ポケモン 剣 盾 オーロンゲ 育成 論。 【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策【害悪魔神!積み構築キラー】

【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と弱点・対策まとめ【悪戯心ビルドアップ型】

ポケモン 剣 盾 オーロンゲ 育成 論

もくじ• ただし『あく』タイプの相手 味方は含まない には変化技が全て失敗する。 【おみとおし】 戦闘に出た時、全ての相手の持っている道具の名前が分かる。 【わるいてぐせ 夢特性 】 直接攻撃を受けた時、相手の持っている道具を奪う。 弱点 「2倍」はがね、どく、フェアリー 耐性 「0. 5倍」ゴースト 「0. HPと攻撃力が高く、素早さは余りないので、扱い方が難しいかに思えます。 しかし、 特性「いたずらごころ」があるお陰で、先制で「ビルドアップ、みがわり、リフレクター」などが使用可能です。 先制ビルドアップで火力と耐久を上げたり、先制みがわりでダイマックスを枯らしたりと様々な立ち回りができます。 いたずらごころの効果がない「あく」が来ても、フェアリー技で打点を持てるのも強み。 豊富な育成論が出来るポケモンですが、今回は自分が使っているものを紹介していきます。 両壁張り型オーロンゲの育成論 特性 「いたずらごころ」 自分の使う変化技の優先度が1だけ加算される。 ただし『あく』タイプの相手 味方は含まない には変化技が全て失敗する。 弱点 「2倍」はがね、フェアリー、どく 耐性 「0. 5倍」ゴースト 「0. 25倍」あく 「効果なし」ドラゴン、エスパー 性格 ようき 努力値振り HP252、攻撃252、素早さ6 道具 ひかりのねんど 技構成 じゃれつく、ふいうち、リフレクター、ひかりのかべ 今回作ったオーロンゲは、 「リフレクター&ひかりのかべ」を使う両壁型です。 道具「ひかりのねんど」は、リフレクターとひかりのかべのターン数を伸ばせます。 先制でどちらかは確実に張れますし、HPが高いのでどちらも張ることも十分に可能です。 両壁型を使う場合は、 後続に「りゅうのまい、ちょうのまい」などの積み技を持つポケモンを採用しましょう。 自分は「モスノウ」を愛用しているので、ちょうのまい用に両壁型を採用しました。 ただ壁を張るだけでなく、 高い攻撃力も活かすために、タイプ一致の「じゃれつく、ふいうち」も採用しています。 ふいうちは、最も流行っている「ドラパルト」対策になります。 ようき最速であれば、速すぎないポケモンであれば先制攻撃できますね。 最低でも壁を張れれば問題ないので、何もせずに終わることは絶対にない型だと言えるでしょう。 先制ビルドアップで殴りに行くのも面白いですけどね。 まとめ オーロンゲは見た目で嫌がる人もいますが、様々な型が作れる優秀なポケモンです。 使い手によって何をしてくるか分かりにくいので、オーロンゲをいろんな使い方をして見て下さい!.

次の

【ソードシールド】オーロンゲの育成論!火力もある安定した壁貼りサポーター【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 オーロンゲ 育成 論

5倍 0. 25倍 無効 解説 特性「いたずらごころ」によって変化技を先制で使用出来るので、「リフレクター」「ひかりのかべ」「でんじは」「トリック」などによって味方をサポートする型、高い攻撃も活かして「みがわり」「ビルドアップ」によって自らが積みアタッカーとして戦う型など絡め手を多く利用して戦闘を優位に進めていきます。 特にサポート型は仕事を遂行しやすく、後続の積みアタッカーが安全に積む為の補助になるのでゲームメイクにおいて非常に重要な役割を果たします。 使用したポケモンが交代してもターン分は効果が受けつがれる。 ダブルバトル、トリプルバトルでは効果が低くなる 解説 物理技を半減する効果を自分のフィールドに適用します。 現環境は物理アタッカーが非常に多いので試合全体を通してダメージを軽減するのに大いに役立ってくれる技です。 「ひかりのねんど」を持つ事によって適用ターンが伸び、発動ターン含め8ターンになります。 「かわらわり」には注意が必要です。 エスパー 変化 威力 0 命中 — PP 30 効果 5ターンの間、相手の特殊技のダメージを半分にする。 ポケモンを交代しても、ターン分は効果が続く 解説 こちらは特殊技を半減する効果を自分のフィールドに適用します。 オーロンゲは初手が読まれやすいので、それ対してフェアリータイプの特殊アタッカーをぶつけられた際などはこちらを先に使用して自分へのダメージを軽減していきましょう。 基本的な性能は完全に「リフレクター」の特殊版です。 自分の後続の積みアタッカーが特殊アタッカーに対して強い場合などは不採用とする選択肢もあります。 あく 変化 威力 0 命中 100 PP 20 効果 3ターンの間、相手は攻撃わざしか出せなくなる 解説 相手の変化技を3ターン封じる技です。 これにより同族と当たった時に相手に仕事をさせづらくなります。 その他にもオーロンゲが壁を貼っている間に積み切ってしまおうと考える相手や、一部のコンボパーティに対しても有用な技となります。 あく 物理 威力 70 命中 100 PP 5 効果 相手が攻撃技を選んでいた場合は先制攻撃が出来るが、攻撃技でない場合は失敗する 解説 「ちょうはつ」との相性が良く、先制で撃てるタイプ一致技です。 サポートの為の壁を貼った時点でHPが少ない事が多く、素早さも高いとは言えないのでダメージを一切与えられずに落ちてしまうという事も少なくありません。 「ふいうち」であれば落とされる前にタスキ潰し以上のダメージを与えられ、後続アタッカーの負担を攻撃面でも減らす事が出来ます。 でんき 変化 威力 0 命中 90 PP 20 効果 相手を「まひ」にする。 壁と併せて使用すると積みアタッカーの行動回数がより増やしやすくなるので有用な技ですが、命中不安な点、「ラムのみ」などによって無効化されると相手に行動回数を与えてしまう点など使い勝手が他に劣るという面もあります。 フェアリー 物理 威力 75 命中 100 PP 15 効果 相手の「とくこう」を1段階ダウン 解説 命中安定の一致技で、確定で相手の特攻を下げるという優秀な効果を持っています。 後続が特殊アタッカーに対してより強くなるので、電磁波と併せて採用であれば優秀な選択肢となる技です。 オーロンゲの持ち物候補 効果 持たせると「ひかりのかべ」「リフレクター」の効果が3ターン長くなる 解説 壁の効果ターンが延長されます。 読まれやすくはありますが明確な対処も難しく、サポートとしての役割がより強力になるので優秀な持ち物候補です。 効果 持たせるとダメージを受けた時に、行動をキャンセルして「てもち」のポケモンと入れ替わる。 使うとなくなる。 解説 先制で対面に有利な壁を貼り、攻撃を受けたらそのまま積みアタッカーに繋げる事が出来ます。 その他「トリック」を採用する場合などであれば相手に渡し、ダイマックス状態になった所を攻撃する事が出来ればダイマックスの強制解除も可能です。 メインメニュー•

次の

【ポケモン ソード&シールド】オーロンゲの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ポケモン 剣 盾 オーロンゲ 育成 論

【ポケモン剣盾】シャワーズの育成論と対策【高耐久高火力の優秀ブイズ】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はシャワーズの育成論と対策を考えていきたいと思います。 ブイズの中でも初代からいる人気ポケモンの1体です。 僕もグリーンバージョンで初めて進化させたイーブイはシャワーズでした。 シャワーズの鳴き声いいですよね。 ランクバトルではニンフィアやブラッキーが多いですが、シャワーズも強いので今回はその使い方と対策を見ていきましょう。 シャワーズの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【シャワーズの特徴1】ラプラスと同じ高い耐久 シャワーズの特徴は高いHP種族値で、その値は130もありラプラスと同じになっています。 特防種族値95もラプラスと同じなので、特殊方面についてはラプラスと同程度の耐久が期待できます。 一方で防御種族値は65となっており、ラプラスの80と比べると低めに抑えられています。 そのため、耐久シャワーズを使う場合はBに努力値を振るのがいいでしょう。 【シャワーズの特徴2】高めの特攻 ラプラスに比べると防御種族値が低くなっている代わりに、シャワーズは特攻種族値が110もあり、ラプラスの85に比べるとかなり火力が出せるようになっています。 ここまで高いと特化させることで十分アタッカーとして活躍できる数値だと言えるでしょう。 実際メガネシャワーズという火力特化型も一定数存在します。 【シャワーズの特徴3】試合メイキングしやすい技 シャワーズは高い耐久を活かして、豊富な変化技で試合を作っていく動きができます。 有名なのはあくび後攻バトン型で、対面操作をして有利対面から積みやダイマックスを切ってそのまま相手のパーティを半壊させていく戦い方ですね。 シャワーズの育成論と戦い方 シャワーズは9割が対面操作による試合メイキング型、残りわずかに火力特化したアタッカー型を見かけることがあるでしょう。 【シャワーズの育成論】対面操作型あくびバトンシャワーズ• 特性:ちょすい• 個体値:A抜け5V• もちもの:たべのこし• わざ:あくび・バトンタッチ・ねっとう・みがわり 特徴 初手あくび・熱湯・みがわりのいずれかで相手の出方を伺いつつ、すきを見てバトンタッチで有利対面を作っていきます。 「有利対面を作る」ということの強さがわかるようになってきたら中級者トレーナーの仲間入りだと言えるので、ポケモンを始めたばかりの初心者トレーナーにも使ってみて欲しい型ですね。 有利対面(例えば相手ローブシンにこちらミミッキュを出すなど)を作れば相手は十中八九交代してくるので(交代しなくても勝てるので)一気に形勢有利になります。 その1ターンのスキに剣の舞などの積み技を積んで、2ターン目にダイマックスを切っていくとミミッキュのように火力がやや足りないポケモンでも全抜き体制に入ることができます。 シャワーズは耐久が高いと言ってもじこさいせいなどの高速回復技は持たず、瞬間高火力を出してくるパッチラゴンなどには弱いため注意しましょう。 HP調整もたべのこしのものになっています。 ラムのみ+積み技持ちが懸念される相手(カジリガメ、ホルード、オノノクス、トゲキッス、サザンドラなど)に打つ場合は相手の型を読んでから立ち回るなど細心の注意を払いましょう。 欠伸によって相手は交代してきますが、交代後のポケモンを見てからこちらはポケモンを後出しできるので実際に使ってみると、有利対面が作れるというその強さが想像以上のものだとわかるでしょう。 ただ、壁対策のすりぬけドラパルトやニンフィアのハイパーボイスなど音技には注意。 キョダイラプラスやオーロンゲなど壁対策のすりぬけドラパルトがそこそこいることもあり、この枠に「まもる」や「とける」、「ねがいごと」を採用しているシャワーズもいます。 対面操作型シャワーズを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 【シャワーズの育成論】メガネ超火力シャワーズ• 特性:ちょすい• 個体値:A抜け5V• もちもの:こだわりメガネ• わざ:ハイドロポンプ・れいとうビーム・ハイパーボイス・シャドーボール 特徴 基本的には初手に出して通る技を連打するだけです。 ほとんどのシャワーズは前に紹介した耐久型のため、意外とメガネシャワーズは通りやすいでしょう。 有名な話ですがHP種族値が高いシャワーズはカビゴンやラプラスと同じでH252系の努力値振りよりこちらの振り方の方が固くなります。 当たれば水弱点の大抵のポケモンが確定1発で飛んでいく。 等倍相手でも8〜9割削る致命傷を与えられる上に、Dが低い相手なら等倍ですら一撃で飛ばすことも。 ニンフィアのフェアリースキンのイメージが強く、フェアリータイプだと思っているトレーナーも多いですが、通常はノーマル技なのでゴーストにはうてません。 メガネシャワーズを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 Aボタンしか押してませんが2. 3体ほどシャワーズ1体で倒してました。 (関係ないですがこの実況者さん面白いですねw シャワーズの対策 タイプ一致の弱点高火力で吹き飛ばすのがいいでしょう。 命の珠はりきりパッチラゴン• メガネロトム こちらもあくびなどで対面操作をするのもおすすめです。 ブラッキー• ニンフィア• カビゴン ラムのみ持ちを出すのもいいでしょう。 カジリガメ• ホルード• サザンドラ• トゲキッス ただしアタッカー型シャワーズだった場合は積んでいるうちに一撃で粉砕されてしまうため、相手のシャワーズの型を判別してから出すように注意しましょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】シャワーズの育成論と対策【高耐久高火力の優秀ブイズ】 いかがでしたでしょうか。 耐久型と超火力型がどちらも存在するポケモンはどちらの場合もブラフが強力にきくので強いですね。 シャワーズは可愛いし対面操作の入門ポケモンとしてもおすすめなので育てて使ってみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の