集団 ストーカー 病気。 関東全県で、創価学会の集団ストーカー反対運動が起きてますが。。。

ストーカーになりやすい人【ストーカーの背後にある病気】

集団 ストーカー 病気

ストーカー気質は病気と診断? 私はいつも 「ストーカーは病気」 こう言ってきました。 先日、ある新聞に 東京の小金井市で 芸能活動をしていた 女子大生が襲われた事件を受けて ストーカーに詳しい 精神科医の福井裕輝先生のコメントで 「ストーカー病」 と、使っていました。 福井先生の見解では ストーカーには 「被害者感情」 「激しい思い込み」 「愛憎の入り混じったしつこさ」 「飛躍した衝動性」 の共通点があると言っています。 そしてストーカーは 相手の心情を読み取ることができず 自分の感情を整理することも非常に苦手で これらの特徴を併せ持った状態を 「ストーカー病」 と名付けたそうで 「ストーカーは病気として治療が必要」 としています。 自分の経験でも 福井先生の考えに納得です。 精神疾患者と同じで 「ストーカー自身は 自分が病気だと思っていない」 しかし、第三者から見ると 「考え方、行動」 は、全て異常に見えます。 人権問題もありますが 強制的にでも 早い治療が必要だと思います。 ストーカーのタイプについて 詳しくはこちらをどうぞ。 ストーカー病の原因は? ストーカー病の原因として 福井先生は ストーカーは 自分を切り捨てた相手を 恨みで心に痛みを抱えてしまい 相手の苦しむ姿が 自分の心の痛みを和らげてくれる 「他人の不幸は蜜の味」 になってしまっていて 心の痛みが大きければ大きいほど 相手への恨みも大きくなり 相手を不幸に陥れたいという 欲求がコントロールできない 「恨みの中毒症状」 の状態にあるとしています。 「執着型」 元恋人など親密な人間関係が壊れた時に ストーカーになるケース。 スポンサーリンク 別れるという選択肢がないため ストーカーになるしかなかった。 「求愛型」 ちょっとした知り合いが ストーカーになるケース。 一方的に好意を抱き 電話で何度もデートに誘い メールでプロポーズを繰り返すなど。 自分の行為について反省はしても 「誠意は伝わるはず」 相手から自分が 疎(うと)まれていることが 認識できていない。 「一方型」 加害者と被害者は面識がないケースが多い。 一方的に関心を寄せ メールや電話だけでなく 相手宅へ押し掛けるなど。 「相手に対して何かを求めるものは ほとんど無いです」 相手を自分の中で理想像に作り上げ その理想像にアピールすることが 生きがいになる。 相手が逃げて会えなくなったことを 「逃げてくれて、助かった」 こう、答える加害者です。 「ストーカー病」 治療が必要な脳の病気 精神科医の福井裕輝氏先生は 被害者を増やさないようにするためには 医師と警察が連携を図り加害者に 「医療的・心理的治療をすることが必要」 と、主張されています。 また、高校生に対して デートDVや ストーカー防止のプログラムを 実施する専門家によると 高校生の恋愛であっても DVや ストーカー被害の報告がある と、言っています。 突然あなたが 被害者や加害者になってしまうかも? ストーカー問題は他人事ではありません! ストーカーについて 詳しくはこちらをどうぞ。 ストーカー病の治療方法は? ストーカー治療としては 認知行動療法が有名ですが 他にも 個別の精神療法や 集団療法などもあります。 詳しくは専門病院もありますので 問い合わせてみてください。 認知行動療法は 「認知(物事の捉え方)や思考」 と 「行動」 に焦点を当てていきます。 抱える問題を理解し その問題への対処法や解決法を探っていく 比較的短期集中型の心理療法です。 条件反射制御法という 脳の訓練法もあります。 警察が連携している診療所 「ほっとステーション」でも この治療法を取り入れています。 やめなければいけないと分かっていても 過去にやっていたような状況が揃うと 欲求が高まり行動に移してしまいます。 条件反射制御法とは やりたくなるという欲求を 抑えるプログラムです。 まとめ 加害者への 治療の促し方にも検討が必要です。 情報提供を受けた医師が 治療不要と判断したり 今後受診予定だったりする人もいますが 「自分は病気ではない」 「治療費がかかる」 これらの理由で治療を拒否します。 自分がいわゆる精神病であると 受け入れる加害者はまずいないでしょう。 警告や逮捕のタイミングで 加害者に義務としてカウンセラーと面談する こういう仕組みも必要でしょう? 日本の司法では治療命令が出ません。 刑罰と合わせて 重症の加害者には治療命令を出し 刑務所内や出所後に治療を受けさせるなど 今後、日本において 加害者がいつでもどこでも ストーカーの治療法受けられる体制を 確立していくことが課題でしょう。

次の

ストーカー

集団 ストーカー 病気

もしかして集団ストーカーの被害者かもしれない…このように思われた方は、人には理解してもらえない悩みを抱えている方が多いかと思います。 「色々な人から自分は嫌がらせを受けている」 「自宅が盗聴されている」 「電磁波で嫌がらせをされる」 「自分の考えていることが筒抜けになっている」 内容は様々ですが、誰かから嫌がらせをされていると感じているかと思います。 「黒幕をつきつめたい」「何とか集団ストーカーを証明したい」と思われている方も少なくないでしょう。 インターネットで検索すると探偵会社や調査会社などがわんさか出てきますし、広告もたくさん出ています。 このようなところに依頼する前に、少し立ち止まって見てください。 本当に集団ストーカーの被害にあっている方がいないとは断言できません。 しかしながら多くの場合、妄想や幻聴に左右されてしまっている可能性があるのです。 自分が作り上げている幻であることがあるのです。 そういわれても、にわかに信じられないのは当然です。 ですが探偵や調査会社に依頼するとお金がたくさんかかります。 その前に、自分自身で振り返ってみましょう。 ここでは、集団ストーカーの被害をうけているかもしれないと悩まれている方の目線に立ってお伝えしていきたいと思います。 1.集団ストーカー被害の2つの可能性 実際に集団ストーカー被害にあっている場合と、幻覚妄想といった病気の症状である可能性の2つがあります。 誰かから集団ストーカーを受けている…その恐怖は計り知れないと思います。 誰に相談しても理解してくれない、ですが確実に誰かが自分に対する嫌がらせをしてくる…そのような状況では、何を信じていいかわからなくなると思います。 そんな患者さんに訴えかけるように、インターネットでは探偵会社や調査会社の広告がたくさんあります。 依頼すると結構な金額がかかってしまいますので、その前に集団ストーカーについて振り返ってみましょう。 集団ストーカーには2つの可能性があります。 1つ目は、あなたが想像している通りの集団ストーカーです。 ガスライティングといったりするようですが、あなたの知っている誰かや関係している組織から、何らかの理由があって実際に嫌がらせの被害を受けている場合です。 2つ目は、あなたの心の中が作りだしている幻です。 信じられないのは無理もありませんが、可能性として考えてほしいのです。 病気によっては、現実にはないことを信じてしまったり、実際に声が聞こえたり、幻が見えたりすることがあるのです。 集団ストーカーの被害にあっていると思い込んでしまっている方は、2つ目の可能性も検討してみてください。 もし幻であるならば、それは病気の症状です。 妄想や幻覚といったりしますが、これらの症状はお薬によって抑えることができるのです。 もちろん、本当に集団ストーカーされているかもしれません。 それは第三者が断定することはできないません。 そして苦しんでいるのはあなたで、その苦しみは事実です。 ただ、病気だとしたら早く治療をした方がよいですし、そちらの方がお金もかかりません。 ここでは、集団ストーカーの被害にあっているのか病気の症状なのか、両方の可能性について、あなたの立場にたって考えていきたいと思います。 2.集団ストーカーを信頼できる人に相談してみよう 血縁関係のある信頼できる人は、あなたのことを決して裏切りません。 行動を起こす前に相談してみましょう。 あなたは集団ストーカーされていると怯えているかもしれません。 周りの人が誰も信じられなくなってしまうかもしれません。 周りのみんなが自分をおとしめようとしている状況では、疑心暗鬼になってしまうのも無理はありません。 あなたが心から信頼できる人はいませんか?両親や兄弟、子供や親せきなど、自分の身内はあなたのことを裏切らない人もいるかと思います。 なかには「誰も信じてはいけない」とささやく人もいるかもしれません。 そのようにホームページで書いている業者もいます。 あなたが信頼できる身内は、あなたのことを裏切りません。 血は水よりも濃し、血縁関係はなによりも強固な人間関係です。 集団ストーカーされているという事実を伝えましょう。 具体的にどのような被害にあっているのか、包み隠さず伝えてください。 集団ストーカーによる被害の証拠があるなら、それを見せましょう。 その上で、信頼できる人に意見を聞いてみましょう。 現実で起こっていることなのか、それとも幻の出来事なのかは、他の人がみればある程度判断できます。 相談しても、あなたを裏切って集団ストーカーに加担することは決してありません。 安心してください。 3.集団ストーカー被害に本当にあっているときは? 証拠は、自分がみつけられるものだけで十分です。 本当に被害にあっている時は、信頼できる人と相談して判断していきましょう。 現代では、正常な人が精神病院にとじこめられるようなことは、まず起こりません。 病院も介入すれば、警察もしっかり動きます。 それでは、集団ストーカーの被害に本当に合っているケースを考えていきましょう。 本当に集団ストーカーの被害にあっているのなら、まずは自分で証拠をみつけましょう。 嫌がらせをされている状況を、ビデオで撮影できたら確実でしょう。 ですがそれ以上踏み込んで、探偵会社や調査会社にまで頼んで行う必要はありません。 自分のできる範囲で大丈夫です。 それをもって信頼できる人に相談し、その人が病院で精神科医に診てもらった方がよいと判断したら、病院で相談してください。 精神科では、現実的に集団ストーカーの被害をうけている事実の可能性があれば、無理に妄想とは判断しません。 過去に私も1例だけ、統合失調症と診断されたけれども本当に集団ストーカーにあっていたケースを経験しています。 その患者さんは妄想に左右されて興奮し、ゴミ袋を隣人宅に投げ込んだとして措置入院となりました。 興奮していたこともあり患者さんの言動はまとまらず、統合失調症による被害妄想と関係妄想と、指導医と一緒に判断しました。 入院してから患者さんの話を聞いていくと、隣人から以下のような嫌がらせをされていると訴えていました。 煙の排気口を自宅にむけてくる• 音楽をわざとガンガン鳴らす• いたずら電話を夜中に繰り返す• 犬の糞が門の入り口におかれている• 自宅前の道路にガムをわざと捨てている その内容がかなり具体的で、妄想とまでは言い切れない印象もうけました。 そして何より、薬の反応がしっくりきませんでした。 患者さんはこだわりがとても強く、生い立ちを聞いていくと発達障害の可能性も考えられました。 隣人の嫌がらせに関して、癇癪を起してしまった可能性も否定はできなかったのです。 患者さんは一人暮らしだったので、念のため家族を呼んで自宅の状況を確認してもらいました。 自宅で荷物の片づけをしていると、いたずら電話が頻回にかかってきました。 決定的だったのは、「おまえは精神疾患で入院しろ」という怪文書が発見されたのです。 この患者さんは、発達障害というベースがあったために事実を冷静に対処できず、被害的な考えが発展して周りのことを関係づけてしまいました。 それがあたかも、妄想(事実ではない思い込み)と捉えてしまったのです。 後ほどお話していきますが、正常なのに精神病院に閉じ込められるということは、現代ではまず起こりません。 仮に入院したとしても、今回の患者さんのように入院してからは何事もなく落ちつくので、退院も長引きません。 言い分けのようにはなってしまいますが、興奮を落ちつけるためにお薬は必要で、この患者さんは発達障害として継続的に治療が必要でした。 普通の人では、事実と妄想を取り違えられることはまずありません。 この患者さんでは病院からも警察に対する口添えをしました。 このように、病院でしっかりと判断されていれば、被害届が無視されることは絶対にありません。 4.集団ストーカー被害が幻のときとは? 幻覚や妄想であることがあります。 どちらもお薬を使うことによって落ちついていきます。 見方を変えれば、お薬の反応をみて集団ストーカーかどうかの判断もできます。 集団ストーカーの被害が幻であることもあります。 幻といっても、あなたにとっては事実以外の何ものではありません。 実際に見たり聴いたりしていることですので、疑うことのない現実かと思います。 ですが、脳が作りだしている幻ということがあります。 それが妄想であったり、幻聴や幻視です。 妄想とは、事実ではないことを思い込んで確信してしまうことです。 幻聴や幻視はその言葉の通り、本当はないはずのものが聴こえたり見えたりすることです。 脳の中脳辺縁系と呼ばれている部分で、ドパミンが過剰に分泌されることで生じる症状と考えられています。 このため、抗精神病薬とよばれるドパミンをブロックするお薬を使えば、症状は落ちついていきます。 その原因として多いのが、統合失調症や妄想性障害です。 それ以外にも、気分の波によって幻聴や妄想が出現することもあります。 脳の障害や薬物によっても、生じることがあります。 いずれにしても、お薬を使うことで症状がコントロールできるようになります。 幻聴や妄想が落ちつくと、次第に現実に向き合えるようになっていきます。 完全に症状をとりきれないこともありますが、少なくとも改善していきます。 ですから病院に受診して、ちゃんと治療をうけるようにしましょう。 これらの病気は、現在はお薬を使うことでコントロールすることができます。 しっかりと治療を継続していくことで、再発せずに変わりない日常をおくれる方も多いです。 5.集団ストーカー被害を相談したら精神疾患にされる? 病院側には精神疾患にするメリットがないですし、退院請求などの患者さんの権利もあります。 薬の反応からも、集団ストーカー被害者なのか精神疾患なのかも判断できます。 集団ストーカーの被害をうけている患者さんは、 「精神科に相談したら精神病患者にされて病院に一生閉じ込められてしまう」 「いくら話をしても医者には信じてもらえず、薬漬けにされてしまう」 といった誤解をされている方もいらっしゃいます。 このため、恥をさらすようですが初診時に判断ミスをした例をあげさせていただきました。 病院が黒幕とグルになることは絶対にありません。 現在の診療報酬制度では、病院は早く退院させた方が儲かるので、メリットは全くありません。 精神科病院は患者さんの入院期間が長いので、多くの病院でベッドがいっぱいです。 もし精神疾患と誤解されて入院となってしまっても、早くよくなって退院できるようになります。 それに薬の反応からもわかります。 薬によって鎮静がかかりすぎてしまうこともあれば、幻聴や妄想と思っていた症状がまったく改善しません。 また、精神科の入院では、患者さんの人権を守るために退院請求という制度もあります。 どうしても入院を納得できない場合、公的機関に診察を申請することができる制度です。 第三者の精神科医2名による診察を受けることができます。 最後に、集団ストーカーを相談された方がどうすればよいのかについてお伝えしていきたいと思います。 相談された方の原則は、「否定しない」ことになります。 たとえ現実的にあり得ないと感じても、本人は事実だと確信しています。 それを説得して覆すことはできません。 天動説が信じられていた時代に、地動説を唱えたガリレオは異端裁判にかけられました。 あなたが見聞きしていることが、すべて幻といわれたら信じることができませんよね。 明らかに病的かどうかは、その内容を聞けばおおよそ分かるかと思います。 病気ということを本人が理解できなそうでしたら、まずはご家族が病院に相談してみてください。 まとめ 正直にお話をすれば、集団ストーカーで悩まれている方のほとんどは精神疾患が原因です。 私もいろいろな患者さんをみてきましたが、本当に集団ストーカーの被害にあっていたのは1例だけです。 いろいろな状況が重なって妄想と誤解されていましたが、正常な人が取り違えられることはまずありません。 かりに取り違えられたとしても、症状はすぐに落ちつくので退院は長引きません。 多くの探偵会社や調査会社は、ろくに調べもせず、調べても型どおりのことだけをして高額の費用を請求します。 病院では保険がききますので、そんなにお金もかからないで済みます。 信頼できる人に相談して、困ったら病院に相談してください。

次の

【弁護士が回答】「集団 ストーカー」の相談148件

集団 ストーカー 病気

集団ストーカーとは何か?その正体・手口と対策方法 集団ストーカーという組織犯罪があります。 これは、ストーカーという名称がついていますが、一般的に知られるストーカーとは異なります。 一般的なストーカーは個人が個人に対してつきまとい行為や嫌がらせを行うものですが、 集団ストーカーの場合は組織やコミュニティが個人に対してストーカー行為や嫌がらせをおこないます。 個人のストーカーは、対象者への嫉妬、憎しみ、愛情などによりストーカー行為をおこないますが、集団ストーカーは組織ぐるみで対象者を計画的に追い込んでいくことが目的です。 中には、対象者を自殺に追い込んだり社会的に抹殺するのが目的という悪質なケースもあります。 人海戦術でおこなわれる集団ストーカーは、個人によるストーカーよりもさらに悪質で用意周到です。 そして目的が達せられるまで終わることはありません。 ここでは、集団ストーカーとは何か?その正体(実態)と手口、また被害を受けている人にお勧めしたい対策方法を解説します 集団ストーカーの正体(実態)とは? 集団ストーカーでは、以下の様な組織が対象者に対して攻撃を仕掛けます。 宗教団体が元信者に対しておこなう• 企業が社員あるいは元社員におこなう• コミュニティ組織がメンバー、元メンバーに対しておこなう• その他 集団ストーカーの正体(実態)は、一部の悪質な宗教団体や企業、コミュニティ組織などになります。 集団ストーカーには首謀者がいて、その下のメンバーが組織への忠誠を誓うために集団ストーカーに加担させられるというケースも少なくありません。 集団ストーカーされる理由や原因ですが、「恨みを買っている」「裏切った」「秘密をバラそうとしているので口止めしたい」など様々です。 しかし、こちらにまったく原因がなくても、組織側の勝手な理由で集団ストーカーをされる場合も少なくありません。 集団ストーカー行為の手口 集団ストーカーは、 その組織力を活かしてさまざまな工作を個人相手に仕掛けてきます。 まずは、対象者の個人情報や行動パターンの収集から始まります。 そして、盗撮・盗聴などの監視行為をおこない常に被害者の行動をチェックします。 それから、複数のストーカーが尾行、待ち伏せ、嫌がらせなど具体的な行動に入っていき、対象者を追い詰めていきます。 集団ストーカーの手口は、最初は軽微な嫌がらせを繰り返して対象者を困惑させます。 そして、車や徒歩によるつきまといなどから徐々に重い嫌がらせや迷惑行為を重ねて、ターゲットを精神的に追い詰めていくケースが多く見られます。 集団ストーカーの嫌がらせパターン• 盗聴、盗撮• 無言電話• 嫌がらせメール送信• 住居に落書き、貼り紙などの悪口を書く• 悪口、暴言、軽い暴力• 器物損壊• つきまとい• テクノロジー犯罪• その他 集団ストーカー被害者の苦悩 「集団ストーカーに襲われてます」という人は実際にいらっしゃいます。 集団ストーカーの存在に本当の恐怖を感じています。 集団ストーカーの被害者は、精神的にも肉体的にも追い詰められます。 毎日、監視や嫌がらせを受けるわけですからそれは当然です。 しかも、集団ストーカーは組織ぐるみで悪意のない偶然の積み重ねを装うため証拠が出にくく、周囲の人間に相談するのが難しい面があります。 また、集団ストーカーは世間の認知度がまだまだ低いため、友人・知人に相談しても信じてくれないことがよくあります。 そのため、下手に周りに訴えれば被害妄想だと思われてしまうことがあります。 このように、 被害者は連日の嫌がらせとともに、周りからも理解されないため精神的な苦悩が続くことになります。 集団ストーカーの対策方法!誰に相談すればいいのか 集団ストーカーの被害を受けている人はすぐに対策をしなければいけません。 その場合、まず誰に相談すればいいのでしょうか? 集団ストーカーは、立派な犯罪行為ですので、被害者の多くがまずは警察に相談します。 しかし、集団ストーカーは、複数のストーカーが入れ替わり交代で嫌がらせをしますので、犯罪者の特定が難しいのが特徴です。 また、首謀者が誰なのか分かっていても、明確な証拠が無ければ警察は相談を受けても話しをまともに聞いてくれません。 ひどい場合には、 警察が相談した人を精神異常者扱いするケースも少くありません。 残念ながら、警察の仕事は犯罪者の逮捕であって集団ストーカーの証拠探しではありません。 しかし、警察もその事件に犯罪性があって、なおかつ誰がやったのか証拠が残っていれば動かざるを得なくなります。 集団ストーカーには探偵という証拠探しのプロが適任 集団ストーカーを止めさせるためには、警察に動いて貰わなくてはなりません。 そのためには、その犯罪行為を立証する証拠を集めるしか方法はないのです。 そうなると、 集団ストーカーの証拠探しという危険な仕事を引き受けてくれる業者は、もはや探偵しかいません。 探偵は調査のプロであり、証拠を残すプロでもあります。 探偵なら、集団ストーカーの行動を今度は逆に監視して、具体的な犯罪行為の証拠を残してくれます。 そして、集団ストーカー行為をおこなう首謀者の特定をおこなってくれます。 探偵の調査記録をもとに警察に訴え出れば、事件は大きく解決に動く可能性が高くなります。 集団ストーカーの被害を受けたら探偵会社に相談することが最も適切な解決策と言えるでしょう。

次の