ツルヤ 小布施。 北信旅でのお土産にアリ!長野県小布施市 マルテ珈琲焙煎所。

「TSURUYA(ツルヤ) 小布施店」(上高井郡小布施町

ツルヤ 小布施

長野県民の御用達スーパー 「ツルヤ」で買える 信州土産を、地元民の私ゆーみんがお届けします。 全国的にも有名なツルヤは、今やスーパーのブランドとして確立、通販でもオリジナル商品を販売していて需要もあり。 ある意味長野県民の誇りとも言えるスーパーです。 長野県に観光で訪れた場合、土産センターでお土産を購入するのも良いのですが、お値段的におすすめするのがここ「ツルヤ」で買う事。 地元の人達も購入する為 比較的安く買う事が可能です。 地ビールや地酒、ジャムやお菓子など、用途に合わせて選べるのも魅力。 オリジナル商品が充実しているのも嬉しい。 それではそんな中から8種類のおすすめ土産をピックアップしてお届けしようと思います。 ツルヤで買えるお勧め信州土産8選 1 信州高原地ビール ツルヤは長野県内数多くの地ビールを扱っています。 そんな中でもツルヤオリジナルの 「信州高原ビール」が安くて美味しくて超おすすめ。 お値段1本¥199で販売されています。 地ビールとしては破格のお値段。 有機麦芽、有機ホップ100%のプレミアムビール。 この緑色の缶がオーガニック、そして他にも黒ビールのブラック、クリアの3種類があります。 浅間山系のお水を使用して作られたこのビール、さっぱりとしながら味わい深いビールで非常に美味しいです。 飲み口も柔らかくてのど越しが良い。 軽井沢にある「ヤッホーブルーイング」さんという会社が製造しています。 ビール通の方をも唸らせるビールでありながらコスパも良いので本当にお勧めな一品です。 私も時々買って飲んでますが、女性にも飲みやすいですよ~。 2 地酒 長野県の美味しいお水で作られるお酒は全国的にも有名ですね。 酒蔵も非常に多いです。 おすすめは 佐久市で作られる 「寒竹」。 戸塚酒造さんが地元の美味しいお米を使って製造しています。 甘味があって優しい味わいのお酒は誰にでも好まれる味。 諏訪市の宮坂醸造さんで作られている 「真澄」もおすすめです。 1662年創業、良質な水と酵母にこだわる酒蔵のお酒は長野県民に愛されて続けている一品。 ツルヤには長野県内全域の美味しい地酒が揃っていますのでじっくり選んでみて下さい。 3 みすず飴 上田市の銘菓 「みすず飴」、飯島商店さんが作られている昔ながらのお菓子です。 信州のフルーツを使って無添加で作られる、ゼリーのような優しい味わいが特徴です。 美味しいまずいと賛否両論ではあるものの、根強いファンがいるのも事実。 上田に来る観光客の方は絶対というほどお買い求めになる品です。 松本と言えば栗田の塩羊羹というほど有名な老舗お菓子処の羊羹です。 塩気の効いたネットリとした味わいが癖になる羊羹は、お土産としてどなたにでも喜ばれる事間違い無し。 一人1本ペロリといけそうな量なので、多めにご購入すると安心です。 6 栗落雁 全国でも有数の栗処、 小布施町にある小布施栗菓の 「栗らくがん」。 エンドウ粉と栗粉で作られる素朴なお菓子です。 ポリポリとした固い噛み心地、そして口の中で溶けていく感じが癖になります。 ほのかに香る栗の風味も絶品。 長野県の銘菓としても有名な栗らくがんは一度はお試し頂きたい。 7 丸ごとふじリンゴゼリー 信州と言えばりんご、そのりんごを丸ごとゼリーにしたのがこちら 「まるごとふじリンゴゼリー」。 これはインパクトがありでお土産にしたら驚かれるでしょうね。 シャキシャキとしたリンゴは丸ごと、そして周りに透明なりんご液のゼリーがタップリ入ってます。 袋から出す時には大きな丼ぶりなどに開けておかないとこぼれますので注意。 切り分けて食べますが、甘さも丁度良くてリンゴ感が美味しいです。 8 信州産ドライフルーツ 信州はやはりフルーツが美味しい、という事でおすすめしたいのが 「ドライフルーツ」。 ツルヤオリジナルは信州産の珍しい果物をドライにして売ってます。 信州リンゴ「シナノスイート」、「信州白桃」、「信州かりん」、「信州南水梨」「シャインマスカット」「ひとくち柿」。 「ラフランス」、「ブルーベリー」「あんず」「プルーン」などもあります。 長野県以外のものでも面白いものが多数、例えば 「清美オレンジ」「南高梅」「輪切りレモン」「温州みかん」「ドライマンゴー」「パインスティック」「生姜スライス」などなど。 それぞれのフルーツの味わいをパクパクと楽しめるのが良いですね。 ヨーグルトに浸けておいてから食べるのも美味しいです。 長野土産らしくて喜ばれるのではないでしょうか。 その他 上記8つ以外にもお土産としてお勧めしたい物は沢山あるのです、たとえば 「野沢菜」ですとか 「シャム」なんかですね。 147•

次の

長野県への移住場所の基準にすべき、長野最強スーパー『ツルヤ』の魅力を語る

ツルヤ 小布施

2020年3月更新 店舗に茅野店追加 皆さんは「ツルヤ」というスーパーをご存じだろうか? 長野県内に店舗を展開する地元最強スーパーマーケットである。 以前、「」という記事では 長野県内の都市部にスポットをあてて、移住場所を考えた。 だが、「暮らす」ということをもっと現実的に考えると、 良いスーパーが生活圏内にあるかどうかというのは非常に重要である。 東京のように駅周辺なら何でも揃うなんて思っていたら 大間違いである。 今回は、長野県に住む場所を考える際の基準として、 スーパーマーケット『ツルヤ』が近くにあるかどうか? を重視すべきである、という話をしよう。 この記事は私のツルヤ愛の提供でお送りします。 長野県最強スーパー ツルヤの魅力 というわけで、まずはツルヤがどういうスーパーで、何が魅力なのかをお伝えしよう。 ちなみに長野県最強スーパーというのは私が勝手に言っているだけだが、多分間違っていないと思う。 ツルヤとは 長野県内の広い地域に店舗を展開するスーパーマーケット。 県内の他の地元スーパーに比べ、広い店舗を有し豊富な品揃えをほこる。 週末は1週間分の食料を買いに来た私のような客でにぎわう。 によると歴史は古く、創業は明治25年(1892年)。 当時は鮮魚店だったようだ。 長野県内の東北信中心に店舗があり、南信 県の南側 にはほとんど店舗がない。 もともとの発祥が東信地区ということもあるが、恐らく交通の便が悪い南信地域では生鮮食品の供給網が整っていないのではないかと思う。 かわいそうな南信地域。 ツルヤの魅力その1 野菜の質が良い 他のスーパーに比べ、同じような値段でも 圧倒的に野菜の質が良い。 他で野菜を買うのが損に感じるレベルである。 公式サイトによると、全国の契約農園から産地直送で仕入れているとのこと。 つまり農協を通していないから安くて質の高い野菜が手に入るということか? マジかよ農協最低だな! 冗談は置いておいて、この野菜の質は本当に全然違うと思う。 ツルヤの魅力その2 そこそこまともな魚が買える 長野県は言わずと知れた海なし県であり、新鮮な魚にはトンと縁がない。 そんな土地で多少まともな刺身が買えるありがたいスーパーがツルヤである。 始まりが鮮魚店だっただけに、こだわりがあるのかもしれない。 まあ、長野県は寿司といえばカッパ寿司という感じですからなあ ツルヤの魅力その3 豊富なオリジナル商品 イオンやセブンアンドアイではプライベートブランドとして沢山の商品が安く売っているが、ツルヤも地元スーパーとしてはかなり頑張っている。 味噌やリンゴジュース、漬物などの長野県ならではの商品や、ドライフルーツやスナック菓子などのおやつまで幅広いラインナップをほこる。 PBというと安かろうまずかろうな印象だけど、ツルヤのは美味しいよ。 ちなみに今まで買って美味しかったのは、りんごかりんとう、ヨーグルト、アーモンドと小魚、ドライフルーツあたりかな。 ツルヤの魅力その4 ポイントカードなどやらぬ男らしさ! 最近はどこのスーパーやコンビニでもポイントカードポイントカードでうんざりだが、ツルヤはそのような小細工はしない。 会計の度に「ポイントカードはお持ちですか?」と聞かれることもない! ポイントカード忘れてきちゃった!とショックを受けることもない! ポイントカードを導入しなくても顧客を獲得できる魅力があるといえる。 ポイントなどなくても生鮮食品は十分納得できる値段だ。 また店舗によっては毎週日曜日に全品3%引きセールを行っている。 (不定期) この辺の潔さとわかりやすさが好きだ。 ツルヤ視点で居住地を選定する ここまででツルヤが県内でどれだけ魅力的なスーパーなのかをご理解いただけたはずだ。 では実際長野県に住むならどこが良いのか? 各市町村ごと、人口を店舗数で割った数値を『ツルヤ指数』とする。 北信地域 市町村名 人口 ツルヤ 店舗数 ツルヤ指数 飯山市 20,919人 1 20919 中野市 43,540人 1 43540 小布施町 11,115人 1 11115 長野市 382,331人 5 76466 須坂市 51,398人 1 51398 千曲市 60,072人 1 60072 面積も人口もダントツで低い小布施が一番ツルヤ指数が良い。 周辺の長野市や須坂市からの集客も見込めるのだろう。 逆に小布施からも頑張れば長野市や中野市のツルヤにも行ける! 全体的には人口の割に店舗数が少ない印象だ。 全然関係ないが、須坂市の が20年くらい前のサイトみたいなデザインで、 「公式サイトがみつからねえなぁ」と小一時間探してしまった。 どうなってるの須坂市。 (久しぶりに見たらリニューアルされてました。 ただ地図で見るとわかるが、この立科町非常に特徴的な形をしており、ほぼ上田市と佐久市の植民地のような状態である。 全体で見ると他の地域に比べ 東信地域のツルヤ指数は圧倒的に良い。 さすがはお膝元。 ツルヤ王国の牙城である。 中信地域 市町村名 人口 ツルヤ 店舗数 ツルヤ指数 松本市 241,258人 3 80419 山形村 8,762人 1 8762 塩尻市 66,829人 1 66829 池田町 10,095人 1 10095 以外と店舗数が少ない中信地域。 山形村はほぼ松本市のようなものだからなあ・・・。 (偏見) 松本市も人口の割に店舗数は控えめである。 南信地域 市町村名 人口 ツルヤ 店舗数 ツルヤ指数 茅野市 55,531人 1 55531 諏訪市 49,787人 1 49787 伊那市 69,121人 1 69121 駒ヶ根市 32,455人 1 32455 圧倒的ツルヤ不足地域である。 これだけで長野県の北と南で商圏が完全に分かれているというのが良く分かる。 この記事が書かれた当初は伊那市と駒ヶ根市の2店舗だけだったが、徐々に南信でも勢力を拡大しつつある。 店舗がまったくない市町村も東信地域が一番少ない。 今回の趣旨で言えば東信地域が長野で一番住み良い場所ということになる。 東御市あたりに住めば 磐石なツルヤライフが送れるだろう。 世の移住サイトは、移住の綺麗な部分ばかりをピックアップしており、こういった 生活臭がする情報が不足しているなあと感じこの記事を書いた。 スーパーだけで居住地を決めるアホな人はいないと思うが、一つの基準として参考にしていただきたい。 もちろんそれぞれのスーパーに特徴があり、一元的に良し悪しを決めることはできない。 そのあたりは大人の皆さんならお分かりいただけるであろう。 ツルヤのオリジナル商品を適当にレビューしています。

次の

スーパーツルヤで気軽に買えるおすすめ信州土産8選

ツルヤ 小布施

どうも!田中でございます!夏のいつの間にか終わりかけています。 もはや秋の気候でございます。 今回は長野でのスノーボードトリップに使えるローカルスーパーのお話です。 ツルヤというスーパーなんですがこちらは超オススメスポットですよー! 「ツルヤ」について 長野県の小諸の発祥で長野県全域約30店舗を運営している長野県のローカルスーパーです。 長野県南部へも松本、駒ケ根まで出展しているようです。 郊外型の大き目な店舗が特徴です。 こぎれいな作りをしていて規模も大きく、買い物がしやすいのが特徴です。 出店しているなかで、目立ちやすい店舗は軽井沢店ですかね。 軽井沢店は立地も良いので別荘で調理をする食材を買いに来るお金持ちや、観光客にも人気があります。 その他にも、長野や小布施、飯山、中野などスノーボード旅行帰りに立ち寄りやすいところに出店しているので、通りすがりで目にはいったら寄ってみるといいと思います。 軽井沢店以外はメジャーな道路からチョイそれた道とかにあるのでぱっと見で探しずらいですが、車が止めやすく買い物はしやすいです。 ツルヤさんは長野県民に向けたローカルスーパーなのですが、地元のお客さんが県外の人に渡すためのギフトコーナーなんかもあり、地元のお菓子なんかも手厚く取り扱っています。 (ちょっとババくさいチョイスだけど)SA・PAで買うより、お安くご当地のものが手に入りますよ! ツルヤで長野県のお土産調達! ツルヤは普通のローカルスーパーで、近所の人が車で買い物に来るスポットなのですが、お店をふらついてみると、お土産にできるものも多く売っています。 また、レジ近くには地元の人が長野県外に出る時に買うようのギフトコーナーなんかもあるので、お土産にできそうなものを物色することができます。 地酒や地ビールなんかの品揃えも豊富です。 田中はいつも乾麺のそばを買ったりしてますねぇ。 個人的に大好きな「木曽路おんたけそば」「雪ん子そば」もバリュープライス!その他、善光寺七味で有名な八幡屋磯五郎の七味とうがらしせんべいなんかもお土産にできますね。 信州の名物「おやき」なんかもフロア什器でガツンと陳列しているので、興味があればどうぞです。 そして、どれもが土産物屋価格ではなくスーパー価格なので遠慮なく買うことができるのがうれしい! ツルヤはPBがかなりいいの! PBというのはプライベートブランドの略で、店舗のオリジナル商品をさします。 しかし、PBはどうしても安かろう悪かろうみたいな感じで、店頭でのプッシュで目を惹かれて買ったものの、食べてみたらあんまり…。 みたいなものも少なくありません。 正直、田中もPBはあんまり好きじゃないです。 没個性な感じだし何より小売主導の製品なんて、そもそも魅力的じゃ無いと思っています。 しかーし!ツルヤのPBのラインナップは、長野っぽい商品が多く長野の企業が生産しているものが多いのでお土産にできるものも多くありますし、生産も長野なのですよ!そんなツルヤオリジナルシリーズで人気なのはジャムシリーズらしく、とくにリンゴバターはツルヤの代名詞にもなっているそうです。 ほかにも、信州リンゴジュースのリッターサイズも安い! さらに、PBのコーヒー豆は丸山珈琲が供給しているそうです、さすが小諸オリエンティッド!ツルヤのPBで、東信の雄同士がタッグを組んだ夢のコラボレーション。 このコーヒーを買いに来るだけでも立ち寄る価値があります。 ノンカフェインや、小分けのドリップタイプもありますよー! エンド(売り場通路に面した特設コーナー)にならぶ、ツルヤのジャムシリーズ。 お値段もお手ごろ、日持ちもするのでお土産にはぴったり。 雪バカプッシュは「くるみだれ」と「野沢菜昆布」 みなさん、胡桃そばって知ってます?雪バカ田中もこのブログをやっていて、智子さんという方からコメントで教えてもらい最近知ったのです。 胡桃そばとはくるみの実をペーストにしたたれに浸けて食べるざるそばなんです。 これが、おいしいんですよね。 長野県の蕎麦屋とかでたまにあるので見かけると頼んでしまいます。 ごまだれのような雰囲気なんですが、見た目よりさっぱりしていて、ほのかな甘みがおいしく上品な風味が楽しめるので非常にオススメです。 店で頼むとお値段が張るくるみそばですが、そんな胡桃そばを自宅で楽しめるのが、このツルヤの「有機胡桃のたれ」ツルヤで買える胡桃そばのタレですよー!胡桃だれのもとなんて、東京のスーパーじゃなかなか売っていないので、お土産にもいいかと思います。 これさえあれば、自宅で胡桃そばが食べ放題です! さらに、雪バカのおすすめは刻んだ昆布と野沢菜が入ったその名も「野沢菜昆布」。 こいつは日持ちをしないでお土産には向かないのですが、コレめちゃくちゃうまいです。 ごはんがススムススム!1週間程度しか持たないのですが、タイミングが合えば絶対にオススメ! ローカルスーパー最高! 東京じゃほとんどスーパーには行かない田中ですが、なぜか旅行だと寄ってしまうんですよねー。 海外旅行に行ったときなんかも絶対に行ってしまいます。 そんな、ローカルスーパーのお話でした。 新潟県妙高に滑りに行くときはいつも、第一スーパーというところで買い物をしますが、第一も長野のようですね。 第一のお話はまた機会にしたいと思います。 というわけで、皆様もよいお買い物ライフをお楽しみください。 雪バカ田中でございました! (今回のお話は) 今回のお話は、もともと軽井沢に遊びに行ったときはだいたいツルヤ軽井沢店で買い物をしていた田中ですが、ツルヤは実は長野県に展開するローカルスーパーだったという事を知り、これスノーボード旅行帰りのお土産調達に使えるじゃんと思い、ネットで調べて実際に他の店舗でも買い物してみたお話です。 ツルヤについてネットで検索をしていたら、同じようにツルヤでお土産を調達している方の情報がいろいろあったので参考にさせていただきました。 まとめサイト系意外で参考にしたサイトをリンクしておきます。 ブログ「fal daialy」 ブログ「子育て卒業後の自由ライフを楽しむ主婦のブログ」 関連エントリ:.

次の