足の爪 根元から剥がれる。 なぜ?「手足口病」で爪がはがれる…!自宅でできる対処法とは

【注意喚起コラム】サンダルで階段を踏み外したら足の親指の爪が死んで「地獄のミサワ」みたいな爪が生えてきた

足の爪 根元から剥がれる

爪が黒くなってきたのに気づくと、悪性のものではないかと心配する方も多いようです 最近はテレビなどでの報道が多かったためか、「爪が黒くなったら皮膚がんの可能性がある」という知識が一般の方にも広く浸透しているようです。 ニュースや健康番組などで、爪に関する特集が組まれると、翌日には爪の黒さを気にして受診される患者さんが数人はやってこられます。 しかし、爪が黒くなってきたからといって必ずしも深刻な病気とは限りません。 深刻なケースは稀で、多くは問題のないものです。 今回は爪が黒くなってくる主な病気と原因、対処法・治療法について、それぞれの症例画像を挙げながら解説し、さらに悪性なものの特徴・見分け方についてもご説明します。 <目次>• 爪下血種(そうかけっしゅ)の症例画像・原因・治療法 爪が黒くなってきたという理由で受診する患者さんで一番多い原因は爪の下の出血。 このように爪の一部が赤黒くなる。 爪が黒くなってきたという症状で圧倒的に多いのは、爪の下で内出血しているケースです。 医学的には「爪下血腫(そうかけっしゅ)」、英語ではsubungual hematomaといいます。 爪と、爪の下の皮膚(爪床)の間に血液がたまることで起こります。 爪下血種は、爪を強くぶつけてしまった後や、登山やマラソンなど強い運動をした後、ドアに指をはさんでしまった後などに、爪の下に出血が起こってしまうことで起こります。 爪の広範囲が突然黒くなるのが特徴ですが、部分的に黒くなるものから、爪全体が黒くなるものまで、程度は様々です。 色も真っ黒なこともあれば、部分的に赤いものまで、差があります。 爪下血種の症状・治療法……数ヶ月で自然治癒 通常は無症状ですが、ドアに挟んだ場合や強くぶつけて出血が出た場合にはジンジンした痛みがあることがあります。 多くの場合は無症状なので、その場合は自分でできる治療などはありません。 様子をみるだけで大丈夫です。 足の爪の場合であっても2~3カ月ほど待つと、爪が伸びるにつれて黒い部分が外に押し出されていき、半年もすれば黒い部分は全て外に出て消えてしまうことがほとんどです。 黒い部分が爪の先の方に移動してきているのがわかる。 爪の下の出血の場合、時間とともに黒い部分が外に押し出されてくるので、治療の必要性はない 痛みがある場合は冷やすのがよいです。 あまりに痛いときは血が爪の下にたまりすぎて圧迫されていたり、爪の下にキズができたり膿が溜まったりしている場合があります。 皮膚科を早めに受診しましょう。 血で圧迫されている場合は血を抜く必要がありますし、感染が疑われる場合は抗生剤で治療します。 また、爪と爪の下の間にたまった血の量が多いと、その傷害で爪が途中で剥がれてくることがあります。 無理に剥がさずに自然に剥がれるのを待ってください。 ぺらぺらと爪が浮いた状態になってしまい靴下などにひっかかってしまうようであれば皮膚科を受診してニッパーで切ってもらいましょう。 剥がれると一過性に爪が変形することがありますが、通常はしばらく待てば元の正常な爪が生えてきます。 もし爪の黒い部分が押し出されて外に出てこないようであれば、以下で解説する他の爪の病気も疑ってください。 爪が茶色く変色することがある爪水虫 爪の水虫になった場合は白く分厚くなることが多いですが、色がついて茶色や黒っぽくなることがあります。 水虫でこのような色がついた場合はたいてい爪も厚くなっているので、診断は比較的簡単です。 爪の色素沈着・ホクロ……黒色線条とは 爪が黒くなる原因として他に多いものとして、爪の下に茶色や黒い色の成分であるメラニンが沈着している場合や、ホクロの細胞がある場合が挙げられます。 この場合は爪の中の出血と違い、細長く、爪の根元から爪の先まで一直線にキレイな黒い線が入っています。 医学的には黒色線条(こくしょくせんじょう)と呼ばれます。 一つの爪だけにあることもあれば、複数の爪に同じような線が入ることもあります。 線は細く、境界もはっきりしていて、途中で途切れたりせず、色むらがないことが良性の色素沈着やホクロであるサインです。 長い間、太さや色が変化していないことや、患者さんの年齢が若いといったことも、良性のサインになります。 これらの点が当てはまれば、たとえ複数の爪に同じような茶色や黒の線があったとしても心配はなく、経過を見れば大丈夫です。 その場合でも、長い間経過観察をして太さや色が変わってくるような場合は、皮膚科医に相談してください。 皮膚科では「ダーモスコピー(dermoscopy)」という拡大鏡を使った専門の検査が受けられますので、より正確に診断できます。 爪のがんである悪性黒色腫・メラノーマの特徴・見分け方 冒頭に挙げた通り、爪のがんを心配して皮膚科を受診する方は少なくありませんが、実際に皮膚がんであることはそれほど多くありません。 クリニックで皮膚科医として診察していて実際に爪のがんだったケースは、経験的には年間で一人いるかいないか、という程度です。 爪の下の黒いがんは「悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)」と言います。 英語ではmalignant melanomaというので日本語でも「メラノーマ」とよく呼ばれています。 上記で解説したホクロの細胞の悪性バージョンになりますが、ホクロがあるといずれがん化するというわけではありません。 先程述べた爪の色素沈着やホクロについては、がん化する可能性はほとんど心配しなくて大丈夫です。 悪性黒色腫の場合も爪の根元から爪の先まで一直線に黒い線がありますが、良性の場合と違って線が太く、色むらがあり、線の一部がとぎれている場合が多いです。 爪自体も一部が破壊され、変形していることがあり、悪性のサインになります。 また、ハッチンソンサイン(Hutchinson sign)といい、爪の根元や指先の皮膚まで黒い色が広がっているのは悪性を示唆するサインの一つです。 爪の下にできたホクロのがん、悪性黒色腫。 黒い縦線の幅は広く、途中で線が途切れ、爪の根元の皮膚まで黒さが広がっている。 患者さんの年齢は50~60代以降と高く、数カ月~2年程度と比較的短期間に広がってきたという場合が多いです。 速く広がったといっても数日前に出現したというような、速すぎる場合は、ほとんどが爪の下の出血です。 悪性黒色腫は爪以外でも体のどこにでもできますが、アジア人などの有色人種では爪の下を含めた手足に出現しやすいことが知られています。 皮膚がんの中でも質の悪いがんといえ、早めに取り切れなかった場合には次々とリンパ節やほかの臓器に転移していく心配があります。 悪性黒色腫だった場合の治療法・転移・予後 爪に関わらず、悪性黒色腫の治療でまず行う治療は通常手術です。 爪の場合も、爪を含め、その下の皮膚を広い範囲で切除して、土踏まずなどの他の部分から皮膚を移植します。 爪の変形がなく、爪の狭い範囲が黒いだけの段階で手術を行うことができれば、爪下の深い部分まで悪い細胞が入り込んでいないことが予想されるので、悪性黒色腫を取り切ることが可能です。 ただし、爪の変形が進んだり、爪の広範囲が黒色になっている場合にはすでに深い場所まで悪い細胞が広がっていて手術では取り切れない場合もあります。 いずれにせよ周囲のリンパ節や臓器に悪性黒色腫の細胞が広がっていないことはCTなどの画像診断を使って調べることをすすめます。 手術で取り切れた場合は定期的に病院でフォローすれば大丈夫ですが、リンパ節や臓器に転移が見つかった場合にはその他の治療法も考慮します。 転移の確率や予後は悪性黒色腫の場所や大きさ、深さなどによって様々なので一概には言えませんが、転移が見つかった場合には最近認可された注射薬の使用も考慮します。 転移した場合には手術で取り切れた場合に対して予後が著しく悪くなりますので、もし悪性黒色腫だった場合は早めに取りきることが非常に重要です。 少しでも疑わしい場合は早めに皮膚科医に診てもらいましょう。 (まとめ)爪が黒い原因はがん以外がほとんどだが、気になる場合は皮膚科へ 上記で解説した通り、実際に皮膚科で診療する「爪の黒さ」の原因は、ほとんどが爪の下の出血、水虫、メラニンの沈着やホクロなどです。 しかし、50代以上と比較的高齢で、爪の黒い線が太く、色むらがあり、色が途切れたようなサインがある場合には、ホクロのがんである悪性黒色腫を疑うことがあります。 太くなるスピードが速い、爪の変形を伴う、というのも悪性の兆候です。 このような場合には早急に手術が必要になりますので、皮膚科医を必ず受診するようにしてください。 【関連記事】•

次の

爪が剥がれるのに痛くないのはなぜ?病院に行くべき?原因と対処法

足の爪 根元から剥がれる

手の親指の根本にすき間が出来てて、下の肉が見えちゃってる・・• 何か付け根辺りが剥がれそう。 爪全体がグラグラしてて怖い• まだ爪があるのに新しい爪が出てきてるんだけどw という様な、症状があったりします。 具体的にどういう状態になるかと言うと、 先端部分からゆっくりと根本に向かって進行し割れるというモノ。 コチラは先端から割れるので、「何らかの衝撃が加わったのかな?」と思う人が多いんですね。 最近ではその他にも、• 剥離する(剥がれる)• 爪が変形する• 完全に脱落する という強い症状が現れるケースもあるので、注意が必要と言えます。 そのネーミングは通り水痘(すいとう)のような派手な発疹が出てしまうのですが、1つの合併症に 『爪甲剥離症』があり、コチラは先端からじゃなく 根本から割れるんです・・ 状態としては先端が浮く感じになって、根本部分から新たな爪が生えてきちゃうんですね。 見た目的には二枚爪の様な感じに・・ コレはウイルス感染によって正常に爪が作れなくなって、 変なタイミングで生え変わる現象が起こっていると言われています。 その他の特徴としてはコチラ。 足だけじゃなく手の爪にも起こる(発症数は手の方が多い)• 出血はない事が多い• 痛みは個人差があるが、メチャクチャ痛いというケースは少ない• 新たな爪が結構出来ている場合は、剥がしても問題ない事が多い 最後の「剥がしても大丈夫」という点ですが、実際に小児科に行っても軽くピンセットで剥がして終わりというケースもあるとか!ただあくまで、新しいのがそれなりに成長しているケースのみです! そしてこの場合は発症するのが、手足口病にかかって 約45縲鰀60日後になるので、合併症と気付かず焦る人が多いんですね。 感染経路はウイルスなのですが注目して欲しいのが、先ほどの 手足口病のウイルスと似ているという点。 そのため、同じ期間の45縲鰀60日後に発症して爪に異常が出てくるワケなんです。 なので、いきなり爪だけに異常が現れたと勘違いする人も多いので、ちょっとさかのぼって思い返してみてください! 大人が感染する理由は何? スポンサーリンク 治療方法はどうすべきなの!? まず結論から言うと、基本的に 新しい爪が生えてくるまで待つになります。 というより、髪の毛と同じで毎日伸びているので、生え変わのを待つしかないんですね! 先ほど紹介した3つの病気だと、実際に発症した人も、• 激しい痛みがないケースが多い• 新しい爪が生えながら剥がれる• ちょっと変形しているけど、新しいのは綺麗な形をしている という方ばかりなので、「ヤバい、急いで治療しなきゃ!」と焦る人もあまりいないみたいですね縲恤咊uしていて気付いたら、「治っていた」という人もいる位なんです! 注意が必要な場合は!? 既に紹介した爪甲剥離症ですが、手足口病と全く関係なく発症する事があり、コチラはちょっと注意して欲しいんです。 症状は同じなのですが、主に 甲状腺機能が低下している事が原因と言えます。 具体的には、• 糖尿病• 鉄欠乏性貧血• 肺疾患• 梅毒などの感染症 などが挙げられます。 どれも 放置していると危険な病気ですね・・ まだ甲状腺の異常だけだと、• 何だか無性にイライラしてしまう• 急に痩せた• 寝れなくなった など症状が分かりやすいので、心当たりがある方は 医師の診察を受けてみてください! その他の爪の根元のトラブル! 赤く腫れ上がる 手の爪に多いのですが指側が赤く腫れ上がって、爪が凸凹状になってしまうのは カンジダ性慢性爪郭炎の疑いが強いと言えます。 原因は爪の間にカンジダ菌が侵入してしまう事になりますが、手から口に入ってしまい 食中毒になる可能性もあるんですね・・ そしてカビは湿った場所を好むので特に水仕事の人に多いのですが、濡れた後によく乾かす事が大事になります! 皮膚科の先生からのアドバイス! 「手を洗った後に、キチンと拭き取る人は意外と少ないから、爪のトラブルが増えてしまう。 仕事などでよく水に触れる人はその分手を洗うけど、ちゃんと拭かないんだよね縲怐Iだからキチンと拭いて下さいね!」 とアドバイスをくれました。 指先に湿気が多いと菌が発生しやすくなるだけでなく、 爪自体が弱くなって割れやすくなるんですね・・場合によっては、縦に割れるケースもあるです。 こういう事を聞く度に 「人の体ってスゴいな」と関心してしまうのは、僕だけでしょうか?(笑) そして指先まで骨は通っていないため、もし爪がなかったら、グニャグニャして鉛筆を持ったりスマホをタップしたりも出来ないというのも、スゴいなと思ってしまいます。

次の

爪が剥がれる4つの原因と処置方法を徹底解説!

足の爪 根元から剥がれる

ここでは、 爪の病気の画像を紹介しています。 ここに掲載されている爪の病気の画像は参考程度にしてください。 爪の病気は、見た目が似てしまうことがあり、素人では明確な判断を下せないためです。 『』でも書いている通り、体の内部で発生している何かしらの病気が影響し、爪の異常を引き起こしている可能性があります。 または、爪水虫のように、爪自体が正常ではない状態に陥っていることもあります。 どちらの場合にせよ、素人判断してしまうのは避けた方が良いと思います。 万が一でも重度の内臓疾患等を引き起こしている可能性もありますので、 もし爪に違和感を感じるようなことがあれば、専門医の受診をおススメします。 病名 画像 症状 爪の異常の多くがこの症状とも言われているほど多い。 表面が白く濁っている状態。 感染症であり、完治までに時間を要するので特に注意が必要。 薄く白くなり爪先が内側に湾曲してしまう状態。 噛み過ぎて変形してしまった状態。 表面の中央部が肥大化し、盛り上がってしまう状態。 打撲や外傷などで爪の下に血の固まりが起こる状態。 傷から化膿菌が入り込み、周囲が赤く腫れ痛み、炎症をおこす状態。 爪の異常の多くが水虫が原因 「爪の変色」「爪の変形」「皮膚の異常」「痒み」は 爪水虫・水虫の症状の可能性があります。 水虫は非常に厄介な症状ですので、 なるべく早く適切な処置を行うことを強くお勧めします。 噛み過ぎによる変形• 皮膚に食い込み炎症を起こす• 表面の中央部が肥大化し盛り上がる• 周辺の皮膚や甘皮が乾燥し裂ける• スプーン状に中央部がへこみ先が反る• 表面に縦か横の線が入る• 爪の下に血腫ができる• 発育不全でツヤがなく小さい• 表面が縦に割れたり裂ける• 先端部が裂ける• 浮き上がってくる• 点状、線状、全体的に白く変色• 変色し、先から中心にかけ離れる• 表面が分厚くなり、先がフック状に湾曲• 周囲が感染し腫れあがる• 表面に白い点々が出る• 表面が変色したり変形する水虫• 皮膚に食い込み炎症を起こす• 甘皮が成長しすぎて、表面を覆う• 薄くもろくなり、先がフック状に湾曲.

次の