レインボー ダーク ドラゴン。 レインボードラゴン (R・D)

【このデッキヤバすぎるわ…】圧倒的に勝てる究極宝玉神レインボー・ダーク・ドラゴンデッキだ!【遊戯王デュエルリンクス・Yu

レインボー ダーク ドラゴン

効果で「究極宝玉神レインボー・ダーク・ドラゴン」と「ファントム・オブ・カオス」を回収する。 そのままダイレクトで1kill 強み・コンボ うまく決まるとなかなか止めることができません。 さらに失敗したときでもインゼクターとして戦うこともできなくもないです。 きついですが。 弱点・課題点 暗闇を吸い込むマジックミラーみたいな効果を封じるカードとDDクロウ、マクロコスモスなどの除外するカード、サイクロン等で漆黒のトバリを破壊されると厄介です。 カスタマイズポイント はっきりサイドに適するカードがないように思えます。 が、合成魔獣ガーゼットなんかはお勧めです。 自分の墓地に存在するを7種類ゲームから除外した場合のみ特殊召喚する事ができる。 このカードを除く自分フィールド上と自分の墓地に存在するを全てゲームから除外する事で、除外したカード1枚につき、このカードの攻撃力は500ポイントアップする。 2 8 2300 3000 このカードは通常召喚できない。 自分の墓地にが5体以上存在し、自分フィールド上にモンスターが存在していない場合に特殊召喚する事ができる。 自分の墓地の1体をゲームから除外する事で、自分の墓地の1体を特殊召喚する。 この効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 7 2800 1000 このカードは通常召喚できない。 自分の墓地に存在するが3体の場合のみ、このカードを特殊召喚する事ができる。 自分のメインフェイズ時に自分の墓地に存在する1体をゲームから除外する事で、フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。 2 6 2400 1500 このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いに罠カードを発動する事はできず、フィールド上の罠カードの効果は無効化される。 2 準制限 4 1700 1600 このカードは手札からレベル5以上の1体を捨てて、手札から特殊召喚する事ができる。 1ターンに1度、手札から1体を捨てる事で自分のデッキから1体を選択して墓地へ送る。 3 4 0 0 自分の墓地に存在する効果モンスター1体を選択し、ゲームから除外する事ができる。 このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、このカードはエンドフェイズ時まで選択したモンスターと同名カードとして扱い、選択したモンスターと同じ攻撃力とモンスター効果を得る。 この効果は1ターンに1度しか使用できない。 このモンスターの戦闘によって発生する相手プレイヤーへの戦闘ダメージは0になる。 1 4 1700 1600 自分フィールド上に表側表示で存在する1体を生け贄に捧げる事で、相手ライフに800ポイントダメージを与える。 1 4 1200 800 このカードの召喚に成功した時、自分の墓地に存在するを任意の枚数ゲームから除外する。 このターンのエンドフェイズ時まで、この効果で除外したカード1枚につき、このカードの攻撃力は400ポイントアップする。 1 4 1800 1050 このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、通常モンスターとして扱う。 フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。 その魔力カウンターを1つ取り除く事で、フィールド上のモンスター1体を破壊する。 2 4 1600 200 手札から1体を墓地に送る事で、このカードの攻撃力は400ポイントアップする。 2 4? このカードが破壊され墓地へ送られた時、ゲームから除外されているを全て墓地に戻す。 1 3 1000 600 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。 デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を手札に加える。 このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの発動ができない。 3 3 500 200 1ターンに1度、自分の手札・墓地から1体を装備カード扱いとしてこのカードに装備できる。 このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、装備モンスターのレベルは3つ上がり、攻撃力・守備力はこのカードのそれぞれの数値分アップする。 また、装備カード扱いとして装備されているこのカードを墓地へ送る事で、フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。 3 3 1600 1200 1ターンに1度、自分の手札・墓地から1体を装備カード扱いとしてこのカードに装備できる。 このカードに装備された装備カードが自分の墓地へ送られた場合、デッキから1枚を手札に加える事ができる。 また、このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、装備モンスターのレベルは3つ上がる。 3 3 1000 1800 1ターンに1度、自分の手札・墓地から1体を装備カード扱いとしてこのカードに装備できる。 このカードに装備された装備カードが自分の墓地へ送られた場合、デッキから以外の1体を特殊召喚できる。 また、このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、装備モンスターのレベルは3つ上がる。 2 3 600 1300 自分の墓地に存在するこのカードをゲームから除外して発動する。 相手モンスターの攻撃を1度だけ無効にする。 1 2 400 200 手札を1枚デッキの一番上に戻して発動する。 墓地に存在するこのカードを自分フィールド上に特殊召喚する。 この効果で特殊召喚されたこのカードは、フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。 2 8 2400 2000 により降臨。 フィールドか手札から、レベルの合計が8になるようカードを生け贄に捧げなければならない。 2000ライフポイントを払う事で、このカードを除くフィールド上のカードを全て破壊する。 1 自分の墓地に存在する守備力0の2体を選択し手札に加える。 1 準制限 自分のデッキからカードを2枚ドローし、その後手札の1体をゲームから除外する。 手札にがない場合、手札を全て墓地へ送る。 3 自分のドローフェイズにドローしたカードがだった場合、そのカードを相手に見せる事で、そのカードを墓地へ送る。 その後、自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。 閲覧数 26225 評価回数 41 評価 380 ブックマーク数 0 - NEW -.

次の

レインボードラゴン (R・D)

レインボー ダーク ドラゴン

自分の墓地から闇属性モンスター7種類を1体ずつ除外した場合のみ特殊召喚できる。 1 :自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 このカード以外の闇属性モンスターを全て除外して発動できる。 で登場した・の。 の7種類をする、・のをする事でをするを持つ。 「を失わない4000」は魅力だが、7種類ものをに揃えするのはかなり難しい。 さらにとを上昇するもかみ合っておらず、も一切持っていないので長く場に居座りづらい。 とはいえ特化した場合、等と組み合わせることで、クラスのを与える事も可能となる。 を増やしたい場合、によってからへを供給することもできる。 なら種類が多いため、低のを利用して7種類揃えることも狙える。 後半のではも複数でき、終了後もは続く。 ただし、の上昇と異なりなので、ののにしかできない。 更に致命的なことに、 この以外のの・のを「全て」するため、他ににを並べていると、時にされてしまう。 やに近い構成にしたなどを組めば、ともども活躍するかもしれない。 仮にに落ちてもでできる。 とで絡めると容易にを肥やせるため、やでもはできる。 また、の1のは7種類以上存在するので、を使えばすぐにできる。 でのを確保するのもよいだろう。 いずれにせよ、に投入するならば寄りにしておいたほうが条件は満たしやすい。 で回収できるのの中で・と共にが最も高い。 では「」成立とほぼ同じタイミングに、において「 This card is always treated as an "Ultimate Crystal" card. 」の追加のが発表された。 2007年の夏に行われたアニメGX視聴者プレゼント企画の景品3種の1枚。 ちなみに、この時紹介された画像とではが異なる。 とは全く異なり A アドバンスド 宝玉獣とのによって真価を発揮する、名前どおりに類似するだった。 自分フィールド上及び墓地に「A宝玉獣」と名のついたカードが 合計7種類存在する場合のみ特殊召喚する事ができる。 合計7種類存在しない場合、フィールド上に存在するこのカードをゲームから除外する。 このカードは特殊召喚されたターンには以下の効果を発動できない。 墓地へ送ったカード1枚につき、このカードの攻撃力は1000ポイントアップする。 この効果は相手ターンでも発動する事ができる。 2つ目のによってやのをにしてに居続けた。 そして、最終ではと1つ目ののでを9000までし、でされたを返り討ちにしようとした。 また、「十代vsヨハン()」戦でもヨハンが使用。 この時は十代が防戦に回ったためどちらのも使用されていない。 最終的に十代のによってとしとなった。 なお、アニメではがする機会はなかった。 名は「レインボー・リフレクション」。 名に使用されている「リフレクション(reflection)」とは「反射」「反響」という意味ではなく、「(水などに映った)影」の意だと思われる。 A アドバンスド 宝玉獣ともどもとの差別化が困難であるためか、化の際に、とも A アドバンスド 宝玉獣とも全く関係の無いに変更された。 むしろオリジナルであるの切り札的存在という扱いである。 当然のいない通常のでは扱えず、やで採用されることになる。 ただし、を無視するかをに変更するを用いれば、でもができる。 アニメではがないとするA宝玉獣との併用を前提としているので、が必須となることはむしろ再現に一役買っているとも言える。 いずれにせよは別物になってしまっているが、そちらを重視するならをこののつもりで使うというのが妥当だろう。 なお、 A アドバンスド 宝玉獣のは全て元となったと同じものであり、のものは1体もいない。 また、上記の通り、このもである。

次の

遊戯王カードWiki

レインボー ダーク ドラゴン

忘れてるぜ、がまだを出してないことを! 7体のがったとき、をつなぐがこの地にる。 見よ、の! れ、 究極 宝玉 ンボー ・ ! 究極宝玉神 レインボー・ドラゴンとは、「」に登場するである。 概要 が使用する「幻の」(上は「」ではない)。 十代戦(1回)でその存在がにされた。 本人く「とっておきのとっておきのとっておき」。 「 ・」の攻撃時、特殊召喚されようとしたのだが……。 」 はまだこのを所持しておらず、そのまま・の攻撃は通り、十代のに終わった。 存在しないのに、はを読んでまで現れた。 の文献によれば、7つの宝玉の魂を宿す石版が存在するらしく、このを手にするにはそれが必要らしい。 このときはまだ名が決まっていなかったのか、は「究極宝玉 ・」と発言している(記事部の文)。 その後、によって石版が発見され、その場でがされた。 そして、でン()とを行っていた十代のもとに駆けつけたが使用。 「炎皇ア」へ攻撃を仕掛けようとしたが、「降皇ン」の効果で攻撃できなかった。 その後、「 ・」が「混沌幻魔アーミ」の効果対となったとき、の速攻「・ウォール」で対をこのに変更され、さらに効果で攻撃をまで上昇させ、アーミののを打ち消した。 そして、・のがしたことでは元に戻ったが、はに取り残されることとなった。 がしているときのは「A(ド)」を使用しており、こののAである「究極宝玉 ・・」を使用していた。 十代戦では、「」の効果でからへ送られ、このとして扱われているプマーと「」で「・」のとなった。 十代()戦では「の引」の効果で特殊召喚され、「の引」で攻撃対をこのに変更された「 テンター」を返り討ちにした。 十代&戦でも「の引」で特殊召喚される。 効果を発動してのを全てに戻すことで、「」のをした。 その後、「・」の十代への攻撃に対して「守るべき者」を発動し、このをへ送って攻撃を防ぐ代償として、このの攻撃分のを受けて、のは0となった。 そして、十代は永続「好敵手の名前」を発動。 その効果によって上に「究極宝玉神 レインボー・ドラゴン」扱いとして特殊召喚された「好敵手の名前」と「」をして「・」をした。 攻撃名は「・ザ・」、攻撃上昇の効果名は「・」。 「」ではが使用している。 実体化させて十代に襲い掛かったが、守備表示で召喚された「」に防がれた。 守備のが攻撃00の・の攻撃を耐え切るのに、その後の「」(攻撃0)の攻撃は防げない(耐えてはいるが、十代を守れなかった)という、の状態であった。 その後の&十代&戦では、からへ送られ、「 ・」(版)を特殊召喚した。 では、に木像として置かれていた。 OCG版 「TAL UTION」(発売)でに登場。 は、、の3種。 初めてとなったである。 自分の上・に「」と名のついたが 合計7種類存在する場合のみ特殊召喚できる。 このは特殊召喚したに以下の効果を発動できない。 この効果は相手でも発動する事ができる。 自分のの「」と名のついたを全てから除外する事で、 上のを全て持ちのに戻す。 2」収録の(2-004)による では・のもへ送ることができたが、ではになった(「「」と名のついた を全てへ送る事で~」であるため、永続扱いのはへ送れない)。 を駆使すれば、を7種類そろえること自体は難しくない。 攻撃は00と高く、効果も合わせてでは高いを発揮する。 1つの効果は、のをに攻撃を上昇させるもの。 元々攻撃は高いが、フィニッシュに高い攻撃がほしいときや、が効果の対に狙われたときなどにそれを回避するために使える。 2つの効果は、の効果。 自身もに戻ってしまうため、使いどころが肝心となる。 「」があれば除外したを特殊召喚して直接攻撃できるのだが、「」は。 の切り札となるとして、「宝玉の氾濫」が存在する。 「宝玉の氾濫」は強な除去効果との生効果を持っている。 「宝玉の氾濫」はの種類数を問わないため、の中でも強なものに絞って投入してを組めるのに対して、こちらは7種のを全てに投入しなければいけないため、安定性ではこちらが劣る。 こちらを軸とするなら「宝玉の」や「 ・」などでなるべくく7種のをそろえたい。 「」などでに送るのもいい。 ・に7種類のがってさえいれば特殊召喚できるので、「強制脱出装置」などの手札に戻す効果に対しては強い。 また、手札に2,3枚あれば連続で出すことも可。 7種のがないと逆に邪魔になるので、理して2枚、3枚入れるよりも1枚に抑えた方が難ではあるが、成功すれば00が複数体と、かなりのになるので、狙ってみるのも面い。 守備が0なので、「の書」、「」などに対してはめっぽう弱い。 一方で、これは「」で破壊されにくいという利点でもある。 「・」のを狙う場合にも使用されることとなる。 「」との混合ならこちらを採用することになる。 専用サーチの「の」でを手札に加えられる。 「 ・」を使用したい場合には。 には「の-・」が存在するため、このと・を投入したに一緒に入れてやるのもいい。 ・のをントする際に、となっているはントしない。 攻撃上昇の効果をステップで使用した場合、の数が変化するため、ステップが巻き戻され、相手はめて攻撃対を選択しなおす。 ステップで使用した場合は、巻き戻しは発生しない。 のが攻撃対となったステップでこのの効果を使用して、攻撃対となったがに存在しなくなった場合、巻き戻されることなくそのままが終了する。 関連動画 アニメなど 関連動画 架空デュエルなど 関連静画 関連商品 関連項目•

次の