航空 エンジニア の やり直し。 航空特殊無線技士の電気通信術とはどんなことをやるのですか?

数学好き/得意な人間のための職業 10選【数学求人】

航空 エンジニア の やり直し

そう、FEさんは新人CAの私に教えてくれたのである。 「操縦室では必ず2人体制を!」 「航空会社は乗員の健康チェックを!」 各国は再発防止に躍起になっているけど、何を今さら慌てている? そもそも何百人もの命を預かる機体の操縦室が、「たった1人になれてしまうこと」も、「乗員の健康チェックを徹底できない仕組み」が許されていたことも、それら自体が異常なのだ。 だって米国では「常時2人規制」を義務づけていたし、日本では1982年の羽田空港沖の墜落事故後、乗員の身体検査を担う第三者機関「航空医学研究センター」を設置。 羽田沖事故以降、乗員の精神疾患が原因の事故は起きていない(国土交通省より)。 同じ空で、同じように重たい仕事なのに、なんで同じような対策をこれまで取ってこなかったのだろう。 つまり、いずれの安全対策も単に傷口に絆創膏を貼ってるだけ。 数年前に米議会でこう告発したのは、チェズレイ・サレンバーガー元機長。 危機的状況下で乗客・乗員155名全員の命を守り、「ハドソン川の英雄」と称えられた、USエアウェイズ1549便機長である。 耳を疑いたくなるような現役パイロットたちのコメントとともに、「過重労働を強いられるパイロットの年収が、200万円では安全を確保できない」と厳しいパイロットたちの現状を訴えるサレンバーガー機長を、画面に映し出した。 米国の地域航空会社のパイロットの年収がファストフード店の従業員と同程度になるのは、航空業界の構造の問題が大きいとムーア監督は指摘。 大手航空会社は節約のため国内便の多くを、提携している地域航空会社にアウトソース。 その上で、大手航空会社が運行計画や運賃を設定するため、提携先の地域航空会社には賃上げの余地がない。 そのしわ寄せがパイロットに及んでいるというのだ。 熾烈な航空業界の競争で、コスト削減に躍起にな企業は、 パイロットの月間乗務時間を延長し、 渡航先の宿泊数を削減し、 ミニマムクルー(最少乗員数)の基準もを変え、 インターバル(休憩)をなくし、 夏休みを廃止した。 燃費効率のいい航空機を飛ばし、便数を増やし、足りなくなったパイロットの穴を埋めるために賃金の安い外国人パイロットを採用し、コストのかかる自社育成をやめ、大学などにパイロット養成を任せた。 ところが、である。 皮肉にも、ここでも残念な事態が起きる。 なんと桜美林大学の「航空パイロット養成コース」が、訓練管理のずさんさを国交省から指摘され、国の養成施設としての指定を3月末に返上させられた。 「就職対策に力を入れすぎ、組織運営や安全管理がおろそかだった。 反省している」 日本航空元機長で養成コース長の宮崎邦夫教授は、こう話しているそうだが、これっていったい何? 件のサレンバーガー機長はハドソン川の奇跡について聞かれると、 「いつも常に準備していたことをチームで行った」と語り、いつも持ち歩く航空路線図には、中華料理店で引き当てた「おみくじ」を貼っていた。 おみくじに書かれたこの言葉を肝に銘じるために、貼っていたそうだ。 「時刻通りに運行しろ!」「予定通り飛行機を飛ばせ!」そんな社内外から浴びせられる要求に屈しないため。 重たいカバンと路線図に貼られたおみくじ。 どちらも、「あなたの任務は人命を守るってことですよ!」ってことを忘れないための、とてもとても大切なシグナル。 それは、「ヒューマンエラーや事故は起こる」という前提に立った、自らへの警告でもある。 国も企業も事故が起きる度に、「安全! 安全!」って大合唱するけど、いったいどんな安全をうたっているのだろう。 完全なる負のスパイラル。 つまり、空の熾烈な競争でコストカットされたのは、パイロットの賃金だけじゃない。 「いろいろな意味で、あの瞬間に至るまでのこれまでの人生が、あの特別な瞬間を切り抜けるための準備期間だった。 私はヒーローではない。 訓練してきたことをやっただけ。 自慢も感動もない」 機長の「今のままでは安全を確保できない」というコメントには、言葉以上の重さがある。 42年前に組織の一員になり、厳しい訓練を課され、育てられた時代にあった、「アナタは我が社にとって、大事な人」というメッセージが、今はない。 このままでは、取り返しのつかないことになるぞ、と。 機長はそう警告したのだ。 日本がかつて作り上げたこのブランドは、海外からも評価された。 ここ数年、批判の絶えない「終身雇用制度」に代表される長期雇用がメード・イン・ジャパンを確立させたという見解は、国内より国外からの方がはるかに多い。 そして、自戒を込めて言わせていただくと、乗客である私たちも、お財布の重さをもっともっと感じなければ……。 サービスも、安全も、タダじゃない。 うん、タダじゃない。 安全って、ホント何なんだろう……。 (本コラムは日経ビジネスオンライン「」を加筆・修正しています).

次の

『航空エンジニアのやり直し ~航空技術者は二度目に引き起こされた大戦から祖国を守り抜く~』の詳細情報(N3926FE)

航空 エンジニア の やり直し

syosetu. nodeValue. replace "キ47","百式双発攻撃機 キ47 " ; kid. nodeValue. replace "キ51","百式襲撃機 キ51 " ; kid. nodeValue. replace "キ57","百式輸送機 キ57 " ; kid. nodeValue. replace "キ68","深山 キ68 " ; kid. nodeValue. replace "キ78","研三 キ78 " ; kid. nodeValue. replace "ロートシルト家","ロスチャイルド家" ; kid. nodeValue. replace "東亜","東アジア" ; kid. nodeValue. replace "ユーグ","ヨーロッパ" ; kid. nodeValue. replace "華僑","中国全土" ; kid. nodeValue. replace "連邦民主共和国","エチオピア" ; kid. nodeValue. replace "連合王国","ベルギー" ; kid. nodeValue. replace "第三帝国","ドイツ" ; kid. nodeValue. replace "王立国家","イギリス" ; kid. nodeValue. replace "共和国","フランス" ; kid. nodeValue. replace "アペニン","イタリア" ; kid. nodeValue. replace "王国","ハンガリー" ; kid. nodeValue. replace "サモエド","フィンランド" ; kid. nodeValue. replace "シュヴィーツ","スイス" ; kid. nodeValue. replace "サルビア","セルビア" ; kid. nodeValue. replace "ロマリア","ルーマニア" ; kid. nodeValue. replace "ポルッカ","ポーランド" ; kid. nodeValue. replace "オリンポス","ギリシャ" ; kid. nodeValue. replace "ガリア","ブルガリア" ; kid. nodeValue. childNodes.

次の

数学好き/得意な人間のための職業 10選【数学求人】

航空 エンジニア の やり直し

皇暦2605年9月27日。 無条件降伏を理由に我々の国は赤く染められた。 奴らは騙した。 奴らは裏切った。 無条件降伏をしても独立権を担保するという欺瞞に騙され、武装解除した我々は蹂躙された。 あれから半世紀以上。 60年以上に及ぶ血を流 さない国家開放への活動は何の意味もなさなかった。 我々は未だに奴らから独立することが出来ない。 齢92。 もはや手のうちようなし。 何も変わらない日常に生を諦めた私にやり直しの機会が与えられる。 次は一体どうするか。 答えは1つ。 2000馬力級18気筒星型エンジンで重戦闘機を作り、海上、経済包囲網を回避し、 100オクタンガソリンを常に入手できる状態とする。 皇暦2600年までにジェットエンジンを実用化させ、 後に超大国となる国の開戦ムードを消沈させ、北進する。 手はずを整え、陸軍の航空技研のエンジニアだった立場から全てをひっくり返す。 もう二度と、国旗は赤く染めさせない。 相棒はあの名機! 航空自衛隊のベテランパイロット、三戸花乃介。 長年日本の空を守ってきた愛機も、老朽化には勝てずに退役が決まる。 そして病に侵されていた彼もまた、パイロットを引退する事を決意していた。 最後のスクランブル発進から帰還した彼は、 程なくして病で死んでしまうが、そんな彼を待ち受けていたのは並行世界を救えという神様からの指令。 並行世界が滅べばこの世界も滅ぶ。 世界を人質に取られた彼は世界を救済する戦いに身を投じる事になる。 これはチートな相棒を従えて、並行世界で無双する元自衛官の物語。 全ては、やがて輪廻の輪から解き放たれる、妻子の生きる場所を救うために。 *これは以前公開していた作品を一時凍結、改稿、改題を経て新規に投稿し直した作品です。 ノベルアッププラス、アルファポリスにて重複投稿。 時に、1941年十二月七日。 大日本帝国はアメリカ合衆国に先制攻撃を加えた。 事実上の奇襲攻撃に対し、アメリカ合衆国太平洋艦隊は一時的に、とはいえ戦艦全てを失う。 しかし、ミッドウェー海戦にて、緒戦の有利は瓦解。 その後、大日本帝国は敗北の 道を辿ることになる。 では、もしも相手がアメリカ合衆国ではなくソビエト連邦ならば、どうなったか。 ソビエト連邦と戦火を交えたのは事実上僅かに数時間。 しかし、その数時間のせいで、大日本帝国は本土決戦を諦めることになる。 日露戦争。 この戦争で、大日本帝国は南樺太を奪った。 その後、ロシア帝国からある相談が入る。 曰く、南樺太と千島列島を購入したい、とのことだった。 大日本帝国全権大使小村寿太郎はこれを独断で受け入れた。 第一次世界大戦。 大日本帝国はイギリスとの同盟を理由にドイツ南洋諸島へ侵攻する。 しかし、北方のロシア帝国の動きで全ての歯車が狂い出した。 ロシア帝国が樺太方面へ三個師団を集結させ、列島を狙い始めた。 この動きに対して、大日本帝国海軍は北方へ転進。 南洋諸島方面ががら空きになる。 この隙をついてドイツ東洋艦隊は南洋諸島を横断した。 しかし、待ち構えていたイギリス本国艦隊を見て、東洋艦隊は反転。 硫黄島周辺へ駒を進めた。 大日本帝国海軍は直ちに反転。 これを迎撃し、自身も再起不可能な程の打撃を受けた。 国民はロシアを憎悪した。 時は流れ、1931年。 満州事変から始まった共産党撲滅作戦は大戦果をもたらした。 これに危機感を抱いたソ連は満州へ侵攻を開始した。 当初、局地戦で終わると思われた第二次日露戦争は長期化。 米英から介入を受けることになる。 決して交われない二つの勢力は大地に血を染み込ませて戦い続ける。 とある理由により、学校中の男子生徒から敵視され、肩身の狭い生活を送っていた古代 神影(こだい みかげ)は、ある日、クラスメイトや担任と共に異世界に召喚され、国王に掛けられた呪いを解くように頼まれる。 クラスメイト達が勇者の称号や高いステ ータスを持つ中で、神影はそれを持たず、天職も"航空傭兵"と言う前代未聞のもの。 そのため、クラス内で『役立たず』として扱われるようになった神影はクラスを離脱して旅を始めるが、神影の天職は、この世界のパワーバランスを一転させる、とんでもないチート能力を秘めていた。 そのため、文章が似ていても盗作ではありませんので、ご注意ください。 ある朝、俺が目を覚ますと世界はどこからか出現したらしい大量の羽虫と巨大ワームに喰われて、滅亡の危機に瀕していた。 とりあえずどこかに避難しなければ。 そう思ってオンボロアパートから出た俺は、外に山のような航空兵器と、腹のない蜘蛛みたい な形をした地上兵器の残骸が溢れかえっているのを目撃した。 「おい、そこの兄ちゃん……あとは頼んだぜ」 「えっ、俺!?」 そしてひょんなことから臨時措置法どうたらで装甲戦闘無限軌道兵器A44M、通称『アラクネ』の操縦士になった俺は、街を喰らい尽くそうとする羽虫と巨大ワームを相手に無双……できるわけもなく逃げ惑うのだが、その結果、味方の戦略航空機動空母『アマルティア』が作ったワープホールに落ちて、気がつけば何処ぞの異世界に迷い込んでいたのであった。

次の