辛 坊 治郎 パワハラ。 辛坊治郎のパワハラ報道に世論は真っ二つ「教師が生徒をパワハラで訴えるくらい笑える」の声も|日刊サイゾー

辛坊治郎パワハラ問題を批判した楠田枝里子、石井てる美に坂上忍は…|LITERA/リテラ

辛 坊 治郎 パワハラ

あまりにも突然のことだったようですね。 しかも辛坊治郎さんは、「視聴率3倍だぞ、この野郎!視聴率3倍でクビって聞いたことないぞ」と笑いながら、収録スタジオを笑いで包んだそうです。 そんな辛坊治郎さんが「深層ニュース」を辞めるのが決まったのはいつなのかと言いますと、日テレのパワハラ報道が報じられた直後ということです。 1月中旬ごろでしょうか、日テレ側は辛坊治郎さんはの降板を決めたようです。 辛坊治郎さんの日テレとの契約は「6ヶ月更新」の約束でした。 ところが辛坊治郎さんは、日テレ側から1月中旬に「更新はしない」と伝えられたそうです。 しかも、 パワハラ騒動が原因で契約更新をしないとも言われなかったようです。 辛坊治郎さんの「深層ニュース」降板が決まったのは、2020年1月中旬ごろだったようです。 スポンサーリンク 辛坊治郎の降板理由や原因はなぜで真相は?パワハラ騒動は嘘? 【辛坊氏「深層NEWS」3月降板】 辛坊治郎氏が、自身が司会を務める「深層NEWS」(BS日テレ)を3月いっぱいで降板するという。 辛坊氏によると「特に今回のパワハラ騒動が原因で契約更新をしないとも言われませんでした」。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 辛坊治郎さんが「深層ニュース」を降板する理由が「パワハラ騒動」でないとすると原因はなぜなのでしょうか? 辛坊治郎さんのパワハラ騒動についての記事は、もしくは、を、是非お読みください。 ですが、どう考えても「パワハラ騒動」以外に辛坊治郎さんが「深層ニュース」を降板する理由は見当りません。 そこでいろいろと調査してみました。 その中でも参照元FRIDAYデジタルさんの記事には以下のように報じられていました。 文春報道が出たら、十分な調査もせずに辛坊氏をすぐに切った」 どうやら辛坊治郎さんを降板させた理由の真相は、 事なかれ主義ということのようです。 しかもなぜ事なかれ主義なのかと言うと、どうやら文春砲を放たれたら、臭い物に蓋をするようです。 つまり報じられているように、十分な聞き取りや調査をせず「パワハラ騒動」を闇に葬ったのでしょうか? しかし日テレ側は「契約満了で降板」としているようです。 辛坊治郎さんは、「せっかく視聴率も上がっていたのに、もったいないという気持ちは強いですね」とおっしゃっていたようです。 視聴率のある番組なのに勿体ない気がしますね。 辛坊治郎さんは前回おっしゃったように、自分は出入り業者だからテレビ局員にパワハラなんて出来ないと言ったうえで以下のようにおっしゃっていたようです。 しかも日テレ側は、辛坊治郎さんにパワハラ疑惑での降板とは説明していないそうです。 それについて辛坊治郎さんは、以下のように言われてました。 この降板劇が物語っているんじゃないでしょうか 確かに6ヶ月更新なのに、降板の理由や原因について何も言われずに契約を切られるのは、早く臭い物に蓋をしたい日テレ側に何かあるのかもしれませんね。 もしかしたら「パワハラ騒動」は嘘だったのでしょうか気になりますね。 こうなると、辛坊治郎さんが日テレ側に「パワハラ」されていると思いました。

次の

辛坊治郎の降板理由や原因はなぜで真相は?深層ニュース の後任は誰?

辛 坊 治郎 パワハラ

あまりにも突然のことだったようですね。 しかも辛坊治郎さんは、「視聴率3倍だぞ、この野郎!視聴率3倍でクビって聞いたことないぞ」と笑いながら、収録スタジオを笑いで包んだそうです。 そんな辛坊治郎さんが「深層ニュース」を辞めるのが決まったのはいつなのかと言いますと、日テレのパワハラ報道が報じられた直後ということです。 1月中旬ごろでしょうか、日テレ側は辛坊治郎さんはの降板を決めたようです。 辛坊治郎さんの日テレとの契約は「6ヶ月更新」の約束でした。 ところが辛坊治郎さんは、日テレ側から1月中旬に「更新はしない」と伝えられたそうです。 しかも、 パワハラ騒動が原因で契約更新をしないとも言われなかったようです。 辛坊治郎さんの「深層ニュース」降板が決まったのは、2020年1月中旬ごろだったようです。 スポンサーリンク 辛坊治郎の降板理由や原因はなぜで真相は?パワハラ騒動は嘘? 【辛坊氏「深層NEWS」3月降板】 辛坊治郎氏が、自身が司会を務める「深層NEWS」(BS日テレ)を3月いっぱいで降板するという。 辛坊氏によると「特に今回のパワハラ騒動が原因で契約更新をしないとも言われませんでした」。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 辛坊治郎さんが「深層ニュース」を降板する理由が「パワハラ騒動」でないとすると原因はなぜなのでしょうか? 辛坊治郎さんのパワハラ騒動についての記事は、もしくは、を、是非お読みください。 ですが、どう考えても「パワハラ騒動」以外に辛坊治郎さんが「深層ニュース」を降板する理由は見当りません。 そこでいろいろと調査してみました。 その中でも参照元FRIDAYデジタルさんの記事には以下のように報じられていました。 文春報道が出たら、十分な調査もせずに辛坊氏をすぐに切った」 どうやら辛坊治郎さんを降板させた理由の真相は、 事なかれ主義ということのようです。 しかもなぜ事なかれ主義なのかと言うと、どうやら文春砲を放たれたら、臭い物に蓋をするようです。 つまり報じられているように、十分な聞き取りや調査をせず「パワハラ騒動」を闇に葬ったのでしょうか? しかし日テレ側は「契約満了で降板」としているようです。 辛坊治郎さんは、「せっかく視聴率も上がっていたのに、もったいないという気持ちは強いですね」とおっしゃっていたようです。 視聴率のある番組なのに勿体ない気がしますね。 辛坊治郎さんは前回おっしゃったように、自分は出入り業者だからテレビ局員にパワハラなんて出来ないと言ったうえで以下のようにおっしゃっていたようです。 しかも日テレ側は、辛坊治郎さんにパワハラ疑惑での降板とは説明していないそうです。 それについて辛坊治郎さんは、以下のように言われてました。 この降板劇が物語っているんじゃないでしょうか 確かに6ヶ月更新なのに、降板の理由や原因について何も言われずに契約を切られるのは、早く臭い物に蓋をしたい日テレ側に何かあるのかもしれませんね。 もしかしたら「パワハラ騒動」は嘘だったのでしょうか気になりますね。 こうなると、辛坊治郎さんが日テレ側に「パワハラ」されていると思いました。

次の

辛坊治郎アナにパワハラ疑惑。『深層NEWS』女性プロデューサーに壁ドン「飛ばすぞ」発言か。週刊文春報道を本人は否定

辛 坊 治郎 パワハラ

「お前なんかいつでも飛ばせる」と罵倒したと報じる 辛坊さんは、BS日テレ「深層NEWS」で司会をしており、文春オンラインの2020年1月8日付記事では、「辛坊治郎が日テレ女性社員に『壁ドン』パワハラ」のタイトルで報じた。 週刊文春の1月16日号では、さらに詳しく内容が書かれている。 これらの記事によると、19年12月中旬の番組放送後、番組プロデューサーの女性社員は、帰ろうとする辛坊さんを同社玄関口近くで呼び止め、番組内容について話し合った。 そのうちに口論となり、辛坊さんは壁に手をつき、チーフプロデューサーの男性社員らがいる中で「お前なんかいつでも飛ばせる」と罵倒したとしている。 きっかけは、ウイグル族の人が勇気を出して中国からの弾圧を語った12月5日の放送で、中国を擁護するような発言をした出演者について、女性社員がもっと扱いをよくしてほしいと辛坊さんに訴えたことだという。 女性社員は、コンプライアンス担当部署に今回のことを訴え、一時、体調を崩して会社を休んだという。 辛坊さんは、文春の取材に対し、女性社員に声を荒げたことは認めたものの、フリーの立場上脅せるわけがないと反論し、パワハラ行為については否定したという。 日テレの広報部は、辛坊さんらの言い方が激しくなった場面はあったと文春取材に説明し、辛坊さんから「ショックを与えたとしたらまったく本意ではなく申し訳なかった」といった内容の謝罪があったと答えたとしている。 「『嫌ならクビにしたらいいだろ!』とは言った」 この記事に対し、辛坊さんは8~9日、「辛坊の旅」というアカウント名の公認ツイッターを更新し、反論をつづった。 辛坊さんは、このツイッターで、週刊文春の早刷りが回って来たとして、その記事について「完全な捏造」と断じた。 女性社員に「いつでも飛ばせる」と言ったのは完全なウソだとし、「私はそんな事言わないのを信条に生きてきた!」と説明した。 当時のことを今思い出したとして、「貴女は局の責任者なんだから、私の発言がそんなに嫌ならクビにしたらいいだろ!」と逆のことは言ったとした。 「スタッフは真実を知っている。 それだけが私の救いです」と述べ、今後については、「弁護士と相談する」とした。 文春が情報をつかんだ背景について、辛坊さんは、「実は問題の背景に某国の陰謀があると睨んでいる。 文春もついにかの国の手に落ちたようだ」と独自の見方を示していた。 週刊文春の編集部は1月9日、J-CASTニュースの取材に対し、次のようにコメントした。 「当該記事は、『深層NEWS』(BS日テレ)のキャスターである辛坊治郎氏が同番組の女性プロデューサーに対し、公衆の面前で罵倒し、それによって番組プロデューサーが心労のため会社を休んだという事実を報じたものです。 記事に掲載したとおり、辛坊氏と日本テレビは事実関係を認めており、記事の内容については十分自信を持っております」 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の