ホトトギス ウグイス 違い。 「ホトトギス」と「ウグイス」の違いって?

似た野鳥の見分け方のポイント

ホトトギス ウグイス 違い

カッコウの生態 まず最初は「カッコウとは」と言う部分の説明を含め、カッコウの生態について触れていきましょう。 カッコウは分類上、カッコウ目カッコウ科に分類される野鳥です。 分布域はユーラシア大陸及びアフリカ大陸にて分布しており、日本には5月頃に繁殖の為にやってくるので冒頭にも記載した様に「夏を告げる鳥」と言われています。 カッコウについて余り知らない人でもカッコウと言えば「托卵」と言うワードが連想される事が多いという点について知っている方もいるのでは無いでしょうか。 ここの部分をもう少しだけ詳しく書いていきましょう。 まず「托卵」と言うのは読んで字の如く、他の鳥の巣に自分の卵を産み付けて他の鳥に育てて貰う事です。 カッコウはオオヨシキリやモズ、ホオジロと言った鳥の巣に対し自分の卵を産み付け托卵します。 この卵を産む際にカッコウは既に産み付けられている卵、例えば5個あったとしますよね、5個の内1個を巣外に落とし自分の卵1個を産み付け数の帳尻を合わせます。 元の巣の親鳥はそういう事とは露知らず、卵を暖め孵化させます。 そしてカッコウの卵は比較的短期間で孵化するので元の巣の卵より早く孵化する分、成長も早く体が大きくなります。 そうなると後は、カッコウの雛は自分だけに餌を与えて貰う様にする為に元の巣の雛達を巣外に押しのけて自分だけ生き残れる様にします。 実際に他の卵や雛を落とします・・・ 成長に伴い、元の巣の親鳥より雛のカッコウの方が大きくなる場合がありますが、それでもせっせと餌を与え続けるんですよね。 いやいや気付くだろう、と思われるかも知れませんが、巣にいる雛が口を開けると餌を与えてしまう本能と言う部分を上手く活用しているみたいです。 ただ、他の卵が早く孵化してカッコウの卵が後に孵化すると体格差が出てくるので巣外に追い出せず、揃って成長する場合もあります。 カッコウが何故托卵をするのか、と言う点は現在でも解明されていない様なのですが、カッコウは体温変動が不安定な為、体温変動の少ない他種に育てて貰う、と言う説が有力みたいです。 カッコウの生態の次はカッコウの大きさについて説明していきましょう。 カッコウの大きさは約35㎝程であり、大きさを想定する際にハトより少し大きいくらいのサイズだと思って頂ければだいたいカッコウの大きさになります。 比較的よく見る野鳥はハトとカラスですが、ハトの大きさは約30㎝程、カラスの大きさは約50㎝程なので、この2種のサイズを基準にして頂ければだいたいのカッコウの大きさはご理解頂けるかと思います。 カッコウには関係ないですが、こうやってみるとカラスって結構大きいですね。。。 カッコウの別名 カッコウの別名ってご存知ですか? この別名を知っている方は少ないかも知れませんが、そのワード自体は知っている方は多いと思います。 「〇〇鳥」って別名があるんですが、何か想像出来ました? 答えは「閑古鳥」です。 よく、寂れた様子や客入りが良くないお店なんかに「閑古鳥が鳴く」なんて言い方をしますが、この「閑古鳥」と言うのがカッコウの事みたいなんですよね。 これに関しては、カッコウの鳴き声に何とも言い難い物寂しさを昔の日本人は感じていた様で、そこから人通りが少なく寂れた様の事を「閑古鳥が鳴く」と言う様になったと言われています。 カッコウと暫し間違われる事もあるホトトギスですが、この2種の違いをざっと挙げていきましょう。 ホトトギスと言えば、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の性格を表す川柳にホトトギスが用いられているのが有名ですよね。 「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」ってやつですね。 若干話が逸れましたが、下記にカッコウとホトトギスの大きさや色味等を記載していくのでそれで比較してみましょう。 ホトトギス・・・全体的に青~黒褐色系の色で、腹部は白色ベースで黒い横縞模様。 ・日本に来る時期 カッコウ・・・5月頃 ホトトギス・・・5月頃 ざっとではありますが、カッコウとホトトギスそれぞれの特徴を挙げてみました。 上記を見て分かる様に、カッコウとホトトギスは似ている部分が多いですね。 見た目もそうなんですが、「托卵」を行うという点もカッコウ及びホトトギス双方行う点も似ていますね。 上記を見て違いを読み取るには大きさと色や模様が微妙に異なってくる、と言う点になりますね。 カッコウの鳴き声が夜聞こえる? 皆さんはカッコウっていつ鳴くか分かります? 鳴き声を聞いた事がある方でしたら、朝方に鳴いているイメージを持っている人が多いのでは無いでしょうか? ここでは「カッコウが夜に鳴く」と言う疑問に関して紐解いていきたいと思います。 まあ、これに関してはカッコウ科の鳥は夜に鳴く事はそんなに珍しい事では無いんですよね。 イメージとして「カッコウの鳴き声=朝方」と言う図式が頭の中にあるので夜に鳴き声を聞くのが珍しく感じてしまうのではないでしょうか? 従って、夜にカッコウの鳴き声が聞こえたとて、特別不思議な事ではありません。

次の

ホトトギス|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動

ホトトギス ウグイス 違い

場所:吉賀町柿木村福川地内のとある民家の軒下 2015年6月10日 近所から電話があり、軒下にウグイスの巣があるという。 軒下にウグイスが巣を作るなど聞いたことがなく、早速見に行った。 う~んっ! 確かに軒下、そこに植えてあるナンテンの木に巣がある。 この場所は日当たりがよく、洗濯物を干すために毎日使用しているところだという。 子供の頃里山のあちこちで見かけた巣は、 横穴で巣の中は見えにくい。 ところがこの巣は上向きで巣の中がまる見えの巣なのだ。 「もしかしたら大きなホトトギスが産卵のため、巣が壊れたのかもしれない」とは愛鳥家の意見。 あるいは軒下で雨がかからないからとか・・・・ 笹の葉でできた巣の中をのぞいてみると5個の卵がある。 ウグイスの卵はチョコレート色、 ウグイスに間違いないようだ。 よく見ると5個の卵のうちの一個が一回り大きい。 もしかしたらホトトギスの託卵?と思い調べてみた。 大きさの違いはまさに託卵を思わせる。 知人の愛鳥家の意見も、その可能性が高いという意見。 マウスポインターを左画像上に置くと、 国立博物館ホームページ上からダウンロードした、ホトトギスの卵との比較写真が見られます。 愛鳥家の話では抱卵中にストレスを与えると、巣を放棄することが多いと言うので、家主の観察だけにする。 2015年6月14日 卵が孵化したと言う電話があり出かける。 4羽の雛と孵化してない卵が一個、あの大きな卵がまだ孵化していない。 2015年6月17日 孵化していなかった卵はどうなったか気になりのぞいてみた。 あの大きな卵は無くなっていた。 巣の下にも卵も殻も無いウグイスの親鳥が何処かへ持って行ったのだろうか? 一説では長い間ホトトギスの託卵により、自らの子孫を残すことに被害を受けていたウグイスは不審な卵は排除するように遺伝子に組み込まれてきたのだという。 もっともな意見だと思う。 またウグイスが卵の異変に気づき、ホトトギスの卵を捨てると、こんどはホトトギスがウグイスの卵を、巣から排除することもあるという記事に恐怖さえ感じる。 2015年6月20日 親鳥の懸命な給餌により日に日に成長するヒナ。 2015年6月22日 どこからともなく現れヒナに餌を与える親鳥、またヒナが出した糞を巣の外へ運び出す。 親鳥が口にくわえているのは羽のある虫。 6月22日 ヒナの羽にうぐいす色が現れてきた。 2015年6月24日 二日間で羽の色はすっかり親と同じような羽になった。 もうすぐ巣立ちか! 見たところヒナが3羽のように見える。 1羽下敷きになっているのか、あるいは巣の外に出たのか? 2015年6月25日 家人の話では朝には巣の中にヒナが居たという。 用があり出かけ帰ってきたときにはすでに巣は空っぽの状態だったそうだ。 2015年6月25日 16:00 夕方の庭先、親鳥が低く木から木へと飛び回っている。 どうやらまだ庭先の庭木の中にまだいるものと思われます。 まずは無事に巣立ちしたことに一安心。 ホトトギスの卵が先に孵化し、ウグイスの卵・ヒナを巣から落とす姿など、TVの映像で見ただけで十分です。 ウグイスの子育て優先で、十分な観察ではありませんでしたが、こんな手軽な観察は又とないでしょう。

次の

鳴き声も見た目も全然違う!「ウグイス」と「ホトトギス」

ホトトギス ウグイス 違い

ウグイスとホトトギスは完全に宿敵同士の全く習性の違う鳥です。 ウグイス スズメより小さく日本三大鳴鳥の一つとされる鳴き声の美しい鳥で春につがいになり巣を作って卵を産み子育てをします。 ご存じ「ホーホケキョ」と鳴きます。 ホトトギス スズメより大きく晩春に渡ってきて自分では巣を作らずウグイスなどの目を盗んで他の鳥の巣に卵を産み付けます。 このときにウグイス(など)が気付けば猛攻撃などで追っ払ったりしますが・・・。 先に生まれたホトトギスのヒナはウグイス(など)の卵(またはヒナ)を巣から落として義理の母親の元で育ちます。 ウグイス(など)の親は気づいてるかどうか?自分より大きくなるまでホトトギスのヒナを育てます。 鳴き声は無理矢理当てはめると「特許許可局」です。 今の時期に山に行くとよく聞けますよ! たしかに「トッキョキョカキョク」と思えばそう聞こえます。 けっこううるさいです! ウグイスとホトトギスが一緒に鳴いている音声リンクです。 「トッキョキョカキョク」と鳴いてるのがホトトギス、それ以外の「ホーホケキョ」や「キョキョキョキョケキョケキョケキョ」がウグイスです。

次の