遥 くらら 退団。 高い?低い?宝塚トップスターがどのくらい結婚しているかをまとめてみた

【宝塚歌劇100周年】夢対談・麻実れい×遥くらら宝塚に感謝、宝塚を愛する皆様に感謝

遥 くらら 退団

下記クリックで好きな項目に移動• 9人中4人が結婚されています。 未婚率は 55. 未婚率は 72. 未婚率は 75. 7人中3人が結婚されています。 未婚率は 57. 花組より未婚率が低いですが、比較するには分母が少ないため、こうした割合を出すには不十分な気もします。 男役と同じく、未婚率が低いですね。 未婚率は 61. (ご指摘いただき、南風さんを訂正いたしました。 ありがとうございます。 年齢は関係があるのか? 娘役はトップに抜擢されるまでの期間が短いので、それだけ若いうちに退団していきます。 早いと入団3、4年目でトップ娘役に就任します。 一方で、男役は「男役10年」と言われる通り、トップスターに就任するまで10年近くは掛かるのは当たり前です。 宝塚の音楽学校は中学校を卒業してから高校を卒業する年度まで受験資格がありますから、15〜18才で入学して、2年間を経て、初舞台を踏むのが17〜20才。 そこから男役として10年間舞台に立ったとして、トップへ就任する際の年齢は若くて27〜30才になりますよね。 男役と娘役の年齢に関してざっくり比較すると、20代のうちに退団するか、30代で退団するかになるわけです。 ただし晩婚化が進む現代で、この比較がそこまで強く影響するのかは説得力に欠けます。 年齢に関してはあくまでひとつの参考として留めるくらいがいい気もしますね。 年齢を重ねることで一人暮らしに慣れた結果、二人より一人でいる方が楽になるという考えはあるんじゃないでしょうか。 まとめ 組 男役 娘役 花組 55. ただ、私以外にも気になっているかたはいるんじゃないかな~、と思ってまとめてみました。 もしどこかで画像や表を引用する際には、このページをリンクして頂ければ、特段、連絡は不要です。 頂けると嬉しいなって感じです。 今後も随時更新していこうと思います。 何か訂正が必要な箇所等あればご指摘ください。

次の

高い?低い?宝塚トップスターがどのくらい結婚しているかをまとめてみた

遥 くらら 退団

宝塚は、テレビの女優や芸能人と違って ファンのダイレクトな人気より どちらかといえば密室人事だと思う。 何が作用してトップになるのか、時にファンを失望させることもあるように思う。 だが、私は長年のファン生活であまり何で?と思ったことはなかった。 宝塚は金コネと言われるが、寿ひずるが当時の花組公演を貸切りしてた加美乃素の娘 wikiにも載ってるが と言われても、峰さを理が安田かまぼこの娘でも、他より上手くて綺麗だったから、別段不思議はなかった。 皆がお嬢様なのだから、その中で上手くてきれいが選ばれるのは当然と皆を納得させるだけのものを持ってた。 それに当時は、柴田先生のような良心ある演出家が全盛期にご活躍だったから ここ数年のようなムチャクチャは許さなかっただろう。 たとえば、下手と言われた檀れい、鮎ゆうき、遥くらら、姿晴香、黒木瞳、陽月華が 何でトップになったか?と聞かれれば、皆が、顔じゃね?と憮然としつつも即答できた 何で春野すみれの相手がふづき美世?と聞かれたら 顔や雰囲気が似てるし歌もダンスもそれなりに上手いからじゃない? ふーちゃんは予科の一番委員 何でアサコや朝海ひかるが退団後エリザベート?と聞かれたら 元トップの話題性とチケット売れるからじゃない? など 何を聞かれてもヅカファンには答えが見つかった。 しかし 蘭乃はなだけは、いまだに答えが見つからないのだ。 三代にわたって居座り、下手な芝居と歌をきばを光らせながらゴツい肩幅で演じて動員力を落とした。 実力で選ばれたと言われたら 100万の宝塚ファンが黙ってないだろう。 容姿で選ばれたと言われたら 一億の日本人がひっくり返るだろう。 彼女だけなのだ。 なにでトップになれたか分からない人は。 一般的にお金と思われてるようだが お金持ちだっていいのだ。 先に書いたようにきれいで上手ければ。 他の歴代トップのように、何々がよかったからなれたというのが見た目に明らかならば。 それ以前に、客観的にこの顔で過去100年の歴史の中で主役を演じた娘役がいただろうか。 歌も芝居も下手で容姿に難ありでトップになるなら たとえば仙名彩世、他多くの美人の実力派はどうなるのだろう ちなみに 現在のトップも相手役も、私は全員容姿実力とも満足してる やっと夜が明けたと思ってる。 が、二度と闇の時代に戻ってほしくないと思ってた矢先 蘭乃はなのまたしても許せないイン タビュー記事が ムラの人間からまわってきた。 らんはなアホとちゃうか?と。 蘭乃はな「小池先生からエリザベートのオーディションを受けるよう言われたんです。 」 この人は退団会見の時もそうだったが、何故ベラベラと内部事情をばらすのであろうか? 小池先生に迷惑がかかると思わないのだろうか。 小池氏にまともな聴力があれば、蘭乃に歌のオーディションを薦めるかな? 何かあるんじゃないか? そう穿った見方をするファンもいるのではないか。 とにかくもう、どこで何をしても どんな方法で生きていこうが自由だけど これ以上周囲に迷惑をかけることだけは おやめなさいと言いたい。 そして立つ鳥後を濁しまくってるあなただけど もう私達古くからのファンの神経を逆なですることはやめていただきたい。

次の

宝塚歌劇団98期生

遥 くらら 退団

あさみ れい 麻実 れい 本名 信元 孝子(のぶもと たかこ) 生年月日 1950-03-11 (70歳) 出生地 国籍 血液型 O 職業 ジャンル ・・ 活動期間 - 活動内容 :入団 :に配属 :に異動 :雪組トップスター就任 :宝塚歌劇団退団 :最優秀女優賞受賞 :受賞 :受賞 :受章 :読売演劇大賞最優秀女優賞(2度目)の受賞 配偶者 ( - ) 主な作品 宝塚歌劇 『-アンドレとオスカル-』 『』 『』 『』 『』 『』 舞台 『』 『』 『』 『』 『』 『』 受賞 最優秀女優賞 第3回(度)『ハムレット』『エンジェルス・イン・アメリカ』 第18回(度)『冬のライオン』『おそるべき親たち』 第25回 『リトル・ナイト・ミュージック』『恋の三重奏』『二十世紀』 第43回 2001年『サラ』 麻実 れい(あさみ れい、 - )は、の。 元トップスター。 身長172cm。 血液型O型。 愛称 ターコ 本名の孝子から。 来歴 [ ] 3月、卒業。 同年4月、入学。 、として宝塚歌劇団に入団。 同期には、、(元星組トップ娘役)、(当時は)らがいる。 雪組公演『四季の踊り絵巻/』 で初舞台を踏み、翌年 、に配属。 入団時の成績は70人中35位。 、『花の若武者』新人公演にて主役・鬼若(若き日の)に大抜擢。 研3(宝塚用語で「入団3年目」をさす)での新人公演主演は当時の新記録 だった。 同年、雪組に組替え。 、入団6年目にして『-アンドレとオスカル-』で役に抜擢され、美貌の長身男役スターとして人気を博す。 後に二番手男役スターに昇格し、翌には『』でを、には『』でを演じ、自身の代表作となった。 、『-スカーレット編-』にてを演じ、人気を決定付ける。 当時の雪組トップスターには固定の相手役がおらず、二番手の麻実とよく組んでいた為「男役同士のコンビ」(汀談) と呼ばれた。 、にて自身のリサイタルとなる『愛の飛翔』に主演。 この作品はまで『愛の飛翔II』『愛の飛翔III』とシリーズ化される作品となる。 、汀の退団に伴い、雪組トップスターに就任。 お披露目公演は『花の舞拍子/-アンジェリクII-』。 相手役はよりを迎え、抜群の美貌と華・息の合った演技で ゴールデンコンビと謳われた。 、クロード・アネ原作の『』にて自身が熱望したを演じ、この作品は現在まで再演され続ける名作となる。 、再演『風と共に去りぬ』で再びレット・バトラー演じるも、相手役・遥はこの作品限りで退団。 麻実は新しい相手役を特定せず空位としたまま、次作『千太郎纏しぐれ/フル・ビート』公演中に退団を発表。 、『花夢幻/はばたけ黄金の翼よ』の東京公演千秋楽を最後に退団。 この公演では、相手役を入団4年目だった(当時は一路万輝)が務めた。 退団後は女優として、舞台演劇をメインに活動。 にはタイトルロールを演じた『ハムレット』で10年ぶりに男役を演じ、第3回(1996年度)最優秀女優賞を受賞。 その後には『黒蜥蜴』で再び同賞を受賞している。 には初出演した映画『』にて優秀助演女優賞を受賞し 、にはを受賞するなど、女優としての地位を確立している。 、を受章した。 、古巣・宝塚歌劇団創立100周年を記念して設立された『宝塚歌劇の殿堂』最初の100人のひとりとして殿堂入りを果たした。 人物・逸話 [ ]• 東京の界隈で刀剣金具製造業(など)の父のもと三人姉妹の末子として生まれる。 幼稚園時からバレエを習い、高校3年生の時に宝塚ファンであった姉達の勧めで音楽学校を受験し合格した。 宝塚歌劇団退団直後の1985年、に搭乗する予定だったが、仕事が早く終わったため、1便早い飛行機に振り替えて墜落事故の難を逃れた• 私生活では、に株式会社の会長・と結婚。 信元は再婚であり前妻とは死別している。 本来ならば1984年の『風と共に去りぬ』で退団することを決めていたが、偶然にも相手役の遥も退団を決めており、退団の意思を遥が先に切り出した為、「雪組の二本柱が同時に出てしまうと土台ががたついてしまう」という理由で一旦自分の退団予定を取り下げた。 遥を送り出した後は「多数の若手娘役たちと組んだりして成長させてあげたい」という意思があり、後任の相手役を決めなかったという。 宝塚歌劇団時代の主な舞台 [ ] 初舞台・星組時代 [ ]• 、『四季の踊り絵巻/ハロー! タカラヅカ』*初舞台• 、『いのちある限り』/『』 - ドアボーイ 役• 1971年、『』/『』• 1972年、『花の若武者-弁慶と牛若-』 - 新人公演:鬼若 役(本役:)/『アラベスク』*新人公演初主演 雪組時代 [ ]• 、『花吹雪』 - 酒井主膳 役/『愛のラプソディ』• 1973年11月、『たけくらべ』 - 新人公演:信如 役 本役: /『ラブ・ラバー』• 5月、『若獅子よ立髪を振れ』 - 新人公演: 役 本役: /『インスピレーション!』• 1974年11月、『紅椿 雪に咲く/ファンキー・ジャンプ』• 1975年、『フィレンツェに燃える』 - オテロ 役/『ザ・スター』• 1975年8月、『ベルサイユのばら-アンドレとオスカル-』 - 役• 、『白鷺の詩』 - 黒鳥の王 役/『ムッシュ・パピヨン』• 1976年、『星影の人』 - 土方歳三 役/『Non,Non,Non』 - ミスター・クロック 役• 2月、『鶯歌春』/『マンハッタン・ラグ』• 1977年、『あかねさす紫の花/ザ・レビュー』 - 中大兄皇子(天智天皇) 役• 1978年1月、『-スカーレット編-』 - レット・バトラー 役• 1978年6月、『丘の上のジョニー』 - アラン 役/『センセーション!』• 1979年1月、『春風の招待』 - ジョセフィーヌ、エクトール 役/『ハロー!ホリデー』• 1979年8月、『朝霧に消えた人』 - 三浦左馬介 役/『オールマン・リバー』• 1979年、リサイタル『愛の飛翔』• 1980年2月、『去りゆきし君がために』 - フェルナンド 役• 1980年8月、バウホール公演『クレージーなそよ風』 - 鳥売りの青年、ビル、ジミー 役 雪組トップ時代 [ ]• 1980年10月、『花の舞拍子』/『-アンジェリクII-』 - フィリップ・デュ・プレシ・ベリエール 役• 1月、バウホール公演『恋の特ダネ』 - ロバート 役• 1981年5月、『彷徨のレクイエム』 - ウロンスキー、ミハイル、フェリックス 役• 1981年11月、『かもめ翔ぶ海』 - 悠太郎 役/『サン・オリエント・サン-太陽讃歌-』 - 太陽神 役• 5月、『』 - アディナン 役• 1982年、リサイタル『愛の飛翔II』• 1982年11月、『パリ変奏曲』 - カール・ハインリッヒ 役/『ゴールデン・ドリーム』• 1983年5月、『』 - ルドルフ 役/『グラン・エレガンス』• 1983年、公演『うたかたの恋』 - ルドルフ 役/『ハッピーエンド物語』• 1983年8月、『ブルー・ジャスミン-砂漠の愛-』 - カシム・ベン・フセイン 役/『ハッピーエンド物語』• 1984年3月、『』 - レット・バトラー 役• 1984年5月、リサイタル『愛の飛翔III』• 1984年9月、『千太郎纒しぐれ』 - 千太郎 役/『フル・ビート』• 1985年1月、『花夢幻』/『はばたけ黄金の翼よ』 - ヴィットリオ・アラドーロ 役 *退団公演 宝塚歌劇団退団後の主な活動 [ ] 舞台 [ ]• (1985年、1986年) - ヴェルマ・ケリー 役• 花月亭の女たち(1987年) - 滝子 役• (1987年 - 1989年) - マクベス夫人 役• (1988年、1993年) - メルトゥイユ侯爵夫人 役• 世阿彌(1988年) - 葛野の前 役• (1990年、1994年) - 王妃 役• チャイコフスキー殺人事件(1990年) - ミハルコーワ/ 役• (1990年) - 侯爵夫人ルネ 役• (1990年、1993年、1996年) - メアリー・ステュアート/ナニー 役• スターマイツ(1991年) - 女王ディーバ/エレナの母 役• (1991年) - ラネーフスカヤ 役• 獅子を飼う-利休と秀吉-(1992年) - 於絹 役• シティ・オブ・エンジェルス(1992年) - カーラ/アローラ・キングズリー 役• 間ぬけ役(1992年、1993年) - リュシエンヌ・ヴァトラン 役• ゴールド家のたそがれ(1994年) - スザンヌ 役• エンジェルス・イン・アメリカ(1994年、1995年) - 天使 役• (1995年、1997年、1998年) - 役• (1996年、1998年) - 蜘蛛女/オーロラ 役• イサドラ-When She Danced-(1997年) - 役• リトル・ナイト・ミュージック(1999年) - デジレ・アームフェルト 役• 恋の三重奏(1999年) - バーバラ 役• 二十世紀(2000年) - 役• LONG AFTER LOVE(2000年) - 老婆/六条康子 役• (2000年) - アンドロマケ 役• 結婚…taken in MARRIAGE(2001年) - ディクシー 役• (2001年) - 浅茅 役• サラ(2001年、2003年、2005年) - 役• くしゃみ(2002年) - ムラーキシナ 役 ほか• (2002年、2004年) - イオカステ 役• 検察側の証人(2002年) - ローマイン 役• (2002年) - メリッサ 役• 桜の園(2003年) - ラネーフスカヤ 役• (2004年、2006年) - タモーラ 役• エレクトラ(2004年) - 語り• ドラマリーディング 蝶々さん〜ある宣教師夫人の日記より〜(2004年) - コレル夫人 役• エリザベス・レックス(2004年) - 役• (2005年) - 山田智恵子 役• 向田邦子名作劇場(2005年) - 語り• ダンスオペラ UZME(2005年) - 役• 朗読劇 イブラヒムおじさんとコーランの花たち(2005年、2008年)• (2006年) - タモーラ 役• (2006年) - 緑川夫人/黒蜥蜴 役• (2007年、2009年) - タイターニア/ヒポリタ 役• (2008年) - アルカージナ 役• 山の巨人たち(2008年) - 伯爵夫人イルセ 役• ストーン夫人のローマの春(2009年) - カレン・ストーン 役• 六道輪廻(2009年) - ヴァイセーシャ 役• コースト・オブ・ユートピア(2009年) - ヴァルヴァーラ・バクーニン 役 ほか• 冬のライオン(2010年) - エレノア・オブ・アキテーヌ 役• 水の手紙 井上ひさしへのラブレター(2010年)• おそるべき親たち(2010年、2014年) - イヴォンヌ 役• 朗読劇 停電の夜に(2010年)• トップ・ガールズ(2011年) - イザベラ・バード/ジョイス/キッド夫人 役• キネマの天地(2011年) - 立花かず子 役• みんな我が子(2011年) - ケイト・ケラー役• サド侯爵夫人(2012年) - サン・フォン伯爵夫人 役• 朗読・宮沢賢治が伝えること(2012年)• サロメ(2012年) - ヘロディア 役• (2013年) - おたえ 役• 鉈切り丸(2013年) - 建礼門院 役• 昔の日々(2014年) - アナ 役• 炎 アンサンディ(2014年) - ナワル 役• 2(2014年) - パピヨン 役• 海の夫人(2015年) - エリーダ 役• ()(2016年) - バイオレット 役• レティスとラベッジ(2016年) - ロッテ 役• 炎 アンサンディ(2017年)- ナワル 役• アザー・デザート・シティーズ(2017年)- シルダ 役• すべての四月のために(2017年)- 安田英順 役• ラ・フォル・ジュルネTOKYO2018『エクソダス』(2018年5月3日)• 愛のゆくえ(2018年6月9日)• 大人のけんかが終わるまで(2018年)- イヴォンヌ・ブルム 役• 罪と罰(2019年 - カテリーナ・イワーノヴナ・マルメラードワ 役• アナスタシア(2020年 - マリア皇太后 役 映画 [ ]• (2000年11月、監督:、大庭すみれ 役) テレビドラマ [ ]• ・(2013年、) - 岩木牟良 役• (2014年1月 - 3月、系列)- ナレーション• BS1スペシャル「武士の娘 鉞子とフローレンス〜奇跡のベストセラーを生んだ日米の絆〜」(2015年8月11日、、ドラマ部分)• スペシャル(2019年3月11日、系列)- ナレーション ディスコグラフィー [ ] 参加作品 [ ]• トリビュートアルバム『越路吹雪に捧ぐ』(2016年12月21日)• 「眠れぬ夜の長恨歌」朗読。 受賞歴 [ ] 『ハムレット』/『エンジェルス・イン・アメリカ』• 1996年 第3回 最優秀女優賞 『蜘蛛女のキス』• 1997年 第18回松尾芸能賞 演劇優秀賞 『リトル・ナイト・ミュージック』/『恋の三重奏』• 2000年 第7回読売演劇大賞 優秀女優賞 『リトル・ナイト・ミュージック』/『恋の三重奏』/『二十世紀』• 2000年 第25回 『二十世紀』/『グリークス』• 2001年 第35回 『十五才・学校IV』• 2001年 第24回 優秀助演女優賞 『サラ』• 2002年 第43回 『くしゃみ』/『オイディプス王』• 2004年 第54回芸術選奨文部科学大臣賞 『タイタス・アンドロニカス』/『エリザベス・レックス』• 2005年 第12回読売演劇大賞 優秀女優賞 『黒蜥蜴』• 2006年 第6回朝日舞台芸術賞 舞台芸術賞• 2007年 第14回読売演劇大賞 優秀女優賞 『冬のライオン』/『おそるべき親たち』• 2011年 第18回読売演劇大賞 最優秀女優賞 『トップ・ガールズ』/『みんな我が子』• 2012年 第19回読売演劇大賞 優秀女優賞 『 8月の家族たち August Osage County』/『 炎 アンサンディ』• 2017年 第42回菊田一夫演劇賞 大賞受賞 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 番組内にて紹介• 『毎日グラフ別冊 タカラヅカよ永遠に!』毎日新聞社発行、1984年6月30日発行、41頁• 2014年1月1日付 別刷り紙面 2頁 大阪本社発行• 助演女優賞欄参照• 宝塚歌劇団. 2019年9月28日閲覧。 『宝塚グラフ』1983年5月号、宝塚歌劇団発行、44-45頁• (ベルばらkidsわ〜るど 宝塚プレシャス 2007年8月14日)• 番組内で本人が発言• ORICON STYLE 2015年11月12日. 2015年11月12日閲覧。 シアターガイド 2016年2月15日. 2016年2月16日閲覧。 CINRA. NET. 2018年6月7日. 2018年6月7日閲覧。 ステージナタリー. 2016年10月26日. 2016年10月26日閲覧。 関連項目 [ ]• (宝塚現役当時にこの放送局のテーマソングを遥と共に歌っていた) 外部リンク [ ]• (1974年月組)• (1975年花組)• (1975年雪組)• (1976年星組)• (1976年月組・東京)• (1989年雪組)• (1989年星組)• (1990年花組)• ・(2001年宙組)• ・(2014年宙組) (1927年退団) ・・ (1934年退団) ・・ (1935年~1945年雪組組長、1945年退団) ・・ (星組から異動1936年~1938年花組へ一時異動1939年~1950年、1940年~1945年には副組長、 1945年~1950年には組長も担当、1950年演劇専科を新設し異動。 ~1972年10月31日) - (1972年11月1日~1980年8月31日) - (1980年9月1日~1985年4月30日) - (1985年5月1日~1988年11月29日) - (1988年11月30日~1993年3月31日) - (1993年4月1日~1996年6月30日) - (1996年7月1日~1997年7月30日) - (1997年7月31日~2002年2月11日専科へ異動) - (2002年2月12日~2002年9月23日) - (2002年9月24日~2006年12月24日) - (2006年12月25日~2010年9月12日) - (2010年9月13日~2012年12月24日) - (2012年12月25日~2014年8月31日) - (2014年9月1日~2017年7月23日) - (2017年7月24日~) '・・'先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。 第9回:• 第13回:• 第15回:• 第27回:• 第33回:•

次の