グラドル k 景品。 あのグラドルが“ビンゴの景品”に!? ゲス過ぎ都市伝説がテレビで…(2020年5月2日)|ウーマンエキサイト(2/2)

ビンゴ1等賞グラドルKは誰であの人?ゴッドタンではママタレ【やりすぎ都市伝説】

グラドル k 景品

現役アイドルが美人局をしていた… グラドルやアイドルは金で買えるのか? 半ば都市伝説化している芸能界の枕営業、美人局(つつもたせ)。 3日発売の「フライデー」が「現役アイドルが美人局! 『証拠SEX動画』を衝撃入手」のタイトルで報じ、誌面には全裸のグラドルが男性と激しく交わる姿が…。 同誌によると、隠し撮りされた動画で相手男性はゆすられ、総額1000万円以上を支払ったという。 だがこれは氷山の一角。 「あの有名グラドルは1回200万円。 こっちの女優は1回500万円」 実話誌系のコミックなどでは「芸能界の闇」と題して、有名グラドルや女優の「売春カタログ」が存在し、そこに載っている金額を払えば一晩をともにできるかのような描写がある。 それが芸能界という得体の知れない世界への妄想を膨らませ、いつしか都市伝説のように語られるようになった。 そんななか衝撃の写真を掲載したのがフライデー。 そこにはGカップとスレンダーボディーで活躍する現役グラドルとされる女性が全裸で男性と絡む姿が…。 恐ろしいのはここからで、セックスの様子は部屋の隠しカメラですべて録画されており、後日、男性は女性サイドから脅されたという。 いわゆる美人局。 それがここまではっきりした形で世に提示されたのは初めてかもしれない。 「動画が撮られたのは約3年前。 当時、彼女には美人局疑惑がささやかれており、ろくに仕事していないのにセレブな暮らしぶりで不思議がられていた」とは芸能関係者。 フライデー誌面では女性の顔に目線が入っているが、人物は特定できるようだ。 金銭のやりとりが生じている以上、このグラドルがやっていることはれっきとした売春。 裏で仕掛けた首謀者も売春防止法の周旋罪に当たる。 これと似たような証言をするのが、ある業界関係者だ。 「いまや若いアイドルは飽和状態にあり、生活できるのは一握り。 売れない者たちは夜な夜なスポンサーを求めて六本木や麻布に繰り出し、そこでセレブ男性を捕まえようとしている。 一部の『超』がつくセレブ男性の間では、売春リストとはいかないまでも、女の子の名前と金額が書かれたカタログが出回っている。 そのなかには有名アイドルグループの元メンバーの名前もあったとか」 グラドルでは、Gカップをはるかにしのぐ爆乳で人気を博したXがその筋では有名。 事情を知る関係者いわく「彼女の副業は『売春』といわれるほどで、一時期、角界やテレビ局幹部の飲み会によく出入りしていた。 自分の利益になれば、どんな相手でも寝る女だった」。 誰もが知る人気ドラマシリーズに主演する超有名俳優Yはロリコンで、ある仲介者を通じて定期的に無名アイドルを買っているという。 「仲介者も怪しく、普通のオッサンなのに、いろいろな肩書の名刺を持ち歩いている。 その男性を経由してYはアイドル見習いのような子をあっせんしてもらっていた。 金額は定かではないが、Yは女性の年齢や顔立ちなど細かいリクエストが多く、仲介者は条件に合う子を探すのに苦労していた」(事情通) Yの行為と実名が世に出た場合、あまりにもイメージと違うため、芸能界は大混乱に陥ることは間違いない。 逆パターンも存在する。 芸能プロ関係者は「なにせZさんですからね。 提示したギャラは一晩300万円。 買われたVシネ俳優も『ごちそうさまっス!』と喜んでいたそうです」と笑う。 もはや何がなんだかわからないが、芸能界が浮世離れしていることだけは確かなようだ。

次の

【やりすぎ都市伝説】グラドルKって誰?【ビンゴゲームの1等の景品・さらば青春の光の森田のゴシップ】

グラドル k 景品

【関連】ほか 番組にはさまざまな芸人が「都市伝説テラー」として登場し、それぞれが持ち寄った都市伝説を披露。 『』の森田哲矢は「芸能界のきったねぇゴシップ」を話そうと思っていたが、「ゴールデンなので打ち合わせで却下された」との自虐ネタで冒頭から笑いを誘っていった。 オンエアでは「グラドルK」と個人名は伏せられていたが、今田は「んなわけないやん(笑)」と爆笑し、隣のも「それあかんやん」「回り回って話が大きくなったりとかやろ」とツッコんでいた。 何とも闇の深そうな都市伝説だったが、実はこの話、つい最近にも森田がテレ東の番組で語っていたのだ。 ママタレでありながらグラビア活動もするアノ人? 語られたのは、4月18日深夜放送の『ゴッドタン』。 同日はお笑い事務所にまつわるニュースを明かす「事務所対抗ゴシップニュース」が放送されたのだが、森田は〝強めのゴシップ〟としてこの話を暴露し、スタジオは爆笑と絶賛に包まれていた。 「ゴッドタン」でも個人名は伏せられていたが、同時に「某ママタレ兼グラドル」というヒントも。 イニシャルがKのママタレ兼グラドル…景品になったという人物は一体、誰なのか——。 「有力視されているのはY. 彼女は現在ママタレとして活動していますが、子どもを産んだとは思えない抜群のプロポーションでグラビア活動も継続中。 ヒントや条件にかなり近い。 景品がグラドルと聞くと、連想されるのは〝一夜をともにする権利〟。 しかし、そこは話を面白くするために言葉をはしょっているだけで、実際は頬へのキスやハグができるといった程度のものかもしれませんね」(芸能ライター) 真偽が定かではなくイニシャルだったとはいえ、暴露されたKはたまったものではないだろう。 旦那や子どもにとってもショッキングな都市伝説だが、「信じるか信じないかはあなた次第」だ。

次の

芸能パーティーの景品のグラドルKは誰?都市伝説2020春

グラドル k 景品

現役アイドルが美人局をしていた… グラドルやアイドルは金で買えるのか? 半ば都市伝説化している芸能界の枕営業、美人局(つつもたせ)。 3日発売の「フライデー」が「現役アイドルが美人局! 『証拠SEX動画』を衝撃入手」のタイトルで報じ、誌面には全裸のグラドルが男性と激しく交わる姿が…。 同誌によると、隠し撮りされた動画で相手男性はゆすられ、総額1000万円以上を支払ったという。 だがこれは氷山の一角。 「あの有名グラドルは1回200万円。 こっちの女優は1回500万円」 実話誌系のコミックなどでは「芸能界の闇」と題して、有名グラドルや女優の「売春カタログ」が存在し、そこに載っている金額を払えば一晩をともにできるかのような描写がある。 それが芸能界という得体の知れない世界への妄想を膨らませ、いつしか都市伝説のように語られるようになった。 そんななか衝撃の写真を掲載したのがフライデー。 そこにはGカップとスレンダーボディーで活躍する現役グラドルとされる女性が全裸で男性と絡む姿が…。 恐ろしいのはここからで、セックスの様子は部屋の隠しカメラですべて録画されており、後日、男性は女性サイドから脅されたという。 いわゆる美人局。 それがここまではっきりした形で世に提示されたのは初めてかもしれない。 「動画が撮られたのは約3年前。 当時、彼女には美人局疑惑がささやかれており、ろくに仕事していないのにセレブな暮らしぶりで不思議がられていた」とは芸能関係者。 フライデー誌面では女性の顔に目線が入っているが、人物は特定できるようだ。 金銭のやりとりが生じている以上、このグラドルがやっていることはれっきとした売春。 裏で仕掛けた首謀者も売春防止法の周旋罪に当たる。 これと似たような証言をするのが、ある業界関係者だ。 「いまや若いアイドルは飽和状態にあり、生活できるのは一握り。 売れない者たちは夜な夜なスポンサーを求めて六本木や麻布に繰り出し、そこでセレブ男性を捕まえようとしている。 一部の『超』がつくセレブ男性の間では、売春リストとはいかないまでも、女の子の名前と金額が書かれたカタログが出回っている。 そのなかには有名アイドルグループの元メンバーの名前もあったとか」 グラドルでは、Gカップをはるかにしのぐ爆乳で人気を博したXがその筋では有名。 事情を知る関係者いわく「彼女の副業は『売春』といわれるほどで、一時期、角界やテレビ局幹部の飲み会によく出入りしていた。 自分の利益になれば、どんな相手でも寝る女だった」。 誰もが知る人気ドラマシリーズに主演する超有名俳優Yはロリコンで、ある仲介者を通じて定期的に無名アイドルを買っているという。 「仲介者も怪しく、普通のオッサンなのに、いろいろな肩書の名刺を持ち歩いている。 その男性を経由してYはアイドル見習いのような子をあっせんしてもらっていた。 金額は定かではないが、Yは女性の年齢や顔立ちなど細かいリクエストが多く、仲介者は条件に合う子を探すのに苦労していた」(事情通) Yの行為と実名が世に出た場合、あまりにもイメージと違うため、芸能界は大混乱に陥ることは間違いない。 逆パターンも存在する。 芸能プロ関係者は「なにせZさんですからね。 提示したギャラは一晩300万円。 買われたVシネ俳優も『ごちそうさまっス!』と喜んでいたそうです」と笑う。 もはや何がなんだかわからないが、芸能界が浮世離れしていることだけは確かなようだ。

次の