ヒロイン失格 ネタバレ。 【ネタバレあり】漫画『ヒロイン失格』最終回(1巻〜10巻)までの感想・レビュー・徹底考察!結末や推しキャラについても!

ヒロイン失格(映画)無料フル動画情報!Dailymotionやパンドラも調査|映画TIMES

ヒロイン失格 ネタバレ

「最新刊や好きな漫画を無料で読みたい」という方はこちらもあわせてどうぞ。 そんな中、はとりは同学年に顔が好みのイケメン男子弘光廣祐を発見し、ミーハー心で舞い上がります。 それを利太にからかわれたはとりは、思わず手に入れた弘光の写真をビリビリにしてしまいます。 そこを通りかかったのは弘光本人でした。 自分の写真を破いていたはとりに弘光は声をかけるも、はとりはおびえて逃げてしまいます。 はとりは昼間の自分に興味なさそうな利太の態度に悩み、次はすごい人になって利太を惚れさせようと勉強を始めます。 早速塾に入ったはとりは、そこで弘光に偶然出会います。 写真を破いた理由を聞く弘光におびえるはとりでしたが、自分に片想いしているのかという弘光にカチンときて、五年間好きな人がいると言いますが、弘光は、はとりの好きな人が利太だと当ててきます。 さらに、彼女がいるのに好きなんだとたたみかける弘光に、はとりはキレ気味。 言い返すはとりに、弘光は本気か遊びか、はとりを口説き番号を交換すると、その夜からさっそくメールをし始めます。 メールのやりとりに、浮かれ気味のはとりは、利太が好きなんだと自分を戒め、利太に塾に一緒に来てくれるように頼みます。 断わる利太と、期待が外れて、意気消沈するはとり。 そして塾では、弘光とはとりは接近していきます。 漫画「ヒロイン失格」2巻のネタバレ ネタバレです。 はとりは、弘光に映画を誘われ、動揺しますが、利太に義理立てする必要もないと、行く気持ちに傾いていきます。 そこに現われたのは利太。 入塾の申し込みをするという利太は、はとりは男慣れしてないから、軽い気持ちで声をかけるなと、弘光にクギを刺します。 喜ぶはとりは、塾に携帯を置いてきたことに気づき、取りに行きますが、そこでは弘光と、知らない女の子がキスをしていました。 しかし、弘光は見られても動揺もせず、女の子がいなくなるとはとりをまた映画に誘ってきました。 感覚が違いすぎる弘光について行けず、はとりは逃げようとしますが、弘光ははとりにキスをしてきて、恋愛は思い込みだ、とりあえずオレの事好きにさせるから、と宣言します。 ファーストキスが利太じゃないことにはとりはショックを受け、弘光にとりあえず口止めします。 弘光は引き替えに、利太と安達と四人で遊びに行くことを提案、ボウリング場に来た四人ですが、そこではとりは利太と安達が予想以上に関係が進んでいる事を知り、ショックを受けます。 さらに弘光は安達にキスをしたことを暴露し、安達はその事をはとりに確認します。 安達は、はとりの利太に対する一途なところが好きだと言い、戦友みたいに思ってると言います。 はとりは、利太とつきあっている安達にそんな事を言われたことで涙ぐみますが、出てきた弘光は、安達をやな女、偽善者だと、はとりをかばいます。 はとりはくやしさと怒りで弘光の前で泣いてしまいます。 そして、泣いた安達のために利太は弘光と一触即発の状態に。 はとりは弘光をかばい、思わず利太に「あっち行けバカ」と言ってしまいます。 これをきっかけに、はとりは弘光とつきあう事になりました。 念願のヒロインになったはとりですが、果たして二人の交際はうまくいくのでしょうか? 漫画「ヒロイン失格」2巻の感想 長年好きだった人を手に入れられず、新しい出会いに進んでいくはとりですが、気持ちは整理しきれていません。 簡単に相思相愛にならず、失恋してショックを受けたり、ヤキモチをやいたり、新しい出会いに悩んだりと、リアルで等身大な恋が描かれ、読者の共感度の高いストーリーだと思います。 新登場の弘光はいわゆるチャラいタイプの男子ですが、気が利くイケメン。 利太をふっきりきれないはとりも、かなり心がグラグラきています。 これから弘光と恋愛をしていくのか、やっぱり利太に戻るのか、はとりはこれからどのような選択をしていくのでしょう? 今巻終盤で王道ヒロインを目指し始めたはとりですが、それが吉と出るか凶と出るか、はとりの斜め上の行動から目が離せません。 スポンサーリンク 誰もが、胸の奥に、いくつになってもしまい込んでいる初恋の記憶。 大事な思い…• 暗殺者とは決して表に出る事無くひっそりと影のように暗躍する存在です。 世界でもこの暗殺者についてたくさ…• 冒険物の漫画にはいろんな魅力が詰まっています。 主役の格好よさや脇を固めるキャラの個性、モンスターの強…• 職を失い、年下男に貢ぎ続けたことで、人生のどん底に叩きつけられたミチコ。 100万円の借金を肩代わりし…• 人が大きく新しい事や道に進む場合は大きい決意を必要とする場合もあれば、何気なく新しい道を選べる事もあ…• 双子の兄烈と哲に溺愛され、常に監視下に置かれている静に、近づいてくる男性はなかなか現れません。 試合をする中で得られる事はたくさんあります。 大きく負けた試合でも勝った試合でもその中で得ていくものは…•

次の

【ヒロイン失格】映画見てネタバレ。結末は「胸キュンと笑いにラスト感動」

ヒロイン失格 ネタバレ

映画「ヒロイン失格」は、桐谷美玲主演、英勉監督の2015年の日本映画です。 この映画「ヒロイン失格」のネタバレ、あらすじや最後ラストの結末、見所について紹介します。 原作は幸田もも子の同名漫画です。 無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。 「ヒロイン失格」ネタバレ はとり 桐谷美玲 の恋が始まったのは小学生の時。 母親が家を出た事でからかわれカッとなった利太 山崎健人 を止めた日からずっと彼を思っているはとり 桐谷美玲。 一方、人見知りで協調性ゼロ、ひとりでいることが多い利太 山﨑賢人 ですが、その姿がクールに映るのか学校では意外と人気があり、モテ男子の一人です。 そんな彼が本物の愛に気づくまで側で待っているのがヒロインだと思い込んでいるはとり 桐谷美玲 でしたが、ひょんなことから利太 山崎賢人 に彼女が出来てしまいました。 相手は学年でも地味で大人しい印象しかない安達未帆 我妻美和子。 その事実が認められないはとり 桐谷美玲 ですが、友人の中島杏子 福田彩乃 からは冷静に突っ込まれてしまいます。 曰く、未帆 我妻美和子 は告白というオーディションをちゃんと受けてヒロインを勝ち取ったのだ、と。 その言葉にはとり 桐谷美玲 は利太 山﨑賢人 を取り返すべく、邪道ヒロインの道を突き進むことを心に誓います。 しかしなかなか上手くいかない利太 山﨑賢人 奪還作戦。 ただ、彼が未帆 我妻美和子 と付き合い始めたことは、ほかの女子にとっても認められないことのようで・・・ ある日、トイレで未帆 我妻美和子 の事をこき下ろす同級生に会いました。 彼女たちが口にする未帆 我妻美和子 の悪口に、内心ホクホクのはとり 桐谷美玲 は最後の最後、つい同感を示してしまいました。 その瞬間鏡に映る自分の顔が一瞬般若に! それに驚く彼女の後ろには未帆 我妻美和子 の姿が写っていました。 すべてを聞いていた未帆 我妻美和子 ですが、彼女ははとり 桐谷美玲 が利太 山﨑賢人 を好きなことを見抜いています。 そして、今まで通りにしていて、と言うのです。 未帆 我妻美和子 の言葉に抜け殻のようになるはとり 桐谷美玲。 そんな彼女の前に現れたのが、常に女の子の噂が絶えないイケメン弘光廣祐 坂口健太郎 です。 私には利太 山﨑賢人 しかいないのになぁ、という独り言を聞いて隣に座ってきた弘光 坂口健太郎 ですが、同じクラスの彼を認識したのがつい最近のはとり 桐谷美玲。 彼女にとって利太 山﨑賢人 以外の男は目に入っていなかったようです。 理屈じゃなくて利太 山﨑賢人 一筋10年だというはとり 桐谷美玲 ですが、そんな彼女に弘光 坂口健太郎 は、ずっと片思いし続けてきた自分が好きなんだね、と言ってキスしたのでした。 彼にとって恋愛とは、感情でするものではない、コントロールして楽しむものなのです。 キスに驚いて逃げてしまったはとり 桐谷美玲 でしたが、これが利太 山﨑賢人 にバレるとマズイと弘光 坂口健太郎 のもとへ。 しかしキスを黙っておく代わりに、彼ははとり 桐谷美玲 に交換条件を求めます。 壁ドン状態で追い込んでくる弘光 坂口健太郎 から逃げられないでいるはとり 桐谷美玲 を助けてくれたのは利太 山﨑賢人 でした。 これをきっかけにはとり 桐谷美玲 は弘光 坂口健太郎 の提案により、利太 山﨑賢人 ・未帆 我妻美和子 たちと一緒にボウリングに行くことになったのでした。 当日、やけに距離の近い弘光 坂口健太郎 とはとり 桐谷美玲 に嫉妬したのか、珍しく利太 山﨑賢人 がムキになっています。 しかしそんな利太 山﨑賢人 が席を外したとき、未帆 我妻美和子 が言うのです。 利太 山﨑賢人 に一途なはとり 桐谷美玲 が格好良かった、と。 無理に好きな人を作って彼を傷付けるのは違うと思う、と言う未帆 我妻美和子 ですが、そんな彼女に反論したのは弘光 坂口健太郎 でした。 彼は、そんな風に言うのなら利太 山﨑賢人 と別れてあげなよ、と冷たく言うのです。 答えられない未帆 我妻美和子 に、偽善者、と言い放った弘光 坂口健太郎 は、はとり 桐谷美玲 に優しく微笑み、その場から連れ出してくれたのでした。 しかしはとり 桐谷美玲 がどんなに傷ついても利太 山﨑賢人 の隣にいるのは未帆 我妻美和子 なのです。 自分を空っぽの人間だと思っている利太 山﨑賢人 にとって、将来はジャーナリストになりたい、という夢がある未帆 我妻美和子 の存在はとても大きいようで、自分にないものがいっぱい詰まっている、と語るその表情はとても柔らかいのでした。 利太 山﨑賢人 の言葉に恋を吹っ切ろうと決意したはとり 桐谷美玲 でしたが、そんな彼女に未帆 我妻美和子 がとあるお願いをしてきました。 夏休み中メキシコへ短期留学に向かう自分の代わりに利太 山﨑賢人 と一緒にいてほしい、と言うのです。 これにより再熱する恋の炎。 ところがはとり 桐谷美玲 はギャップ作戦を狙い、利太 山﨑賢人 に連絡はしません。 自分が連絡しなければ利太 山﨑賢人 からの連絡があるだろう、と期待しての行動でしたが、しかし一向に彼からの連絡はありません。 ぼやくはとり 桐谷美玲 の前に現れたのは弘光 坂口健太郎 でした。 彼に連れ出される形で向かった公園デートでしたが、ソフトクリームを食べたり小学生たちと戯れたりと、思っていた以上に楽しい一日を過ごしたはとり 桐谷美玲。 楽しかった、と帰路についた時、弘光 坂口健太郎 に撓垂れ掛かってきた女性がいました。 彼女は彼の元カノ。 年上の彼女を介抱しながら自宅まで送り届けた弘光 坂口健太郎 達でしたが、そんな彼を小馬鹿にしたような言葉で嬲る元カノに我慢できなくなったのははとり 桐谷美玲 でした。 おばさん!と声を上げると、弘光 坂口健太郎 を庇い、彼を振ったことを後悔すると言ったのです。 この時から弘光 坂口健太郎 の気持ちは大きくはとり 桐谷美玲 に傾いていくのでした。 弘光 坂口健太郎 の元カノの部屋を出たはとり 桐谷美玲 は、思わず利太 山﨑賢人 に電話してしまいます。 明日、花火行かない?と。 すると意外にもすんなりOKした利太 山﨑賢人。 翌日ふたりは浴衣を着て待ち合わせたのでした。 女の子扱いしてくれる利太 山﨑賢人 に感激するはとり 桐谷美玲。 これがギャップ効果かと浮かれるはとり 桐谷美玲 でしたが、ところがそこに弘光 坂口健太郎 までもが浴衣でやってきます。 思わぬ3ショットに流れるぎこちない空気。 あきらかに利太 山﨑賢人 の機嫌が良くありません。 彼ははとり 桐谷美玲 に席を外させると、弘光 坂口健太郎 に釘をさします。 はとり 桐谷美玲 を遊びに使うな、と。 しかし弘光 坂口健太郎 から、自分を無条件で好いてくれる相手を失いたくないだけだろう、と言われてしまい反対に言い負かされてしまいました。 そう言って弘光 坂口健太郎 は去りましたが、自分がいない間に何を話していたのかが気になって仕方ないはとり 桐谷美玲。 話を流そうとする利太 山﨑賢人 の頬を両手で挟むと、私には利太 山﨑賢人 だけだもん、と告げるのです。 そしてギャップ作戦でさみしい思いをさせたことを詫び、これからはもう一生離れない、ずっと側にいると誓ったのでした。 はとり 桐谷美玲 の勢いに思わず笑顔になる利太 山﨑賢人。 彼はそっと彼女にキスをしたのでした。 やっと巡ってきたチャンス。 この機会を無にしないために喫茶店に場所を移し、気持ちを熱くぶつけるはとり 桐谷美玲。 そんな彼女に利太 山﨑賢人 が答えようとした時でした。 窓がコンコンとノックされたのです。 外にいたのは未帆 我妻美和子 でした。 メキシコから帰ってきたのです。 行かないでと願うはとり 桐谷美玲 に利太 山﨑賢人 は、ケリをつけてくるから時間が欲しい、と言って未帆 我妻美和子 の元へと向かったのでした。 夏休みのあけた校内では、はとり 桐谷美玲 と利太 山﨑賢人 の花火デートが噂になっています。 概ね好意的な言葉で交わされるその噂に顔が凍ったのは未帆 我妻美和子 です。 彼女ははとり 桐谷美玲 に、利太 山﨑賢人 の側には自分がいるから、と言い出しました。 前に、恨まない、といった時のような余裕はもうありません。 彼女は偽善者でいることをやめたのです。 その日の帰り、未帆 我妻美和子 は別れ話を始めようとした利太 山﨑賢人 の言葉を遮って拒否します。 感情の昂ぶりからか倒れてしまった未帆 我妻美和子。 目を覚ました彼女に胸を撫で下ろす利太 山﨑賢人 は、自分のおかげで変われたという未帆 我妻美和子 に別れを言えなくなってしまいました。 やっと利太 山﨑賢人 のヒロインになれると思っていたはとりですが、告げられた言葉は願っていたものとは全く違っていました。 未帆 我妻美和子 とは別れない、という利太 山﨑賢人 に打ちのめされたはとり 桐谷美玲 を抱きしめてくれたのは弘光 坂口健太郎 でした。 これをきっかけに付き合い始めた二人。 修学旅行中に誕生日が来る弘光 坂口健太郎 を喜ばせたいと計画を練るはとり 桐谷美玲 はもう、利太 山﨑賢人 のことなんて吹っ切ったように見えます。 しかし旅行先で訪れたお土産屋さんではとり 桐谷美玲 が見たのは、小学生の頃出て行った利太 山﨑賢人 の母でした。 利太 山﨑賢人 の人格形成に大きく影響した母親だけに、彼を会わせてはいけないと思ったはとり 桐谷美玲 は一緒にいた弘光 坂口健太郎 を置き去りにして利太 山﨑賢人 の手を取り駆け出します。 驚く利太 山﨑賢人 を適当にごまかしたはとり 桐谷美玲 でしたが、彼女の恋人は彼ではありません。 「ヒロイン失格」最後のラスト結末 その日の夜、利太 山﨑賢人 は未帆 我妻美和子 の部屋へ向かいます。 しかし中から聞こえてきたのは、はとり 桐谷美玲 を悪し様に罵る未帆 我妻美和子 の声でした。 思わず怒鳴り込んでしまった利太 山﨑賢人 でしたが、その部屋にいたのは未帆 我妻美和子 だけ・・・。 鏡に映る自分に向かって一人でガス抜きしていた、という彼女はこれを本音だと認めます。 そうした上で、これ以上利太 山﨑賢人 を引き止めるために嘘を重ね続けることに疲れた、と涙するのでした。 その頃、観覧車デートを楽しんでいたはとり 桐谷美玲 は、昼の騒ぎで買い忘れていたお揃いのキーホルダーを弘光 坂口健太郎 から受け取っていました。 嬉しそうにデートを楽しんでいるはとり 桐谷美玲 でしたが、彼女の本心を弘光 坂口健太郎 は知っています。 自分に正直になって、とはとり 桐谷美玲 を促し、彼は彼女の心を開放してくれたのでした。 利太 山﨑賢人 は未帆 我妻美和子 に、はとり 桐谷美玲 は弘光 坂口健太郎 に頭を下げ、別れを選びます。 そして二人はお互いを求めて走り出すのです。 ところがその時、利太 山﨑賢人 は母親に会ってしまいました。 その事を帰ってきた直後に知って焦るはとり 桐谷美玲。 利太 山﨑賢人 を探して見つけたのは、高い塔の上にいる姿でした。 しかしはとり 桐谷美玲 が塔のしたにたどり着いた時にはもう姿がありません。 パニック状態になるはとり 桐谷美玲 でしたが、しかし当の利太 山﨑賢人 本人はそんな彼女の姿に登場し辛い・・・と言いながら現れるのでした。 母親に会ったけど思っていたより平気だったという利太 山﨑賢人。 彼がそう思えたのは、自分にはいつだってはとり 桐谷美玲 がいるから、という自信からでした。 そうして二人はキスをして、美しく揺れるキャンドルのあいだに倒れ込む形で微笑み合うのでした。

次の

ヒロイン失格(映画)ネタバレあらすじ結末・キャスト!原作漫画・感想

ヒロイン失格 ネタバレ

「ヒロイン失格」10巻 ネタバレ はとりは部屋で利太との思い出を整理 していました。 そんな時、現れたのは 弘光くんです。 「俺にもう一度チャンスをくれませんか?」 はとりに弘光くんはいいます。 しかし、はとりは 今、利太を思って泣いていたと 話しました。 「自分の気持ちがわからない・」 それでも弘光くんは、 その気持ちごと、 すべてのはとりを 受け止めるといい 「だから、俺を選びなよっ」て。 これはだめだぁ。 いい男過ぎる。 利太は、安達の 行動を徹底的に邪魔すると 決めて、 安達を追い回します。 安達の男に殴られても。 はとりは、バレンタインデーに 弘光と会うことに。 バレンタインは弘光くんの誕生日。 利太はいつも私を地こくに落とし・ そして・・弘光くんは、 いつも私を、助けてくれる。 そうだ! 弘光くんの気持ちに応えよう・・。 はとりはそう決めます。 利太はまだ安達を追いかけます。 彼氏にボコボコにされても。 利太は、 「安達がそんな風だと、 責任感じて、はとりに向き合えない。 はとりが好きなのに、はとりの ところにいけないんだ。 」 「お前のためじゃなく、 自分の為に、お前の幸せを見届ける!」 カッコイイ! 利太カッコイイ。 利太も真面目でいい人です。 はとりは、弘光くんと一緒に食事をし 観覧車に。 利太とお別れするつもりでいたが、 結局、弘光くんに 「ごめんなさい」と頭を下げる。 やっぱり、弘光くんには戻れないと・。 そして、最後 はとりと別れた弘光くんは 「あ~あ、行っちゃった」と つぶやき。 涙を流します・・。 これ、感動! やばい。 もらい泣きしそうです。 本当に好きだったんだろうね。 弘光くん!頑張ってたから。 学校に行くと、 利太の顔は、傷だらけ。 安達の為に、殴られてるんだと、 勘違いしている はとりは悲しげ。 でも、一人で生きていけるように 頑張ろう!と気合を入れる。 成長です。 はとりちゃん。 利太が安達に気があると 勘違いしている はとりは、 一人で頑張ろうとするが、 利太に言われた 「とことんくらいつけよ。 それがお前なんじゃねーの」 っていう言葉が、 頭をよぎり、利太を探します。 利太と安達が一緒に歩いてる ところで、 「わたしは、利太が好き、 大好き」とはとりは、叫びます。 安達は、携帯に入っている 男の住所登録を消して 利太に、 「幸せは ちゃんと自分の力で 掴むから」 と笑顔でその場をさります。 はとりが、利太に 「行かないで」と抱き付きます。 やっぱり利太かぁ。 弘光くんよかったけどなぁ。 私(笑) ちょっと、物分かりが良すぎるかぁ。 見てて楽しい本でしたね。 映画化されるみたいですが、 楽しみですね~。

次の