国民 年金 第 3 号 被 保険 者 関係 届。 行政手続案内:国民年金第3号被保険者資格取得・種別変更・種別確認(3号該当)・資格喪失・死亡・氏名・生年月日・性別変更(訂正)・被扶養配偶者非該当届|電子政府の総合窓口e

国民年金第3号被保険者関係届の書き方(記入例あり)

国民 年金 第 3 号 被 保険 者 関係 届

会社員・公務員など(第2号被保険者)の配偶者に扶養される主婦・主夫(第3号被保険者)の方は、ご自身で保険料を納付することなく老齢基礎年金などを受給することができます。 ここでは、第3号被保険者となるために必要な届出の出し忘れをしているケースについて、お伝えします。 第3号被保険者の手続き 第3号被保険者となるためには届出が必要です。 第3号被保険者の届出は、2002年4月から配偶者の勤務先を通じて行うことになっています。 配偶者が就職したとき、 または主婦や主夫が第3号被保険者の要件に該当したときに配偶者の勤務先へ書類を提出します。 健康保険証の手続きと併せて行いましょう。 届出をしていない場合 第3号被保険者制度は1986年4月に始まりました。 当初、第3号被保険者に関する手続きは、本人が市区町村役所に届出を行わなければいけませんでした。 しかし、この制度を知らずにいたケースなど、届出をしていない場合があり、その期間は「空白期間」となり第3号被保険者の未納期間となります。 届出漏れの救済 第3号被保険者の届出をしていないことに気づいた時点で手続きをすることが可能ですが、さかのぼって認められるのは手続きをした時点から2年前までです。 しかし、届出が2年以上提出されずにいた場合は国民年金加入期間に空白期間が生じてしまうため、2005年4月からは過去の届出を忘れていた期間もやむを得ない事情がある場合には第3号被保険者の特例の届出を提出することで第3号被保険者期間として扱われることになりました。 第3号被保険者未届が発生しやすいケース 第3号被保険者であると誤解をしていた、第3号被保険者の届出の必要性を意識していなかったなどで第3号被保険者未届が発生しやすいケースがあります。 (1)誤解をしていたケース 配偶者が転職する場合、2、3日でも再就職するまでに第1号被保険者の期間があれば、再就職後、第3号被保険者の届出が必要になります。 (2)必要性を意識しなかったケース 主婦・主夫が就職し厚生年金等に加入した場合は、第3号被保険者ではなくなります。 退職した後、扶養される場合は改めて第3号被保険者の届出が必要になります。 ご自身の第3号被保険者の加入期間を確認したい場合は、お近くの年金事務所へお問い合わせください。

次の

厚生年金保険に加入している被保険者(第2号被保険者)が、配偶者を扶養にするときの手続き|日本年金機構

国民 年金 第 3 号 被 保険 者 関係 届

日本の年金制度は、すべての人が国民年金に加入することになっていて、 第1号被保険者(自営業・無職など)、 第2号被保険者(勤務先の会社で厚生年金に加入している人や、公務員で共済制度に加入している人)、 第3号被保険者(第2号被保険者に扶養される配偶者)に区分されます。 (以下、1号、2号、3号と省略) 例えば、あなたが前職A社に入社するまで、就職活動中で無職だったとすると、あなたもあなたに扶養されている奥様も、1号だったことになります。 そしてあなたがA社に入社して厚生年金に加入したところで、A社は、厚生年金の被保険者資格取得届の手続をします。 同時に、国民年金の制度としては、あなたは 1号から2号に変わることになります。 そして、同じタイミングで、奥様は 1号から3号に変わることになります。 この、 3号になることになった手続は、3号自身(つまり、あなたの奥様)が記名押印した書類をA社に提出し、A社はその書類を年金事務所に提出しなければなりません。 次に、あなたはA社を退職し、1日も間を開けずに、B社に就職しました。 ここで、A社ではあなたの厚生年金の被保険者資格喪失届、B社では被保険者資格取得届の手続をします。 さて、あなたは勤務先が変わったものの、奥様は2号被保険者に扶養される配偶者に変わりはないので、3号のまま(いわば、3号から3号になる)です。 このように、 1日も間を開けずに3号から3号になるケースでは、 3号になる手続は必要ないことになっています(国民年金法施行規則6条の3)。 ただし、同じ3号から3号になるケースでも、2号である配偶者(図表の例で言えば夫の側)が、厚生年金ではなく、公務員の共済制度に加入していた場合は、この届出が必要なケースもあります。 2014年 12月04日 掲載•

次の

「国民年金第3号被保険者資格該当通知書」が届きました。

国民 年金 第 3 号 被 保険 者 関係 届

年金法では、年金制度の加入者(被保険者)を3種類に分類します。 1号被保険者、2号被保険者、3号被保険者といった具合に。 人を区分けするのに、なぜ、わざわざ「号」などという言い方をするんだろう?という疑問を持つかもしれません。 その昔、28号というロボットアニメがありました(笑)。 年金が法律である証拠 法律は、条文の集まりです。 法律の「条」の次のまとまりが「項」、その次が「号」となっています。 国民年金法第7条第1項は、こうなっています。 第7条 次の各号のいずれかに該当する者は、国民年金の被保険者とする。 一 日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者であつて次号及び第3号のいずれにも該当しないもの(被用者年金各法に基づく老齢又は退職を支給事由とする年金たる給付その他の老齢又は退職を支給事由とする給付であつて政令で定めるもの(以下「被用者年金各法に基づく老齢給付等」という。 )を受けることができる者を除く。 以下「第1号被保険者」という。 ) 二 被用者年金各法の被保険者、組合員又は加入者(以下「第2号被保険者」という。 ) 三 第2号被保険者の配偶者であつて主として第2号被保険者の収入により生計を維持するもの(第2号被保険者である者を除く。 以下「被扶養配偶者」という。 )のうち20歳以上60歳未満のもの(以下「第3号被保険者」という。 ) つまり、1号被保険者、2号被保険者、3号被保険者とは、国民年金法第7条第1項に定められた「3種類の被保険者」ということです。 どうしてサラリーマン(厚生年金被保険者)が「国民年金法」で分類されないとダメなんだ?という疑問をお持ちの場合は、をご参照ください。 すべての年金制度の1階部分は、国民年金(基礎年金)として、統一されたのでした。 この分類は、もちろん、昭和61年4月2日以降に出来たものです。 条文の3分類を、わかりやすく言えば、 第2号被保険者 サラリーマン、公務員 第3号被保険者 第2号被保険者の配偶者(妻、または、専業主夫) 第1号被保険者 第1号、第2号以外で、20歳以上60歳未満の人 となります。 第1号の規定が「第2号・第3号以外」ですから、順番を変えてみました。 第3号被保険者とは? 第3号被保険者は、あくまでも2号の配偶者であって、1号の配偶者ではありません。 第3号被保険者は、2号に扶養され、20歳以上60歳未満で、年収130万円未満という条件を満たすことが必要です。 第3号被保険者は、国民年金の保険料を納付する必要がありません。 結婚相手が、1号か2号かによって、大きな差があります。 第3号の要件を満たせば、同時に、配偶者の健康保険(協会けんぽ)の被扶養配偶者になることもできます。 まとめ 第3号被保険者は、通常、女性です。 公的年金の女性優遇策は、このほかにもたくさんあります。 「年金は女性のためにある」といっても過言ではありません。

次の