッパー等) リクルートポイント リクルート期間限定ポイント Pontaポイント Pontaポイント Ponta加盟店 Pontaポイント Pontaポイント リクルートポイントがPontaポイントに移行できるなら問題ない・・・ と思ってましたが、そういう訳でもありません。 続きます。 リクルートカードには、ポイント倍付店舗が無い。 Ponta加盟店は、リクルートカードとは関係ないと言いましたが、 リクルートカードを使って、倍付されるような店舗が一切ありません。 しかも、提携店舗だけでなく、自社リクルートのサービスで使っても倍付されないの。 通常還元率 対象オンラインショップ 倍付け特典 合計還元率 リクルートカード 1. 5%) dショッピング(1%) dファッション(1%) dトラベル(1%)等 dカード特約店 (+1%) 2. ショッピング&LOHACOでポイント 3倍。 PayPay決済で現金のように使えるわけです。 も、特定日(5のつく日 等)で更にポイントが 5倍増えたりもする。 倍付け日 倍付け特典 合計還元率 Yahoo! ショッピング LOHACO 5のつく日 +5倍 +4% ヤフーカード: 7% 楽天市場 楽天ブックス 5と0のつく日 +2倍 アプリ購入で +1倍 +2~3% 楽天カード: 5%~6% 楽天ゴールド、プレミアム: 7%~8% 一方、リクルートカードはというと・・・なーんにも無いの。 じゃらん、ホットペッパー、ポンパレ・・・ 他社クレジットカードで利用しても、2%~3%ポイント還元されるのよ。 2%で 合計3. 2%還元となる。 ただこれは、楽天カードを使った場合でも 合計3%還元となり、 やっぱり0. 2%しか変わらない。 だったら、他社の高還元率クレジットカードを使った方が良いわけ。 5%で 合計3. 5%となっちゃうのん。 5%) じゃらんnet 2. はポイントの貯まるキャンペーンも頻繁にやっているし、 サービス自体のバリエーションも豊富だから、使う頻度も高いんだよね。 なんでこんなに「ポンパレモール」が普及してないのか?考えてみて。 リクルートポイントとPontaポイントの価値が微妙。 リクルートカードは、ポイントの価値という点でも微妙です。 リクルートポイントの基盤となる、リクルートサービスが弱く、 Ponta加盟店でもポイント消費できるようになっただけ。 サービスが拡大してないのん。 かつてはホテル予約サイトといえば「じゃらん」でしたが・・・ 現在では、楽天トラベルに掲載数を抜かれる有様。 トラベル 楽天市場のようになるかと思われた「ポンパレモール」も、 Yahoo! ショッピング vs 楽天市場 の争いには太刀打ちできず・・・ なんだかよくわからないショッピングモールになってますからね。 「ホットペッパーお食事券」も、使える店舗に制限有り。 ・・・となると、厳しくなるのがポイントの使い道。 の提携、新たに楽天ポイントの登場で、 Pontaポイントまでも、使いづらくなるという。 負の連鎖。 dポイントからのPonta交換は ドコモ契約者縛りが有るという意味不明システム。 提携店舗数も超少ないので、共通ポイントとしても残念。 Pontaで消費するよりも、むしろリクルートで消費した方が良いんじゃないかという。 Pontaポイントの使い道って、ローソン、大戸屋・・・ やっぱりローソンしか行かないから、ポイント消化にコマール。 無理して使うようになったら、オシマイなわーけ。 Pontaポイントは、JALマイルにも交換可能ですが、 マイルに交換したら価値も半減。 マイル還元率は0. リクルートカードは、電子マネーチャージとETCに使うべし リクルートカードは、どこで使っても 還元率1. 他カードでも、倍付されない場所でこそ使うべきと判断しました。 代表的なのが、ETCカード。 リクルートカードは ETCカード年会費も無料だし、 ETC発行手数料もJCBブランドなら無料となります。 ETCカードの年会費と還元率の比較 リクルートカード 楽天カード ヤフーカード dカード 還元率 1. ただし、発行ブランドにより、電子マネーチャージの対応状況は異なるので注意。 月3万円までという制限が有りますが、それでも No. 1は変わらず。 他カードは、ポイント付与対象外、ポイント半減と改悪も相次いでます。 5%へと半減するので、 楽天Edyチャージも、リクルートカードを使った方が良い。 リクルートカードは、モバイルSuicaへチャージも可能ですが、 Apple Pay Suicaへチャージする場合は、他カードをオススメします。 「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」なら、 月3万円の制限も関係無く、 還元率1. 5%でApple Pay Suicaへチャージもできるわけ。 リクルートカードを調べた結果、電子マネーチャージに活路を見出しましたが、 実際のところ、nanacoもEdyも使わなくなった俺。 最近は、Apple Pay Suicaばっかり使ってるわけ。 5%還元できた方が使いやすいわけなのさ。 Suicaは、Edyやnanacoよりも、使える店舗が多いし、 iPhone、Apple Watchだけで、Suica決済できるのも便利なんだよね。 nanacoで税金が払えるとはいえ、それは少額の話。 コンビニ店員が対応していない場合も多いから。 まぁーめんどい。 ショッピング」が超お得だし、 あとは、世界最強の「Amazon. jp」が間違いない。 Amazonで高還元率のクレジットカードも、リクルートカードでは無いんだよ。 でポイントが貯まりまくるから、 貯まらないPonta加盟店にも行かなくなる。 楽天ポイント、Tポイントで 5倍~10倍貯まりやすいとなると、 普段行く店も変わってくる。 ワタシなら変わるし変えようと思う。 似たようなコンビニ、似たようなレストラン。 似たようなチェーン店なら、ポイントが有る方、貯まる方を使うでしょって話。 2%の違いではありません、 5%、 10%の話だから。 共通ポイントを見直せば、出ていくお金も減るということ。 なんとなくポイントを貯めるのは、もったいない。 共通ポイントで貯めるよりも、QRコード決済でキャッシュバックの時代。

次の

ICOCAチャージのオススメは還元率1.2%のリクルートカード

リクルートカード オススメ

リクルートカード じゃらんやHOT PEPPERなどリクルート系のサービスを利用される方には本当にオススメです! オススメポイント 年会費無料 これは、外せない項目です! どんなに良いサービスがあっても使わなければただの無駄になってしまいます。 ポイント還元率が高い! クレジットカードを選ぶに当たって、みなさんが最も気になる箇所だと思います。 還元率の良さはピカイチ! 今やポイント還元率が低くなっていく一方、この数字はすごいと思います。 充実の保障内容ですので、 既にクレジットカードをお持ちの方にも、お薦めいたしております。 カードご送付時からご利用できます。 保険の適用は、旅行代金をリクルートカードでお支払いいただくことが条件となります。 詳細・その他諸条件は、各カード発行会社のご案内を参照願います。 JCB: ショッピング保険 リクルートカードには、カードでご購入された品物の破損・盗難などの損害を保障するショッピング保険をお付けしております。 国内はもちろん、海外でも、リクルートカードにてご購入された品物であれば、購入日より90日間保障いたします。 カードご送付時からご利用できます。 保障には条件がございます。 詳細は、各カード発行会社のご案内を参照願います。

次の