人生 占い師。 【占い】テレビ出演した有名な人気占い師5選【ホントによく当たる】

占い師、本物とニセモノの見分け方

人生 占い師

占い師とは単に占いをする人ではなく、相談者の人生に訪れるさまざまな悩みを占いの技と人生経験上のアドバイスでもって解決する存在です。 占い師のもとに持ち込まれる相談は恋愛、不倫、結婚、離婚、家庭問題、金銭問題、事業相談とさまざま。 中には法律的知識や心理カウンセリングが必要な相談もあります。 占い師に必要なのは日々精進すること。 相談者のためを思って誠実に対応することを忘れずにいなければならないと言われています。 占いが100%当たることはありませんから、中には顧客の「当たらなかった」という言葉に自信をなくす人もいます。 しかし、そこでくじけると占い師を続けるのが更に困難になってしまいます。 占い師に必要なのは、自分が占いで生計を立てていくという覚悟。 そして、相談者の言葉に惑わされない精神的な強さです。 占い師の生活のスタイルは、個人によって大きく異なります。 昼間の時間帯をメインにして働く人もいれば、夜の時間帯をメインにして働く人、対面式の占いショップに出勤する人、自宅でメールや電話をメインにして働いている人もいます。 占いの仕事は時間や場所を問わないため、それだけ幅広い仕事のスタイルがあるといえ、自分の理想とする働き方をよくイメージしたうえで仕事のスタイルを決めることが大切です。 <占いショップで働く占い師の1日> 9:00 起床 10:00 メールチェック・占いの予約や依頼に対応 12:00 出勤・店舗の清掃や準備 13:00 店舗オープン・占い開始 17:00 休憩 17:30 占い再開 20:00 退勤 21:00 帰宅 22:00 メールチェック・電話対応 24:00 就寝.

次の

村野弘味(家相占い師)の占い予約や場所!人生の開運法!【突然ですが占ってもいいですか】|占いの歩き方

人生 占い師

占いライター(運勢などについてコラムを書く)• 占いブロガー(占い全般について記事を書く)• 占いユーチューバー(占い全般について動画をアップ)• 相性診断士(悩みを聞くより相性を見てあげる)• 開業日相談(開業日を見てあげる)• 適職診断(適職についてアドバイスする)• 例えば、ママ友との交流が得意な人が占いを使って「ママ友と無理なく付き合う方法鑑定」をする、とか。 子育てについて知識が豊富な人が占いを使って「子育てに悩まない親子鑑定」をする、とか。 次いで、比肩・偏官でした。 どうでしょう? 「必要な星」ってなさそうだな、と思えましたか? それよりも、「その人に合った活動方法がありそうだな」と思えませんでしたか? 向いているとしても天職とは限らない なので、例え「星的に向いている」と判断されたとしても、それが好きかどうか、得意かどうか、情熱を燃やせるかどうか、は別問題です。 好きじゃなくて、得意じゃなくて、情熱を燃やせないものって「天職ですよ」と言われても「やらされてる感」を感じてしまって苦しいです。 例えば、羽生結弦さんと同じ生年月日の人に「フィギュアスケート天職ですよ」って言って、羽生結弦さんみたいになれますかね? どうしたって、 めちゃくちゃ好きで寝る暇も惜しむくらい没頭している人には負けます。 そして、占い師さんに「占い向いてないですよ」と言われても「占い向いてますよ」と言ってくれる占い師さんに出会えるまで諦めきれなくないですか? もし、言われて諦めるのなら「その程度の好きさ」だったんだと思います。

次の

楽天占い: 横田淑惠 で占う

人生 占い師

介護人 さま 40代 2020. 25 今後の人生はあなたが変化させていけます はじめまして介護人様、花水木です。 この度は、ご相談をお寄せ下さり、誠にありがとうございます。 介護人様は思い通りに行かない事が多い人生を送られてきたのですね。 辛い、苦しいこと、また諦めきれない思いも募る日々であったのでは無いかと思われます。 仕事という金運の部分 結婚という家庭生活、プライベート部分 両方が上手くいかないと苛立つ心にもなり 介護人様がどうしたらいいのと心からの叫びを聞いているかのようです。 「普通の人生を送りたかったです」について 過去形で言われていると介護人様の人生が終わったかのような 気分でおられるご様子が浮かんで参ります。 介護人様は人生の半ばにおられます。 まだまだ人生は続いていきます。 今後を変化させていきましょう。 「普通」とはその人にとっての独自の物差しで測っているものです。 介護人様は「普通」ってどんなことだと考えておられますか? 一生涯を通して、転職を一度も考えなかった人はほとんどおられないことでしょう。 現在の日本において、離婚を考えることが無かった結婚生活を送った人は少数派といえるでしょう。 ハラスメントがあるパートナーを持つ方もおられることでしょう。 介護人様は色々な面で自信をなくして行かれたように見えます。 介護人様にとっての「普通」がどんなことか考えて創っていきましょう。 普通と言う言葉を使うよりも 介護人様がどのような人生を歩んで行かれたら 今日一日を頑張った自分と思えるか 1日が充実した連続が 1ヶ月となり 1年となるような部分を中心にして行かれたらいかがでしょうか。 今後どうすればいいのか?について あなたの人生はまだ続いていきます。 人生は選択と決断の連続と言えるかもしれません。 現在の仕事をどのようにステップアップさせていきたいですか。 それとも別の道に転職しますか。 一度考えてみましょう。 ご主人との家庭生活と仕事のパートナーとして どうしていきたいですか。 介護人様の判断で決められます。 今を変えて行くと今後が変化していきます。 介護人様のお心の決断で変わる部分が人生には沢山あります。 一度に多くのことは難しいと思います。 最初に一つ変えてみましょう。 心が少し軽くなると身動きがとれないと人生に絶望感さえも持っていたにも関わらず 考える部分・行動する部分に変化が出ていきます。 今ひとつ、勇気を出して一歩を踏み出してみましょう。 ご不安やご質問がございましたらお相談下さいませ。 介護人様の幸運を応援しております。 花水木.

次の