ぶん きつ 六本木。 六本木の新スポット!入場料を支払う本屋「文喫」に行ってきた!

六本木で本に囲まれる”時間”〜文喫(ぶんきつ)・訪問記〜

ぶん きつ 六本木

本屋開業準備中のライター池野花()です! 2018年12月11日(火)に六本木駅前の青山ブックセンター跡地にオープンした「 文喫(ぶんきつ)」 入場料が1,500円(税抜き)かかる本屋として評判になっていました。 六本木でちょうど用事があったので、12月14日(金)の夕方に寄ってみました。 結論からいうと、私はとても楽しめました! 次回は、時間がたくさんあるときに行ってみたいです。 というわけで、文喫の様子や感想などをまとめてみました。 (写真は撮影許可をいただいています) 文喫(ぶんきつ)のエントランスは無料エリア 文喫のエントランスを入ると、そこは 無料エリア。 こんな感じで、雑誌が面でキレイに並んでいます。 手前にソファがあるので座って読むこともできます。 このエリアは展示エリアでもあるようです。 今は、「雑誌の力展」が開催されていて、復刊されたばかりだというヴィジュアルマガジン「hinism(ヒニスム)」のバックナンバーなどが並んでいました。 ここから先は有料エリアなので、カウンターで入場料を支払います。 1,500円(税抜き)を支払うと、数字が書かれたバッヂを渡されますので服につけます。 「 喫茶スペースで、煎茶か珈琲を無料で飲める」ことを説明してくれました。 入場料を支払って有料エリアへ 階段を登っていくと、そこは有料エリアです。 3万冊の本があるとのこと。 ジャンルは以下の通りです。 ・文化 ・哲学 ・歴史 ・日本文学 ・海外文学 ・食 ・映画 ・科学 ・音楽 ・自然 ・社会 ・宗教 ・ビジネス ・心理 ・旅行 ・ライフスタイル ・建築 ・デザイン ・ファッション かなり幅広いジャンルですが、大型書店のようなベストセラーはほとんどない印象です。 セレクトされた選書という感じでした。 平積みの陳列が なかなかワイルドですが、本を手に取ってみたくなる感じがあります。 ジャンルを示すランプもおしゃれ。 演劇ジャンルの品ぞろえはこんな感じ。 西洋美術も面白そうな本、ありました。 ふつうの本屋には並んでいない本が、かなり多くある印象です。 コワーキングスペースはカウンター式で人気がありそう コワーキングスペースがあると聞いていたので、そのエリアにも行ってみました。 座席は10席ほど。 私が行った金曜18時過ぎで2、3席空いていました。 入場料1,500円ということを考えると、1日コワーキングエリアにいるより割安なので、このエリアは争奪戦になりそうな気がします。 コワーキングで仕事しながら、休憩時間に3万冊から本を選んで読めるなんて、いいですよね~! 無料で煎茶か珈琲が飲み放題のカフェスペース 「 無料で煎茶か珈琲が飲み放題」というカフェスペースにも行ってみました。 軽食を有料で頼むこともできるようです。 ・ハヤシライス(1,080円) ・バタートースト(580円) ・カスタードプリン(580円) ・カカオニブとチョコレートタルト(580円) 今回は、無料の珈琲のみを注文。 (味はごく普通でした) このエリアでは、 購入前の本を何冊でも持ち込んで読むことができます。 私も気になった本を持ち込んでみました。 カフェスペースは、 ソファ席、テーブル席合わせて50席くらいです。 私が行ったときは半分くらいの席が埋まっていました。 オープン当初なので、もっと人が多いと思っていましたが、夕方過ぎだったせいかゆったりしていました。 本を何冊も置いて読んでいるという感じの人は、全体の30%くらいでしょうか。 友人と話していたり、パソコンを操作していたりする、カフェ利用っぽい方も多かったです。 文喫で購入した本 この日は行った時間が遅かったので、カフェスペースで目を通して面白そうな本は購入しました! 荷物がいっぱいだったので、袋に入れてもらいました。 この袋、厚みもあって、持ちやすくてよかったです! の袋について、そろそろ考えないと・・・。 購入した本はこちらです。 「世界を動かす100の技術」 「数字が明かす小説の秘密」 「消されたマンガ」 文喫(ぶんきつ)の感想まとめ 本が好きな人なら1,500円(税抜き)を支払っても行く価値のある本屋さんです。 入場料を支払うというフィルターがあるせいか、本棚に人が多くないので、ゆったりと本を選べるのもいいなと思いました。 次回は、もう少し早めの時間帯に行って、2~3時間はのんびりしたいです。 店員さんに聞いたところ、 混雑時間は午後2時~5時、午後7時以降とのことでした。 池野 花(いけの はな) 人材系企業で求人広告の取材・ライティング、SEOコンサルティング会社で大手企業のオウンドメディアのコンサル・ライティングを経験。 自分の取材好きを実感し、新たな出会いや経験を求めて独立。 知的好奇心をくすぐられる人を取材して、心揺さぶられたことを言葉にするのが特技。 誰かの想いがうまく伝わらないときに、自分が言葉を翻訳して意思疎通ができたときに達成感を覚える。 ライター業の傍ら、本好きが高じて「言葉」をテーマにした本屋カフネブックスを渋谷の隣り池尻大橋駅にオープン。 「誰もが専門家」をビジョンに、自分が興味をもった専門家を招いて公開取材するイベントを開催している。 日本生まれ日本育ちの日韓ハーフ。 韓日翻訳勉強中で、仲間と勉強会を立ち上げた。

次の

六本木のブックカフェ「文喫」が最高の読書空間だった

ぶん きつ 六本木

箱庭キュレーターのKIMIです。 2018年12月11日 火 、とても馴染みのある場所に、「文喫(ぶんきつ)」と言う本屋がオープンしました。 ここは、惜しまれつつも今年6月に38年の幕を閉じた青山ブックセンター六本木店の跡地。 (青山ブックセンターの看板の跡がうっすら残っているのが、歴史を感じてグッとくる。 ) あれ?また本屋ができたの?と思うでしょう。 いえいえ「文喫」は、ただの本屋ではありません。 3万冊の中から意中の一冊と出会うための時間を提供する、これまでにない新しい本屋。 「文喫」は、六本木の土地にマッチしたアート、デザイン、ビジネスを中心に、食、人文科学や自然科学、文学、他にも雑誌、コミックなどが揃っています。 1日中本に浸って、意中の1冊に出会うための時間を提供してくれる場所です。 運営するのは「リブロ」や「オリオン書房」といった書店を展開している株式会社リブロプラス。 また、ブックディレクションを「箱根本箱」などを手掛ける日本出版販売株式会社のYOURS BOOK STORE、インテリアデザインなどクリエイティブ全般を「Soup Stock Tokyo」 や「PASS THE BATON」を運営する株式会社スマイルズが担当しています。 「文喫」という名前は、スマイルズの遠山正道さんが名付け親。 「これからどういうことをしたら本屋は楽しいんだろう?」というお題を、日販の方々、森岡書店・森岡督行さん、遠山正道さんで語り合っている時にこのネーミングが誕生したんだとか。 名前を聞いた瞬間、森岡さんは『これは何かが立ち上がった!始まった!』と感じたそう。 ここにある本は、全部で3万冊。 なんと1冊として同じものがないんですって!一見、図書館みたいだと感じるかもしれませんが、図書館と違って気に入った本があれば、もちろんその場で購入できるのが嬉しいポイントです。 約90種類の雑誌が勢ぞろい!本の世界に入り込みたくなるエントランスフロア 先ほど、えーーーってなった皆さん。 ご安心ください。 エントランスのこちらの雑誌スペースは、誰でも利用できる場所になっています。 約90種類の雑誌がランダムに並んでいるのですが、よく見かける物から、マニアックな専門雑誌もあって興味をそそります。 以前、箱庭でも紹介したことのあるオーストラリアのファッションカルチャー雑誌を発見しました!黄色い表紙がカワイイ!このスペース、ただ雑誌が並べられている棚かと思いきや、 コレ、開くんです。 しかも、バックナンバーでも入っているのかなーって思ったら、 黄色い本がズラリ!なんという嬉しい裏切り(笑)。 黄色縛りでセレクトされているなんて、こんな粋なことされたら思わず手に取りたくなりますよね。 入り口すぐには、企画展示を定期的に行うスペースもあり、現在は、10年ぶりに復刊する雑誌『hinism(ヒニスム)』を特集した「雑誌の力展」が開催中です。 (1月31日まで) 階段を上ると広がる有料スペースへ。 さて、入場料が発生するのは、階段を上ったこの先の2階スペース。 入場料を支払うと、番号がついたバッチがもらえます(当日限り有効)。 このバッチの裏には、wifiのパスワードが書いてありました。 電源・wifiがあるのは嬉しいですね! 本とどっぷり向き合うのに最適なこちらの「閲覧室」は、全部で12席。 その他にも、グループでも利用できる「研究室」、会話も食事も楽しめる「喫茶室」など、席数は全部で90席あります。 1人1人の滞在時間を豊かにしてもらいたいと、入場制限がされる場合もあるそうですが、それもお客さんが快適に過ごせるようにするため。 本との偶然の出会いを楽しんでほしい!と考えられた陳列方法。 1冊として同じ本がないので、このランダムに重ねられた本の下には、サイズもバラバラで、全く違う本が重なっていて、なんとなく気になるものと偶然出会えます。 売れ筋だから表にあるのではなく、こんな本があったんだと気づいてもらうのが狙いだったり、とことん本と向き合ってもらいたいからと、ついつい欲しくなる雑貨などを置かないようにしたり、手に取れる高さの本棚になっているところも憎い演出ですね。 そして、たまらなく可愛くて目を引いたのは「文喫」のテーマカラーのこの淡いピンク。 通称『初恋ピンク』と言われていて、本に恋をしよう!というコンセプトなのだそう。 いたるところに使われているのですが、床まで初恋ピンク色でキュンとしちゃいました。 珈琲と煎茶がおかわり自由!豊富な食事メニューも魅力的。 文喫のBのロゴがかわいいドリンクカップ。 嬉しいことに珈琲と煎茶はおかわり自由なんです。 無料のドリンク以外にも、食事からデザートまで様々なメニューが揃っています。 看板メニューの牛ほほ肉のハヤシライスは見るからに美味しそう! サラダやデザートも数種類あり、本を読みながら頂くことが出来ます(「選書室」のみ、飲食NG)。 営業時間が23時まであるので、実は、アルコールもあるんですよ。 「文喫」のオススメな過ごし方は? (文喫六本木店、店長の伊藤晃さん) 店長の伊藤晃さんに「文喫」のオススメな過ごし方をお聞きすることが出来ました。 「文喫は、本と人と、1対1で向き合える時間と環境を提供できる場だと思います。 僕のオススメは、窓側の見える席に自分のキャパシティを超える本を積んでもらって、本を読んでいたらいつの間にか眠ってしまうほど、1日中文喫で、本と向き合って頂きたい。 そして、本と恋に落ちて、あの階段(有料の入り口)がバージンロードになってもらえたらと思うんです。 」 本と恋して結婚する。 なんだか素敵な響きでウットリしちゃいますね。 (ギフト包装も用意されています。 本と結婚する時には、ぜひ利用したいですね。 ) 『本と本屋をあきらめたくない。 本を買うことが、日常ではなく非日常になってきている。 検索とは違った本との出会い方。 ゆっくりと過ごすことのできる空間作りや本の見立て方に工夫を施すことで、本屋の体験価値を拡充する場所を作りたい。 』 そんな思いから、スタートした「文喫」。 検索して本を選ぶ時代に、偶発的な本との出会いが演出されていて、予期せぬ発見があったり、自分じゃなかなか探しにいかないものが偶然見つかったり。 みなさんそれぞれの特別な時間を過ごせるはずです。 ぜひ本とじっくり向き合って、本と恋に落ちる瞬間を味わって頂きたいと思います。 文喫(ぶんきつ) 住所:東京都港区六本木6-1-20六本木電気ビル1F 時間:9:00~23:00(L. 22:30) 定休日:不定休 入場料:1,500円(税抜) URL:• Follow Me! heart.

次の

青山ブックセンター六本木店跡地に新書店「文喫」オープン、入場料制で長時間滞在とくつろぎの空間を提供

ぶん きつ 六本木

家にいるよりカフェで勉強したり、ブログ執筆する方がはかどるときがありますよね。 テレビでも紹介された『文喫』のHPにはこんな言葉がありました。 文喫とはー文化を喫する、入場料のある本屋。 「入場料のある本屋?」 「本屋で入場料を取るの?しかも1,500円も?」 楽しかったのでツィートしてみました。 ホームにあるこんな案内図。 目指す出口は 3・1A 3・1A出口 から地上に出て、 左に(六本木ヒルズ方面)進んでいきます。 ちゃんと地上に出てくださいね。 すぐ迷子になる私ですらスムーズにたどり着けたので、迷わないと思います。 地上に出て 左 に進み、まっすぐ行って左側 徒歩1分 もし曲がってしまったら、それは行き過ぎです(笑)。 六本木『文喫』入場料・Wi-Fi・混み具合は? 平日と土日で変わる入場料とパスワードが必要なWi-Fi 入り口を入ってすぐの場所は 無料エリアです。 雑誌などを無料で読むことができます。 その奥の階段を上がると有料エリアになります。 そのバッヂの裏に Wi-Fiのパスワードが書かれていますので、安心してネット利用できます。 有料エリアでは飲み放題の珈琲&煎茶 有料スペースでは 珈琲と煎茶(ホットorアイス)はお代わり自由 お水が出ない・置いてないカフェもありますから、お代わり自由なのはありがたいサービスですね。 込み具合について 入場制限 これも珍しいサービスです。 集中しやすい場所だと感じるのはこのためかもしれません。 土曜日であっても朝9時のオープンに入れば数時間は空いています。 お昼頃になると混んできて入場制限されるようなので、混雑を避けたいのであれば 朝早め もしくは 夜遅め がおすすめです。 何時間もパソコンに向かっている方が沢山いました。 1m離れるのも可能ではないかと 笑。 本は読み放題で、漫画もあります。 端にチョコンと置かれた椅子。 こういう場所って、落ち着く方いらっしゃるのでは?私は好きです😁 こちらは喫茶室です。 食事しながら本を読む方も多いです。 歓談されている方もいますが、全体的に落ち着いている雰囲気でした。 混んでくると入場制限されるので、常に勉強や仕事がしやすい場所と言えると思います。 さあ、次はお楽しみのお食事メニューです! 六本木『文喫』食事メニュー 牛ほほ肉のハヤシライス 1,080円(+tax) 六本木『文喫』は本格的な食事を楽しむことができます!! たかがカフェと侮ることなかれ! こちらの「牛ほほ肉のハヤシライス」を食すのは2回目。 牛ほほ肉の柔らかさにやみつきになってしまいました。 見づらいと思うので改めて書きますと(2019年12月現在) FOOD (税抜き価格) 牛ほほ肉のハヤシライス 1,080円 トマトチキンカレー 980円 ナポリタン半熟卵のせ 880円 海老ドリア オマール海老のソース 880円 厚切りバタートースト 580円 10種の野菜のサラダボウル 880円 ミックスナッツ 380円 DESSERT 焼きたてワッフルとバニラアイス 580円 とろけるカスタードプリン 580円 カカオニブとチョコレートのタルト 580円 売切れなのがレモンパイなのかもしれません 笑 飲み物とアルコールメニュー アルコール以外の飲み物 COFFEE 普通の珈琲と煎茶は無料です。 なかなかないですよね! たま〜に、こんな極上空間でブログ執筆をしています!! いつかお目にかかれるかもしれませんね。 最後までお読みくださりありがとうございました。

次の