ハイキュー 378話 ネタバレ。 ハイキューのネタバレ378話はエアーサロンパスのにおい再び!|大漫画時代

ハイキュー378話最新話の確定ネタバレと感想|最後の試合が幕を開ける!!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

ハイキュー 378話 ネタバレ

スポンサーリンク 日向凱旋 古舘春一「ハイキュー」378話より引用 日向がブラジルから戻り、今は既に2018年11月になりました。 お世話になった白鳥沢の鷲匠監督の机の上には、日向からのリオ土産が置いてあります。 スポンサーの研磨の自宅にもあります。 その研磨がコタツの中で覗いたタブレット画面には日向。 どうやらブラックジャッカルのトライアウトは無事合格したようで、背番号も21が与えられていました。 その日向はチームの専用バスで試合会場に向かう途中に、仲間となった宮侑とサンタナの動画を見ています。 もうじき一児のパパになるため気合いが入っているようです。 すると広告で影山が出演しているCMになりました。 商品名は「パワーカレー」。 素人感丸出しの演技に、なんでやねん!と宮侑が突っ込むほどの仕上がりです。 バスは試合会場に到着すると日向の隣で目を閉じていた木兎がハイテンションで起き上がります。 スポンサーリンク 同窓会1 古舘春一「ハイキュー」378話より引用 本日開催されるVリーグの試合会場。 会場周辺は多くの観客をはじめ、グッズや売店などで賑わう中、出店「おにぎり宮」がファンの密かな関心を集めていました。 宮侑が売り子をしている? いや、違いました。 古舘春一「ハイキュー」378話より引用 美味しいと評判のようですが、そこに買い物にきたのは、家電メーカーに就職が決まったの山口忠(22)です。 宮治も山口のことを覚えていたようです。 山口はそのことに内心感動しつつ、地元でなくても今日の試合は見逃せないと言います。 ムスビィブラックジャッカルの対戦相手は「シュヴアイデンアドラーズ」。 そのころトイレに向かう日向に対して「腹に具合は大丈夫か」と背中から声がします。 古舘春一「ハイキュー」378話より引用 瞬間蘇る記憶と同時に対峙する二人。 日向と影山が中学以来の公式試合で戦うのです。 谷地は4月から東京のデザイン会社に勤務予定です。 また来年から市の博物館勤務の月島蛍(22)も観客席に座っています。 現在は地元「仙台ブロッグズ」のMB(ミドルブロッカー)として、Vリーグ2部に相当するD2でバレーを続けていました。 以前の山口との会話で、日向のブラジル土産である、ショッピングピンクのTシャツにドン引きしつつ、日向がジャッカルを選んだ理由を「トライアウトを実施しているチームで一番強いから」と聞いて納得する月島。 ビーチを学ぶと知りバカが暴走したのか日向に聞いた時に、強いセッターに跳ばせてもらうために強い場所に行くと答えたことを思い出すのでした。 また、どこかで見た三人組も懐かしい挨拶で再開したようです。 古舘春一「ハイキュー」378話より引用 烏野高校で主将を務め、現在は県警勤務の澤村大地(23)と、東京のアパレルメーカーに就職した東峰旭(23)、小学校教師の菅原孝支(24)です。 笑顔で再会し春高バレーで全国出場を決めた時のことを、まるで昨日のように振り返る3人。 菅原は高揚したか思わず「祭りじゃぁーっ」と叫びます。 影山は高校2年の春高からずっと日向との対決も待ちわびていました。 そしてもう一人。 古舘春一「ハイキュー」378話より引用 控え室で出番を待つ、アドラーズOH(アウトサイドヒッター)の星海光来(23)もこれから始まる試合を楽しみにしているようです。 スポンサーリンク ハイキュー!! ネタバレ 378-379 話のまとめ 先週日向がブラジルからの帰国が2018年3月。 今週はジャッカルのトライアウト編かと思いましたが、既に季節が11月で選手登録されていたりと、かなり巻いてきた感じです。 日向がエアーサロンパスの臭いを懐かしむあたりに、屋外のビーチではなくインドアに戻ってきたのだと実感できます。 古舘春一「ハイキュー」378話より引用 まずは、影山のCM。 やはり10代でオリンピック代表ともなれば世間の注目は違いますからね。 宮侑に突っ込まれた演技については、おそらくOK出るまで相当なリテイクがあったと想像できますが、この辺りのウラ話は単行本などのオマケで見たいものです。 ところで、スポーツ選手のカレーCMといえば、昔懐かしのラモス瑠偉(当時はヴェルディ川崎所属)の「Jリーグカレー」ですが、知ってる人がいるかなぁ? また、一気に登場人物の進路先が紹介されてきました。 澤村と菅原の職業に納得しますが、東峰は髪の毛とヒゲが無いので別人みたいです。 宮治はまさかのおにぎり屋さん。 古舘春一「ハイキュー」378話より引用 意外なのは月島。 一番熱量が低くバレーも部活と割り切っていたキャラでしたが、木兎や黒兎たち熱い教えもあってのことか、バレーにハマったのでしょう。 何気なくカルーアミルクに欄外で解説が入るあたりに誰もが酒を飲める大人になったと感じつつ、これは「少年」ジャンプだなと。 ところで、マネの清水がいませんでしたが、美人キャラの設定から次回あたり地元アナウンサーや報道関係者として登場するとか? 久しぶりの再会と決着をつけられると楽しみな表情をする、日向と影山。 ウシワカ、星海、影山 VS 木兎、日向、宮侑 というドリームマッチ。 今まで1試合に要する連載期間はだいたい5〜6ヶ月くらいなので、お互いの成長を描きながら年明けから5月ぐらいまで続くかもしれません。

次の

ハイキューのネタバレ378話はエアーサロンパスのにおい再び!|大漫画時代

ハイキュー 378話 ネタバレ

スポンサーリンク 高校時代の思い出 古舘春一「ハイキュー」370話より引用 時は流れて2017年の宮城県仙台市。 とあるオフィスビルのデザイン会社でアルバイトをする谷地そこにはいました。 現在は大学3年生。 運動部のマネージャーを務めるとは思いもしなかった高校時代の灼熱の2年半。 初めての春高が準々決勝で烏野は敗退し、大きい存在だった3年生が卒業。 そして2年生に進級したころを思い出しています。 まずはインターハイはが県予選決勝戦で伊達工業に敗北。 11年ぶりの全国出場を決めた伊達工業はベスト16まで進みました。 春高は2年連続で出場権を獲得しましたが、3回戦に宮ツインズの稲荷崎に惜敗をします。 古舘春一「ハイキュー」370話より引用 そして最後の春高。 初の準決勝進出でセンターコートに立つ、日向、影山、山口、月島。 しかし井闥山に敗れて全国3位で高校バレーを終わりました。 スポンサーリンク ビーチバレーへの転向? 古舘春一「ハイキュー」370話より引用 その後の進路ですが、大学から引く手数多の影山はそれらの誘いを断りVリーグに入団。 国内トップリーグで10代からの異例の活躍と、将来は海外への移籍も視野にいれているようです。 そして迎えた2016年リオ・オリンピック。 バレー会場であるマラカナンジーニョ体育館では、日本代表のユニホームを着た背番号20がサーブを打つ準備に入っています。 背中の英語のスペルは「KA・ GE・ YA・ MA」! 何と影山飛男が代表に選出されていたのでした。 その活躍を現地の大型モニターで見る日向は自転車を走らせます。 谷地、月島、山口はそれぞれ大学に進学しましたが、日向は2016年にブラジルに単身で渡航をしていたのです。 その目的はビーチバレーの練習をするためだと、実は早い段階で卒業後の進路を決めていたようです。 それを決意したのは1年生合宿の2対2の時。 古舘春一「ハイキュー」370話より引用 広いコートを2人で守るという、全てができるスキルが必要だと感じたからです。 相談される鵜養コーチも戸惑いますが、「誰もやっていない」は「誰もできない」と同じではないという祖父の言葉を思い出し、時間はあるから検討しようとビーチバレーに関する情報収集や支援などツテをあたり始めます。 音駒の猫又監督をはじめ色々と探して見ますがイマイチのところに、白鳥沢の鷲匠監督がインドアからビーチバレーに転向した卒業生がいると助言をくれたのです。 今はジュニアのコーチをしている白鳥沢79期生OBの加藤ルシオですが、彼の滞在先はブラジル。 日本とは反対側の地球の裏側ですが、日向は躊躇わずにブラジルに渡ることを決断します。 後日、他校の日向に肩入れする理由を聞かれる鷲匠。 確かに鵜養前監督や関東の猫又監督など他の誰かを当たればいいのでしょうが、今の鷲匠は違いました。 「俺以上に日向翔陽に期待している奴がいてたまるか」• インハイ:?• 春高バレー:全国3位 と何だかんだと春高は3年連続出場を果たしてたのは立派ですが、優勝は叶わなかったようです。 日向たちが春高バレーに向けてテストマッチをして、鵜養が予言した伊達工業強敵説と、春高2回戦での宮侑の「次は倒したる」宣言を一気に伏線回収してきました。 烏野に勝利して悪態小僧の二口が青根と抱き合い泣くシーンや、宮兄弟の後ろの観客席で喜ぶアランをはじめ、OVAに出来そうなネタが沢山ありそうです。 3年生時のインハイ優勝高が不明ですが、白鳥沢が絶対王者の時代ではなくなったのが分かります。 そして最後の春高ですが、どうやら山口も無事レギュラーのようです。 というか背番号からひょっとしてキャプテン? 1つ上が田中や西谷でなく縁下とかを考えると、あの世代で一番常識がありそうなのは山口しかいないかもしれません。 影山や月島は「面倒くさい」と断りそうだし。 古舘春一「ハイキュー」370話より引用 そして影山の代表選出。 いきなりの感もありますが、高校最後の2人の会話から最後は同じ日本代表のユニホーム?という壮大なフラグがたちました。 2020年の開催は東京ですしね。 日向は大人になったか落ち着いた雰囲気を持ったようにも感じます。 小さき者の可能性を感じた鷲匠の心変わりもグッといますが、それだけでなく食事や関連本など、バレーに対して高校時代よりも真摯に、そしてストイックに取り組もうとする姿勢が感じられます。 逆に言うと、日向が何も考えずに遊んでいた小学生のころ、どうすればバレーが上手になるかと既に考えていたり、鴎台との試合前の空き時間に暇を見つけてはノートに書き込みをしていたりなど、これまでバレーに対して真摯に取り組んでいた影山がいかに凄かったというのが分かります。

次の

最新ネタバレ『ハイキュー!!』378

ハイキュー 378話 ネタバレ

2020年1月4日 土 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のハイキュー本誌379話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 前回378話では、ムスビィブラックジャッカルのトライアウトに見事合格した日向はバスに乗っており、チームメイトとなった宮侑と木兎光太郎と共に試合のある亀井アリーナ仙台 旧仙台市体育館 へ辿り着きました! そこには、バレーに選手として携わる人やそれ以外で生活している人、日向と共に戦った仲間やライバルなど多くの人が集まっていました。 そして日向と影山は、中学の時の試合の日と同じように、会場の手洗い場で出くわして言葉を交わします。 多くの人が待ち望んだ戦いの火蓋が切られる瞬間はすぐそこまで迫っていました。 果たしてこれから一体どのような展開が待っているのでしょうか? 今回は「【ハイキューネタバレ379話最新話確定速報】ついに日向と影山との試合が始まる」と題し紹介していきます。 これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を電子書籍でお得に読みましょう。 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐに無料で読むことができます。 さらには無料で今までのハイキューのアニメもイッキ見できてしまいますよ。 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 ハイキュー最新話379話ネタバレ確定速報 【週刊少年ジャンプ6・7号ハイキュー 379話】もう、泣かせにきてるやん…. 日向と影山の最初の出会いはトイレでしたね。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 武田と鳥養 揚げられるVリーグのポスター。 それを見つめて涙が出そうと言いながら既に泣いている人物こそ、 鳥野高校バレー部監督の武田です。 その隣で冷静にもう出てると返事をしている人物は、 コーチである鳥養である。 二人は現鳥野高校排球部の生徒達を連れて、試合会場を訪れていました。 生徒達は、牛島や木兎や影山などを間近で見ることができることに喜んでいます。 そして視点は日向と影山に移ります。 日向と影山 日向はもう試合前に腹を下さないというと、当たり前だと影山は言い放ちます。 言葉自体は今までと変わりませんが、影山が普通に返してくることに日向は驚きます。 前ならもっと表情出ていましたので、大人になったんじゃないかと言いました。 そして影山は無言で叩いて来ようとしてきますが、日向はそれを交わします。 今なら腕相撲でも勝てると日向は言って右の拳を挙げます。 しかし影山はやるかと目を座らせて言うので、日向は後でと言ってその手を引きました。 カオスな会話 そこにうちのスパイカーに喧嘩を売るなと侑が割って入ってきます。 しかし影山は売ってなくて買っただけと真面目に返答しました。 するといきなり木兎が姿を現して買ったって何を?宮治のおにぎり?自分も食べたいと的外れなことを言い乱入してきます。 侑が質問の2個の内1個も聞いていないとツッコミを入れます。 すると喧嘩ですと影山は正直に答えました。 さらに牛島まで登場し、バレーで勝負しろと割って入ってきました。 日向は喧嘩ではなく腕相撲と牛島に答えます。 侑が日向にちゃんと返さなくていいというと、再び木兎が乱入してきます。 牛島に勝負と嬉しそうに言う木兎に腕相撲のかと牛島が返答します。 そこでほれ見ろと侑のツッコミが入りました。 久しぶりのライバル達 日向が牛島にお久しぶりですと伝えると、牛島は日向翔陽とフルネームで名前を呼び、今日は勝つと言い放ちます。 そして木兎が腕相撲で日向に負けたことるのかと聞くと、無いと牛島は答えます。 そんな中、扉が開き日向翔陽とまた日向の名前をフルネームで呼ぶ声が現れます。 その声の主は星海で、それを確認すると日向は嬉しそうに挨拶します 星海は日向に身長を問いかけます。 すると影山にサイトで確認していたと言われます。 そして日向の答えに嬉しそうに笑って勝ちを喜びました。 影山は言いませんでしたらが、勝ったと言いたかったとひとり納得してました。 木兎はまだ腕相撲のことを気にしているらしく、星海にも聞いていました。。 アランの存在 その一方で、途中からツッコミを放棄してしまったいました。 侑は高校時代の時のチームメイトの尾白アランのことを考えていました。 ツッコミをいつも的確にしてくれているという状況に甘えていたと思い、アランに対して謝ります。 そしてアランに感謝の気持ちを抱いて、頑張るからと少々ずれた決意をしました。 その頃アランは、ロッカーで盛大にくしゃみをしていました。 そのくしゃみに隣の後輩に風邪ですかと尋ねられると、笑顔でくしゃみで風邪ってサザエさんかと返して後輩を困惑させます。 説明をすればするほど全然伝わらず、彼もまた高校時代に思いを馳せていました。 混乱を招く佐久早と折れる侑 日向達が大盛り上がりの中、佐久早が登場します。 佐久早はインフルの予防接種はしておるのかと発言し、侑はすかさずまだ出てくるなと必死に状況が悪化することを拒絶します。 よく理解できていない様子の佐久早でしたが、牛島が正直に済んでいると答えたため、再び大混乱になります。 大学のころ佐久早は牛島のチームに負けっぱなしでした。 今日は負けないと言い放つも、頑張れと牛島は淡白に返答します。 すると、星海が牛島の後ろから現れてボコボコにしてやると言いますが、お前には言っていないと言われてしまいます。 侑がそのような佐久早に言葉に棘があるとウニに例え殻割ってこいとツッコミを入れます。 しかし佐久早はおろか、星海は何も言わずに真顔で侑を見ます。 影山と牛島は意味が分からないという様子で侑を見つめます。 木兎は侑を見つめていますが、頭の中は食べ物のことを考えています。 侑が心が折れそうというので日向が面白いですと励まします。 侑はトドメをさすのをやめてくれと日向に言いました。 田中と潔子 そして成田や木下、日向達の後輩らしきOB達などがぞくぞくと集まってきます。 さらに姿を現した田中の隣には、 元マネージャーだった潔子が田中の妻として現れたのです。 しかし、同級生達からは慣れないと言われ、菅原にはこの野郎と言われていました。 緑下は仕事があるため現場にはおらずにネットで見る予定らしく、しっかり頑張っているようであった。 ついに試合が始まる 会場の照明が落ち暗くなり、それぞれのチームの選手の紹介が始まります。 山口と谷地が感動の声をあげたり、菅原が泣きそうになるなど初っ端からボルテージMAX状態です。 次にジャッカルの紹介に入ろうとしたとき、なんと木兎が回転をしながら登場してきました。 当然会場は大爆笑に包まれます。 侑と日向も続こうとしますが佐久早からの本当にやるのかという恐怖の声を聞いて辞めました。 ちなみに木兎はチームメイトに怒られていました。 そして ついに日向がコートに登場します。 田中の声が日向に届きキョロキョロしていました。 そして全員がジュニアチームの子供達と一緒に入場します。 影山や牛島には子供と一緒にいるということが、昔のチームメイト達には想像できず、新鮮な反応をしていました。 そしてネット越しに日向と影山は握手をします。 そのワチャワチャ集団で唯一のツッコミとして苦労してる宮侑 日向達と同じチームにいた元井闥山の佐久早 田中さんと結婚していた潔子さん 日向と影山。 宮のツッコミが通じずに日向に気遣われるという なんだこの空間ww 選手入場、試合開始!! — 月船霊 SysProNetExp ハイキュー!! krknoikg.

次の