アスタ の 悪魔。 ブラッククローバー

悪魔とは一体何者なのか?伝承される悪魔の種類と契約した狂気の人物

アスタ の 悪魔

フランシス・バレット著『メイガス』の悪魔の頭部の図。 中央上部がアスタロト アスタロトはにおける著名な悪魔の1人である。 、、らが、悪魔学に関する著作の中でアスタロトについて言及している。 また、と呼ばれる中世後期から近世にかけてヨーロッパで民間に流布していたにもその名がしばしば見られる。 これらの文献において、アスタロトは悪魔たちの支配者階級に位置するものとみなされている。 アグリッパによると、アスタロトはギリシア語では(中傷者)と呼ばれ、に出てくる「我々の兄弟たちを告発する者」 と同一視される。 ヴァイヤーによれば、とを見通す能力を持ち、質問者に教養学を教授する。 また、天使の創造やいかにして天使たちは堕天したかについても語るが、彼自身は自らの意志で堕天したのではないとも語る。 13世紀に編まれた聖人伝説集『』では、最果ての地であるインドの神殿に祀られていた異教の偶像神の名としてアスタロトが登場する。 かの地を訪れた使徒がその寺院に宿泊すると、どんな病も治すと嘘をついていたその神像の中の魔神は、以後沈黙してしまったという。 地位・階級 [ ] 『ゴエティア』におけるアスタロトの ヴァイヤーの『』()によると、アスタロトは40の悪魔の軍団を率いる強壮な大である。 72人の悪魔たちの性質を記したグリモワール『』でも29番目に紹介されており、同様の記述が見られる。 これらの文献では他にもやとされる多くの悪魔が紹介されており、アスタロトは大公爵ではあるが特別大きく取り上げられているわけではない。 別のグリモワール『』でも大公爵とされているが、この文献ではアスタロトを皇帝・君主と並ぶの支配者の1人として扱っている。 『』というグリモワールでもルシファー・ベルゼビュートと並ぶ3人の支配者の1人であり、およびという配下の大悪魔とともにに住まうとされる。 グリモワール『』においては、8人の下位君主 Eight Sub Princes と総称される有力な悪魔の1人である。 グリモワール『教皇ホノリウスの奥義書』ではルシファーと同じく1週間の各曜日に呼び出す7人の悪魔の1人として紹介されており、水曜日に召喚するとされている。 この王および他の王たちの恩寵を得るために召喚されるという。 アグリッパの『』(1533年)によれば、悪魔の位階において告発者(:Criminatores、:Accuser)あるいは審問官(羅:Exploratores、英:Inquisitor)と呼ばれる第8位階の君主であるとされる。 フランシス・バレットの『メイガス』(1801年)においても「告発者と審問官の王」とされている。 の『驚嘆すべき憑依の物語』(1612年)によれば、第1階級の悪魔の1人であり、堕天したの位階の君主である。 怠惰を司り、その対抗聖者は聖であるという。 一方、の『オカルティズムの事典』によれば、の地位にあったという。 におけるでは、ケセドに対応するGamchicothの長としてアスタロトの名が挙げられている。 が地獄の宮廷を紹介するところによれば、アスタロトは地獄帝国の大である。 容姿 [ ] 巨大な、あるいはドラゴンに似た獣 にまたがり、右手に毒蛇を持った天使の姿をとる。 コラン・ド・プランシーの『』でもこの記述にしたがった挿絵がつけられている。 口からはの息または耐え難い悪臭を吐き出すため、間近に寄らせるのは危険とされる。 の王のそばに、の姿で現れることもあるという。 『真正奥義書』によれば、黒白の色をした人間の姿で現れることもある。 起源 [ ] 数々のグリモワールや悪魔学者によって高位の悪魔として言及される背景としては、にも異教の神として登場する(Ashtoreth)およびその複数形アシュタロト(Ashtaroth)を起源に持つことが挙げられる。 アシュトレトは中東から地中海沿岸にかけて広く伝わる豊穣神の一形態であり、のやのと起源を同じくすると考えられている。 旧約聖書中の『』において、アシュトレトはと並んで言及されている。 もその著作『』(1667年)の第1巻において、堕ちた天使たちを紹介する中でバアリム とアシュタロトの名を挙げており、またアストレト(Astoreth)を「人が天の女王として崇拝したアスタルテ」として言及している。 フレッド・ゲティングズはアシュトレトが悪魔として扱われるように至った背景を、アシュトレトがにおいて戦の神としてライオンの頭を持った姿で図示されたことに由来すると述べている。 脚注 [ ] []• 『聖書 新共同訳』 ヨハネの黙示録12章10節• The Golden Legend or Lives Of The Saints, 2008年9月7日, at the. The Book of Ceremonial Magic,• The Book of Ceremonial Magic,• 『悪魔の事典』 p. 320• 『悪魔学大全』 p. 『天使辞典』 p. 34 「アスタロト」の項• MacGregor Mathers, The Key of Solomon The King 1888 ,• 『地獄の辞典』 p. 157• The Lesser Key of Solomon,• 『地獄の辞典』 p. 251• The Book of Ceremonial Magic,• 日本聖書協会. 2章13節および10章3節• Baalim、バアルの複数形• Milton, John 1667年. 2010年6月27日閲覧。 『悪魔の事典』 pp. 46-47 参考文献 [ ]• グスタフ・ディヴィッドスン『天使辞典』吉永進一訳、、2004年。 『悪魔の事典』大瀧啓裕訳、、1992年。 『』床鍋剛彦訳、、1990年。 ロッセル・ホープ・ロビンズ『悪魔学大全』松田和也訳、青土社、1997年。 『悪魔学入門』講談社、2010年。 Agrippa, Heinrich Cornelius, , 内の文書 (英語)• Mathers, S. MacGregor and Crowley, Aleister, (1904), 内の文書 (英語)• Waite, A. , (1913), The Internet Sacred Text Archive 内の文書 (英語)• Weyer, Johann, , Twilit Grotto: Archives of Western Esoterica 内の文書(ジョゼフ・H・ピーターソン編集・解題・注釈、ラテン語原文、レジナルド・スコットの英訳) (ラテン語) (英語)• , The Internet Sacred Text Archive 内の文書(の英訳版(1900)) (英語)• , Twilit Grotto: Archives of Western Esoterica 内の文書(ジョゼフ・H・ピーターソン編集) (英語) 関連項目 [ ]•

次の

ブラクロ243話ネタバレ考察感想あらすじ!アスタ、暴走しつつ猛攻を繰り出す!

アスタ の 悪魔

Contents• ブラッククローバーの悪魔 笑い方が「 ンッンッンッンッ」 エルフ編で突如登場したキャラクター。 禁術により現代の魔法騎士たちに転生することができたエルフ達であるがエルフのロンネという人物の中に隠れていた存在。 登場するやいなやライアを半殺しにする致命傷を負わせパトリに真実を話すことで絶望に叩き落すことでパトリのグリモワールを五つ葉の黒いグリモワールに変換させて奪った。 性格は 冷静かつ非情であり悪役としてふさわしい口調で話す。 エルフと人間の因縁の全ての黒幕的キャラクターであるため頭が良い。 パトリを復活させ利用した本人 エルフ族のパトリはこれまで白夜の魔眼の頭首リヒトとしてエルフを現代に復活させるために活動し500年前に人間に滅ぼされたエルフ族として恨み今度は逆に人間を滅ぼすために生きてきました。 パトリは自分を復活させてくれたのはリーダーのリヒトであり使命だと感じ活動していましたが実は パトリを復活させたのは悪魔。 悪魔は500年前に人間をたぶらかすことでエルフ族を根絶やしにするように仕向けパトリを復活させたことで再び 人間とエルフが戦い合う構図を作った黒幕的キャラクターなのであります。 現代の受肉と五つ葉のグリモワール入手が目的 悪魔は500年前は霧のような存在でありました。 なので悪魔の 目的は現代でも活動できる肉体と悪魔が使えるグリモワールである五つ葉のグリモワールの二つの入手。 五つ葉のグリモワールは四つ葉のグリモワールの持ち主が絶望に叩き落とされることで変化するグリモワール。 かつて500年前にリヒトが持っていた四つ葉のグリモワールをエルフ族と妻ティティアを殺害することで五つ葉のグリモワールに変えることに成功しました。 しかし当時の魔法帝の従者である セクレに五つ葉のグリモワールの入手阻止と禁術による強力な封印魔法を受けてしまったことで封印が解ける現代まで動くことができませんでした。 なので封印が解けた時のためにパトリを転生させておいて悪魔自身が肉体と五つ葉のグリモワールの入手しやすいようにこれまでずっとパトリを利用していた存在なのです。 悪魔の強さをまとめてみた 悪魔の強さがわかりそうなシーンをまとめてみました。 五つ葉のグリモワールの使い手 悪魔はパトリに自分が黒幕でありパトリはエルフ族のリーダーリヒトが望まない禁術の使用と人間への復讐をしてしまったという真実を告げることでパトリはこれまでの行動が間違っていたという絶望を与えることに成功しパトリの四つ葉のグリモワールを五つ葉に変えることに成功しました。 逆に言霊魔法はグリモワールが必要なくとも使用可能。 言霊魔法の使い手 悪魔の魔法属性言霊魔法。 悪魔が口にした事象を現実にするというチート的な性能でありしゃべるだけで発動するので構えなどが要らない。 ・こっちへ来なさい 悪魔の近くに瞬間移動させられてしまう ・消えなさい 相手の撃った魔法が消える ・刃の嵐 魔法の刃と現実の刃の両方で攻撃する魔法。 反魔法を持つアスタでも現実の刃はちゃんとはじかなければならない。 ・潰れなさい 相手にかかっている重力をさらに強くする魔法。 体が重くなるので立てなくなる。 ・真空の壁 悪魔の目の前に見えない壁を出現させて魔法をガードする。 ・治りなさい 肉体が全くない状態からでも完全回復する魔法。 チーツ! ただヤミはムチャクチャでチート的な魔法ではあるが直接「死ね」と命令しないのを見る限り何かしらの条件があるとのこと。 言霊魔法の条件などはまだ不明です。 見た目も邪悪で凶悪であり 普通の魔法では防ぐことができないデタラメな魔法。 普通の魔法騎士は 触れると魔力を吸われて体が腐ってしまう。 なおアスタは直撃しても平気。 名前が不明であり悪魔のこの魔法を防ぐことができるのはエルフのリーダーリヒトと初代魔法帝ルミエルの魔法のみ。 通常の魔法はたちうちできないが絶望に叩き落された時に発動できたダークネスな力が入ったパトリの光魔法も対抗可能。 また何故か闇属性魔法も悪魔の魔法に対抗可能。 アスタの反魔法とヤミの闇属性魔法であれば結構なダメージを与えることができるが致命傷ほどのダメージを与えるのが難しいので悪魔の心臓が露出した状況で一撃を入れなければならない。 登場キャラの中で一番魔力量が多い これまで魔力が多いキャラクターがたくさん登場したブラッククローバーですが現状魔力量ナンバー1は悪魔。 言霊魔法はチート的な効果であるため魔力量も消費が激しいと思われますが悪魔の魔力量であるならば長期戦でも魔力が切れることが無いとヤミは分析していました。 現状最強キャラ? 通常魔法が効かない、効いてもすぐに回復ということで悪魔はリヒト、初代魔法帝ルミエル、セクレ、パトリ、アスタ、ユノの 1VS6の構図でも圧倒します。 ダメージをまともに与えることができるのはアスタだけでありますが悪魔はアスタ1人なら言霊魔法で十分対応が可能。 この防御力とチート魔法により現状悪魔はブラッククローバー中でも最強キャラクターでしょうね。

次の

ブラクロ243話ネタバレ考察感想あらすじ!アスタ、暴走しつつ猛攻を繰り出す!

アスタ の 悪魔

公爵の称号を持ち40の悪霊軍団の頂点に立つ。 ドラゴンに似た地獄の猛獣にまたがり、毒蛇を右腕に巻き付け偉大な天使の姿であるとされている。 吐き出す息は悪臭を放ち極めて有害である。 アスタロトのルーツは古い。 古代メソポタミアのイナルナ女神を始めに、バビロニアの豊穣、性愛、金星、戦争を司る女神イシュタルとなり、パレスチナに伝わりアスタルテとその名を変える。 このアスタルテがアスタロトの名の起源。 その後、女神信仰は地中海を渡りアスタルテは美神アフロディテとなった。 しかし、キリスト教誕生後、禁欲的なキリスト教徒から見るイシュタルは野蛮、奔放、不埒、淫乱そのものであり悪魔とされた。 そして、淫蕩への罰として身体を男とする屈辱を与えられ奈落へと叩き落とされる。 この男の身体はパレスチナのアシュタルとする説も存在するが定かではない。 アスタロトは悪魔の中でも特に強大な存在であり、召喚者は強力な魔除けの指輪等の何らかの触媒を用意しない限り召喚は避けた方が懸命だ。 何故なら、彼もしくは彼女の、奈落より深い悲哀、地獄の業火の如き怨嗟の念、太古より伝わる妄執、それら全てを受け止める事など無理だからである。

次の