もみあげちゃーしゅ。 [B! 介護] もみあげチャ〜シュ〜 : 【閲覧注意】この漫画キツすぎる・・・・・・・・・

【100均検証】ダイソーに売っていたiPhone用の液晶保護フィルム(ガラス)を片っ端から使ってみたら、文句なしにスゴイやつが2つあった

もみあげちゃーしゅ

「セカンドレイプは本当にきついです。 だけど泣き寝入りしたくない。 私は警察を呼ぶほど冷静だった 2016年5月10日、純子さんは東京・足立区の柳原病院で右胸の乳腺腫瘍を摘出する手術を受けた後、 執刀した乳腺外科の男性医師・佐田氏(仮名・43)に手術していないほうの胸を舐められたなどと被害を訴えた。 準強制わいせつ罪で起訴された佐田医師に対し東京地裁(大川隆男裁判長)は2月20日、無罪判決(求刑懲役3年)を言い渡した。 東京地検は3月5日、判決を不服として東京高裁に控訴。 決着は先送りとなった。 '16年8月25日の逮捕直後、現場となった柳原病院はホームページ上で《警視庁による当院非常勤医師逮捕の不当性について抗議する》と声明を発表。 純子さんに対しては 《全身麻酔による手術後35分以内のことであり、その内容は、手術前の恐怖や不安と全身麻酔で行った手術後せん妄状態での幻覚や錯覚が織り交ざったものと確信する》と述べ、全面的に佐田医師を守る姿勢を見せた。 同僚医師らも「この事件が有罪となれば安心して医療行為ができなくなる」などと訴えたため多くの医療関係者が関心を寄せ、『外科医師を守る会』が発足した。 佐田医師は「不当に105日も勾留され、職を失い、信用を傷つけられた」として多くの同情を集め、裁判前から冤罪事件の被害者として扱われることに。 一方、被害者である純子さんは、ネットでバッシングの対象となっていた。 続けて、純子さんは 「事件当時、意識がハッキリしていて証拠を保全し、警察を呼ぶほど冷静だった。 事件当時、純子さんは芸能関係の仕事をしており、それを明かしていないのに個人情報を流されたという。 医師の無罪判決後は冤罪事件の加害者呼ばわりまでされている。 「(病後の状態が不安なのに)病院にも行けません。 乳腺外科医界隈で私の名前は知れわたっていますから」 純子さんは悲痛な面持ちで訴えた。

次の

【暴走】ディズニーマニアがキャストしか入れない「サンクスデー」に潜入した結果…

もみあげちゃーしゅ

まとめサイトのページビュー数を調査することで、日本におけるその存在の大きさを知る… 「保守速報」の広告はがしが話題ですが… 主に政治ネタや韓国・中国などの東アジア関連ネタを扱う2ちゃんねる(5ちゃんねる)まとめサイト「保守速報」から、広告出稿主が相次いで撤退したのは6月半ば以降のこと。 それから数週間、同サイト管理人が7月1日に出した声明によれば、「このままだと存続が危うい状態です」なんだそう。 前の記事で軽く伝えました通り、保守速報は現在、月間ユーザー数とページビュー(PV)数がそれぞれ「1640万ユーザー」と「4520万PV」という、日本でも有数の人気サイトとなっています(Similarwebから筆者調べ)。 ・月4540万PVを越える人気ぶりを示す「保守速報」 まとめ系21サイトのページビューを調査 保守速報のみならず、このような「まとめサイト」においては、日本有数の巨大サイトであるケースが少なくありません。 そこで今回、これら 「まとめサイト」「ネットソース系ニュースサイト」の訪問者数・ページビュー数を調べてみることにしました。 リテラ BIPブログ KSL-live netgeek なお計測ツールとしては、イスラエルのWebサイト分析ツール「Similarweb(シミラーウェブ)」を用いています。 このSimilarweb、その方面の専門家からは評判があまりよろしくないようですが、しかし個人的な実感や他サイトのPVを報告などを見るに、ここ2カ月ほどで、かなり精度が上がった感があります。 もちろん、誤差はまだあることにはありますが。 さて結果は以下の通りとなりました。 まあ驚くことに、 「オレ的ゲーム速報@刃」「はちま起稿」といったサイトにいたっては、なんと月間1億PV超え。 そのほかのサイトにしても、月数千万PVを超える巨大サイトばかりであるのが確認できます。 1200万 4116万 10 もみあげちゃーしゅー 1070万 2399万 マジキチ速報 850万 2167万 無題のドキュメント 850万 1538万 カナ速 600万 966万 カオスちゃんねる 430万 937万 15 BIPブログ 420万 613万 リテラ 360万 1080万 netgeek 170万 317万 市況かぶ全力2階建 158万 330万 アノニマスポスト 120万 177万 20 情報速報ドットコム 73. 6万 165. 6万 KSL-live 18万 26. 8万 1年を通して、安定した人気を誇る「まとめサイト」 しかもこれら「まとめサイト」は、特徴として「人気が安定している」という点があげられます。 例えば、先に紹介した「保守速報」にしてもナンバーワンの「オレ的ゲーム速報 JIN」にしても、月や季節によるサイトの急激な変化というものがほとんどありません。 1年を通して人気が安定。 これらまとめサイトは法人化して運営されているというのがもっぱらの噂ですが、それもうなづけます。 ・「オレ的ー」の例 まとめサイトと世界の主要マスコミサイトとの比較 いやはや、びっくりするような結果となりました。 もうここまで来たら、これらサイトがいったいどれほどの巨大サイトなのか、世界中の主要マスコミサイトと比べてみることにしました。 ・主なマスコミ・情報・ニュース・まとめ系サイトの月間PV数(まとめサイト系は主要サイトのみ) 順位 サイト名 国別 訪問者数 ページビュー(PV)数 1 ニューヨークタイムズ(新聞) 米 3億2000万 7億400万 2 ガーディアン(新聞) 英 2億9130万 8億2935万 3 RT(ロシア国営) ロ 1億7040万 3億4080万 4 バズフィード( 日本など世界各国版含む;ネットメディア) 米 1億4470万 6億4100万 5 ハフポスト英語版(ネットメディア) 米 1億3170万 2億8500万 6 ブライトバート(ネットメディア) 米 7800万 2億2074万 7 朝日新聞デジタル 日 7772万 2億2970万 8 日経電子版 日 5680万 1億8040万 9 TIME(雑誌) 米 4340万 6683万 10 読売新聞 日 4510万 1億4251万 11 オレ的ゲーム速報@刃 4010万 1億4476万 12 毎日新聞のニュース・情報サイト 日 4000万 7720万 13 Vox(ネットメディア系) 英 3990万 6623万 14 産経ニュース 日 3620万 1億27万 15 はちま起稿 3150万 1億2064万 暇速 2750万 9875万 Newsweek(雑誌) 米 2690万 4680万 ハム速 2510万 7028万 アルファルファモザイク 2360万 5546万 20 フィナンシャルタイムズ 英 2250万 4365万 ニュー速クオリティ 2090万 5517万 文春オンライン(雑誌) 日 1980万 5900万 INFOWARS(陰謀論系) 米 1700万 4165万 ハフポスト日本版 日 1650万 2458万 25 保守速報 1640万 4520万 The Economist(雑誌) 英 1620万 3402万 ぶる速-VIP 1360万 2135万 やらおん! 1200万 4116万 もみあげちゃーしゅー 1070万 2399万 30 ニューズウィーク日本版(雑誌) 日 470万 1212万 リテラ(ネット系) 日 360万 1080万 中日新聞(新聞) 日 350万 1018万 北海道新聞(新聞) 日 200万 750万 しんぶん赤旗(機関紙) 日 95. 8万 309万 「オレ的JIN」のページビュー数は、読売・産経・毎日新聞各社サイトを超える さて調べてみると、またまた意外な結果が出ました。 なんと、 オレ的ゲーム速報@刃は、世界一の大新聞「読売新聞」のサイトより月間ページビュー数が多いものとなっています。 また、「オレ的」「はちま起稿」のPV数は、毎日新聞、産経新聞のサイトよりPV数が上。 この2つのサイトを上回るマスコミ系サイトは、日本のものでは朝日新聞と日本経済新聞しかありません。 改めて口にしてみると、すごいものですね。 「オレ的」「はちま起稿」を上回るマスコミ系サイトは、日本では朝日新聞と日本経済新聞しかない。 読売新聞が大体同じ規模。 毎日新聞、産経新聞、中日新聞、TIME、フィナンシャルタイム、Newsweek、The Economist、文春オンラインより上。 というわけで、「日本における、まとめサイトの影響力のデカさ」を改めて認識する、そんな調査となりました。

次の

[B! 介護] もみあげチャ〜シュ〜 : 【閲覧注意】この漫画キツすぎる・・・・・・・・・

もみあげちゃーしゅ

担当と言っても下準備やら大盤セッティングやら、単なる小間使いに過ぎなかったが。 会場は東京都渋谷区の将棋会館内にある和室。 実は昨年の正月企画で藤井四段(当時)とタモリが対談した際に使用した部屋だ。 対局時同様、盤駒と駒台、座布団があらかじめ用意されている。 「藤井さんはどっちに座るんでしょうか?」。 対談前の検分でカメラマンから素朴な質問を受けた筆者は「下座でしょ。 去年もそうだったけど、彼は年長者をたてる棋士だから」と即答した。 つまり掛け軸を背にするのは加藤アナ。 間違いない。 おそらく鼻の穴を膨らませて自信たっぷりの表情だったのだろう。 カメラマンは寸分の疑いもなく下座に藤井七段が着座すると想定した撮影準備を始めた。 約束の時間ちょうどに入室した主役と軽くあいさつ。 さあ始めましょうかという段階になって、筆者は何気なくこんな質問を投げかけた。 「藤井さん、今回は上座でいかがですか?」と。 いやあ、特に他意はなかったんですよ。 「あっ、いえいえ、下座で構わないです」という返事を想定したうえでの問いかけだったので。 ところが、ここからが想定外。 「そう…ですね……」と考慮すること3、4秒。 「では…」と、上座に向かったではないか。 え? 筆者以上に驚いたのはカメラマンだったはず。 当初の予定とは全く逆の構図になるのだから。 大慌てでポジションチェンジ。 右往左往させて大変申し訳ない。 それにしても、なぜ藤井七段は上座を選んだのか。 よく考えればこれ、自然な「一手」だ。 昨年の取材時は四段だったから、実際の対局でもほとんどが下座。 だが2018年はあっという間に七段へと出世したため、上座を占める姿を見る機会が圧倒的に増えた。 今回の選択にはそんな事情があったに違いない。 加藤アナの繰り出す質問によどみなく答える藤井七段の姿を拝見しながら、この1年の成長ぶりを濃密に感じた1時間。 それでもまだ彼は16歳なんだよな…。 2年前の9月3日、三段リーグをトップ通過して史上最年少棋士になった中学2年生は、笑って下さいという撮影時の注文にも表情は果てしなくぎこちなかった。 最近は同様のケースでも自然な笑顔が自然に出る。 インタビューでも、かつてより明らかに多弁だ。 時にユーモアあふれるコメントも多くなり、取材者としても実に楽しい。 2019年、伸び盛りの彼にとってはどんな一年になるのだろう。 そして来年の正月特集では…。 もちろん、掛け軸をバックに座っていただきます。 (専門委員).

次の