茨城 大学 過去 問。 茨城大学の過去問・入試問題集(無料)【スタディサプリ 進路】

茨城大学の評判、入試情報、資格取得や就職状況など|文系大学受験・入試ガイド~ユニナビ

茨城 大学 過去 問

〜茨城大学の基礎データ〜 初年度総額: 81万7,800円 平均倍率: 約2. 同じ茨城県に難関国立の一角を占める筑波大があるため県外での知名度は高くありませんが、センター試験で6〜7科目を課されることから考えても、充分にハイレベルな学校です。 センターランクは大半の学科が70%前後となっており、2次で学力試験を課す一部の学科については偏差値55〜58程度の範囲内に収まる傾向。 ただ、2次試験は英語1科目か、あるいは小論文、面接といった学科以外の試験になることもあり、それほど2次試験の点数が合否に直結するとはいえません。 むしろ、2次で逆転する受験生は少数で、基本的にセンター試験で合否が決まると考えたほうが良いでしょう。 可能であれば70%と言わず、75%程度の得点を確保しておきたいところです。 次に2次試験における英語の問題傾向ですが、ごく一般的な国立大の傾向と合致しています。 2013年は英文3題と英作文1題による大問構成で、2つの英文は傍線部和訳と内容説明による記述問題、残る1つの英文は設問も英語で書かれた内容一致の記号問題となっていました。 英作文は日本語の本文が書かれており、その中から傍線部2ヶ所を英訳するというもの。 語彙レベル、文法レベルは標準程度ですが、問題量がやや多いので時間との勝負になるでしょう。 最後に小論文ですが、これは学科によってだいぶ性質が異なります。 2012年前期試験を例に取ってご説明しましょう。 特に受験生の意見を述べることは求められていません。 要するに、これは小論文という名前がついているだけで実質的に現代文の試験です。 対して、同じ人文学部でも人文コミュニケーション学科は現代文程度の長さの本文を2題出題し、それぞれの本文について主旨のまとめ、受験生の意見を論述させる試験でした。 教育学部教員養成課程を見てみると、社会専修は本文1題について内容説明400字と受験生の意見論述400字が課されており、大学入試のごく一般的な小論文試験となっています。 字数は800字以内と長くはありませんが、本文を活用できないので受験生本人の中にある教育論の知識が物を言います。 教育関連の専門書をある程度読みこなしてきた受験生でないと、通り一遍の作文しか書けないでしょう。 以上のように小論文は年度、学科ごとに傾向が変わるため、自分の受ける学科については過去問を入手するなどして綿密に対策を練っておく必要があります。

次の

茨城大学の評判、入試情報、資格取得や就職状況など|文系大学受験・入試ガイド~ユニナビ

茨城 大学 過去 問

〜茨城大学の基礎データ〜 初年度総額: 81万7,800円 平均倍率: 約2. 同じ茨城県に難関国立の一角を占める筑波大があるため県外での知名度は高くありませんが、センター試験で6〜7科目を課されることから考えても、充分にハイレベルな学校です。 センターランクは大半の学科が70%前後となっており、2次で学力試験を課す一部の学科については偏差値55〜58程度の範囲内に収まる傾向。 ただ、2次試験は英語1科目か、あるいは小論文、面接といった学科以外の試験になることもあり、それほど2次試験の点数が合否に直結するとはいえません。 むしろ、2次で逆転する受験生は少数で、基本的にセンター試験で合否が決まると考えたほうが良いでしょう。 可能であれば70%と言わず、75%程度の得点を確保しておきたいところです。 次に2次試験における英語の問題傾向ですが、ごく一般的な国立大の傾向と合致しています。 2013年は英文3題と英作文1題による大問構成で、2つの英文は傍線部和訳と内容説明による記述問題、残る1つの英文は設問も英語で書かれた内容一致の記号問題となっていました。 英作文は日本語の本文が書かれており、その中から傍線部2ヶ所を英訳するというもの。 語彙レベル、文法レベルは標準程度ですが、問題量がやや多いので時間との勝負になるでしょう。 最後に小論文ですが、これは学科によってだいぶ性質が異なります。 2012年前期試験を例に取ってご説明しましょう。 特に受験生の意見を述べることは求められていません。 要するに、これは小論文という名前がついているだけで実質的に現代文の試験です。 対して、同じ人文学部でも人文コミュニケーション学科は現代文程度の長さの本文を2題出題し、それぞれの本文について主旨のまとめ、受験生の意見を論述させる試験でした。 教育学部教員養成課程を見てみると、社会専修は本文1題について内容説明400字と受験生の意見論述400字が課されており、大学入試のごく一般的な小論文試験となっています。 字数は800字以内と長くはありませんが、本文を活用できないので受験生本人の中にある教育論の知識が物を言います。 教育関連の専門書をある程度読みこなしてきた受験生でないと、通り一遍の作文しか書けないでしょう。 以上のように小論文は年度、学科ごとに傾向が変わるため、自分の受ける学科については過去問を入手するなどして綿密に対策を練っておく必要があります。

次の

高校入試過去問題【茨城 栃木 群馬】

茨城 大学 過去 問

国語 【センター】 読書好きのおかげか現代文は大体取れたので、古文と漢文を重視して勉強しました。 センターの古文漢文は単語と文法の双方から仕上げました。 単語は重要ですが文法が分かればある程度予想もできるので、双方をバランスよくやるのが大切だと思います。 あとは選択肢を消去法で選べばよいと思います。 利用した参考書 漢字対策に漢字源、古文対策に読んで見て覚える古文単語315などを使いました。 問題はそこまで難しくないですが、ゆっくり解いているとすぐにタイムアップになってしまいます。 ですから、センターの過去問やセンター対策問題集をやるときは時間を意識することが大切です。 「マークする」にも時間がかかりますからそれを忘れないようにしましょう。 利用した参考書 青チャート、オリジナルスタンダード、スタンダード すべて数研出版)を利用しました。 どれもわかりやすくお勧めです。 外国語 【センター】英語、英語リスニング 英語のポイントとしては解く順番があります。 解く順番によって若干点数が変わったりするので、本番前に過去問や類題で自分に合った順番を見つけるとよいと思います。 また、単語力は何においても重要なので、自分に合った単語帳を持つのが大切です。 ちなみに、参考書兼問題集としては「英文読解の透視図(篠田重晃 著)」が分かりやすくお勧めです。 利用した参考書 単語帳にDUO3. 0、文法・文構造に「英語読解の透視図」、その他にNextStageを使用しました。 透視図は特におすすめです。 社会 【センター】地理B 地理の勉強のポイントは、普段からいろいろなところで雑学を仕入れておくこと、それからひたすら過去問を解くこと、それだけです。 それだけをしっかりやっておけば、必要十分な点が取れます。 利用した参考書 過去問がまとまった問題集を利用しました。 理科 【センター】物理、化学 物理のポイントは、物理学の公式などを理解しておくことです。 センター物理はそれほど難しくないので、直前期にセンター過去問ないし予想問題をやる以外は志望大学などの過去問をやったほうが効果的で効率が良いと思います。 どれもおすすめです。 国語 【センター】 国語は得意科目だったので、毎日少しずつ漢字と四字熟語練習をしました。 時々センター対策用の演習をやりました。 利用した参考書 古典は古文単語330を使用し、現代文は受ける大学の赤本を利用しました。 利用した参考書 中堅国立大学向けの青チャートを問題演習用として使用しました。 外国語 【センター】英語、英語リスニング 英語は毎日少しずつ例文を音読し、単語の書き取り練習をしました。 また単語だけではなく、熟語や構文も合わせて覚えました。 利用した参考書 熟語や構文を覚えるのに、アップグレードを使用しました。 社会 【センター】日本史B、現代社会 教科書で学習した内容をノートにまとめ、問題集で確認を行いました。 利用した参考書 日本史のチェックリストと世界史のチェックリストを使用しました。 理科 【センター】 センター試験では生物を受けることになったので、生物のワークを週に二回程度集中して解き、時々センターの過去問に取り組みました。 利用した参考書 生物はセミナーを使用しました。 小論文 【2次・個別】 茨城大学の人文学部人文コミュニケーション学科は、小論文形式の問題の他に、漢字数問と国語の現代文のような問題も合わせて出題されました。 センター試験後は、5回分程度、茨城大学の過去問を解きました。 利用した参考書 茨城大学過去問集を使用しました。 国語 【センター】 唯一本文に答えが記されている教科だと思います。 現代文はまるで宝探しをするような気分で解いていました。 必ず根拠となる部分はあるので、決してあきらめず根気よく探してください 利用した参考書 学校からもらった古文・漢文の単語帳のみです。 【2次・個別】 筑波大の数学はかなり厄介です。 何せ受験数が多いため、多くを振るい落とすためにほかの大学よりも複雑です。 過去問を解くことで筑波大ならではの出題になれるしかありません。 利用した参考書 学校からもらったプリント類のみです。 外国語 【センター】英語、英語リスニング 英単語と熟語や文法。 どれ1つとも欠かしてはいけません。 リスニングは普段から練習し、耳を慣らしておきましょう。 【2次・個別】英語 英語は意外と選択問題が多いため、わからなくても決してあきらめずに頑張ってください。 利用した参考書 ターゲット1900、NextStageです。 利用した参考書 学校からもらったマーク対策の問題集のみです 理科 【センター】 頑張って暗記してください。 それに尽きます。 利用した参考書 これは教科書のみでした。 国語 【センター】 古文に関しては語彙と文法に重点を置き、漢文に関しては文法に重点を置きました。 【2次・個別】 立正大学の心理学部は赤本を解くのみでした。 東洋大学の社会心理学部も赤本を解いて復習した程度です。 あまり覚えていませんが、それほど難しいという記憶はありません。 公式を覚えることに重点を置きました。 利用した参考書 チャート センター対策 外国語 【センター】英語、英語リスニング 語彙力を増やし、センター対策の冊子を解いて問題の流れを把握し、自分の解き方を決めました。 また、アクセントや発音の問題にも力を入れました。 長文を読む速さも大事にしました。 【2次・個別】英語 茨城大学の人文学部は今年から問題が変わったそうですが、英訳と翻訳の問題が多かったです。 英語に直すための日本語ではなく、日常で使うような日本語を英語にするため少し難しかったです。 利用した参考書 Reading300 センター対策 社会 【センター】地理B、倫理 倫理はセンター対策の冊子を解いて復習をすればそれなりに解けるようになったのでそれを繰り返し、地理は重要単語を中心に復習しました。 【2次・個別】地理 あまり覚えていませんが、立正大学も東洋大学も赤本と似たような問題傾向だったと思います。 利用した参考書 地理用語集 地理資料集 倫理の冊子 センター対策 理科 【センター】 1年生のときの内容だったのでもう一度ノートを見直し、センター対策の冊子を解いた。 化学基礎に関しては化学式や基本的な計算の仕方を覚え、生物基礎に関しては今まで何度も出てきた問題を中心に覚えた。 【受験生活を振り返って】 第一志望校が決まるのが遅く、調べるのにも時間がかかりました。 苦手な数学にも手を出せなかったのでそこは後悔しています。 これから受験を控える人たちには、なるべく早くから危機感を持つこととここに入りたいという強い気持ちを持つことを大事にしてほしいです。 また、先生もすごく力に鳴ってくれたし先生の言葉で自分のやりたいことを知ったので人の話をよく聞くことも大事にしてほしいです。 【2次・個別試験を振り返って】 赤本を解くことは基本として、数年分解いてみてどんな傾向があるのかを把握しておくことが自信に繋がると思います。 試験中ですが空白を作らないということもやはり大事だと思います。 とにかく先生に質問したりアドバイスを求めたりすることはいい情報を知るいい方法だと思います。 受験データ 電話番号 029-228-8111 学部 、 、 、 、 概要 茨城大学は、茨城県に本部を置く国立大学です。 通称は「茨大(イバダイ)」。 1949年に国立学校設置法のため近隣の5つの学校が合併し、「文理学部」「教育学部」「工学部」の3つの学部からはじまりました。 公務員試験に力を入れており、丁寧なサポートが受けられます。 キャンパスは、水戸市、日立市、稲敷郡阿見町の3箇所にあります。 1年次はすべての学部が水戸キャンパスに通いますが、農学部の2年次より阿見キャンパスで、工学部の2年次より日立キャンパスで学びます。 離れたそれぞれのキャンパスには実験施設や研究機関が揃っています。 他にも付属校や研究所が県内にいくつも存在します。 学会やコンペで受賞される学生や教授も多いのが特徴です。 大学独自の奨学金が4つあり、学生が安心して学業に打ちこめるサポートもあります。

次の