エクセル 応答なし。 エクセル、ワード、パワーポイントが「応答なし」が頻発し操作できない。

Excelが対応なし・フリーズする原因と応急処置

エクセル 応答なし

追記 Microsoft Excel 2010が起動しない不具合、以下のURLをクリックして解決方法を参考してください。 現在の最新Office 2019で新しい機能が追加されています。 特に、Excel 2019では新しい関数が追加されました。 こちらはの新機能については紹介しています。 参考にしてください。 Excelが動作しなくなる現象 仕事でExcel(エクセル)2016を毎日使っていましたが、ある日から、Excel が応答しない、停止する、フリーズする、動作しなくなります。 Excel フリーズ が発生する原因 一般的に Excel の動きが重い・遅い・ フリーズする・固まるなどの場合の原因は以下の5つの問題の可能性があります。 Excel ファイルのデータが大きい• パソコンのスペックが足りない• 設定やアドインでトラブルが起きている• Excelのプログラムが不具合、バージョンが古い• ウイルス対策ソフトウェアが Excel と競合している ここに記載した解決方法に、記載の順序で従ってください。 Excelが応答しない時の解決方法 1. Excelファイルが重くなっていることはファイルのサイズが大きくなることが原因です。 重い場合は、やはり「一見見えないデータ」が入っていることが想定されます。 Excelを右クリックします。 プロパティをクリックします。 Excelデータのファイルサイズを見ながら、できるだけ1つのファイルに、できるだけ1つのシートに、データをまとめるのが効率化の第一歩です。 ・データの部分を新しいシートに貼り付けてみる• ・データのない空白の行や列を削除してみる を試してみましょう。 パソコンのスペックを確認する パソコンのスペックは Excel の動作速度に影響を与えます。 自分のパソコンのOS、CPU、メモリー、ハードディスク(全体容量、空き容量)は最低限把握しておきましょう。 マイコンピュータを右クリックします。 プロパティをクリックします。 デスクトップ上にマイコンピュータがない場合、左下スタートメニューのなかにあります。 Office 2016の必要スペックは2 GBですが、セキュリティソフトやゲームソフトなどをあわせて使うで、4 GB以上が必要です。 スペック不足な場合の対処方法はパソコンの買い替えを検討するとよいだろう。 Excelの設定でトラブルが起きている Excelファイルサイズも小さいのに、Excelが動作しなくなる場合、グラフィックを軽量化します。 Excel を開きます。 ファイルをクリックします。 オプションをクリックします。 詳細設定をクリックします。 表示の下にあるハードウェアグラフィック アクセレーターを無効にするに[レ]を入れて[ Excel OK]。 このハードウェア グラフィック アクセラレータを無効にしておいてもいいものか、ですが• ・ノートPCの場合• ・デスクトップPCだけどグラフィックボードなるものを追加した覚えは無い• ・そもそもエクセルに高性能なグラフィックなんて求めてない という方は、「ハードウェア グラフィック アクセラレータを無効にする」にチェックを入れておいて良いと思います。 Office プログラムを修復する Office プログラムを修復すると、Office ファイル内のエラーが自動的に修復されるため、Excel が応答しない、停止する、フリーズする問題を解決できることがあります。 この手順については、「」を参照してください。 ウイルス対策ソフトウェアが最新であり、Excel と競合していないことを確認する ウイルス対策ソフトウェアが最新でない場合、Excel が適切に動作しないことがあります。 ウイルス対策ソフトウェアが最新であることをご確認ください。 使用しているウイルス対策ソフトウェアを一時的に停止して、Excel を使用してみます。 Excel の状況が直るとウイルス対策ソフトが原因になっている可能性が高いです。 使用しているウイルス対策ソフトウェアを一時的に停止して、Excel を使用してみます。 Excel の状況が直るとウイルス対策ソフトが原因になっている可能性が高いです。 その場合、ウイルス対策ソフトを軽くする方法を考えます。 重要: ウイルス対策ソフトウェアの設定を変更すると、使用している PC がウイルス、詐欺、または悪意のある攻撃の危険にさらされる可能性があります。 Microsoft では、ウイルス対策ソフトウェアの設定を変更しないことをお勧めします。 この方法は、ご自身の責任において実施してください。 最後に エクセルの処理が遅い場合の対処法について、紹介してきました。 この記事で紹介した内容を活用すれば、作業の進みが改善できるでしょう。 人気記事• 9807 2020-02-19• 9516 2018-05-17• 9474 2020-02-17• 9277 2019-04-19• 9091 2020-02-06• 8994 2020-02-17• 8843 2018-07-30• 8812 2018-05-18• 88004 2020-02-05• 8606 2020-02-20• 8547 2020-02-22• 8492 2017-10-05• 8170 2020-02-13• 8119 2017-09-04• 8014 2020-02-12• 79921 2020-02-20• 77914 2019-04-11• 7518 2018-01-22• 7369 2018-05-19• 72219 2020-02-10 Tags•

次の

エクセル、ワード、パワーポイントが「応答なし」が頻発し操作できない。

エクセル 応答なし

対処1: セーフモードでパソコンを起動する Windowsのアプリケーションの中には、自動起動してバックグラウンドで動作しているものもあります。 常駐するアプリケーションが増えれば、当然パソコンの負担は大きくなるため、応答なしなどのフリーズを引き起こす要因になります。 そのため、 セーフモードで起動することで、常駐するアプリケーションがフリーズを引き起こしているかを確認することができます。 セーフモードで起動して、「応答なし」が起きないようであれば、インストールしているアプリケーションが原因になっています。 Windows10をセーフモードで起動する方法がわからない方は次の記事を参考にしてみてください。 対処2: 常駐しているアプリケーションを停止・削除する セーフモードで応答なしが起きないことを確認できたら、どのアプリケーションが負担になっているか特定しましょう。 パソコンへの負担は、 タスクマネージャーを使って簡単に確認することができます。 プロセスタブになっていることを確認して 【CPU】と【メモリ】の使用率が高いアプリケーションを見つけましょう。 ちなみに、CPU・メモリの項目をクリックすると使用率が高い順にソートすることができます。 不要なアプリケーションはアンインストールする インストールしたものの使う機会がないソフトや、パソコン購入時に入っているソフトで一度も使用していないようなものや、この際アンインストールしてみましょう。 ただし、購入時から導入されているソフトの中には重要なものもあるので、必須のソフトかどうか情報を検索するなどしっかり裏取りを取ってから削除しましょう。 すると、インストールされているプログラムが表示されるので、不要なものをアンインストールしましょう。 勝手に起動しているアプリケーションはスタートアップを無効に 消す必要はないアプリケーションでも、起動した覚えがないのに勝手に起動しているものもあります。 こういった自動起動してしまうアプリケーションは、 タスクマネージャーの【スタートアップ】のタブから停止することができます。 パソコン起動時に自動起動する必要がないアプリケーションは、 【無効】にしてしまいましょう。 対処3: ウィルス対策ソフトを無効にする 最近では情報漏えいやウィルスによる遠隔操作などのニュースも多く、「ウィルス対策ソフト」の重要度が高まっています。 ところが、 ウィルス対策ソフトがパソコンにかなりの負担を与えているケースがあります。 特に「リアルタイム保護」の機能は、常時スパイウェアやマルウェアを監視してくれますが、パソコン上で動かすほとんどの処理に割り込んでくるため、パソコン全体のパフォーマンスの低下に繋がります。 また、製品によってはチェックが過剰すぎて負担がかなり多きいウィルス対策ソフトも存在します。 ウィルス対策ソフトを一時的に停止して、応答なしが改善する場合は、他のウィルス対策ソフトを検討しましょう。 動作が軽くて検出率の高いウィルス対策ソフトは何? ウィルス対策ソフトは、家庭パソコンなど、よほど漏れると困るデータがない限り、 Windows10以降で標準搭載されている「Windows Defender」で十分です。 世界の調査機関の発表しているAVテストによれば、「Windows Defender」でも検出率が99. また、Microsoft自身が提供しているウィルス対策ソフトですので、過剰なセキュリティ対策も組み込まれていません。 もし法人のパソコンで、検出率が高く動作が快適なウィルス対策ソフトをお探しの方は、Amazonや楽天でも高評価の 「ESET パーソナル セキュリティ」をおすすめします。 対処4: 物理メモリを4GB以上に増設する ここまでの内容でパソコン環境を改善しても状況が変わらない場合は、単純にPCの物理メモリが不足していることが考えられます。 「メモリ」は、同時に動作させるプログラムの「作業エリア」のようなもので、 動いているプログラムが「メモリ」の範囲以上に増えると、パソコンの動作が遅くなり「応答なし」でフリーズするケースが多くなります。 Windows10の最低限必要なメモリ量は、64bit版で2GB以上と公式から発表されています。 PCを快適に動作させるには、 最低でも4GB以上のメモリはほしいところです。 そのため、PCのメモリを一度確認して4GB未満の場合はメモリの増設を検討してみましょう。 メモリが故障していた場合は、メモリの交換かPCの買い替えを検討して下さい。 対処5: PC内部を確認・掃除する パソコンのフリーズの原因として考えられるのは 「熱暴走」です。 パソコン内部の温度が上昇することにより、パソコンに異常が発生するケースがあります。 最悪の場合、ブルースクリーンが表示され異常シャットダウンする場合もあります。 「熱暴走」が起きる原因として、 パソコン内部にホコリが溜まっていることが挙げられます。 内部にホコリが溜まることで、内部温度を下げるためのファンが正常に動かない・もしくはホコリによりファンの効果が薄れてしまう場合があります。 そのため、「応答なし」が頻繁に起きる時は、一度パソコン内部を確認して、ホコリが溜まっている場合は、エアダスターや掃除機などを使って掃除を行って下さい。 掃除をする際は、内部の部品を壊さないよう慎重に。 パソコンの内部は精密機器が多数入っていますので、気を付けながら作業を進めましょう。 対処6: ハードウェアをを交換する 応答なしの原因が、ソフトウェアではなくハードディスクにある場合も考えられます。 ハードディスクに不具合が発生し始めるのは、 購入より5年経過した頃からと言われています。 ここまでの解決策を試しても状況が変わらない場合は、ハードディスクの交換か、PC自体の買い替えを検討して下さい。 従来のHDDを搭載しているPCの場合は、ハードディスクをSSDに交換することで、ディスクの読み書き速度が上がって、応答なしが改善できる可能性があります。

次の

パソコンが頻繁に応答なし・フリーズする時の対処法は?【Windows10】

エクセル 応答なし

追記 Microsoft Excel 2010が起動しない不具合、以下のURLをクリックして解決方法を参考してください。 現在の最新Office 2019で新しい機能が追加されています。 特に、Excel 2019では新しい関数が追加されました。 こちらはの新機能については紹介しています。 参考にしてください。 Excelが動作しなくなる現象 仕事でExcel(エクセル)2016を毎日使っていましたが、ある日から、Excel が応答しない、停止する、フリーズする、動作しなくなります。 Excel フリーズ が発生する原因 一般的に Excel の動きが重い・遅い・ フリーズする・固まるなどの場合の原因は以下の5つの問題の可能性があります。 Excel ファイルのデータが大きい• パソコンのスペックが足りない• 設定やアドインでトラブルが起きている• Excelのプログラムが不具合、バージョンが古い• ウイルス対策ソフトウェアが Excel と競合している ここに記載した解決方法に、記載の順序で従ってください。 Excelが応答しない時の解決方法 1. Excelファイルが重くなっていることはファイルのサイズが大きくなることが原因です。 重い場合は、やはり「一見見えないデータ」が入っていることが想定されます。 Excelを右クリックします。 プロパティをクリックします。 Excelデータのファイルサイズを見ながら、できるだけ1つのファイルに、できるだけ1つのシートに、データをまとめるのが効率化の第一歩です。 ・データの部分を新しいシートに貼り付けてみる• ・データのない空白の行や列を削除してみる を試してみましょう。 パソコンのスペックを確認する パソコンのスペックは Excel の動作速度に影響を与えます。 自分のパソコンのOS、CPU、メモリー、ハードディスク(全体容量、空き容量)は最低限把握しておきましょう。 マイコンピュータを右クリックします。 プロパティをクリックします。 デスクトップ上にマイコンピュータがない場合、左下スタートメニューのなかにあります。 Office 2016の必要スペックは2 GBですが、セキュリティソフトやゲームソフトなどをあわせて使うで、4 GB以上が必要です。 スペック不足な場合の対処方法はパソコンの買い替えを検討するとよいだろう。 Excelの設定でトラブルが起きている Excelファイルサイズも小さいのに、Excelが動作しなくなる場合、グラフィックを軽量化します。 Excel を開きます。 ファイルをクリックします。 オプションをクリックします。 詳細設定をクリックします。 表示の下にあるハードウェアグラフィック アクセレーターを無効にするに[レ]を入れて[ Excel OK]。 このハードウェア グラフィック アクセラレータを無効にしておいてもいいものか、ですが• ・ノートPCの場合• ・デスクトップPCだけどグラフィックボードなるものを追加した覚えは無い• ・そもそもエクセルに高性能なグラフィックなんて求めてない という方は、「ハードウェア グラフィック アクセラレータを無効にする」にチェックを入れておいて良いと思います。 Office プログラムを修復する Office プログラムを修復すると、Office ファイル内のエラーが自動的に修復されるため、Excel が応答しない、停止する、フリーズする問題を解決できることがあります。 この手順については、「」を参照してください。 ウイルス対策ソフトウェアが最新であり、Excel と競合していないことを確認する ウイルス対策ソフトウェアが最新でない場合、Excel が適切に動作しないことがあります。 ウイルス対策ソフトウェアが最新であることをご確認ください。 使用しているウイルス対策ソフトウェアを一時的に停止して、Excel を使用してみます。 Excel の状況が直るとウイルス対策ソフトが原因になっている可能性が高いです。 使用しているウイルス対策ソフトウェアを一時的に停止して、Excel を使用してみます。 Excel の状況が直るとウイルス対策ソフトが原因になっている可能性が高いです。 その場合、ウイルス対策ソフトを軽くする方法を考えます。 重要: ウイルス対策ソフトウェアの設定を変更すると、使用している PC がウイルス、詐欺、または悪意のある攻撃の危険にさらされる可能性があります。 Microsoft では、ウイルス対策ソフトウェアの設定を変更しないことをお勧めします。 この方法は、ご自身の責任において実施してください。 最後に エクセルの処理が遅い場合の対処法について、紹介してきました。 この記事で紹介した内容を活用すれば、作業の進みが改善できるでしょう。 人気記事• 9807 2020-02-19• 9516 2018-05-17• 9474 2020-02-17• 9277 2019-04-19• 9091 2020-02-06• 8994 2020-02-17• 8843 2018-07-30• 8812 2018-05-18• 88004 2020-02-05• 8606 2020-02-20• 8547 2020-02-22• 8492 2017-10-05• 8170 2020-02-13• 8119 2017-09-04• 8014 2020-02-12• 79921 2020-02-20• 77914 2019-04-11• 7518 2018-01-22• 7369 2018-05-19• 72219 2020-02-10 Tags•

次の