マロッタ ジュエリー。 ジュエリーデザイナー[マロッタ忍]のプロフィールや経歴と結婚している!?[世界はほしいモノにあふれてる]

マロッタ忍(ジュエリーデザイナー)ショップの場所や商品の通販は?(世界は欲しいモノにあふれている)

マロッタ ジュエリー

talkative-jwl. jp マロッタ忍さん。 美人ですねー。 お父さんはゲリーさん、お母さんは早苗さん。 ジュエリーの道を目指したのはお父さんがお土産に買ってきたパズルリングがきっかけ。 25歳の時にジュエリー専門学校に入学。 30歳で自分のブランドを立ち上げました。 大学時代はグラフィックデザインを専攻し、卒業後は印刷会社でデザイナーとして活躍。 自らのデザインをカタチにしたいと思い、ジュエリーの世界へ。 jewelryjournal. 香港にやってきたマロッタさん。 とりあえずアツアツの点心に心奪われている間に、マロッタさん、手慣れた様子で市場やお店を回ります。 ここで登場するのは、香港のファッショニスタとして人気のヴェロニカ・リー(Veronica Li)さん。 実はヴェロニカさんはカナダの高校に在学中に日本に留学しており、今の仕事は留学中に原点があるそうです。 ヴェロニカさんの素敵なアクセサリ使いを紹介。 スタジオでトーク 石をもってマロッタさんがスタジオに登場。 興奮するお二人。 スノードームみたいですね。 三浦さんが見つけたのは、デュモルチライトインクオーツと。 こちらもデュモルチライト入りの水晶です。 繊細な花が咲いているようです。 青い彼岸花みたい、とJUJUさん。 研磨もなにもしてない状態でダイヤモンドのように輝く、 ハーキマーダイヤモンドクォーツ。 岩石の一つの穴に一つの結晶が入ってる。 不思議ですねー。 ずっと見てられます!とJUJUさん。 宝石の宝庫オーストラリアでは、青緑色に輝くサファイアや、珍しいピンクダイヤモンド…などそこにしかない珍しい宝石が続々登場! 次は、オーストラリアにやってきました。 まずは道行く女性のジュエリー使いを観察。 今、オーストラリアではカラーストーンが大流行。 売上は5年で倍増。 従来はダイヤモンドが使われていた婚約指輪や結婚指輪のようなものも世界で唯一無二のものを求める人が多いのだとか。 マロッタさん。 オーストラリアのサファイアを求めてやってきました。 お目当ては緑色のティールサファイヤ。 緑色が深くなりすぎると輝きが失われるそうです。 んまぁ!キレイ! 思わず声が出るJUJUさん。 2色に分かれたバイカラーサファイヤ、青緑黄のパーティーカラーサファイヤ、トルマリン入りのペリドットなど、現地に足を運んだだけのことはある掘り出しものが手に入りました。 スタジオでトーク エンゲージリングを一緒に作る人って「本当に特別な人だから、世界でたった一つにこだわるってわかる気がします」と三浦さん。 分かってるなー さて、ここで問題です。 マロッタさんがオーストラリアで食べた二種類の肉とはなんでしょうか?? JUJUさん「カンガルー」 三浦さん「クロコダイル、ワニ! 」 大正解。 実食はカンガルー!といいながら開けたらワニ 笑 歯ごたえがあるけど、なかなか美味しそうです。 ちょっと寄り道:オーストラリアの雄大な自然 シドニーから北に90キロ、ラミントン国立公園。 お目当てはイースタンイエローロビン、サテンパワーバード、クリムゾン・ロゼラなどなど。 鳥も宝石も自然が作り出した色。 年に一度のオパールのお祭りで見つけたお宝オパールとは? オパールフェスティバルにやってきたマロッタさん。 つぎつぎとジュエリーの材料になるオパールを見つけていきます。 原石を見るともうアクセサリになった姿が思い浮かんでるんでしょうね。 そこへ、現地でオパール会社を営む蓑田秀一さん登場。 蓑田さんはイリス・オパール(旧社名ジェムズ・インターナショナル)という会社を営むブラック・ボルダーオパールのスペシャリストです。 blackopal. html 蓑田さんに誘われて、採掘場で実際にオパールを掘るマロッタさん。 掘っては原石として使えそうか見ていきます。 オパールは遊色効果が大事。 宝石になるのはほんの一握りだそうです。 それでもオパールに魅せられた人たちは毎日毎日崩落の危機にさらされながら掘り続けています。 オパールフェスティバルでも掘りだしを見つけたマロッタさん。 帰国してさっそくアクセサリーに加工します。 スタジオでトーク アクセサリを披露するマロッタさん。 JUJUさんMCというよりはただのジュエリー好きの女の人と化しています。 次々と指にはめては三浦さんに「お似合いですよ」とおだてられるの繰り返し。 思わず「お高いんでしょ?」「世界はほしいモノにあふれてる!よくないね!」と口走るJUJUさん。 マロッタさん、今回の旅で手に入らなかったのは、ピンクダイヤモンド。 採掘場が閉鎖されるので値段が高騰して手が出ませんでした。 代わりにと特別に見せてもらったのはピンクを通り越してより色の濃いレッドダイヤモンド。 お値段はもうもうもう💦 ジュエリーは遠くにありて思うもの。 『世界はほしいモノであふれてる』放送予定。 再放送はいつ? NHKオンデマンド登録で見逃し視聴もできます。 nhk. nhk. nhk. nhk-ondemand. nhk. 文楽エバンジェリスト。 「文楽を気楽に楽しみたい」ので「楽楽子(ららこ)」です。 「世界文楽ファン化計画」推進中w 数年前の初観劇以来、じわじわ人形浄瑠璃文楽にハマってます。 世界に誇る人形劇をもっと知りたい。 もっと広めたい。 お着物で観劇も楽しんでます。 宝塚も好き。 ズボラ着物ライフもマジメに探究。 美の壺もツボ。 最近のコメント• に らら子 より• に らら子 より• に たいし より• に たいし より• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

ジュエリーデザイナー[マロッタ忍]のお店の場所や宝石の値段と通販方法は?

マロッタ ジュエリー

talkative-jwl. jp マロッタ忍さん。 美人ですねー。 お父さんはゲリーさん、お母さんは早苗さん。 ジュエリーの道を目指したのはお父さんがお土産に買ってきたパズルリングがきっかけ。 25歳の時にジュエリー専門学校に入学。 30歳で自分のブランドを立ち上げました。 大学時代はグラフィックデザインを専攻し、卒業後は印刷会社でデザイナーとして活躍。 自らのデザインをカタチにしたいと思い、ジュエリーの世界へ。 jewelryjournal. 香港にやってきたマロッタさん。 とりあえずアツアツの点心に心奪われている間に、マロッタさん、手慣れた様子で市場やお店を回ります。 ここで登場するのは、香港のファッショニスタとして人気のヴェロニカ・リー(Veronica Li)さん。 実はヴェロニカさんはカナダの高校に在学中に日本に留学しており、今の仕事は留学中に原点があるそうです。 ヴェロニカさんの素敵なアクセサリ使いを紹介。 スタジオでトーク 石をもってマロッタさんがスタジオに登場。 興奮するお二人。 スノードームみたいですね。 三浦さんが見つけたのは、デュモルチライトインクオーツと。 こちらもデュモルチライト入りの水晶です。 繊細な花が咲いているようです。 青い彼岸花みたい、とJUJUさん。 研磨もなにもしてない状態でダイヤモンドのように輝く、 ハーキマーダイヤモンドクォーツ。 岩石の一つの穴に一つの結晶が入ってる。 不思議ですねー。 ずっと見てられます!とJUJUさん。 宝石の宝庫オーストラリアでは、青緑色に輝くサファイアや、珍しいピンクダイヤモンド…などそこにしかない珍しい宝石が続々登場! 次は、オーストラリアにやってきました。 まずは道行く女性のジュエリー使いを観察。 今、オーストラリアではカラーストーンが大流行。 売上は5年で倍増。 従来はダイヤモンドが使われていた婚約指輪や結婚指輪のようなものも世界で唯一無二のものを求める人が多いのだとか。 マロッタさん。 オーストラリアのサファイアを求めてやってきました。 お目当ては緑色のティールサファイヤ。 緑色が深くなりすぎると輝きが失われるそうです。 んまぁ!キレイ! 思わず声が出るJUJUさん。 2色に分かれたバイカラーサファイヤ、青緑黄のパーティーカラーサファイヤ、トルマリン入りのペリドットなど、現地に足を運んだだけのことはある掘り出しものが手に入りました。 スタジオでトーク エンゲージリングを一緒に作る人って「本当に特別な人だから、世界でたった一つにこだわるってわかる気がします」と三浦さん。 分かってるなー さて、ここで問題です。 マロッタさんがオーストラリアで食べた二種類の肉とはなんでしょうか?? JUJUさん「カンガルー」 三浦さん「クロコダイル、ワニ! 」 大正解。 実食はカンガルー!といいながら開けたらワニ 笑 歯ごたえがあるけど、なかなか美味しそうです。 ちょっと寄り道:オーストラリアの雄大な自然 シドニーから北に90キロ、ラミントン国立公園。 お目当てはイースタンイエローロビン、サテンパワーバード、クリムゾン・ロゼラなどなど。 鳥も宝石も自然が作り出した色。 年に一度のオパールのお祭りで見つけたお宝オパールとは? オパールフェスティバルにやってきたマロッタさん。 つぎつぎとジュエリーの材料になるオパールを見つけていきます。 原石を見るともうアクセサリになった姿が思い浮かんでるんでしょうね。 そこへ、現地でオパール会社を営む蓑田秀一さん登場。 蓑田さんはイリス・オパール(旧社名ジェムズ・インターナショナル)という会社を営むブラック・ボルダーオパールのスペシャリストです。 blackopal. html 蓑田さんに誘われて、採掘場で実際にオパールを掘るマロッタさん。 掘っては原石として使えそうか見ていきます。 オパールは遊色効果が大事。 宝石になるのはほんの一握りだそうです。 それでもオパールに魅せられた人たちは毎日毎日崩落の危機にさらされながら掘り続けています。 オパールフェスティバルでも掘りだしを見つけたマロッタさん。 帰国してさっそくアクセサリーに加工します。 スタジオでトーク アクセサリを披露するマロッタさん。 JUJUさんMCというよりはただのジュエリー好きの女の人と化しています。 次々と指にはめては三浦さんに「お似合いですよ」とおだてられるの繰り返し。 思わず「お高いんでしょ?」「世界はほしいモノにあふれてる!よくないね!」と口走るJUJUさん。 マロッタさん、今回の旅で手に入らなかったのは、ピンクダイヤモンド。 採掘場が閉鎖されるので値段が高騰して手が出ませんでした。 代わりにと特別に見せてもらったのはピンクを通り越してより色の濃いレッドダイヤモンド。 お値段はもうもうもう💦 ジュエリーは遠くにありて思うもの。 『世界はほしいモノであふれてる』放送予定。 再放送はいつ? NHKオンデマンド登録で見逃し視聴もできます。 nhk. nhk. nhk. nhk-ondemand. nhk. 文楽エバンジェリスト。 「文楽を気楽に楽しみたい」ので「楽楽子(ららこ)」です。 「世界文楽ファン化計画」推進中w 数年前の初観劇以来、じわじわ人形浄瑠璃文楽にハマってます。 世界に誇る人形劇をもっと知りたい。 もっと広めたい。 お着物で観劇も楽しんでます。 宝塚も好き。 ズボラ着物ライフもマジメに探究。 美の壺もツボ。 最近のコメント• に らら子 より• に らら子 より• に たいし より• に たいし より• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

talkative Online Shop

マロッタ ジュエリー

ハイジュエリーとカジュアルの中間を狙い、戦略的に学んだ学生時代 大学でグラフィックを学び、印刷会社に就職後、ジュエリーデザイナーを志したマロッタ忍氏。 独立を目指し、24歳でヒコ・みづのジュエリーカレッジに入学、パートナーとなる女性に出会う。 互いに社会人経験を持つ二人は、在学中から戦略的に動いた。 「当時は量産型のジュエリーが主流。 少しでも他の人と違うものを身に着けたいとなるとハイエンドなアートジュエリーしか選択肢がないという時代でした。 私たちはその中間を目指していたので、従来の技法を学べるメタルクラフトのコースとアートジュエリーコースに分かれて専攻することに。 学んだ技術を教え合い、対極にある2分野をお互い効率的に学ぶことができました」 卒業後も異なる分野の企業で働き、独立に向けた知識を蓄えることに。 パートナーはジュエリーの卸会社で販売スキームを、自身はジュエリーメーカーでデザインを学んだ。 量産品からハイジュエリーまで携わり、「手の届く価格」と「こだわり」を両立させるためのスキームを検討していった。 08年に二人でブランドを設立するが、パートナーの出産に伴い、11年より一人でブランド「talkative」を手がけることになる。 「デザインの中に小さなサプライズを隠して、『おもしろいピアスだね』といった会話の生まれるジュエリーをつくりたいのです。 原点は幼い頃、海外赴任していた父がお土産にくれたパズル・リング。 一生身に着けるに相応しいものづくりを目指す マロッタ氏は、学生時代から地金を柔らかく見せる技術や手法を追求し、様々な素材の魅力をグラフィカルなデザインに置き換えて表現している。 「グラフィック出身なので、三次元の彫刻的な立体をつくることは苦手なんですね。 逆に、平面でものをとらえ、立体に起こす作業なら飽くことなく追求できるのです。 苦手を排して得意なことに専念しようと考えた結果でしたね」 たとえばチェーンの魅力を平面で表現した「フェイク」は、コピー機で本物のチェーンを何度も写し出し、意図せずして生まれる形状の美しさを地金でかたどったもの。 チェーンを見下ろした形状をネックレスのトップにした意外性あるデザインだ。 一方、宝石の二次元図がモチーフの「ジュエルスライス」は、平面的にカットした地金を丸めて立体のリングにした。 マット加工した後、手作業でエッジ部分を磨くこだわりも隠されている。 「ほかとは何かが違うと感じてほしくて、見た目以外の部分も丁寧に仕上げています。 それに相応しいものづくりを続けていきたいと思います」 11年からは「一生に一度の大切な指輪」となるブライダルラインもスタート。 自分のためにつくったマリッジ・リングがバーニーズ・ニューヨークのバイヤーの目に留まったことがきっかけだ。 ひと味違う存在感が、新たな輝きを生み出し続けている。

次の