お手数 を おかけ し て すみません。 「お忙しいところ」の正しい使い方|電話やメールで使える例文・類語表現

「お忙しいところ」の正しい使い方|電話やメールで使える例文・類語表現

お手数 を おかけ し て すみません

「お忙しいところすみません」はビジネスにおいてクッション言葉としても用いると紹介しました。 たとえば相手の方がたいして忙しくしていないように見えても、「お忙しいところすみません」とつけるのは言葉のマナーとも言えます。 しかし、中にはまったく忙しくないのに「お忙しいところすみません」って嫌味?と受け取られてしまうこともあります。 まったく忙しそうにしていない相手に対して「お忙しいところすみません」を使うのは、ちょっと嫌な思いをさせてしまうリスクがあるため、気をつけた方がよいでしょう。 忙しそうでない相手に対しては? 用事を頼みたい相手がまったく忙しそうではなかった場合は、「すみません、いま大丈夫でしょうか?」というように「お忙しいところすみません」とは使わず、ストレートに「いま頼んでも大丈夫ですか?」と聞くようにした方がよいでしょう。 忙しそうに見えない相手も実際は忙しかったり、また何か予定が入っている可能性もあります。 何かして欲しい、という依頼のときは相手のことを配慮して聞くようにしましょう。 では実際に、「お忙しいところすみません」を使う例文、他の言葉に言い換えて使う例文を挙げて紹介します。 使う場面によって使い分けてみましょう。 お忙しいところすみませんが ・お忙しい中、失礼いたします ・お忙しいところ申し訳ありません ・お忙しいところ、お手間おかけしますが ・お忙しいところ、恐縮です 【より丁寧に】 ・ご多忙の折、お手数をおかけいたします ・ご多忙中のところと存じますが ・ご多忙中、申し訳ございません ・ご多忙のところ、誠に恐縮ですが ・ご多忙中、お手数おかけしますが 普通の場合は「お忙しいところすみません」ても構いませんが、他の言葉で言い換えることも可能です。 また、より丁寧な言葉を使いたいなら「ご多忙中、申し訳ございません」などの「ご多忙中」を使うと丁寧さが増します。 用事を依頼した後 何か用事をお願いした後で、お礼として「お忙しいところすみません」を使う場合の例文です。 ・お忙しい中、誠にありがとうございました。 ・お忙しい中、お手間をとらせてしまい申し訳ございませんでした。 ・ご多忙中、失礼いたしました。 相手の時間をかけてもらったり、相手に手間をかけさせたりしたのでそのことをお詫びした前後でお礼の言葉も添えましょう。 こういった気遣いの言葉があるかないかでも、相手に与えるあなたの印象が変わってきます。 「忙しいなか、対応してくれてありがとうございます」という気持ちを伝えましょう。 「お忙しいところすみません」への返事の仕方 ここでは場面別に「お忙しいところすみません」の使い方を紹介します。 電話 電話をかけるときに、「お忙しいところすみません」を使う場合です。 ・お忙しいところすみません、私〇〇と申しますが~ ・お忙しいところ申し訳ありません ・お忙しいところ恐縮です ・お忙しいところ失礼します 電話をかけて相手が出てくれた後で、「お忙しいところすみません」をクッション言葉に使い、自分の名前を名乗ってから用件を伝えます。 電話に出てもらう、というだけでも相手の仕事や何かを中断させているので、「お忙しいところすみません」と伝えるのはマナーです。 ビジネス ビジネスにおいては相手に依頼して何かをしてもらう、といったことが多いためとくに「お忙しいところすみません」を使うことが多いです。 ・お忙しいところ申し訳ありませんが ・お忙しいところ恐縮でございますが 【ビジネスメールでは】 ・ご多忙中のことと存じますが ・ご多忙の折~ ・ご多忙のみぎり~ といったように、ビジネスメールにおいてはより堅く「お忙しいところすみません」ではなく、「ご多忙」を用いて使いましょう。 敬語 「お忙しいところすみません」でも敬語なので上司など目上の人に対して使っても問題ないのですが、「お忙しいところ申し訳ありません」とすることもできます。 より丁寧な敬語にしたいという場合は「ありません」ではなく「ございません」を使うため、「お忙しいところ、申し訳ございません」となります。 手紙 手紙を書くときに、なにか先方に対してお願いごとがあるとき、前書きや詫び言として「お忙しいところすみません」と書くことになります。 手紙なので、もう少し書き方に気をつけて「お忙しいところ申し訳ありません」や「お忙しいなか、恐れ入りますが」といったよう書いても構いません。 なにかを依頼する前に、使いましょう。 最近は「ご多忙」と書かず、「ご多用」と書く人も増えてきました。 これは「ご多忙」の「忙」という字が「亡くなる」という漢字を含んでいることを嫌っているもので、悪い意味を持つ言葉、縁起の悪い漢字を使いたくないという人が「ご多用」を使うようになったのだと言われています。 また、「ご多用」を「ご多忙」やお忙しいなかすみません、という言葉と言い換えても問題はありません。 冠婚葬祭は「ご多用」で しかし、「ご多忙」を使ってはいけない場合があります、それが「冠婚葬祭」です。 「ご多忙」の「亡」という縁起の悪い言葉、忌み言葉を含んでいるためとくに冠婚葬祭、結婚式やお葬式などで使うのは避けた方がよい言葉となります。 「お忙しいなか、ありがとうございます」と挨拶したり「ご多用の中、ご足労くださり誠にありがとうございます」といった使い方をします。 クッション言葉をうまく使おう.

次の

「お手間を取らせる」「かけさせる」「手間」の類義語と正しい使い方

お手数 を おかけ し て すみません

「お手数おかけしました」の類語は、「ご面倒をおかけしました」と表現されます。 「お手数」と「ご面倒」は似たような言葉ですが、意味は下記のように違います。 「お手数おかけしました」 相手にいくつもの行動をさせて、手間をかけさせることに対する恐縮の念を表明する言い方です。 「ご面倒をおかけしました」 相手に面倒な思いをさせることを断り、謝意を示す表現。 「ご面倒お掛けし恐縮です」といった意味合いを背景に持った言い回しで、「お手数をお掛けしました」も同様の意味で用いられます。 結論から言えば、言い方の違う同じ意味の言葉だということです。 しかし使い方は同じでなく、場面に応じて使い分けることが必要になってきます。 「お手数おかけしました」という言葉は、ていねいな言葉のようですが、ていねいな言葉に直すと次のようになります。 「お手数おかけいたしました」 2. 「お手数をおかけしました」 3. 「お手数をおかけいたしました」 4. 「お手数をおかけしております」 5. 「お手数おかけいたしております」 手数という言葉は、「お手数を掛ける」または「お手数をお掛けする」が基本的な意味の使い方です。 「手数」が、本来、何かを行うときに取る手段・手法・手続きなどの数を意味することから、「手数が掛かる」の形で「手間取る」・「面倒」・「煩雑」などを意味します。 お手数は人の行動などに敬意を払う尊敬語であり、「お手数を掛ける」、または「お手数をお掛けする」の形で、人に面倒を掛けることに対する謝罪や感謝の気持ちを表します。 メールで「お手数おかけしました」と送る場合は、ほとんどがビジネスメールで謝罪やお礼をする場合になります。 ここでは「お手数おかけしました」のメールでの使い方について考えてみます。 メールで使う「お手数おかけしました」の文章は次のようになります。 この度は大変お手数をお掛け致しました。 お手数をお掛けしましたが、無事終わりました。 お手数を掛けて申し訳ありません。 お手数をお掛けして大変恐縮です。 お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。 このように「お手数おかけしました」のメールでの文章は、「お詫び」と「お礼」の内容が多く、相手に敬意をはらう文章になります。 ただし使い方を間違えると意味がわからなくなるので、注意が必要です。 ビジネスの場合 相手から「お手数おかけしました」とビジネスメールがきたら、どのように対応して返信すればよいのでしょうか。 内容により変化しますが、「とんでもございません。今後ともよろしくお願い申し上げます」などが無難な例でしょう。 「こちらこそ、本来〇〇すべきところを行き届かず申し訳ございません」なども使います。 本当にこちらの配慮次第では、先方の不手際を防げた場合など、先方が不満に感じていても仕事上、「お手数おかけしました」と言わざるを得ないこともありますから、そういう場合にこういう言い方をすれば、相手の不満も和らげることができます。 「していただけると有難いです」となると少し軽いですので、人によっては気分を損ねられる場合もあります。 「していただければ幸いです」の方が美しく決まるので、おすすめです。 「お手数おかけしました」をお礼として返す場合は次のような文章を使います。 「お手数おかけしました。 大変感謝しております」 2. 「お手数おかけしました。 感謝申し上げます」 3. 「お手数おかけしました。 厚く御礼申し上げます」 4. 「お手数おかけしました。 有難うございます」 5. 「お手数おかけしました。 誠にありがとうございます」 「お手数おかけしました」で相手にしてもらったことをねぎらった上で、次に感謝の言葉を付け加えると、より良い感謝の言葉になります。 この言葉は目上、目下どちらにも使うことができますし、メールなどの用途にも活用できます。 メールなどで返信する場合は、感謝の気持ちを早めに使えるように心がけます。 返し 「お手数おかけしました」を返信として返す場合は次のような文章を使います。 「お手数おかけしました。 後ほどお返事させていただきます」 2. 「お手数おかけしました。 確認のうえ、ご返信をさせていただきます」 3. 「お手数おかけしました。 改めてご連絡させていただきます」 4. 「お手数おかけしました。 折り返しお返事させていただきます」 5. 「お手数おかけしました。 至急お返事させていただきます」 この文章はメールで返すことが多いですが、相手にしてもらったことをねぎらった上で、「早く返事をする」ということを、相手に伝えなければならないので注意が必要ですし、早い返信を心がけないと相手に失礼にあたります。 謝罪 「お手数おかけしました」を謝罪として返す場合は次のような文章を使います。 「お手数おかけしました。 誠に申し訳ございません」 2. 「お手数おかけしました。 お詫び申し上げます」 3,「お手数おかけしました。 申し訳ありませんでした」 4. 「お手数おかけしました。 失礼致しました」 5. 「お手数おかけしました。 大変ご迷惑をお掛けいたしました」 この文章はメールで返すことが多いですが、相手にしてもらったことをねぎらった上で、「もうしわけない」ということを、相手に率直に伝えなければならないので注意が必要です。 また、早い謝罪と返信を心がけないと、相手に失礼にあたります。 特に目上の方には、早めの謝罪をしたほうが良いです。 「お手数おかけしました」という言葉は、「お手数をおかけしました」と言い換えることで、ていねいな言葉になります。 しかし、ていねいな言葉に直しても、言葉の本当の意味がわかっていないと、相手に伝わらないことになります。 「お手数おかけしました」という言葉は、相手にとっては、「自分の手を止めてしてあげた」ということに対するねぎらいの言葉であり、感謝の言葉ではありません。 つまり、「お手数おかけしました」でも「お手数をおかけしました」でも、その言葉のあとに感謝の言葉をつなげないと、相手には気持ちは伝わりません。 誰もがした事に対しては感謝の言葉は欲しいとおもっています。 それを上手く伝えるために、クッション言葉として、「お手数おかけしました」という言葉があるのではないでしょうか。 そして、それにつなげる言葉によって、相手に感謝の気持ちが伝わるのです。

次の

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんは正しい敬語?類語と英語も

お手数 を おかけ し て すみません

「お手数おかけします」とは、『ご面倒なことを負担させてしまい、すみません。 』あるいは『お手間をとらせてしまうかもしれませんが、よろしくお願いいたします。 』といった意味になります。 社会人になると迷惑をかけてしまった相手や、何らかの仕事を手伝ってもらった人に対して、「すみません」や「ありがとうございます」と言う場面がいくつかあります。 それをストレートに表現しないで遠回しにしたのが「お手数おかけします」という言葉です。 また、「面倒なことをお願いしてすみません」や「お手をわずらわせてすみません」といったニュアンスの意味もあるため、ビジネスシーンでも頻繁に使われ、よく耳にする言葉でしょう。 今回はこの「お手数おかけします」の意味や使い方について紹介します。 「お手数おかけします」の意味 「お手数おかけします」は、本来どのような意味なのでしょう。 まず冒頭の「お手数」は、「手数」に「お」をつけて丁寧な言い方にしています。 「手数」には、『何かを行うときの手段の数や他人のために力を尽くしたり骨折りしたりすること』、また、手間』・『面倒』という意味があります。 そして、「おかけします」はさまざまな意味を持っていますが、この場合『費用・労力などを負担させる』というのが相当。 それに「お」をつけて丁寧にし、相手に尊敬を表しています。 以上のことからわかるように、「お手数おかけします」は何かをしてもらうことに対する感謝の気持ちや、面倒や労力をかけさせてしまったことへの謝罪の気持ちを表現するフレーズです。 「お手数おかけします」の使い方 「お手数おかけします」を実際に使う場合は、少なくとも「お手数をおかけいたします」と言いましょう。 さらには「お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。 」としたほうが、より丁寧です。 特に上司や社外の人を含め、目上の人に手間をかけさせてしまうときには特に気をつけましょう。 ・例文1「お手数をおかけいたしますが、必要事項をご記入のうえご返信くださいませ。 」 ・例文2「先日の会議におきましては、お手数をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんでした。 」 「お手数おかけします」は、現在についても未来についても使うことができます。 そのうえ、相手が尊敬の気持ちを受け入れやすい言葉です。 ビジネスマンとして「お手数おかけします」の言葉を上手に使って、感謝や謝罪の気持ちを表現しましょう。 ・執筆:山岸りん 短大卒業後、自動車ディーラーをはじめ金融関係、介護関係、保育、学習塾と幅広い業種での経験があり、現在は学習塾で小学生の学習に携わっています。

次の