牛丼レシピ 吉野家。 自宅で「吉野家の牛丼」を作る方法! サイゲン大介の再現レシピが凄すぎるので試してみたほうがいい

【吉野家の牛丼レシピ】家にあるもので簡単に再現!コツはたったの3つ

牛丼レシピ 吉野家

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 塩分控えめレシピ.

次の

【教えてもらう前と後】吉野家アレンジ牛丼レシピまとめ|野菜たっぷりビーフサンドイッチ

牛丼レシピ 吉野家

吉野家の牛丼レシピ 吉野家の牛丼は国産ではなくアメリカ産の牛肉が使われているようです。 今回サクックではアメリカ産が売ってなかったので国産を使ってますが、アメリカ産の方がお安いので、スーパーで見かけたらアメリカ産をチョイス! 材料(2人前)• 牛バラ肉(アメリカ産) 300g• 玉ねぎ 1個 調味料• 牛ダシダ 小さじ5• 砂糖 小さじ3と2分の1• 醤油 35ml• ほんだし(鰹だし) 4g• 昆布 1枚• 白ワイン 50ml(コンビニの安ワインでOK!)• 紅生姜 好きなだけ 作り方• 牛肉をひたひたに水に浸し、1枚1枚ほぐすようにして浸しておく• 玉ねぎは輪切りにし、さらに4分の1にざく切りにする(厚目が決め手!)• 切った玉ねぎをほぐし、ボールにいれ軽くサランラップをしてレンジで3分• 鍋に白ワイン50mlを強火でかけ、そこに水300mlを加えて、昆布1枚を入れ沸騰させる• 砂糖小さじ3と2分の1、牛ダシダ小さじ5、醤油35ml、ほんだし4gを入れてかき混ぜながら沸騰させる• 昆布はこの時点で取り出しておく• そこに牛肉をパラパラとほぐしいれ、赤みがなくなったら中火で10分ほど煮詰めていく(あくは取らないでOK! 電子レンジでチンした玉ねぎを汁ごと加えてよく混ぜる• 弱火でさらに10分ほど煮詰める• 火を止めてふたを閉め1-2時間ほど放置する• 食べる前に再びあたため、白ご飯の上にたっぷり牛肉を盛り付け、お好みで紅生姜をのせて完成! 吉野家の牛丼を再現する決め手 1. 国産牛ではなくアメリカ産牛肉をチョイス! こってりと味が濃い国産牛肉ではなくあっさりしたアメリカ産牛肉をチョイスしましょう。 サクックではアメリカ産牛肉が売ってなかったので国産を使用しています。 酒じゃなくて白ワインを使え! 肉料理に欠かせない「酒」。 吉野家の牛丼では香り高い「白ワイン」を使うのが決め手です。 白ワインは調理用ではなくても構いません。 コンビニの350mlの白ワインで十分です。 甘めより辛めのタイプを選ぶと良いでしょう。 吉野家の牛丼に欠かせない牛ダシダ! 牛ダシダを使用していますが、実は中華出汁と鰹出汁で代用もできます。 どうしても見つからない、買う気が起きない人は、中華スープのもとと鰹出汁(ほんだし)で代用してくださいね! 牛ダシダ小さじ5杯のところを、中華スープのもと、鰹出汁のもとを半分ずつ入れると良いです。 玉ねぎは大きめにざっくり切り歯ごたえ残す! 動画にもありますが、玉ねぎは厚目の輪切りに切り、4分の1にカット。 ざっくざっくと切るのがおすすめです。 電子レンジで水分を出し、その汁ごと使用するのが決め手です。 歯ごたえを残しつつ、甘みのある玉ねぎをたっぷり使用するのが吉野家流。 一旦冷まし、再度温めるべし! 上記作り方の手順9「弱火で10分煮詰めた」あとは、そのまま放置するのがおすすめ。 この放置するので出汁がしっかり牛肉と玉ねぎにしみ込むので、味わい深い牛丼ができます。 時間のない方はそのままご飯にのせても美味しくいただけますが、放置する時間が長いほど美味しい牛丼ができることは伝えておきます。 牛ダシダとは 牛ダシダとは、 じっくり煮込んだ牛骨エキスに、玉ねぎ、ニンニクなどの野菜と薬味を配合した韓国料理には欠かせない粉末調味料のひとつ。 スープや煮物料理に使ったりチャーハンの隠し味に使用したり、様々な料理に使用できるので1袋買っておくと便利です。 吉野家の牛丼はこの「牛ダシダ」が決め手と言われており、興味のある方は通販で仕入れちゃおう! 200円〜400円くらいで帰るのでコスパも良いです。

次の

アレンジレシピTOP│おうち吉野家

牛丼レシピ 吉野家

吉野家の牛丼 調理時間約20分 用意するもの(2人前)• 牛バラスライス 200g~• 玉ねぎ 1個• 白ワイン 大さじ2• かつおだしの素 小さじ2• 昆布だしの素 小さじ1• 中華だしの素 小さじ1• 醤油 大さじ1~2• 砂糖 大さじ1• ご飯 お好み あれば……• 紅生姜、卵黄など 適宜 ダシを合わせて牛バラと玉ねぎを煮るだけ! 材料は安い外国産の牛バラ薄切り肉がオススメ! あらかじめ軽く水に浸してほぐしておくと、煮る時にまとまって縮れたりせずに調理できます。 玉ねぎはお好みの切り方でOKですが、今回は輪切りにしたあと十字に切って四等分にしました。 次にお鍋に350mlほどのお湯を沸かします(牛肉を水に浸した場合、そのぶん少なめに)。 続けて、かつおだし(小さじ2)、昆布だし(小さじ1)、中華だし(小さじ1)、白ワイン(大さじ2)、砂糖(大さじ1)、醤油(大さじ1~2)を加えましょう。 更に本格的にしたいなら牛ダシダがあると便利ですが、なくても問題ナシ! 煮立ったら牛肉を広げて1枚ずつ投入。 水に浸けていた場合、旨味が移っているので浸けたお水ごとお鍋に加えるのがオススメです。 あとは蓋をして、沸騰しないぐらいの弱火で10分ほど煮込んだところで…… 玉ねぎを投入。 大玉を使ったらちょっと多すぎたので、普通サイズの玉ねぎがオススメかも。 だいたい5分ほど追加で煮込んで、玉ねぎが透明になってしんなりしてきたら完成です! 本当に吉牛まんまで驚愕! 超つゆだく大盛りで好きなだけ堪能すべし あとは丼などにご飯を盛って、好きなぶんの煮汁を注いでお肉と玉ねぎを乗せればOK! もちろん紅生姜や卵があればトッピングOKです。 作り方自体は意外なほどシンプルでしたが、一口いただいてみると…… 歯ごたえたっぷりの牛バラ肉に独特のまったりとした旨味が絡んで、中華だしのおかげか牛の脂のようなこってりとした後味が残るこの味わい……確かに吉野家の牛丼にメチャ近い! 筆者は普段そこまで食べませんが、一発で「そうそうこの味……」とかなり納得してしまいました。 卵黄をご飯に絡ませて、しんなりかつシャキシャキ感を残した玉ねぎの歯触りも組み合わさると、あまりにも「いつもの味」すぎてほっと安心してしまうほど。 これだけつゆだくだといくらでも食べてしまう魅力がありますね。 吉牛特有のコッテリ感が超簡単にうまいこと再現できる便利レシピ。 だし系がお家に余っていれば材料費は結構安く済みますし、腹ペコ系男子にはオススメです!.

次の