煉獄杏寿郎 後ろ。 【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎の強さを考察【最新情報】

【鬼滅の刃】短編集!壱ノ巻【煉獄杏寿郎】

煉獄杏寿郎 後ろ

引用元 鬼滅の刃17巻より 煉獄杏寿郎の見た目は眉毛が凛々しく、赤い長髪ヘアーがイケメン。 いかにもグイグイと後輩たちを引っ張っていってくれるような「リーダー風」の雰囲気で 一見すると、正統派風のキャラクター。 ただ煉獄杏寿郎の性格は独特。 どこか捉えどころがないのです。 例えば、主人公・竈門炭治郎と初めて遭遇したシーンでは、煉獄杏寿郎はひたすら弁当を食うだけです。 もちろん弁当を食べる行為は普通ですが、前方を一心不乱に見つめながら「美味い」と連呼する姿は異様。 焦点どこに合ってんの? ってなります。 だから、煉獄杏寿郎とは会話が成立してるか怪しいシーンもちらほら。 笑 劇場版アニメ「無間列車編」でやはり描かれると思いますが、結果的に煉獄杏寿郎は敵の下弦の鬼に出し抜かれてしまいます。 危うく竈門炭治郎たちも殺されかける失態を演じる事になります。 引用元 鬼滅の刃17巻より でもそれに対して、煉獄杏寿郎は「柱として不甲斐なし!穴があったら入りたい!」とむしろ何故か誇らしげ。 究極のポジティブ性格です。 誰もがツッコミを入れたことでしょう。 心が一切読めない・・・ 笑 煉獄杏寿郎のキャラクターはやはり「王道」。 煉獄杏寿郎の父親 煉獄杏寿郎の家族関係を考察 しますと、 かつて煉獄杏寿郎と同じく炎柱だったものの、酒に溺れる日々を送る。 煉獄杏寿郎に対しても追い出すように冷たくあしう事になります。 は、「炎の呼吸は日の呼吸に近いかも」しれないと思うのですが、 実際には日の呼吸だけは抜きん出て強かった。 とりわけ開祖の継国縁壱は最強of最強。 炎の呼吸も含めて、他とは比べ物にならないほどです。 そのため炎柱だった先祖は日の呼吸に強いコンプレックスを抱いてたそう。 それは炎の呼吸しか使えない煉獄杏寿郎の父親も、ご多分に漏れず。 いつの間にか、性格は屈折して酒に溺れる日々を送る。 引用元 鬼滅の刃17感より引用 煉獄杏寿郎の性格は特に病気がちだった母親の教えもあって、「強き者が弱きものを守るのは当然に義務」と教育された。 一人で残る弟・千寿郎に対しても、柱入隊前の別れ際に「お前は立派な人間になる!」と安心させます。 結果的に煉獄杏寿郎が死亡した原因も「優しさ」からなんですが、常に周りに気配りができる男。 捉えどころがないあっけらかんとした言動も、実は全てを受け入れてくるどっしり感に繋がってるのです。 煉獄杏寿郎の死を知った父親は相変わらず暴言を吐くものの、自分への最期の言葉が「体を大切にして欲しい」だったことを知ると、それまで薄々気付いていた杏寿郎の優しい言動も不意に思い出されて涙する事になり、自身が破ってしまっ日の呼吸法の修復に親子で挑みます。 その後、煉獄杏寿郎の父親は鬼舞辻無惨との最終決戦において、元柱の一人として自らも戦いの場に身を置く。 煉獄杏寿郎は『鬼滅の刃』では早々に死亡するものの、実は最終局面においても影響を及ぼ しているのです。 app. goo. 善逸と伊之助も炭治郎について、列車へと乗ることになります。 列車を見た時の伊之助がとても面白くて可愛いので、是非観てくださいね。 列車へ乗ると、ひときわ大きな声でうまいと連呼しながら弁当を食べる煉獄杏寿郎を見つけます。 火の呼吸について聞いてみるが、火の呼吸どころか「ヒノカミ神楽」についても知らないときっぱり断言する煉獄杏寿郎。 あっさりと言われて動揺する炭治郎に、自分の継子になれば面倒を見ると畳み掛けるのです。 話す中で、煉獄杏寿郎は「この列車には鬼が出る」と告げる。 短期間のうちに、この無限列車で40人以上が行方不明になっており、その調査として来たのだと言います。 そこへ顔色の悪い車掌がやってきて、みんなの切符を切っていきます。 その様子を見て炭治郎は嫌な気配を感じるが、その瞬間列車内に鬼が出現しました。 煉獄杏寿郎はあっという間に鬼を斬り伏せ、周りは安心の声にあふれ ます。 しかしそれは現実ではなく、全員がすでに夢へと引きずり込まれており鬼の術中にいたのだったのです。 app. goo. 寝ている炭治郎を起こそうとするがなかなか起きず、起こった禰豆子は血鬼術で炭治郎を燃やす 事にしました。 すると、夢の中の炭治郎も禰豆子の炎に包まれ ました。 炎に包まれた炭治郎は、徐々に自分の現在を思い出していき、それに連動して隊服や日輪刀が炭治郎の姿に反映されていった のです。 覚醒が近づいていると悟った炭治郎は、家族からの引き止めを振り切って夢から抜け出す方法を探すため飛び出していきました。 いくら探しても手がかりが見つからない。 焦る炭治郎の後ろから、父の声が聞こえ 刃を持って、斬るべきものを斬れと・・・。 斬るべきものとは自身の命であり、夢の中で死ぬことによって現実へ戻ることができるかもしれない 荒唐無稽な仮説にためらう炭治郎だったが、その迷いを振り切って刃を首へと押し当て そして、炭治郎は首を斬り落としたのです! 引用元 鬼滅の刃59話より 大声を上げながら炭治郎は覚醒し、列車の中へ戻ってきます。 手首を見ると縄が焼き切れており、禰豆子の炎で切れたのだと気づきました。 全員を起こそうとするがなかなか起きず、手首をつなぐ縄にカラクリがあると考えた炭治郎は、自分にやったのと同じくみんなの縄を炎で焼き切るよう禰豆子に指示 を出したのです。 しかし起きたのは魘夢の仲間側の人間だけであり、人間たちは炭治郎へと攻撃をして きます。 人間の弱みにつけ込んだ鬼に対して激しい怒りを感じ、人間たちを気絶させて炭治郎は魘夢のもとへと向かう。 匂いをたどって列車の屋根へと向かうと、そこには下弦の壱魘夢が無防備に佇んで いました。 app. goo. 鬼舞辻無惨が柱と同じ扱いをする、「耳飾りの鬼殺隊士」であることを把握した魘夢は運の良さを喜び、炭治郎を倒そうとします。 しかし、悪夢へと引き込む血鬼術が炭治郎にはなぜか通じない。 炭治郎は家族が悪態をついてくる夢へと何度も引き込まれているが、その度に「家族はそんなことを絶対に言わない」と気付き、毎回自分の命を即座に断っているの でした。 夢の中だったとしても、何度も自決する決断をできる炭治郎は、およそまともではないと戦慄する魘夢。 炭治郎は魘夢へと斬り込み、頸を斬り落とすことに成功 します・・・が 手応えがなく、後ろから倒したはずの魘夢の声が聞こえて絶望。 魘夢は列車自体と融合しており、列車に乗るすべての乗客を人質にとったのだった。 乗客を守るために客車へと駆け出す炭治郎。 そこへ伊之助が飛び出てきました。 炭治郎は伊之助へと呼びかけ、全力で乗客を守るよう動き出します。 善逸も目覚めてきており、禰豆子を含む3人は乗客を取り込もうとする魘夢の肉を払いながら先へと進む。 しかし、8両分も客車がある中で乗客を守りながら戦うのはあまりに無謀 です。 焦る炭治郎のもとへ、ようやく覚醒した煉獄杏寿郎が駆けつけて指示を出す! 自分たちが乗客を守るから、炭治郎は鬼の頸(首)を探せと言 います。 どんな形をしていたとしても、鬼である以上頸はどこかにあり、それが弱点になるのだと 煉獄杏寿郎 指示します。 引用元 鬼滅の刃61話より 同じく頸を探すよう指示された伊之助と合流した炭治郎。 伊之助は直感が優れており、すでに列車前方の石炭がある場所(運転車両)に鬼の急所があることを察知してました。 運転車両にたどり着いた2人は、驚く運転手を差し置いて急所である頸を探す。 床を壊すとそこには頸の骨があり、破壊しようとするが全力で鬼の肉たちが妨害。 さらに、夢へと引きずり込む血鬼術を全方向から食らい、何度夢の中で自決して覚醒しても、すぐに夢へと引き戻されてしまう。 何度も覚醒を繰り返す炭治郎だが、夢へ引き込まれていない状態で頸を切ろうとしてしまい伊之助に止められる。 夢に入ったと錯覚させる罠にかかっていたの でした。 一方で伊之助は、猪の被り物があるおかげで夢へと引き込む眼を見てしまうことが少なく、感覚的に戦うことでやり過ごせていて、 なんとか決着をつけるため、伊之助の連撃に合わせて炭治郎はヒノカミ神楽の技を放ち、魘夢の頸を薙ぎ払う のでした。 app. goo. 魘夢は断末魔を上げて、列車もろとも横転して動きが止まりました。 魘夢は消えゆく中で敗因を考え 、 乗客を人質にとっていたのに、1人も食えずに力を付けられなかったのは煉獄杏寿郎の立ち回りのせいだった と。 柱である煉獄杏寿郎と、そしてこれまで柱を何人も倒してきた上弦の鬼たち。 無惨から多くの血をもらったにも関わらず、その足元にも及ばなかったことを激しく悔やみ、魘夢は絶命したのでした。 炭治郎は運転手から腹を刺されており、血が止まらなくなって動けなくなってしまっていた のです。 そこへ煉獄杏寿郎が来て、止血するための呼吸法を教えるのです! 血管を繋ぎ止血をして、呼吸法の極意を知った炭治郎だったが、そこへ謎の物体が飛来して地面をえぐっていった !!! 無限列車編 「上弦の参・猗窩座」 引用元 鬼滅の刃63話より 土煙 が晴れるとそこには、上弦の参である「猗窩座」の存在があった。 現れて早々に炭治郎を抹殺するべく飛びかかってくる猗窩座。 煉獄杏寿郎は、すぐに反応して猗窩座の腕を切りつけて炭治郎を守ります。 腕に深い傷を負わせたはずなのに、一瞬でふさいでしまいその再生能力に驚く煉獄杏寿郎。 ここに来た目的を問いかけると、猗窩座は煉獄杏寿郎に鬼にならないかと提案してくる。 人間として至高の領域に近づいている柱が、至高に辿り着けず老いて死ぬのはもったいないというのです。 煉獄杏寿郎は、その提案を強い意思で当然拒否します。 すると猗窩座は、鬼にならないなら殺すと、臨戦態勢に入り術式を展開して煉獄杏寿郎へと襲いかかってきました。 目で追えないスピードのあまりにもレベルの高い戦闘が繰り広げられ、炭治郎はあっけに取られて動けなくなってしまったのです。 app. goo. 鬼は陽の光に当たると灰になってしまうため、陽の光が当たらない場所へと避難しようとする 猗窩座。 しかし、煉獄を貫いた右腕が抜けません。 そこへ炭治郎と伊之助が猗窩座の頸を斬り落とそうと飛び出していきました。 追い詰められた猗窩座は、自身の腕を自分でちぎってなんとか脱出する。 逃げる猗窩座に向かって、炭治郎は日輪刀を投擲して胸へと突き刺す。 そして、逃げるな卑怯者と怒鳴った。 猗窩座へと向かって怒鳴り続ける炭治郎へ、腹の傷が開いて死んでしまうからやめるよう煉獄が諭すのです。 そして、静かに語り始めた。 app. goo. 炭治郎は、煉獄の父と弟への遺言を伝えに煉獄家へと向かっていたのだった。 煉獄家に到着すると、落ち込んだ雰囲気の弟(千寿郎)と、亡くなった息子に対して悪態をつく酔っ払った父親がいた。 煉獄の父は炭治郎を見るなり「日の呼吸の使い手」であることを見抜き、おもむろに殴りかかってきた。 父親いわく、日の呼吸はすべての呼吸の元祖であり、最強の呼吸なのだという。 炎の呼吸も、所詮日の呼吸の派生であり見下されていると煉獄の父は激昂する。 煉獄杏寿郎に対しての悪口に切れた炭治郎は、煉獄父に対して向かっていき殴り合いになってしまう。 まとめ【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎の強さを考察【最新情報】 今回は【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎の強さを考察【最新情報】 について考察検証してみました。 煉獄杏寿郎は亡き人となりましたが、彼の言葉や行動は確実に引き継がれているのです。 何回観ても泣けてしまいます。 煉獄杏寿郎 の名言は他の名言ランキングでも常に上位にランクインしています。 単行本をもっている人はまた見返して欲しいし、持っていない人はこのブログで感じて欲しいですし、映画が公開されたら是非観て欲しいと思います。 今回は映画が延期になった事もあり、無限列車編を細かく書きました。 参考にしてもらえると嬉しいです。 今回も最後まで御愛読ありがとうございます。 いつも感謝しています!これからも頑張りますので宜しくお願いします!.

次の

鬼滅の刃煉獄杏寿郎は甘露寺蜜璃を継子にしていた!

煉獄杏寿郎 後ろ

偽善と言われても構わない。 自分勝手と罵られてもいい。 この世界では、男尊女卑が当たり前だ。 一族の血を未来へ受け継がなくてはならないのだとしたら。 由緒正しい家系であり、子供を産んでもらわなくてはならないのだとしたら。 (だからと言って、煉獄さんの顔は不幸に満ちていた……) 本当はそういう選択は取りたくないのだろう。 もしかしたら好きな人と一緒に……と、考えているかもしれない。 でも、現実とは無情なもの。 片腕を失った彼女は剣士として生きることはできなくなる。 鬼と戦う前線から退く行為を母親が悪いと考えて、それでこうやって子を産めと命じられるのであれば……。 でもそれは、家族のためだと言いながらも自分の気持ちを優先していないものならば。 『私はもう、剣士ではない。 ただの女として頼みたい。 君には……竈門少年。 君にだけは、知られたくなかったことなんだ。 私の身を案じているのなら……この場から立ち去ってほしい』 煉獄家の家前で俺は立ち尽くす。 ここで帰ってはならないと分かってはいる。 ここで引き返したら、煉獄さんの一件は取り返しのつかないことになると分かってはいる。 でも、彼女が言っていた言葉を思い出しては足が進まなくなるんだ。 悲痛に満ちた顔。 儚く泣きそうな雰囲気に心が呑まれた。 煉獄さんの匂いは不幸でいっぱいの苦そうなものしかなかった。 生かしたことに、後悔なんてしていない。 でも、そんな顔をさせたいために、生きていてほしいと未来をねじ曲げようとした訳じゃないのに……。 「むー」 刹那、背中に背負う箱から、カリカリという引っ掻く音が聞こえた。 「禰豆子?」 「むむん!」 怒ったような声がする。 何故だろうか。 「どうしてそこで行動に移らないのお兄ちゃん!」……と、叫ぶような声が聞こえる。 背中を押すように、ドンッと強く箱が叩かれた。 その衝撃で身体がふらついて……転ばないようにとするためか、妹に活を入れられたからか、足でしっかり立つことができた。 だから、地面ではなく前を見ることが出来たんだ。 煉獄さんの顔を見なかったふりなんてできないと思えたんだ。 「……そうだな。 決断しきれないのが、兄ちゃんの悪い癖だ」 両手で頬をパチンと強く叩きつける。 覚悟を決めて前へ進む決意をした。 「行くぞ禰豆子!」 「んむー!」 大きな歩幅でズンズンと家へ入る。 そこは、大きな屋敷だというのに静かな空気が漂っていた。 その中で音がする方へ早足で行く。 それより奥に煉獄さんの匂いがすることが分かっているから、そちらへ目指す。 男が来るからか何かしらの用意をしていたらしい煉獄さんに似た少女がいても気にせず、煉獄さんの匂いを追いかけた。 「ふぇぇ!? お、おとこのひちょ……そ、そこは、姉上の……ふぇぇまってくださいぃ!」 「すまない! 今は煉獄さんに会いに来たんだ!! 話ならあとで聞くよ!」 俺の言葉を聞いてか、少女はびくりと顔を赤らめ、プルプルとまるで庇護欲をそそる小動物のように涙目でしゃがみこんだ。 ……普通ならそこで心配して少女に手を差し伸べるくらいはするだろう。 でも今は、煉獄さんのことしか頭にない。 幸いにも、まだこの家へ呼び寄せた男が来ている訳じゃないらしい。 屋敷の奥。 その部屋にいるのは2人の女性の匂い。 「失礼しますっ!!!」 部屋を開けて見れば、そこにいたのは煉獄母娘だった。 「か、まどっ、少年!? 何故ここに!?」 「先程の隊士か。 あなた、何をしにここへ来たの」 おろおろとしている煉獄さんとは違い、その母親がキッと目付きを鋭くさせつつ俺を睨み付けた。 「突然で失礼! 俺は煉獄さんが見知らぬ男と子を結ぶことに反対してやって来たんだ! 初対面でこんなことを言うのも悪いけど! 娘の幸せを思うならこういうの無理強いするのよくないと思う!!」 「なにをいっているんだ君は!!?」 むんっ! と頬を膨らませた俺に対して煉獄さんが珍しく困惑しきりで怒ったように頭を叩いてきた。 でも、それを気にせず今の勢いのまま俺は言う。 「親が子供の幸せを願わず、家の義務をと子供を産ますのはどうなんだ!? いくら男性が少ないせいだとしても、俺はそれに納得なんていかない!」 「納得がいかないならどうするつもりだ」 俺の熱を冷ますように。 突然来た邪魔物を排除する匂いを発する。 冷徹のような冷たい声が聞こえる。 「現状を見ろ。 男がいないのは大昔からだ。 呪われているのではないかと思えるぐらい、生まれた子の性別比率も違う。 男が生まれてもすぐ鬼に殺されてしまう」 この世界での問題を彼女は俺に諭すように言う。 冷めた声で。 今お前は何をしでかしているのかわかるかしら? とでも言うかのように、皮肉を込めて言葉を紡ぐ。 「……その原因は無惨のせいじゃないかと判断されるぐらいだ。 わかるかしら、坊や。 剣技の力を持つ次の子を成して、煉獄家を受け継いでもらわないといけないの。 そう言った煉獄母に、否定の言葉はない。 納得できる内容だ。 女であるならこの身体を活かせと言うのもわかる。 (分かってる。 俺だって竈門家を継いでいかなきゃいけないから、結婚しなきゃって思ってるよ) でもこれは違う。 「俺は煉獄杏寿郎さんの幸せを願っている!!」 生きてくれたことに感謝しよう。 死亡フラグが消えたかもしれないことに、安堵しよう。 「男が少ない原因が無惨なら! 俺は無惨を倒す!」 嘘ではなく本気で倒すと誓う。 妹を人間に戻すのと同じく、家族の敵である無惨だけは許してはならないと分かっているから。 「煉獄さんのお母さん! 俺は煉獄杏寿郎さんの悲しそうな顔なんて見たくはない! 俺が必ず無惨を倒すと誓おう! 上弦を倒して、無惨を倒して、それで世界を元の性別の比率へ戻してみせる!!」 だから頼むと、煉獄さんの腕を引っ張って俺の腕の中に閉じ込めた。 煉獄さんはただ呆然と俺の言葉を聞いていた。 引っ張った俺に抵抗なんてせずに、ただ俺の胸元で、顔を見上げてきたんだ。 「ふっ……アハハハハハハハッ!!!」 「は、母上!?」 「いやなに、なかなか愉快なことをいう小僧だと思ったよ。 ……娘を幸せにしたいとほざくなら、取引をしようか」 笑っていた時は煉獄さんみたいに可愛らしく見えたのに、今は違う。 冷たい目が、俺を捉える。 「その痣と耳飾りが気に食わない。 しかしお前がそう頼むのなら……そうね、2年でどうかしら?」 「に、ねん?」 「そう、2年で鬼を殲滅すること。 それが出来ないなら娘と子を結んでもらう。 それはすなわち、煉獄家の物として扱われるに等しい。 正直いってどんな扱いなのかは知らない。 でも煉獄さんの顔面蒼白な顔を見ていればだいたいわかる。 男としてというよりは、奴隷みたいなものとして見た方がいいだろう。 「2年……」 短い。 短すぎる無茶な取引だ。 理不尽なものだから俺が出来ないと言うに決まってると、思っているのかもしれない。 「1年と言いたいところを延ばしてやったんだから感謝ぐらいして当然でしょう。 ねえ坊や、できるだろう?」 鋭く挑発する言葉に、覚悟を決めて前を見た。 「当然だ!! 俺は絶対に、無惨を倒す! 杏寿郎さんを、幸せにする!!!」 「か、竈門少年!!!?」 先程とは違った意味で悲痛の声が上がる。 しかしそれに反応したのは、部屋の外でこちらを様子見していたあの転んでしまった小さな煉獄少女だった。 そう念を押す彼女にムッとしつつも、何度も頷いてやった。 ・・・ 疲れたような顔で煉獄さんがふらふらと外に出て俺を見送ってくれる。 「気にするな竈門少年。 母は君を八つ当たりにする標的と見定めただけだ……しばらくすれば気も変わるだろう。 君は私ではなく好きな娘と一緒になってくれ」 「えっ、嫌ですよ」 「えっ」 ぽかんと口を開いた煉獄さんに対して、俺はただ真剣に言う。 「もちろん2年経っていなくても……どんな形でもいい。 絶対にあなたを不幸にはさせません。 煉獄杏寿郎さん」 あの時に死んでおけばよかっただなんて思わせない。 片腕を失うだけでよかったと思えるような人生にするんだ。 それは俺が生かした責任だから。 あの時に死んでしまったかもしれない煉獄さんを救ったのは俺だから。 俺がとるべき責任は、ちゃんと背負って生きてくつもりだから。 「あの戦いのあと死んでおけばよかったという後悔なんてさせません。 俺があなたを幸せに……生きていてよかったと思えるようにします。 ……もちろん煉獄さんが嫌だというなら無理強いはしない。 でも俺は、あなたを幸せにしたいって思ってますから」 同じ歩幅で歩いていたはずなのに、いつの間にか俺は前を歩いていた。 だからその時は、まだ気づかなかったんだ。 いつの間にか煉獄さんの歩調がゆったりとしていた事実に。 俺の後ろ姿を見ていて、胸をギュっと片手で押さえていたことに。 「煉獄さんが生きていて凄く嬉しかった。 救われたんだ。 「君は、ずるいな」 ただ不意に、呟くように聞こえてきた。 「男がそんな風に女に優しくするもんじゃない。 「いいや……なあ竈門少年。 君のことを炭治郎君と呼んでいいかな? 君には……いや、止めておこう」 何かを悩むように。 でもすぐに、俺をまっすぐに見つめて。 「君を、炭治郎君と呼んでいいか?」 「えっと、それはもちろん。 良いですけど……」 「そうか。 煉獄さんの声で後ろを見た俺は、彼女が笑ってくれたことにほっと安堵しただけだった。 (……ハッ。 そういえば鋼鐵塚さんどうしよう。 アッハイ帰りますすぐに。 だから禰豆子さん箱をドンドンするの止めてくれぇ!!.

次の

【あつまれ どうぶつの森】鬼滅の刃の冨岡義勇・胡蝶しのぶ・煉獄杏寿郎・悲鳴嶼行冥のマイデザインのIDをご紹介!【あつ森】│こはくぶろぐ

煉獄杏寿郎 後ろ

公開されたイラストは、デフォルメされた竈門炭治郎、我妻善逸、煉獄杏寿郎、伊黒小芭内、不死川玄弥の5種類。 炭治郎は愛知グルメを満喫し、伊黒はシャチホコと、玄弥は名古屋コーチンといっしょにポージング。 煉獄の後ろには東山動物園のイケメンゴリラ・シャバーニらしきシルエットが見て取れる。 善逸がスケートをしているのは、愛知県が日本でいちばんフィギュアスケートが盛んな土地だからだろう。 すごいジャンプを跳びそうだ。 愛知会場では8月19日(水)~8月31日(月)に松坂屋名古屋店 本館7階大催事場で開催され、本日より愛知会場入場券の1次抽選受付がスタートしている。 抽選の受付期限は7月19日(日)23時59分。 公開されたイラストを使用したグッズは、愛知会場限定で販売される。 詳細は公式サイトを確認しよう。 famitsu. html.

次の