トイレ サボっ た リング。 トイレのさぼったリングができる理由とお掃除方法

さぼったリングがどうしても取れません! | 掃除屋10年のプロ「リュウジ」が教える本当の汚れの落とし方

トイレ サボっ た リング

トイレの汚れにはさまざまな種類がありますが、便器のなかにある水たまり部分にできる黒ずみは、とくに不潔な印象がありますね。 この黒ずみは「サボったリング」とも呼ばれるとおり、トイレ掃除をサボったときや、トイレを長期間使用しなかったときに発生します。 サボったリングの簡単な落とし方 基本は「ブラシでこする」 サボったリングの正体は、尿などの汚れの上に発生した黒カビや微生物です。 そのため、土台になっている汚れをブラシなどでこすり落とすと黒ずみも同時に落とすことができます。 サボったリングができてすぐの段階であれば中性洗剤をかけてこすれば落ちることが多いので、まずはブラシでこすり洗いしてみましょう。 こすっても落ちない場合は洗剤を使う ブラシでこすっても汚れが落ちないというときは、尿石ができた上にカビが発生している状態です。 尿石はアルカリ性の汚れですので、酸性洗剤を使用して落とすことができます。 酸性度の強い洗剤をかけて数分間おき、ブラシでこすってみましょう。 また、灯油ポンプなどを使って水を抜き、トイレットペーパーと酸性洗剤を使って30分間「パック」する方法もあります。 水で洗剤が薄まらないため高い効果を期待できますが、水を抜く手間がかかるなどのデメリットがあります。 サボったリングの予防法 1. こまめに掃除する 「サボったリング」の名前のとおり、掃除を怠ったことが原因で発生する黒ずみ汚れの予防法は、なんといっても「こまめに掃除する」ことです。 トイレ使用後、クエン酸をスプレーする トイレを使用して水を流した後、クエン酸水をスプレーで吹きかけておくと、水で流しきれなかったアルカリ性の汚れを溶かしてくれます。 サボったリングだけではなく、黄ばみ防止効果も期待できます。 トイレスタンプなどを使う 便器のなかにスタンプするトイレクリーナーを使うと、軽い汚れなら水を流すだけで落とすことができるほか、サボったリングや黄ばみ汚れができにくくなります。 スタンプ剤を使うことでトイレ掃除をまったくしなくてもよいというわけではありませんが、掃除の頻度を減らすことができるため、忙しい人には最適です。 タンク内を掃除する トイレタンクのなかは常にジメジメとした環境ですのでカビが繁殖しやすい環境となっています。 便器をいくらきれいにしても、タンクの水がカビに汚染された状態では、水を流すたびにカビを塗り広げるようなものです。 トイレタンクの掃除は、タンクのなかに入れる洗浄剤を使った方法と、タンクの蓋を外してスポンジなどを使って本格的に掃除する方法があります。 洗浄剤を使った方法は手軽ですが、汚れを落としきることができないことも多く、軽い汚れや汚れがひどくなることを防ぐと言ったほうがよいでしょう。 タンクの蓋を外して掃除をすると汚れをきれいに取ることができますが、トイレの水を止めなくてはならない、重い蓋を外さなくてはならないなどの手間がかかります。 部品を破損させてしまうこともあるため、注意が必要です。 タンク内の掃除は年に一回程度、プロに依頼することをおすすめします。 まとめ トイレのサボったリングの正体は黒カビですが、カビ取り剤である塩素系漂白剤はできるだけ使用を避けてください。 アルカリ性の洗剤を使うことで変色などを起こす便器があるほか、トイレ用洗剤の主流である酸性洗剤と化学反応を起こして有毒ガスが発生する可能性があります。 塩素系の洗剤を使用する場合は、使用前と使用後にしっかりと水洗いをし、酸性洗剤を反応しないよう注意してください。 また、窓を開けるなどの換気を十分に行ってください。 そのほかの「よくある質問」はこちら•

次の

さぼったリングどころじゃない!トイレの黒ずみと黄ばみを簡単除去する【プロの技】|ご家庭向け|ブログ|渋谷広尾店/ハウスクリーニングならおそうじ革命

トイレ サボっ た リング

そもそもさぼったリングとは? この黒い汚れは通称「 さぼったリング」と呼ばれています。 また、トイレ掃除をさぼることで、汚れがリング状にあらわれてくることからこのように言われています。 では、 そもそもさぼったリングの原因はなんなのでしょうか? お掃除方法をご紹介する前に、汚れの原因を追求してみましょう。 さぼったリングの原因は、 ずばり尿石です。 尿石(にょうせき)は、 1. 尿路結石の略。 尿に含まれる成分が便器内で固まったもの。 本項で説明する。 尿石(にょうせき)は、尿に溶けているカルシウムイオンが濃縮および炭酸などと反応、カルシウム化合物として便器および配管の内部に付着・沈積したものである。 主に男子用小便器および管路に発生する他、女子用大便器やその管路にも発生する。 色は尿に含まれる色素の色(茶色や黄色)である。 引用: さぼったリングの原因の尿石は、2を指します。 この尿石に、 雑菌や黒カビが繁殖することでさぼったリングが形成されていきます。 そんな厄介なさぼったリングの落とし方を紹介します。 さぼったリングの落とし方! さぼったリングの落とし方はいくつかあります。 できたばかりのさぼったリングは、実はブラシでこするだけで簡単に落ちることもあります。 しかし、 頑固にこびりついたさぼったリングをゴシゴシブラシなどで擦ってしまうと、コーティングなとが剥がれてしまう恐れがあり、便器内を傷つけかねません。 そこで、 頑固なさぼったリングの簡単な落とし方、5つの方法をご紹介します! ぜひ、自身にあった落とし方を見つけてみてくださいね。 引用:• 便器内の水位を下げます。 水が多くて洗剤の効果が落ちてしまうことを防ぎます。 トレイブラシを便器の奥へ上下させることで、水位を下げることができます。 さぼったリング汚れを覆うようにトイレットペーパーをひきます。 洗剤が汚れに浸透するようにひくことがポイントです。 サンポールを注いで3分ほど放置します。 洗剤をたっぷりかけて汚れに浸透させます。 トイレットペーパーを浸るくらいが目安です。 ブラシでこすります。 3分後、トイレットペーパーをよけてブラシでこすり落とします。 こすり終えたら水を流して完了です。 クエン酸は使い道の多いものなので、すぐに取り組める方法の1つです。 私もまずはクエン酸から始めましたよ。 専用粉末を使用する方法 小林製薬のブルーレットさぼったリングを使用します。 引用:• 水洗トイレ便器の水たまり部分に1袋を投入し、30分から1時間ほど放置します。 (換気をした上で1晩放置しても使用上に問題はありません。 (便座に粉が付着した場合はすぐにふきとる。 洗浄終了後、泡がなくなるまで水を流す。 ただし、粉が舞う可能性があるため、便器内の水の近くからそっと投入してください。 また便座に粉がついてしまった場合はすぐに拭き取ってください。 塩素系、酸性系それぞれの洗剤を同時に使うことは絶対にしないでください。 猛毒が発生し、命にかかわりかねません。 設置型のトイレ洗浄剤を利用されている方も注意が必要です。 さぼったリング予防法 とにかくキレイに保つ! さぼったリングを防ぐ1番の近道は、 まめに掃除をして便器を黒くさせないことです。 それでも毎日の掃除はちょっと負担だし・・・ そんな不安を解消できるお手伝いをさせてください! 重曹を使ってみよう 重曹は直接汚れを落とす効果こそありませんが、 黒ずみの予防に効果があります。 タンク内の水に重曹を溶かすことによって、 タンク内のカビを防ぎ、水の状態を改善すること が出来ます。 重曹はタンクを傷つけることがないので、安心して使用することができます。 オキシクリーンを使ってみよう トイレ掃除、 ほったらかしで掃除が完了したらこんなに嬉しいことはないですよね。 テレビや雑誌で目にすることの多くなったオキシクリーンを使ってみます。 引用:• 洗浄液を作ります。 バケツに付属のスプーンで半分ほどのオキシクリーンを入れます。 次に40〜50度のお湯を1Lくらいを入れます。 お風呂場のシャワーなどを利用すると早いです。 よくかき混ぜます。 オキシクリーンは水に溶けにくいので、しっかり混ぜておきます。 トレイにかけてつけおきします。 できた洗浄液をそのまま便器内へ流し込み、そのまま1〜6時間ほど放置します。 オキシクリーンを使用中はトイレが使えなくなるので、 寝る前や外出前の使用がおススメです。 最後に水を流せば完了です。

次の

トイレに黒ずみ汚れが!

トイレ サボっ た リング

NABCの簡単な特徴• 中性洗剤• トイレの洗浄、除菌、消臭に効果的• トイレ以外でも洗面台の洗浄にも使える• 酷い汚れ、尿石などの除去はバイオボウルに劣る• 簡単な汚れ、日常清掃 =NABC(ナバック)を使う。 しつこい黒ずみ、尿石 =バイオボウルを使う。 と思って下さい。 軽度のさぼったリングをNABC(ナバック)で落とす方法 さぼったリングでも軽度のモノなら、 NABC(ナバック)でも取れる場合があります。 中度~重度の汚れの場合は、次のバイオボウルを使った方法を読んでください。 さぼったリングがある状態 1. トイレ洗剤NABC(ナバック)を さぼったリングにスプレーします。 2.NABCをスプレーしたら、そのまま 10分~20分程放置しておきます。 3.10分経ったら、 トイレブラシなどで優しくコスって下さい。 これで大体の場合は写真のようにさぼったリングが落とせます。 「頑張らないで、汚れは科学的に落とす!」これが今のプロのお掃除の流れになっています。 さぼったリングをバイオボウルで落とす方法 軽度のさぼったリングは、NABCで落とせると思いますが、酷い汚れ(固まった尿石など)や、年季の入った汚れはNABC(ナバック)では落ちない場合があります。 そんな時は、NABCと同じ会社から出ている バイオボウルと言うトイレ便器内側専用の洗剤を使います。 バイオボウルを準備します 1. バイオボウルを原液のまま、トイレ内側に垂らします。 トイレブラシなどで、全体に塗っていきます。 あくまで、軽く塗っていくイメージです。 10分程たったら、軽くブラシでコスって水を流せば終了です。 写真のようにピカピカになるはずです。 年季の入った酷い汚れの場合は、一回の掃除ではなかなか落ちない事もあります。 ですが、バイオボウルで繰り返し掃除をしていけば、段々と バイオボウルのバイオの力が汚れを分解して落としてくれます。 基本的にはNABCの使い方と同じですが、バイオボウルの場合は、洗浄した後に かならず 水を流して終了してください。 大まかに分けると、以上のような原因が考えられます。 この場合、トイレの表面に細かい傷が出来てしまっていて、その傷が出来た部分から汚れや菌がトイレの材質の奥深くまで浸透してしまっている可能性が高く、汚れを落とすのは業者でも難しかったりします。 この解決策は主に2つです。 トイレ掃除専門の 再コーティングが出来る業者に依頼して解決する方法• カビや微生物、ホコリ、水垢などがくっついて落ちにくい汚れになっているので厄介です。 (見た目も汚いですが、カビって単純に嫌ですよね。 やはり体にも良くありませんし…) 主な原因 さぼったリングは、その名の通りトイレ掃除をさぼったり、長い間トイレを使わないでいたりすると、その間にカビなどの微生物が繁殖して出来るものと言われています。 さぼったリングの予防法 さぼったリングの予防法としては、 小まめに掃除するのが一番です。 とはいえ、分かっていても掃除出来ないときもありますよね?そんな時は、トイレを使った後に NABC(ナバック)を軽くトイレ内側にスプレーするだけでも予防効果が期待できます。 私の場合は毎回トイレを使ったあとに、原液から10倍薄めたNABC(ナバック)を軽くスプレーするようにしています。 それだけで、お掃除の回数はすごく減りました。 歴代人気記事TOP10•

次の