ヘレニズム 時代。 ストア派哲学入門に最適!ロング『ヘレニズム哲学』超簡単まとめ

世界史12 ヘレニズム時代

ヘレニズム 時代

第17話 ギリシアのポリスであるアテネ・テーベの連合軍を、 カイロネイアの戦い(B. 338)で敗った強国マケドニアは全ポリスを制圧してギリシア全土を支配するまでに至った。 以前の大戦争()でギリシアに敗れた アケメネス朝ペルシア(B. 550~B. 330)もマケドニアに対して警戒していた。 時のマケドニア国王 フィリッポス2世(位B. 359~B. 336)は、スパルタ以外のギリシア全都市を コリント同盟(別名ヘラス同盟。 ペロポネソス半島の商業都市コリント。 盟主はフィリッポス2世。 )に加盟させ(B. 337~B. 301)、ペルシア軍との戦争に備えた。 しかし、ペルシア遠征計画途中に、フィリッポス2世が部下の貴族に暗殺され、彼の遺志は子 アレクサンドロス3世( アレキサンダー大王。 336~B. 323)に引き継がれた。 アレクサンドロス3世は13歳の時、父が家庭教師として招いた哲学者 アリストテレス(B. 384~B. 322)に政治学をはじめとするギリシア教育を学び、20歳で王位に就いた。 335年には、ギリシアの反対勢力を制圧し、コリント同盟の盟主として、翌年、ペルシア遠征( 東征。 334~B. 324)を実行した。 333年、大軍を率いた大王は地中海東岸イッソスで ダレイオス3世(位336~位330)率いるペルシア軍を敗り( イッソスの戦い)、B. 332年にはエジプトに進入した。 さらに後退するダレイオス3世の軍隊を追撃するべく、B. 331年、ティグリス川中流のガウガメラ~アルベラ間で戦闘を開始( アルベラ・ガウガメラ間の戦い)、ダレイオス3世は敗走した。 やがて家臣によってダレイオス3世は暗殺され、アケメネス朝ペルシアは滅亡した( B. 330)。 その間大王はバビロン・スサなど有力都市を次々と占領し、ペルシア王都ペルセポリスを焼き討ちし、いったん東征の終了を宣言した。 アレクサンドロス3世はさらに東征を実行するべく、ペルシア滅亡後、ギリシア同盟軍を解散させ、ペルシア軍も使用して新たに軍隊を再編成した。 バクトリア地方やソグディアナ地方などを征服し、西北インドのパンジャーブ地方まで進み、要地に次々とアレクサンドリア市を建設した(東征完了まで70都市)。 しかし、インド侵入の時、部下はこれ以上の進軍を拒み、やむなくインダス川を下って、B. 324年スサに帰着した。 この年が東征の完了となっている。 大王は、征服地の統治を旧ペルシア要人や土着民族たちに任せ、またペルシアの国制・社会も吸収し、マケドニア国王としてだけでなく、以前世界帝国として名をとどろかせたオリエント専制君主・ペルシア王としても自覚していった。 帰還後も、ギリシアとオリエントの東西文化の融合を試みて、大王自身によるバクトリア王女やダレイオス3世の皇女との結婚、マケドニア人男性とペルシア人女性の集団婚礼など、発展させていった。 経済においても、金貨・銀貨の鋳造で貨幣経済が普及し、東西貿易が発展した。 しかし、B. 323年、アラビア遠征を企画途中、大王は熱病のため32歳余の生涯をバビロンで終えた( 大王急死)。 同時に彼の建設した大帝国は崩壊の路線を辿ることになる。 戦争では小アジア西部のイプソスの戦い(B. 301)などが有名である。 結局B. 3世紀前半には、 プトレマイオス朝エジプト(B. 304~B. 首都 アレクサンドリア)・ セレウコス朝シリア(B. 312~B. 首都前半セレウキア~後半アンティオキア)・ アンティゴノス朝マケドニア(B. 306~B. 168。 首都ペラ)の3国が並び立った。 しかしセレウコス朝から小アジアにギリシア系の(B. 241~B. 133)、中央アジアに同じく ギリシア系の (B. 255頃~B. 130頃)、イラン東北部には イラン系の アルサケス朝パルティア王国(B. 248頃~A. 226)らが次々と独立してシリアの権威は縮小していった。 プトレマイオス朝エジプト、セレウコス朝シリア、アンティゴノス朝マケドニア、アッタロス朝ペルガモン王国はその後ローマに占領・併合され、バクトリア王国もスキタイ系民族に滅ぼされ、最後に残ったアルサケス朝パルティア王国も、復活したペルシア( ササン朝ペルシア。 226~651)に滅ぼされていった。 こうしてヘレニズム諸国は時代の幕を下ろしていった。 東征開始からプトレマイオス朝エジプトが滅ぶ約300年間を ヘレニズム時代と呼ぶ。 "ヘレニズム"とはドイツの歴史家ドロイゼン(1808~84)の造語で、"ギリシア風文化"の意。 今回は初登場、ヘレニズム時代です。 中心となる国はマケドニアなのですが、アレキサンダー大王がペルシアを滅ぼして大帝国を建設してしまってからは、マケドニアは帝国のごく一部にすぎませんので、あまり存在感はないですね。 では今回のポイントを。 東征時代のおさえておくところは、B. 334~B. 324間であること、イッソスの戦い、アルベラの戦い、ダレイオス3世、B. 330年にアケメネス朝滅亡あたりでしょう。 また同じくらいに試験に出やすいのが、大王死後のディアドコイの部分です。 分裂後の3つの国名(プトレマイオス朝エジプト・セレウコス朝シリア・アンティゴノス朝マケドニア)は覚えておきましょう。 また、どこに滅ぼされたかも知っておいた方が良いですよ。 ローマ史でも登場しますので。 とくにエジプトが滅んだB. 30年というのは、あの アクティウムの海戦(B. 31)によるものです。 エジプト女王 クレオパトラ7世(位B. 51~B. 30)と組んだ アントニウス(B. 82~B. 30)を、後のアウグストゥスとしてローマ帝国を支えた オクタヴィアヌス(B. 63~A. 14)が打ち負かした戦争です。 重要ですね。 また、パルティアやバクトリアはアジア史にも登場しますが、バクトリアはギリシア系、パルティアはイラン系であることを知っておくと役立つ時があります。 また本編には登場しませんでしたが、ギリシア文化とオリエント文化が融合した は出題の宝庫とされています。 従来のギリシア人だけでなく、全世界としての民族意識( 世界市民主義。 コスモポリタリズム。 )が一般的とされた時代で起こった文化です。 哲学ではキプロス島出身の ゼノン(B. 335頃~B. 263頃)が説いた禁欲主義の ストア派とアテネの エピクロス(B. 自然科学では、アレクサンドリア市でおこされました。 そして、博物館(museum)の語源ともなった「 ムセイオン」( 王立研究所)から優れた学者が輩出されました。 有名なところでは、平面幾何学を大成した (ユークリッド。 300頃の人)、 浮体の原理を発見した アルキメデス(B. 287頃~B. 212頃。 シチリア島シラクサ出身。 )、 太陽中心説を主張した天文学者 アリスタルコス(B. 310頃~B. 230頃)、ムセイオンの図書館長で地球の円周を測定した エラトステネス(B. 275頃~B. 194頃。 円周測定は45000km。 現在の測量結果の40000kmにほぼ近い測定)などが頻出です。 美術では、「 ミロのヴィーナス」「 ラオコーン群像」など、テレビや雑誌、資料集で一度は目にしたことのある有名作品がこの時代から生まれています。

次の

ストア派哲学入門に最適!ロング『ヘレニズム哲学』超簡単まとめ

ヘレニズム 時代

ヘブライズムとヘレニズム 古代オリエントを源泉とする2つの文明 現代のヨーロッパ文化の源流となっているのが、ギリシア・ローマの文明とヘブライ文明である。 この2つの文明は、同じ古代オリエント世界の影響を受けて発展してきたが、その性格は対極にあった。 最終更新.. 文明と文化 文明と文化はほぼ同義に用いられることが多く、直観的には、文明の発達ともに文化も進歩し、表裏一体のように見える。 区別を明確にすべく、広辞苑を参照すると、文明が「人間の技術的・物質的所産」であることに対し、文化は「宗教・道徳・学芸などの精神的所産」と定義されている。 また、「西洋では人間の精神的生活にかかわるものを文化と呼び、技術的発展のニュアンスが強い文明と区別する」と補足的な説明も含まれている。 人類歴史や社会を俯瞰してみると、文明は外的なものであり、地域や時代が限定される。 生活圏と寿命が限定される人間の外面性を象徴しているようだ。 一方、文化は、内的なものであり、世代を通じて伝承されていく。 つまり、文化は時空を越えた概念であり、人間の内面性を象徴しているようである。 例えば、黄河文明といえば、古代に黄河流域に発達した文明に限定されるが、中国文化といえば、古代から現代までの風習や伝統、思考方法、価値観などに相当する。 文明と文化は人類の進歩の両輪であり、人間の外面である身体と内面である精神を象徴しているように見える。 すなわち、文明は外的なもの、物質的なもの、科学的なものであり、文化は内的なもの、精神的なもの、宗教的なものといえるであろう。 古代オリエント文明 前3200年頃、西アジアのメソポタミア地方とアフリカのナイル川流域に人類最古の文明「古代オリエント文明」が栄えた。 どちらの文明も旧約聖書の主要な物語の舞台となっている。 メソポタミア地方は、旧約聖書における「アダムとエバの失楽園」や「ノアの箱船」の舞台である。 エジプトは、苦役を強いられていたイスラエル民族を、預言者モーセが率いて脱出した「出エジプト」の舞台である。 古代オリエント文明は、後のエーゲ、ギリシャ・ローマ、そして現代へ続く文明の源泉となった。 ギリシャ文明 前2000年頃、オリエントの影響を受けて、東地中海において、エーゲ文明(前期:クレタ文明、後期:ミケーネ文明など)が開花した。 しかし、紀元前1200年頃、エーゲ文明は衰退、その後、数百年間は、記録が少なく暗黒時代とよばれているものの、人々はポリスと呼ばれる都市国家を形成し、比較的平和が続いたと推測される。 このポリスが基盤となり、前8世紀頃から、文明は再び胎動を始め、前5~4世紀にギリシア文明として、最盛期を迎えた。 前4世紀、オリエント及び地中海地域は、アレクサンドロスの大帝国が築かれ、さらに前2世紀には、ローマが地中海世界を掌握するなど激動の時代を迎えたが、ギリシア文化は、綿々と引き継がれた。 西洋文明の源流となった「ヘレニズム」 古代オリエントから影響を受けて誕生したエーゲ文明は、やがてギリシア・ローマの文明へと結実していった。 この一連の流れは、西洋文明の源流の一つとなり「ヘレニズム文明」とよばれる。 ヘレニズムとは、ギリシア人の祖ヘレンに由来する語であり「ギリシア風」の意で使われる。 ギリシア文化の基本的な性格は人間主義と合理主義で特徴づけられる。 人間主義は、人間の経験、考え、判断などを尊重する立場であり、合理主義は、論理的・科学的な思考、調和美などを重視する。 つまり、人間にとって人間が最高の存在であり、人間性こそ尊重すべきものだとする。 このような態度・思想・世界観がヘレニズムの根底にある。 なお、ギリシアの宗教は多神教であり、ギリシア最高峰のオリンポス山に住む、ゼウスを頂点とした12の神「オリンポスの神」が中心であったが、他にも半神の英雄ヘラクレスや、自然の中にいて人々の生活を左右する精霊や悪霊なども信じられていた。 ギリシアの神は、姿形、性格ともに極めて人間的であり、ときに人間に親切であったが、怒ったり、嫉妬したり、悪意を持つ神でもあった。 これは、アレクサンドロスの遠征により、ギリシア文化とオリエント文化の融合によって、ローマやインドの文化にも大きな影響を及ぼした時代(前4~前1世紀)を指す。 ヘブライ文明 前2000年頃、メソポタミア・カルデア地方のウルに、ヘブライ人の偶像商のテラに長男アブハラムがいた。 アブハラムは神の声を聞き、全てを捨ててハランの地に向かった。 アブラハムの孫であるヤコブが天使との戦いに勝利したため、勝利者を意味する「イスラエル」の称号を神から授かり、イスラエル民族の祖先となった。 イスラエル民族はエジプトに移住し、ファラオによる苦役を受けながらも子孫を増やした。 前15世紀頃には預言者モーセに率いられて、カナンの地(パレスチナ)へ脱出した。 前11世紀頃、初代王サウルが統一王国を建国。 そして2代目のダビデ王、3代目のソロモン王に時代には、首都エルサレムに豪華な神殿が建設され、領土も拡大。 「ソロモンの栄華」と表現されるヘブライ文明が開花した。 しかし、旧約聖書によると、ソロモンが不信仰を犯した結果、彼の死後、王国は南北に分断され、北のイスラエル王国は、アッシリアに滅ぼされ、南のユダ王国は新バビロニアに征服され、民族はバビロンに連れ去られた(バビロン捕囚)。 もう一つの源流「ヘブライズム」 イスラエル民族は、苦難の中にあっても、全知全能の唯一神ヤハウェのみを固く信じた。 イスラエル民族のもとにメシヤが現れ、彼らを救って神の国を建設するという選民思想を持っていた。 約50年後に、バビロンから解放されて帰国すると、エルサレムにメシヤを迎えるためのヤハウェ神殿を再興した。 そして、ユダヤ教を確立し、救世主メシヤの出現を待望した。 この頃から、イスラエル民族はユダヤ民族とよばれるようになったといわれる。 しかし、救世主イエスが降臨したものの、ユダヤ民族の信仰は形式化しており、イエスの教えを信じることができず、犯罪者として殺害してしまった。 唯一神のみを信じ、選民思想や救世主の降臨を待ちのぞむ精神や文化を「ヘブライズム」という。 イエスの死後、ヘブライズムは、キリスト教に引き継がれた。 ユダヤ教の経典「旧約聖書」は「新約聖書」とならんでキリスト教の経典となり、のちのヨーロッパ人による思想・芸術活動の大きな源泉となり、ヘブライズムは、ヘレニズムと並んで、西洋文明のもうひとつの源流となった。 西洋文化の源流の対比 ヘレニズム ヘブライズム 概要 古代ギリシャに始まる人間中心の文化 古代ヘブライ人に始まる神中心の文化 発祥地 東地中海(エーゲ海)のクレタ島 メソポタミアのカルデア地方のウル 神 多神教 唯一神 指導精神 人間中心主義・合理主義 神中心主義 (自己否定/神に委ねる) 思想 ギリシア哲学 ユダヤ教・キリスト教 男女関係 謳歌傾向 厳格.

次の

ヘレニズム時代

ヘレニズム 時代

ヘレニズム三国(概略) の後継者たち()が分立したことによって成立した、のエジプト、のシリア、のマケドニアの三国は、いずれもギリシア人の王朝が支配した国家なので、ヘレニズム三国という。 ギリシア人は自らをヘレネの子孫と意識し、と言っていた。 ヘレニズム時代 前338年のマケドニアのギリシア支配からの成立、三国の時代を経て、最後はローマによってプトレマイオス朝エジプトが前30年に滅亡するまでの約300年間を、ヘレニズム時代とする。 およそ、ギリシアのポリス民主政の栄えた時代とローマ帝国が成立するあいだの、東地中海から西アジアにかけて地域の、ギリシア文化圏とオリエント文化圏を含む歴史を総称していう。 ギリシア系統治者 前323年、アレクサンドロス大王が急死すると、いわゆる(後継者たち)の争いが始まり、複雑な過程を経て、ほぼ、、の三国に分かれることとなった。 この三国はいずれもギリシア人の統治者が治める国家なので、ヘレニズム三国という。 政治的にはギリシア系の統治者が支配していたが、東方のエジプトとシリアではギリシア的な民主政治は行われず、いずれも専制的な統治が行われ、伝統的な神権政治と融合していった。 ヘレニズム文化の形成 この三国のもとで、ギリシア文明とオリエント文明が融合して、いわゆる文化が形成されたと考えられている。 ギリシア本土ではポリスが衰えたけれどもアテネやスパルタは自治が許され、特にアテネは学問の中心としての活動は続いていた。 しかし、次第に地中海世界の経済や文化の中心は、プトレマイオス朝の首都に移っていった。 なお、このヘレニズム時代と並行した時期に、西地中海地域にとが台頭し、前3世紀ので勝ったローマが、次いで前2~1世紀に次々とヘレニズム諸国を征服して、地中海世界を統一し、前1世紀の末にを建設することとなる。 ヘレニズム諸国の興亡 ヘレニズム三国はいずれも前2~1世紀にによって滅ぼされる。 それぞれの滅亡の事情と年代は次のとおり。 アンティゴノス朝マケドニア ローマとのを戦い、前168年、ピュドナの戦いに敗れて滅亡。 セレウコス朝シリア 前3世紀に、、などが自立して衰え、前63年にローマのによって滅ぼされた。 プトレマイオス朝エジプト 前31年、ローマのと組んだ最後の女王7世が、でに敗れ、翌30年に自殺して滅亡。 なお、小アジアの、中央アジアのも、アレクサンドロスの遺領に生まれた、 ギリシア系の国家であり、ヘレニズム諸国と言うことが出来る。

次の