タイ 日本 人 入国。 現在、コロナウイルスの影響で、タイから日本には入国できる状態で...

現在、コロナウイルスの影響で、タイから日本には入国できる状態で...

タイ 日本 人 入国

日経「審査を通過すれば2週間の自宅などでの待機を免除」 タイ・ベトナム・オーストラリア・ニュージーランドに優先適用 日本政府が一部の国家のビジネス関連訪問客に対して、新型コロナウイルス感染症 COVID-19 の検査の結果と行動計画書の提出を前提に、入国制限を緩和する計画だと日本経済新聞が5日報じた。 ただし、この措置が実際に実行されても韓国と中国は当分対象にならない展望だ。 日本経済新聞は新型コロナウイルスのPCR 遺伝子増幅 検査結果が陰性の証明書があり、滞留期間中にどこで宿泊し、どこを訪問するかを書いた行動計画書を提出した「ビジネス目的の日本訪問客」に対しては、審査を経て日本訪問ビザを発行する計画だと伝えた。 日本政府は、新型コロナウイルス防疫措置により現在は韓国、中国、米国を含む世界111カ国を対象に入国制限を実施しているが、第1段階としてタイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドに対して入国制限の緩和を検討している。 日本政府が検討する案によれば、ビザの発給を受けて日本に入国しても空港で改めて新型コロナウイルスのPCR検査を受けなければならない。 陰性と判定されれば、「入国後2週間の自宅など指定場所での隔離」については免除する方針だ。 入国する人々に関連した日本企業には、入国者の日本訪問の必要性を説明する文書の提出を要求する方針だ。 また、日本訪問期間に公共交通の利用を禁止し、スマートフォン位置情報の保存を義務化する方案も検討中だ。 日本が入国制限を緩和する国家に対しては、日本と同様な手順を踏んで相手国も日本人訪問者に対して自宅待機の免除を受ける構想だ。 日本政府は、タイなど4カ国とこうした方案について合意に至れば、夏にも入国制限を緩和する計画だ。 だが、日本政府の構想がまともに実現されるためには、日本国内で新型コロナウイルスのPCR検査が拡充されなければならない。 現在日本では、原則的に医師が必要と判断しなければ無症状者に対する新型コロナウイルスのPCR検査を実施しない。 日本政府の構想どおりに入国制限の緩和をするには、ビジネス目的の入国者と出国者は無症状でもウイルス検査を受けなければならない。 また、日本国内での新型コロナウイルスのPCR検査は、多くても一日に8000件程度だ。 2018年基準で、タイ・ベトナム・オーストラリア・ニュージーランドから入国した人は、観光目的を含めて一日平均5930人だった。 入国制限の緩和対象は、当分はビジネス目的になる展望なので、緩和されても入国者数はこれより少ないと見られる。 しかし、対象を今後拡大し検査まで実施するには、検査能力の拡充が前提にならなければならない。 1段階の入国制限緩和案から除外された米国、韓国、中国は、日本との往来が特に頻繁な地域であるためさらに拡充が必要となる。 2018年基準で観光目的を含む米国、韓国、中国から入国した人は、一日平均でそれぞれ4181人、2万654人、2万2958人に達した。

次の

【COVID

タイ 日本 人 入国

UPDATE: Just to confirm, foreigners with work permits are allowed to fly into now. Someone I know landed today on a KLM flight that was in transit to Malaysia. — Richard Barrow in Thailand 🇹🇭🇬🇧 RichardBarrow• ビジネス渡航にPCR検査 行動計画も義務付け 審査通れば2週間待機免除 記事引用先: 政府が検討中の出入国の緩和策が4日、分かった。 ビジネス目的の往来の際に、新型コロナウイルスへの感染を判断するPCR検査の陰性証明書と、行動計画の提出を求める。 審査を通れば入国時に長期間の待機を免除する。 産業医らの診断で無症状の渡航希望者へのPCR検査も認める方針だ。 どれだけ検査を拡充できるかが経済再開の規模を左右する。 政府は感染状況が日本と同程度の国と交渉して互いの出入国の条件を決める。 月内にもタイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国と協議に入り、合意すれば夏にも緩和する。 相手国には日本への入国手続きの案を示す。 政府案によると緩和するのはビジネス目的の往来だ。 経営・管理に携わる人や、技術者・高度専門職、企業内転勤者、技能実習・特定技能の労働者が対象になる見通しだ。 重要なのは日本での検査だ。 いまは妊婦を除くと、医師が必要と判断しなければ無症状者はPCR検査を受けられない。 ビジネス目的の渡航を緩和するには、感染の疑いがない人への検査を認めていく必要がある。 政府は渡航者向けの予防接種などを手掛ける専門外来や、企業の産業医の診断で、無症状者がPCR検査を受けられるようにする方針だ。 産業医との接点が乏しい小規模企業の従業員や個人事業主は検査が後回しになる懸念もある。 渡航できる人は限定されそうだ。

次の

日本、タイなど入国制限緩和を検討…韓・中は除外(ハンギョレ新聞)

タイ 日本 人 入国

日経「審査を通過すれば2週間の自宅などでの待機を免除」 タイ・ベトナム・オーストラリア・ニュージーランドに優先適用 日本政府が一部の国家のビジネス関連訪問客に対して、新型コロナウイルス感染症 COVID-19 の検査の結果と行動計画書の提出を前提に、入国制限を緩和する計画だと日本経済新聞が5日報じた。 ただし、この措置が実際に実行されても韓国と中国は当分対象にならない展望だ。 日本経済新聞は新型コロナウイルスのPCR 遺伝子増幅 検査結果が陰性の証明書があり、滞留期間中にどこで宿泊し、どこを訪問するかを書いた行動計画書を提出した「ビジネス目的の日本訪問客」に対しては、審査を経て日本訪問ビザを発行する計画だと伝えた。 日本政府は、新型コロナウイルス防疫措置により現在は韓国、中国、米国を含む世界111カ国を対象に入国制限を実施しているが、第1段階としてタイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドに対して入国制限の緩和を検討している。 日本政府が検討する案によれば、ビザの発給を受けて日本に入国しても空港で改めて新型コロナウイルスのPCR検査を受けなければならない。 陰性と判定されれば、「入国後2週間の自宅など指定場所での隔離」については免除する方針だ。 入国する人々に関連した日本企業には、入国者の日本訪問の必要性を説明する文書の提出を要求する方針だ。 また、日本訪問期間に公共交通の利用を禁止し、スマートフォン位置情報の保存を義務化する方案も検討中だ。 日本が入国制限を緩和する国家に対しては、日本と同様な手順を踏んで相手国も日本人訪問者に対して自宅待機の免除を受ける構想だ。 日本政府は、タイなど4カ国とこうした方案について合意に至れば、夏にも入国制限を緩和する計画だ。 だが、日本政府の構想がまともに実現されるためには、日本国内で新型コロナウイルスのPCR検査が拡充されなければならない。 現在日本では、原則的に医師が必要と判断しなければ無症状者に対する新型コロナウイルスのPCR検査を実施しない。 日本政府の構想どおりに入国制限の緩和をするには、ビジネス目的の入国者と出国者は無症状でもウイルス検査を受けなければならない。 また、日本国内での新型コロナウイルスのPCR検査は、多くても一日に8000件程度だ。 2018年基準で、タイ・ベトナム・オーストラリア・ニュージーランドから入国した人は、観光目的を含めて一日平均5930人だった。 入国制限の緩和対象は、当分はビジネス目的になる展望なので、緩和されても入国者数はこれより少ないと見られる。 しかし、対象を今後拡大し検査まで実施するには、検査能力の拡充が前提にならなければならない。 1段階の入国制限緩和案から除外された米国、韓国、中国は、日本との往来が特に頻繁な地域であるためさらに拡充が必要となる。 2018年基準で観光目的を含む米国、韓国、中国から入国した人は、一日平均でそれぞれ4181人、2万654人、2万2958人に達した。

次の