お役立てください 意味。 「役立て(やくだて)」の意味や使い方 Weblio辞書

英和辞典・和英辞典

お役立てください 意味

まずは「いらしてください」という言葉の意味から紹介します。 難しい言葉のように聞こえるかもしれませんが、とても簡単な意味の言葉です。 いらしてくださいとは、来てくださいという意味を持つ言葉で、誰かにある場所に来てくれるように頼む際に使う言葉です。 相手にその場所に来てもらうことを敬って言う際の敬語として「いらしてください」は使われます。 敬いの表現の為、上司等の目上の方にも使える言葉です。 いらしてくださいは元々居るや来るの尊敬語である「お入りになる」という言葉が転じた「いらっしゃってください」という言葉からきています。 その「いらっしゃってください」という言葉が文字数が多く長い為、略した言葉が「いらしてください」という言葉です。 「いらっしゃってください」を略した言葉が「いらしてください」という言葉の為、しばしば敬語ではないと思われることがあります。 しかし、「いらしてください」は立派な敬語の為、目上の方等に使うことは間違いではありません。 しかし、ビジネスシーンに於いてはクライアント等の自社の人間ではない、外部の人間にあたる相手に使うことは避けた方が良いとされています。 その場合は「お越し下さい」を使いましょう。 言葉としては「いらしてください」は敬語の表現として間違いではありませんので、それ以外の自社の上司や日常生活の中で普通に目上の方に「いらしてください」という言葉を使う分には問題ありません。 ビジネスシーンでは少しだけ気を付けて使えば何も難しい言葉ではないでしょう。 では「いらしてください」の類義語とその意味を紹介します。 まずは「お越しください」という言葉からです。 お越しくださいはいらしてくださいの意味を紹介した所でも少し登場しましたが、ビジネスシーンに於いて自社ではなく社外のクライアント等に使われるいらしてくださいの類語です。 いらしてくださいは社外の方向けの言葉ではない為、社外の相手に使う際にはこちらの言葉を使用します。 お越しくださいは、来るの尊敬語である「お越しになる」に「ください」を繋げてできた敬語表現です。 又、「来てもらえますか」と相手にその場所に来ることが可能かどうかを尋ねる場合には、「お越しいただけますか」と疑問文にして使用されることもあります。 次に紹介する「いらしてください」の類義語は、「おいでください」という言葉で、こちらも敬語表現の言葉です。 おいでくださいとは、行くや来るの尊敬語である「おいで」に「ください」を繋げた言葉であり、「来てください」という表現をより丁寧に表現した敬語です。 この「おいで」とは「こっちにおいで」等の「おいで」と同じ意味の言葉であり、使い方によっては命令文にもなります。 ですが、ここでの「おいでください」は命令の意味では使われていない為、立派な敬語表現として社外のクライアント等を含む目上の人に対しても使用できます。 「社長はどちらにおいでですか」とすると社長はどちらにいらっしゃいますかと同じく丁寧な表現で目上の人の居場所を尋ねられます。 次に紹介する「いらしてください」の類義語は、「お立ち寄りください」という言葉で、敬語表現ではありますが少し注意が必要な言葉です。 お立ち寄りくださいの「立ち寄る」とは、「ついでに行く」や「近寄る」といった意味です。 その為、これまで紹介した言葉よりも来てくれることを強く望んではおらず、ニュアンスとしては良かったら来てくださいや都合が合えば来てくださいといったような軽い印象を感じさせます。 そうしたことから、いらしてくださいの類義語ではありますが、ビジネスシーンで関わる上司やクライアントではなく、よりラフに接することができる相手、つまりプライベートな場面で使うことが適当とされています。 しっかりと来てほしいことを伝えたい場合は先に紹介した言葉を使いましょう。

次の

「ご一読下さい」とは? 正しい意味と使い方を紹介

お役立てください 意味

まずは「いらしてください」という言葉の意味から紹介します。 難しい言葉のように聞こえるかもしれませんが、とても簡単な意味の言葉です。 いらしてくださいとは、来てくださいという意味を持つ言葉で、誰かにある場所に来てくれるように頼む際に使う言葉です。 相手にその場所に来てもらうことを敬って言う際の敬語として「いらしてください」は使われます。 敬いの表現の為、上司等の目上の方にも使える言葉です。 いらしてくださいは元々居るや来るの尊敬語である「お入りになる」という言葉が転じた「いらっしゃってください」という言葉からきています。 その「いらっしゃってください」という言葉が文字数が多く長い為、略した言葉が「いらしてください」という言葉です。 「いらっしゃってください」を略した言葉が「いらしてください」という言葉の為、しばしば敬語ではないと思われることがあります。 しかし、「いらしてください」は立派な敬語の為、目上の方等に使うことは間違いではありません。 しかし、ビジネスシーンに於いてはクライアント等の自社の人間ではない、外部の人間にあたる相手に使うことは避けた方が良いとされています。 その場合は「お越し下さい」を使いましょう。 言葉としては「いらしてください」は敬語の表現として間違いではありませんので、それ以外の自社の上司や日常生活の中で普通に目上の方に「いらしてください」という言葉を使う分には問題ありません。 ビジネスシーンでは少しだけ気を付けて使えば何も難しい言葉ではないでしょう。 では「いらしてください」の類義語とその意味を紹介します。 まずは「お越しください」という言葉からです。 お越しくださいはいらしてくださいの意味を紹介した所でも少し登場しましたが、ビジネスシーンに於いて自社ではなく社外のクライアント等に使われるいらしてくださいの類語です。 いらしてくださいは社外の方向けの言葉ではない為、社外の相手に使う際にはこちらの言葉を使用します。 お越しくださいは、来るの尊敬語である「お越しになる」に「ください」を繋げてできた敬語表現です。 又、「来てもらえますか」と相手にその場所に来ることが可能かどうかを尋ねる場合には、「お越しいただけますか」と疑問文にして使用されることもあります。 次に紹介する「いらしてください」の類義語は、「おいでください」という言葉で、こちらも敬語表現の言葉です。 おいでくださいとは、行くや来るの尊敬語である「おいで」に「ください」を繋げた言葉であり、「来てください」という表現をより丁寧に表現した敬語です。 この「おいで」とは「こっちにおいで」等の「おいで」と同じ意味の言葉であり、使い方によっては命令文にもなります。 ですが、ここでの「おいでください」は命令の意味では使われていない為、立派な敬語表現として社外のクライアント等を含む目上の人に対しても使用できます。 「社長はどちらにおいでですか」とすると社長はどちらにいらっしゃいますかと同じく丁寧な表現で目上の人の居場所を尋ねられます。 次に紹介する「いらしてください」の類義語は、「お立ち寄りください」という言葉で、敬語表現ではありますが少し注意が必要な言葉です。 お立ち寄りくださいの「立ち寄る」とは、「ついでに行く」や「近寄る」といった意味です。 その為、これまで紹介した言葉よりも来てくれることを強く望んではおらず、ニュアンスとしては良かったら来てくださいや都合が合えば来てくださいといったような軽い印象を感じさせます。 そうしたことから、いらしてくださいの類義語ではありますが、ビジネスシーンで関わる上司やクライアントではなく、よりラフに接することができる相手、つまりプライベートな場面で使うことが適当とされています。 しっかりと来てほしいことを伝えたい場合は先に紹介した言葉を使いましょう。

次の

お役に立てれば幸いです /文例・敬語の使い方・意味

お役立てください 意味

「ご参考にしていただけませんか?」という疑問形の敬語を使用することで、あなたが提示する情報を相手に使っていただける栄に浴する立場であることを明確にすることができるため、相手方に対する敬意を表現することができます。 日本語の運用ルール上では、「~してください」は、自分の権限を行使して恩恵を与えるという意味合いがあります。 そのため、「ご参考にしてください」という言葉では、自分が得た情報を行使して相手方に恩恵を与えるという、自分が立場が上になってしまう表現となってしまいます。 そのため、相手に何か情報を提示する際には、「ご参考にしていただけませんか?」やこれよりもさらに丁寧な言葉の「ご参考になっていただけませんか?」のような否定疑問形の用法の言葉を使用することで、相手方を立てることができ、相手に不快感がなく伝えることができます。 「ご覧になってください」も「ご参考にしてください」と少し似た意味で、資料などを提示する際に使用する言葉です。 これは、「見てください」の敬語表現です。 これは、情報の有効性などの判断をしてもらわずに、総じて何かを見てほしい時や読んで欲しい時などに使用する言葉です。 そのため、自分が出す情報は相手にとって有効があるということが前提で使用する言葉になります。 注意する点としては、相手方に確実にメリットがあるときに使うことです。 例えば、役立つ資料を出すときや重要なポイントを説明するときなどに使用します。 さらに丁寧な言い方は、相手の労をねぎらった言葉を入れた、「ご一読いただければ幸いです」や「お目通しのほど、よろしくお願いいたします」になります。 目に見える何かを説明するときに使う「参照してください」.

次の