コロナ 川越。 <新型コロナ>埼玉で62人感染 キャバ店員ら男女10人 川越高校の生徒も、濃厚接触者は64人に(埼玉新聞)

新型コロナウイルス感染症患者の調査結果について(3月27日発表分) 川越市

コロナ 川越

埼玉県は31日、新型コロナウイルスに感染し入院していた春日部市の40代男性が、退院の許可を得ないまま外出し、川越市の温泉施設を訪れていたと発表した。 男性は県警に保護され、病院に戻っている。 外出先での濃厚接触者は確認されていないという。 県によると、男性は7月13日に発熱、16日に陽性と判明し、羽生総合病院(羽生市)に入院。 重度の肺炎だったが何度も外出しようとし、30日午後10時ごろ病棟の鍵を破壊。 タクシーで帰宅し、自家用車に乗り立ち去った。 31日未明、病院から連絡を受けた家族が県警に行方不明者届を提出した。 同日午前10時ごろ、県警の捜査員が川越市の「小江戸はつかり温泉川越店」の駐車場で車を発見し、男性を保護した。 男性は三郷市内の勤務先にも立ち寄っており、「仕事をしないと業績悪化の恐れがあった。 温泉施設に行ったのはシャワーを浴びるため」と説明。 県の担当者は「重大な事態だ。 入院に協力しない場合、感染症法に基づき強制入院させる場合もある」としている。

次の

コロナ(CORONA)|ホットペッパービューティー

コロナ 川越

県内の陽性確認者数:1,021人(6月14日新規公表分:2人) 【内訳】入院:23人(うち重症者:4人) :1人(県外) 自宅療養:1人 退院・療養終了:943人 死亡:51人 調整中:2人• 【留意事項】 ・検査実施人数は、同日までに実施した自治体による検査の累計と、同日までに報告のあった民間検査機関等による検査の累計の合計です。 ・陰性確認のための検査数は含まれておりません。 ・市及び民間検査機関等による検査数は速報値のため、後日修正になる可能性があります。 ・4月29日以降、自宅療養中の方のうちPCR検査で陰性確認が終了した方など、感染症をまん延させるおそれがなくなり、既に療養を終了した方を「療養終了」と表記しています。 具体的には、「過去7日間に判明した陽性者数」を「過去7日間に判明した陽性者数と陰性者数の和」で除した値を、その日の「陽性率 移動平均 」としています。 陰性確認のための検査は含まれません。 今後、追加の報告により、遡って数値を修正する場合があります。 3月1日以降のPCR検査の陽性率 移動平均 はこちらをご確認ください。 新型コロナウイルス感染症総合サイト 各種相談窓口、知事メッセージ、中小企業等の支援金等に関することは、をご確認ください。 新型コロナウイルス感染症に関する基本情報• これまでのお知らせ•

次の

川越市で3人コロナ感染!場所はどこ?行動歴は?60代夫婦と30代の息子が感染|埼玉マガジン

コロナ 川越

新型コロナウイルスの問題は、ようやく落ち着きを見せはじめています。 ただ、2020年6月12日現在、新型コロナウイルスのワクチンは開発されておらず、メディアでは新型コロナウイルスとともに生きていくことが求められる「with(ウィズ) コロナ」という言葉が、よく取り上げられています。 それは難しいことではなく、さまざまなところで、すでにその工夫が実施されています。 そこで、今回は、川越市内のお店で掲示されている案内とともに普段の暮らしで意識したいポイントを紹介します。 まず基本として意識したいのは「3密(密閉、密集、密接)」を避けることです。 例えばエレベーターでは、人と人との間隔を保つため、定員を4名としているところもあります。 エスカレーターでは、4段あけるようにと案内しているところもあります。 スーパーなどでレジに並ぶ際には、一定の間隔をあけるようにラインが引いてあるところも少なくありません。 なお、レジでの支払い時には手渡しではなく、トレイを使用することをすすめているお店もあります。 入店時のマスクの着用をお願いしているお店もあります。 マスクについては熱中症との兼ね合いも報道されていますが、基本的にお店のなかは空調が効いているので、入店時にはマスクを着用したほうがよいでしょう。 一時期、マスクは品薄状態でしたが、現在(2020年6月12日)は入手しやすくなっていて、多くのドラッグストア、コンビニなどで売られています。 喫煙については、喫煙室が設けられている飲食店でも現在は喫煙室を使用できないところが少なくありません。 また、使用できたにしても、一度に入れる人数が1名となっているところもあるので注意が必要です。 お手洗いについては、「使用後、水を流す際にフタをしめてください」と案内をしているところもあります。 いずれも意識すれば、簡単に実践できる、ちょっとした工夫といえるでしょう。 市民全員が新型コロナウイルスの心配や、それに関するストレスがない生活をおくれるように、「with コロナ」のマナーを守るように心がけたいものです。

次の