ドラクエウォーク いつでも歩数カウント。 ドラクエウォーク攻略:バックグランドで歩数をカウントさせる方法

【ドラクエウォーク】効率のいいマップの歩き方【DQウォーク】

ドラクエウォーク いつでも歩数カウント

ポケモンGOやドラゴンクエストウォーク 以下:ドラクエウォーク のような、スマートホンの位置情報を使ったアプリが増えてきました。 一般アプリでも、スマートホンを持って歩くだけで、ポイントや景品、Amazonギフト券などがゲットできる「」が流行しています。 そんな歩数系アプリの攻略法として、スマートホンを揺らして歩数をカウントする「中華振り子(スイング)」と呼ばれるガジェットが注目されています。 使い方は簡単。 中華振り子に乗せてスマートホンを揺らすだけ! ポケモンGOは、自動タマゴ孵化装置として卵が割り放題、相棒アメがどんどん貯まります。 ドラクエウォークは、「DQウォークマイレージ」の歩数ポイントが稼げます。 しかしながらAndroid端末の場合、アプリや端末のアップデートで急に歩数がカウントされなくなる事があります。 今回は、中華振り子がカウントされない、あまり歩数が稼げない時の対処方法をご紹介します。 ページコンテンツ• ゲームアプリの設定 中華振り子を使う時「アプリはGPSを使って移動距離をカウントしているので、揺らしても無意味では?」という疑問があると思います。 例えばポケモンGOでは、アプリを起動している時にはGPSを使用して距離を計測していますが、 アプリを起動していない時には加速度センサーを使って歩行距離を計測しています。 ゲームアプリを起動していない時にもカウントする設定にチェックを入れておいて、ゲームアプリ自体は終了しておく必要があります。 ポケモンGO ポケモンGOでは起動時はアプリのGPSで距離が計測されるので、アプリが起動していない状態のみ中華振り子でのカウントが可能となります。 そのため「いつでも冒険モード」をオンに設定して、アプリ自体は終了しておく必要があります。 ドラクエウォーク DQウォークはWalkモードで起動しておくと歩数がカウントされません。 こちらもポケモンGO同様に、起動時はアプリのGPSで距離が計測されるので、アプリが起動していない時に中華振り子でカウントが可能となります。 期間分終了と表示されると、歩数ポイントはカウントされなくなります。 Google Fitの設定 Android端末の場合、Google FItサービスが歩数カウントのベースとなります。 「Google Fitアプリ」自体が入っていなかった端末に、GoogleFitをインストールしただけで歩数が加算されるようになるケースもあります。 逆に手持ちのXiaomi の端末は「Google Fit」をアンインストールする事で動くようになりました。 ちなみにGoogle FItアプリが入っていなくても、Google Fitサービス自体は動作しています。 Google Fit: 運動を記録して健康的な生活を 開発:Google LLC 評価: 無料 少し揺らしてみて、Google Fitアプリを起動して「ウォーキング」として歩行キロ数が増えていればOK。 カウントされていないようなら設定し直します。 Googel FItとの連携チェック アプリが起動していない時に歩数をカウントするためには、Google Fitとの連携を許可している必要があります。 連携をチェックするには、Google Fitアプリを開き「プロフィール」から設定をタップします。 連携済みのアプリを管理」からゲームアプリが接続済みかどうかチェックします。 ポケモンGOの場合、インストール時に許可していなければ「いつでも冒険モード」をオンにする時にGoogle Fitへのアクセス許可を求められます。 同様にドラクエウォークも連携を許可してあれば問題ありません。 ちなみにスマートホン内に複数Googleアカウントが入っている場合で、ゲームアカウントのGoogleログインとFitのGoogleアカウントが違っても問題はありませんでした。 サイクリングと表示される場合 歩数がカウントされない時には、Google Fitアプリでマイアクティビティをチェックしてみます。 ただし、ウォーキングに変更するだけで正しくカウントされる端末もありますが、正常にウォーキングと表示されていても歩数が稼げない場合もあります。 エクササイズでカウント 何をやっても歩数をカウントしてくれない端末は、明示的にGoogle Fitの「エクササイズ」で計測する事でカウントするようになる場合があります。 その後、ポケモンGOやドラクエウォークを起動する事で歩数が反映されます。 長時間エクササイズを続けると止まってしまう事があるので、40分~1時間に1度くらいで区切る事をお勧めします。 その中でもMi A3はFitのエクササイズを開始を実行しないとカウントされませんでした。 Huawei端末は特殊なので、別にご紹介します。 追記:その後Mi A3はGoogle Fitアプリをアンインストールしたら、エクササイズを使わなくてもカウントされるようになりました。 アプリの再インストール 多くのAndroid端末でテストしましたが、ある日 急にカウントされ無くなる事が何度もありました。 Google Fit上では歩数がカウントされていても、ポケモンGOはダメ!とか、Googel FitとポケモンGOはOKでも、ドラクエウォークだけカウントされないという事もありました。 そんな時の一番の解決法は、歩数カウントが反映されないゲームアプリの再インストール。 体感的には再インストールだけで、6~7割りが正常に歩数を稼げるようになりました。 インストール時には「Google FIt」への権限の付与を許可するようにして下さい。 Huawei端末の設定 ファーウェイ機の場合、通常の方法ではカウントされない端末がほとんどです。 最初にHuaweiの「ヘルスケア」アプりを削除します。 次にGoogle Fitアプリを入れて、基本設定をします。 そのままではバッテリーの消費が激しいので、画面の明るさを暗くして中華振り子で揺らします。 私の手元にある「Huawei Honor 9x」は、画面を常時オンにしておくだけで歩数がカウントされるようになりました。 それでもダメだったので、位置情報をオフ+機内モードにしてエクササイズを使って揺らしたらカウントされるようになりました。 この場合、揺らし終わったら機内モードオフにして位置情報をオンにした後、Google Fitのエクササイズを停止してからゲームアプリを起動します。 カウントが少ない時の対処方法 中華振り子は、端末が軽く重心が上にあるほど振り幅が大きく軽快なスピードで揺れます。 重量のあるスマートホンはケースを外し、補助の重りも付けない方がより振れます。 端末によって揺らす方向で若干の差がありますので、あまりに歩数カウントが少ない場合には買い替えてみるのも方法です。 プロフィール画面を開き、身長を書き変えるます(2m 40cmに設定している人も居るようです) 中華振り子のトラブルシューティングまとめ Android端末はOSバージョンやセンサー類が端末によって違います。 数台のAndroid端末を揺らしていますが、アプリやOSのアップデートで急にカウントされなくなったりします。 何が原因か分かりませんが、今回紹介した対処方法を色々と試行錯誤している間にカウントされるようになる事が多いです。 ゲームアプリの再インストールや、Google Fitアプリをアンインストールしてみたり、Huawei端末のように機内モードでエクササイズ機能を使うなど。 色々と試してみて下さい。 現在のところ、カウントが復活しなかった端末はありません。 カウントされない端末を再起動しただけでカウントされるようになった事もあります。 スマートウォッチを中華振り子で揺らして歩数稼ぎできるか検証してみました.

次の

ドラクエウォーク攻略:バックグランドで歩数をカウントさせる方法

ドラクエウォーク いつでも歩数カウント

マイレージはガチャ券などと交換できるため、プレイヤーが重要と考えているアイテムの1つです。 ただ、車移動では歩数はカウントされません。 完全に歩数がカウントされないというわけではないのですが、ドラクエウォークでは早すぎる乗り物に乗っているときは歩数はカウントされないのです。 ただ、車を運転していてそのような速度で運転することは少ないですよね。 狭い路地や、徐行している時、渋滞中ぐらいです。 あとは信号で止まる時のブレーキをかけた辺りでしょうか。 そのタイミングでしか、車では歩数のカウントはできません。 また、操作をしなくてもモンスターと戦ってくれるウォークモードだけでなく60kmを超えた辺りから、フィールド上の表示もなくなります。 目的地などは表示されていますが、かいふくスポットやこころのかくてい表示はされないように設定されています。 ドラクエウォークは安全を考えたプレイスタイルなので、 早すぎる移動をしている際はプレイは不可能となっています。 【ドラクエウォーク】車移動の裏技 車移動をしながらプレイすることは、基本的にはできません。 また、のろのろと運転するのは危険ですし「ながら運転」は罰則もある非常に危険な行為です。 ただ、移動手段として車はドラクエウォークで非常に役立ちます。 ストーリーを進める 目的地として設定をしている場所に向かう場合は、徒歩より車のほうが圧倒的に早いです。 一度、ダンジョンに入れば、どれだけ離れても、ダンジョンをクリアするまでタイムアウトなどをされることもありません。 また、遠い場所を選択すれば多くの導きのかけらが入手できるので、欠片が枯渇しにくくなります。 メガモンスターを討伐しにいく メガモンスターを討伐しにいくのも、車がおすすめです。 メガモンスターとの距離が離れても、ある程度戦えるように調整が入ったため、メガモンスター戦に発展すれば、コンビニなどにとまって戦うこともできます。 かいふくスポットはHP・MPの回復はもちろんですが、アイテムの回収・マイレージの回収なども可能です。 大幅な移動ができるので、かいふくスポットのノルマをクリアするためにも、車は有効な手段といえるでしょう。 【ドラクエウォーク】車移動まとめ 今回は、ドラクエウォークで車移動は歩数としてカウントされるのか?また車移動の裏技について紹介しました。 車での移動は、基本的に歩数としてはカウントされません。 ただ、メガモンスター討伐やストーリーの目的地として設定することで、移動手段として、効率良く進めることができます。 そして、一番のおすすめはかいふくスポットに触れることです。 マイレージも多くもらえますし、累計ミッションのクリアもできるので、車はドラクエウォークでも十分に役立つ乗り物といえるでしょう。

次の

【ドラクエウォーク】いつでも歩数カウントの設定方法とメリット・デメリット | ドラクエウォーク最強攻略冒険隊!

ドラクエウォーク いつでも歩数カウント

いつでも歩数カウントの通信量はそれほど多くない まず、いつでも歩数カウントの通信量について。 これはそこまで大量に通信する事はなさそうです。 上記の画像は、僕が契約している格安SIM回線mineoの通信量です。 スマホはiPhone 6sで、ゲーム専用端末のため9割はドラクエウォークの通信量になります。 また、自宅や会社でのプレイはWi-Fiに切り替わるため、 外で歩いてドラクエウォークをプレイしたときの正確な通信量と言って問題ないでしょう。 途中ツイッターやメールを確認したりするので、厳密にはもう少し少ないくらいですね。 外でのプレイ時間は1日2時間くらい。 マイレージ的に言うと、スタンダードパスが毎週6万歩、距離は1日平均6~7kmくらいですね。 日によって多少違いがありますが、プレイスタイルはウォークモード7割、残り3割がメガモンや壺、自宅のメダル回収で立ち止まってプレイしている感じです。 で、肝心の通信量は1日20~50MBくらいになります。 ドラクエウォーク用に約1GBくらいの通信量を確保できれば問題ないように感じます。 ただ、これ以上にプレイする人は、通信量もそのまま上昇しますので、 僕の2倍プレイする人は1ヶ月2GB近く消費する事になります。 この数値は「いつでも歩数カウント」をONにした状態です。 OFFにすることでどれくらい減るのかはちょっとわかりませんが、ONにした状態でもこの程度の通信量なので、個人的にはそこまで気にするほどではないと感じます。 いつでも歩数カウントのバッテリー消費について いつでも歩数カウントのバッテリー消費は、非常に大きいという意見が多いですね。 僕自身も、かなり消費していると感じます。 常にバックグラウンドで計測し、GPSによる位置情報も作動し続けるため、目に見えて消耗率が高くなるのは間違いないでしょう。 僕の場合は、朝起きると50%くらい減っていた事があります。 2年近く使っているスマホとはいえ、ドラクエウォークプレイ前までは経験がなかった事なので、いつでも歩数カウントによる影響とみて間違いないでしょう。 スマホが静止していても、キャラクターが少し歩いたりしますよね。 あれはGPSの位置情報が一定間隔で常に微調整をしているためであり、寝ている間も行われているというわけですね。 いつでも歩数カウントをOFFにするかどうかはプレイスタイル次第! いつでも歩数カウントをOFFにするかどうかは、プレイスタイル次第ですね。 ガチでプレイしている人たちであれば、バッテリーの消費が激しくなろうが、まったく気にせずONにするでしょう。 ちなみに、僕もまったく気にしていません。 今よりさらにバッテリー消費量や通信量が上がったとしても、気にせずONにするでしょう。 デメリットの方が大きいと感じますからね。 ただ、そこまでドラクエウォークにのめり込んでおらず、マイペースでプレイしたいのであれば、OFFにしておいても良いと思います。 また、やや面倒になりますが、就寝中や仕事中 移動しない人 だけOFFにするという方法も良いと思いますよ。

次の