いつも遊ぶ本体 登録できない。 Switchのセーブデータやアカウント移行方法まとめ。2台目購入時にやることを解説

【Nintendo Switch】「いつもあそぶ本体」とは、設定・確認・解除・登録する本体を変更する方法

いつも遊ぶ本体 登録できない

コンテンツ• 購入済みダウンロードソフトを別のSwitch本体で遊ぶ方法 「ダウンロードできる本体」から「いつもあそぶ本体」へ変更 これまでの「ダウンロードできる本体」という設定項目は、バージョン6. 0への更新で「いつもあそぶ本体」に変更されました。 これはただ名称が変わっただけでなく、2台目以降のスイッチ本体でも一部条件付きで、購入済ダウンロードソフトを遊べるようになった、結構大きな仕様の変更。 「ダウンロードソフトや追加コンテンツの購入に利用したニンテンドーアカウント」を複数本体のユーザーと連携している場合、一定の条件の下で、「いつもあそぶ本体」以外の本体でも遊ぶことができます。 詳しい情報は任天堂サポートページにされています。 「いつもあそぶ本体」ではない別の本体で遊ぶまでの手順 仮に『 デラックス』を別の本体で遊ぶ場合の設定手順は次の通りです。 本体(A)のユーザーが、ニンテンドーアカウント(a)と連携し、さらにニンテンドーアカウント(a)で『マリオカート8 デラックス』を購入している場合。 【本体(B)側の操作】本体(B)のユーザーとも、本体(A)と同じニンテンドーアカウント(a)と連携します。 【本体(B)側の操作】手順1でニンテンドーアカウント(a)と連携したユーザーでニンテンドーeショップを起動し、「アカウント情報」から『マリオカート8 デラックス』を再ダウンロードします。 ここまでで遊ぶ準備は完了します。 購入済ダウンロードソフトを遊べる条件 遊ぶ本体が「いつもあそぶ本体」に登録されているかどうかによって、購入したダウンロードソフトや追加コンテンツが遊べるタイミング、ユーザーが異なります。 「いつもあそぶ本体」に設定してある本体 「いつもあそぶ本体」(A)に設定してあるスイッチ本体では、これまで通りいつでもソフトを開始することができます。 遊べるユーザーは、本体に登録されているすべてのユーザー。 ユーザーとニンテンドーアカウントの連携解除ができなくなった以外は何も変わりません。 「いつもあそぶ本体」ではない本体 「いつもあそぶ本体」に設定されていない別の本体(B)で、ダウンロードしたソフトを遊びたい場合は、一定の条件付きで遊ぶことができます。 本体(B)のユーザーがニンテンドーアカウント(a)と連携を行ってダウンロードしたソフトは「インターネットに接続している間のみ」遊ぶことができます。 またソフトを遊べるユーザーも、ニンテンドーアカウント(a)の連携を行ったユーザーのみとなります。 「いつもあそぶ本体」ではない本体で遊ぶ際の注意点 「いつもあそぶ本体」ではない本体で遊ぶときは、常時インターネット接続が必要 「いつもあそぶ本体」ではない本体で遊ぶとき、その本体がインターネットに接続されていないと、ダウンロードソフトを起動できません。 起動時だけインターネットに接続されていればいいんでしょうと、起動時のみインターネットに接続して、その後インターネット接続がない環境でプレイし続けていると、一定時間経過後にゲームソフトが中断されます(再度インターネットに接続してプレイを再開すると、中断したところから遊べます)。 同時に遊べるのは1台だけ Nintendo Switch はバージョン6. 0で、「いつもあそぶ本体」ではない本体でもダウンロードソフトを遊べるようになりました。 ただし、同時に遊べる台数が1台までというのはこれまで通り変わっておらず、1つのニンテンドーアカウントから購入したダウンロードソフトを複数本体で同時に遊ぶことはできません。 複数の本体で同時にソフトを起動するとどうなるのかというと、後から遊ぼうとした本体でのプレイが優先されます。 そして最優先されるのは「いつもあそぶ本体」に設定されているメインのスイッチ本体です。 ダウンロードソフトを起動できるのは、「ダウンロードソフトや追加コンテンツの購入に利用したニンテンドーアカウントが連携しているユーザー」のみ 「いつもあそぶ本体」に設定してある本体は、購入ソフトを本体に登録してあるすべてのユーザーで共有し遊ぶことができます。 これまで通りの仕様です。 「いつもあそぶ本体」でない本体の場合、ダウンロードソフトや追加コンテンツを利用できるユーザーは、その「ダウンロードソフトや追加コンテンツの購入に利用したニンテンドーアカウントが連携されているユーザー」のみとなります。 他のユーザーは遊ぶことはできません。 同一のニンテンドーアカウントで購入したデジタルコンテンツを複数のNintendo Switch本体にダウンロードできるようになったとはいえ、1つのニンテンドーアカウントを利用するのは原則1人(1ユーザー)という考え方は変わらず。 同時起動台数は1台に限られます。 まとめ Nintendo Switch「ダウンロードできる本体」が「いつもあそぶ本体」へと変更され、条件付きですけれど、ニンテンドーアカウントを連携しておけば別の本体でも購入済ダウンロードソフトを遊べるようになりました。 同時に利用できるのは1台までという点は変わりません。 別本体で、購入済みDLソフトを遊ぶ際の利用条件 ざっくり• もともと使用していた本体のユーザーに連携したニンテンドーアカウントを、新しい本体のユーザーに連携させる• そのアカウントで購入したダウンロードソフトや追加コンテンツを、複数の本体で遊ぶことができる。 同時に遊べるのは1台(最優先は「いつもあそぶ本体」に設定してある本体)• 「いつもあそぶ本体」でない本体で遊ぶときはインターネット接続が必要(ソフト起動時も起動後も)• 別の本体でソフトを起動できるのは、ニンテンドーアカウントを連携しているユーザーのみ.

次の

【Switch】1つのダウンロード版ゲームを2台のSwitch本体で遊ぶには?

いつも遊ぶ本体 登録できない

このメッセージが表示されてダウンロードソフト(追加コンテンツを含む。 以下同じ)が遊べないときは、次の3つの可能性が考えられます。 複数のNintendo Switchをお持ちですか? ダウンロードソフトを購入したニンテンドーアカウントを、複数のNintendo Switchに連携している場合、「いつもあそぶ本体」に登録できるのはそのうちの1台のみです。 「いつもあそぶ本体」に登録した本体では、その本体のすべてのユーザーがダウンロードソフトを遊ぶことができます。 しかし、「いつもあそぶ本体」ではない本体の場合、そのダウンロードソフトを購入したニンテンドーアカウントと連携しているユーザーだけが遊べ、そのほかのユーザーは遊ぶことができません。 「いつもあそぶ本体」の変更などをご検討ください。 ダウンロードソフトを購入したニンテンドーアカウント、またはユーザーを消去していませんか? ニンテンドーアカウントまたはユーザーを消去したことで、お使いのNintendo Switchとニンテンドーアカウントの連携が解除された可能性があります。 その場合は、ダウンロードソフトを購入したニンテンドーアカウントを、あらためてNintendo Switchのユーザーと連携させてください(連携手順は)。 連携したあと、そのユーザーでニンテンドーeショップに接続すると、再びダウンロードソフトが遊べるようになります。 ニンテンドーアカウントを削除した場合、そのニンテンドーアカウントで購入したダウンロードソフトは遊べなくなります。 削除のお申込みから30日以内であれば、ニンテンドーアカウントを再開することができます。 くわしくはをご覧ください。

次の

「いつもあそぶ本体」について|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo

いつも遊ぶ本体 登録できない

リンク Nintendo switch(以下、switch)のソフトには、【パッケージ版】と【ダウンロード版】がありますが、本記事では『 あつまれ どうぶつの森』の【ダウンロード版】購入時に行ったswitchの「 いつもあそぶ本体」の設定ついて解説していきます。 この「 いつもあそぶ本体」の設定により、 一定の条件を満たせば、 1つの【ダウンロード版】ソフトで2台のswitchでプレイが可能となります。 ちなみにこの方法は「」 (公式)の情報に基づいておりますので、裏技ではなく正規の使用方法となっております。 自宅にswitchの本体を2台お持ちのご家族やカップルさんなどに適している内容ですので、ぜひ参考にしてください…!• 前提として… 『 あつまれ どうぶつの森』の1つの【ダウンロード版】を2台のswitchで遊ぶ方法は、前提として、 インターネット通信でのプレイ(「Nintendo Switch Online (有料)」に加入済)であることが条件となります。 それでは実際に、方法を紹介していきます。 今回はわかりやすいように、2人の夫婦「太郎」と「花子」を例に取り上げます。 花子です!普段は【二人用のswitch】で遊んでるよ。 太郎です!よく使うのは【太郎専用のswitch】だよ。 事のいきさつ switchで『どうぶつの森』が出るよ!欲しいなぁ。 よし!じゃあ買っちゃおう~。 太郎と花子は今回初めて【ダウンロード版】を購入することにしました。 【二人用のswitch】 (花子がいつも使っている方)で【ダウンロード版】の『どうぶつの森』買ったよ~! 花子はいつも通り【二人用のswitch】の花子アカウントでソフトを起動させますが… あれ…?「このユーザーでは遊べません。 購入していない場合はNintendo eショップで購入できます…」だってぇ。 太郎は【二人用のswitch】の太郎アカウントで『 あつまれ どうぶつの森』【ダウンロード版】を購入しました。 このままの状況だと【二人用のswitch】の花子アカウントは購入者でないためソフトを起動させることができないようです。 しかたなく花子は【二人用のswitch】の太郎アカウントで『どうぶつの森』をプレイしようとしましたが… あれ…?オレのswitch(【太郎専用のswitch】)で『スプラトゥーン2』が起動できない… 【二人用のswitch】で『どうぶつの森』を太郎アカウントで起動しているため、【太郎専用のswitch】の太郎アカウント( 【二人用のswitch】の太郎アカウントと同じアカウント)で他のゲームを起動できなくなってしまったのです。 さて、どうしましょう…? switch「いつもあそぶ本体」の設定 太郎が色々と調べた結果、「Nintendo Switch サポート」 (公式)の「のページにたどり着きました。 そしてさらに「」 (公式)のページで詳しく説明がされています。 でもちょっとわかりにくいなぁ。 頭がこんがらがる… オレと花子の場合は「2台目本体の購入後にやること」の「」にぴったり当てはまってるよ。 「いつもあそぶ本体」を【二人用のswitch】に設定したら、【二人用のswitch】の花子アカウントで遊べるよ。 【二人用のswitch】を「いつもあそぶ本体」にすることで、購入した【ダウンロード版】ソフトが優先的に遊べる状況になる。 これにより、花子は自分のアカウントで『どうぶつの森』を起動できるようになり、太郎も【太郎専用のswitch】で他のゲームがプレイ可能となりました。 さて、ここからが本題だよ。 「いつもあそぶ本体」ではない方でダウンロード版はできる? 「」 (公式)の「ケースB」をさらに読むと、以下のような文言があります。 「いつもあそぶ本体」ではない本体では、常にインターネットに接続する必要はあるが、家でも外出先でも(自分のユーザー)が購入したダウンロードソフトを遊ぶことができる。 結果的に、 1つのダウンロード版『どうぶつの森』で2台のswitchで遊ぶことが可能となりました。 (そういうつもりじゃなかったんだけどね…) 【二人用のswitch】で花子が花子アカウントを、【太郎専用のswitch】で太郎が太郎アカウントを使用している状況だと、 それぞれ同時にソフトが起動できる状態です。 ただし、【二人用のswitch】の太郎アカウント・【太郎専用のswitch Lite】の太郎アカウントは同時に起動できない仕様となっています。 でもそういう状況ってあまりない気がする…太郎は一人しかいないし。 switch公式のサポートサイトで親切に図解してまで解説している内容なので、違反的な使用方法ではないと判断できます。 イメージで言うと、電子書籍を買ったユーザーのアカウントの端末なら、スマホでもタブレットでも電子書籍が開ける…的な感じでしょうか。 「いつもあそぶ本体」にしたのにソフトが起動できない時 【二人用のswitch】を「いつもあそぶ本体」に設定したのにソフトが起動できない時は、「いつもあそぶ本体」ではない方(【太郎専用のswitch】)が「いつもあそぶ本体」に設定されている可能性があります。 まず「いつもあそぶ本体」ではない方が「いつもあそぶ本体」になっていないことを確認してから、【二人用のswitch】を「いつもあそぶ本体」に設定する必要があります。 「いつもあそぶ本体」設定 まとめ まとめ• 「いつもあそぶ本体」ではないswitchでは、購入者のアカウント使用でインターネット環境で【ダウンロード版】が遊べる• 「いつもあそぶ本体」の購入者以外のアカウント・「いつもあそぶ本体ではない本体」の購入者アカウントは同じ【ダウンロード版」ソフトが同時に遊べる (ネット環境) 考えてみれば、この「いつもあそぶ本体」の仕様がないと、冒頭で紹介した「太郎アカウント同時重複利用によるソフト起動不可」が発生してしまい、「2台買った意味」がなくなってしまうので、真っ当な措置だという結論にいたりました。 インターネット環境が整っている状況でのプレイをする方、 パッケージ版の購入に興味がない方でswitchを2台持っている場合は、【ダウンロード版】が お得です…。 逆に、「ネットがない環境でswitch2台持ち歩いて遊びたい…!」というような方は、それぞれソフトを購入する方が適していますね。 うちはほぼネット環境でしか『どうぶつの森』やらないから【ダウンロード版】がぴったりだね。 2人の島の行き来も、「インターネット通信」を選べば可能だし、今のところ不都合はなさそうだね。

次の