フォト エッセイ と は。 川村壱馬、初フォトエッセイで多面体の顔!?「表現者としての幅を伝えられたら」

安曇野フォトエッセイ

フォト エッセイ と は

おばあちゃんからひ孫まで大家族の温かさに好感が持てます。 老いを隠せない、ややぎこちない動きでスイカ割りに挑戦するおばあちゃん。 思い思いの表情で応援する子どもたちの天真爛漫な姿に、のびやかな家族の絆が感じられ好感の持てる良い写真です。 の「末は横綱」は目線、というか表情につきます。 子どもの相撲の写真はよくありますが、恥じらいや、土俵に立つ子どもの戸惑いの一瞬を的確に捉えた微笑ましい一枚です。 順光ではなく、半逆光であることも作品に深みを与えています。 の「健闘を讃えあう」は、何よりも両足が義足のランナーをこのアングルから撮影できたことが素晴らしいと思います。 正面から捉えるよりも、この後ろ姿がさまざまな思いを物語っています。 まさに写真でしか表せないヒューマニティがしっかり表現できた秀作です。 の「母から子へ」は、後ろに広がる伸びやかな夕景を広く入れたことで、猫たちが暮らしている穏やかな環境がよくわかります。 母と子の絆が感じられる一瞬を撮った味わいのある作品になっています。 何も考えない笑いがそこに表れています。 本当に一瞬だったと思うのですが、その一瞬が捉えられており、とても力がある作品だと思います。 の作品は、本当に末は横綱かな? と思いつつ、一生懸命さがいいですね。 手の力の入り具合がとても好きです。 ピントが顔よりも手に当たっていますが、手を使うことは人としての特徴でもありますので、手の表現・表情はとても大切です。 の作品は、タイムリーな題材です。 体の美しさや表情とともに、「動くことは生きることであり、生きることは動くことだ」というメッセージが心に響いてきました。 猫の写真は厳しく見ているつもりですが、その中でもの作品は、色のトーンが郷愁を誘い、子猫が母猫を慕っている様子が伝わってくる気がします。 猫という動物ではありますが、人のことについても考えさせる作品だと思います。 ある夏のひとときというような、日常を切り取った誰もカメラを意識していない空気感も素敵だと思いました。 この後、スイカは無事に割ることができたのでしょうか? の作品は、今回たくさんの応募写真を見ていくなかで最初に目に留まりました。 この表情が色々な感情を物語っているようでとても好きな写真です。 は、一人の選手の笑顔に対し、もう一人の選手の表情がうかがえない所が、観る人の想像を掻き立たせる作品だと思いました。 背景に誰も写っていなくて、主人公が二人だけなのも良いと思いました。 の作品は、画角の切り取り方が好きです。 寄りすぎでもなく、引きすぎてもなく。 オレンジのライトも自然で素敵です。 お互いが見合っているのではなく、子猫は見上げて、母猫はまっすぐ前を見据えている状況が、親子を象徴している感じがします。 なかには読んで辛くなるような病気の方もおり、また医療との出逢いもじつにさまざまだが、田中さんの描いた「気持ち悪い先生」と「感じ悪い先生」は象徴的だった。 最近は、確かにパソコンにばかり向かっている「感じ悪い先生」が多く、なんとかならないかとも思う。 一方で厚生労働大臣賞を受賞された矢野さんの作品は感動的だ。 「どんどん美しくなっていった」死に顔は私も出逢ったことがあるが、それも無理はないと思えるような物語が綴られていた。 しかもここに描かれるお医者さんは、本当にこんな先生がいるの?と思うような方だ。 人生の「妙」を感じさせる原稿を、来年も期待したい。 作品の数々に、「生命」と伴走する息遣い、それは弾んでいたり、苦しかったり、様々なのですが、その息遣いを感じながら読み進むうちに、自分まで筆者と共に走っているような感覚になるのです。 この感覚は、ドラマや小説では得られない不思議なものです。 改めて考えてみたのですが、作品其々が、病院内も含めた日々の暮らし・生活と密着しているからこそ、引きつけられるのかもしれません。 今回は、「親子」「笑顔」をテーマに、生命 いのち の尊さ、大切さを感じさせる写真を募集します。 人間、動物、自然など被写体は自由です。 身近な生き物の話にまつわるエピソードも可能です。 応募作品について、盗作等による著作権侵害の争いが生じても、主催者は責任を負いません。 ただし、入賞作品について、読売新聞紙上及びその他広報物に使用する権利は、主催者が有します。 ペンネーム、イニシャル等による発表はできません。 封筒の表に「一般の部」または「中高生の部」、「小学生の部」を明記し、下記の住所に送って下さい(応募用紙は公式ホームページよりダウンロードしてご利用下さい)。 応募作品について、盗作等による著作権侵害の争いが生じても、主催者は責任を負いません。 入賞作品は、主催者が管理するウェブサイトで使用されるほか、新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・書籍・教材などに利用されることがあります。 ペンネーム、イニシャル等による発表はできません。

次の

フォト&エッセイ集「健康で文化的な最低限度の生活」刊行記念!「斉藤壮馬のよもやま話」レポート

フォト エッセイ と は

本人のワードローブから44アイテムを公開し、自身のファッション哲学や服への愛情を明かしている。 「石田ゆり子のクローゼットの扉を開けてみたい!」をテーマに、石田が愛してやまないアイテムたちを、写真と本人のエッセイで紹介する。 「ホワイトデニム」は「白は色の王様だと思っています。 沢山の色がある中で白ほど自分が試される色は無い」、「ジャンプスーツ」には「小さい頃からなぜか『上下つながっている服』が大好きなんです」という言葉が添えられている。 そのほか、「透けるブラウス」「赤い服」「ドリス ヴァン ノッテン」「大判ストール」「黒いバッグ」「オスカリートの下着」「美しいヒールの靴」「メガネ」「シルクの白いブラウス」「クリアポーチ」「サイドゴアブーツ」「スリップドレス」「ソックス」「ときには肌を出す服を」「セットアップ」「デニム」「ライダース」「カゴバッグ」「チュールスカート」「大人の少女アイテム」「ニット」など、44アイテムを公開。 さらに創作ノートや、パリでのお買い物日誌も披露する。 本書について、石田は「今日なにを着ようかな。 どんなことがあっても、毎朝、そう思う。 着る服によって今の気分と、なりたい自分を瞬時に周りに伝えることができる。 服を着ることは、最高に楽しいセルフプロデュースでもあるのですよね。 愛してやまない服のこと、丁寧に紐解いてみました」とメッセージを寄せている。 価格は1800円(税別)。

次の

香りにうっとりしながらお散歩。季節の花とパグは好相性?〈フォトエッセイ〉

フォト エッセイ と は

どうも! エッセイを書いてみたい。 と想いを募らせている『きりん』です。 同時に下手なりに写真を撮るもんだから、一緒にエッセイと写真を融合できないかと考えた結果、 フォトエッセイにたどり着きました。 文章と写真ならブログでええやん!って話なんだけれども、少し違うんです。 私が目指すところは。。。 ブログの定義って難しくて、日記でもニュースでもエッセイでも「ブログ」に書かれた記事は、なんでも「 ブログ」っていうカテゴリに入るじゃん。 でもさ、この記事はエッセイ風に書きたいな。 こっちの記事は情報まとめ記事にしたいなって具合に都合よく切り替えたいのです!! そこで私のブログでは写真とエッセイを融合した「 フォトエッセイ」ってジャンルで新たにブログを綴っていこうと考えたのです! そこで問題発生 「フォトエッセイ」の定義ってなんなの? ってか、そもそも「エッセイ」ってどうやって書くん? と頭の悪さを発揮し始めましたので、この機会に「エッセイとは何か?」「フォトエッセイの書き方」について勉強しよう!って感じで進行していきます。 フォトエッセイとエッセイの定義 「フォトエッセイ」を知るために文明の利器であるグーグル先生に検索かけると。

次の