タスキアシレーヌ。 【ポケモン剣盾】アローラ御三家「アシレーヌ」は攻めも受けも強すぎる!?【種族値と育成論】

アシレーヌ/対戦

タスキアシレーヌ

概要 ポケモン剣盾のエキスパンションパス・鎧の孤島で登場したポケモン。 鎧の孤島のストーリー中でダクマから進化します。 このページではウーラオスの「れんげきのかた」の育成について考察します。 一般ポケモンとしてはかなり高水準な能力値です。 高い攻撃と高水準な物理耐久、なかなかの素早さを備えています。 ただし特防は低め。 ローブシンと同程度なので許容範囲との見方もできますが、ウーラオスは素早さと攻撃に振り切ることも多くその場合は低い特殊耐久がもろに出てしまいます。 5と、かなりの威力。 更に必ず急所に当たるということは相手の能力上昇やひかりのかべを無視し、こちらの攻撃力がダウンしていてもダメージが落ちない、ということです。 今作では相手のダイマックス技により能力が上下する場面が多いため、この技の効果はかなり活きてくるものと思われます。 使用率の高いミミッキュに対してもかなりのダメージを与えることが可能で、強化アイテムや雨天候が加わればばけのかわの上からそのまま倒すことも可能です。 ちょうどミミッキュより1高い素早さが活きてきます。 特性 ふかしのこぶし いちげきのかた、れんげきのかた共通 特性「ふかしのこぶし」は、ウーラオスの攻撃が 相手のまもるやみきりを無視するというものです。 まもるが多く使われるダブルバトルでは勿論、シングルバトルでも時間稼ぎ技としてまもるは度々使われるのでそれらの読み合いから開放される非常に有用な特性です。 キョダイマックス技・キョダイレンゲキ ウーラオス はキョダイマックスすることができるポケモンでもあり、その場合水技がキョダイレンゲキに変化します。 キョダイレンゲキの効果は、相手のダイウォールを無効にできるというもの。 元々特性により相手のまもるに強いウーラオスですが、キョダイレンゲキがあれば相手のダイウォールすら警戒する必要がなくなります。 なお通常のダイストリームも天候を雨に変化させる便利な技です。 どちらも一長一短なので、 悩む方はまだウーラオスはキョダイマックスさせない方がいいかもしれません。 個体値厳選について ウーラオスは物理型のポケモン、かつ基本的には非トリックルーム下で戦うポケモンなので、低い個体値を狙って厳選などする必要はないでしょう。 何となく性別や性格の好みがあればお好みで厳選、というくらいです。 厳選は必要ないですが、キョダイマックスさせるかどうかだけは慎重になったほうが良さそうです。 技考察 物理技 すいりゅうれんだメインウェポン。 まず確定で採用して良いでしょう。 インファイト、ドレインパンチ タイプ一致のメインウェポン。 基本的にはインファイトがオススメですが場持ちを重視する場合はドレインパンチもアリかと思います。 かみなりパンチ メインウェポン両方を半減するアシレーヌ、ギャラドス、ブルンゲルなど水複合ポケモンに有効です。 ダイマックス時はエレキフィールド発生により眠り状態の対策とすることもできます。 れいとうパンチ メインウェポン両方を半減するドラパルト、オンバーン、フシギバナ・エルフーンなどドラゴンやフェアリー複合ポケモンの弱点を突くことができます。 アクアジェット なかなか便利な先制技。 技スペースは厳しいですがそれでも持たせておく価値はあります。 つばめがえし、アクロバット ダイマックス時にダイジェットに変化します。 こちらの弱点を狙ってくる草タイプに対する有効打でもあります。 どくづき メインウェポン両方を半減するアシレーヌ、エルフーンなどフェアリー複合ポケモンの弱点を突くことができます。 ただしダイマックス技との相性はいまいち。 ほのおのパンチ メインウェポン両方を半減するフシギバナ、エルフーンなど主に草タイプの弱点を突くことができます。 あなをほる 追加効果が優秀なダイアースに変化します。 ただし攻撃範囲が水技や格闘技と被りがちです。 いわなだれ、ストーンエッジ 格闘タイプとの相性補完の良い技ですが、基本的には対フェアリーや草で活躍する他の技の方が優先度が高そうです。 ボディプレス タイプ一致のボディプレス使いでもあります。 てっぺきと組み合わせるなら。 HPが高めなこともありなかなか強力。 ゴーストに効かない点が惜しいところ。 変化技 ちょうはつ 実は覚えます。 相手の補助技持ちを対策したいときに。 てっぺき ボディプレスと組み合わせて 持ち物考察 いのちのたま ダイマックスと相性良好な攻撃的な持ち物。 きあいのタスキ タイマン性能が高めなこのポケモンは先発にも向いているでしょう。 カウンターやアクアジェットなどきあいのタスキと相性が良い技も覚えます。 こだわりハチマキ ダイマックスなしでも強力な専用技の性能を最大限活かすことができます。 豊富な耐性で有利対面を作り、強烈な一撃をお見舞いしましょう。 とつげきチョッキ 低めの物理耐久を補うことができます。 こだわりスカーフ 高性能な専用技を高い素早さから繰り出すことができるようになります。 性格考察、努力値調整 性格 基本的にはようきにして最速にするのが一番使いやすいと思われます。 ミミッキュ、ドリュウズなどから先手を取れる点が非常に大きいです。 何か意図あって調整する時のみいじっぱりを選択することになるでしょう。 努力値調整 随時更新予定です。 最速ミミッキュ抜き 149 準速。 117 無振り。 【調整例】 177-185-121-x-93-148 12-148-4-x-100-244 主にスカーフ型用として考えた調整。 準速95族抜き 129エルフーンのムーンフォース確定耐え 育成例 最速タスキ型 ようきAS きあいのタスキ 175-182-120-x-81-163 すいりゅうれんだ インファイト カウンター アクアジェット 先発でのタイマン性能に優れますが、ドラパルトなど一部手も足も出ないポケモンが存在します。 球フルアタ型 ようきAS いのちのたま 175-182-120-x-81-163 すいりゅうれんだ、インファイト、かみなりパンチ、つばめがえし ダイマックスエースとしての運用を視野に入れた攻撃的ないのちのたま型。 メインウェポン2種と、アシレーヌやギャラドスを意識したかみなりパンチ、ダイジェットに変化し草への有効打にもなるつばめがえしを採用しています。 maikeruexe.

次の

【s6最高41位 最終135位 最終レート2085】アシレーヌとゆかいな仲間たち (ヒトムナットアシレーヌサイクル)

タスキアシレーヌ

採用理由が愛のポケモンに差別化がいるのかどうかはひとまず置いておいて…• 他サワムラーとの比較 とりあえず僕が知っているサワムラーの型としてはどれも「かるわざ」持ちで、 こらえるからチイラ発動で超高火力のきしかいせいを当てる型、ノーマルジュエルねこだましからの超高速サワムラーを爆誕させる型と今回考えているタスキ型でしょうか。 ・ノーマルジュエルの型 考察外の為ダメージ計算などは載せませんが、 早いだけで微妙に火力が足りずDMにも弱いという弱点があります。 もちろん、体力満タンで動けるという強みがありますが、サワムラーの耐久から考えてももう少し火力の出る型のほうが良いと思います。 ・チイラの型 どうしてもコンセプト上こらえるが必須になります。 その分技の枠が1つ減ってしまうのが地味に痛いですし、この型であるとサワムラーを初手に出すか瀕死になった際の交代の選択肢しかないので行動の幅が狭いように感じました。 もちろんDMも貫ける超高火力は魅力です。 ・タスキ型 天候ダメージやステロ等に弱い、バレると対策が簡単という弱点もありますが、 交代で無理やりかるわざ発動させることができますし、きしかいせいによる火力もDMさえされなければチイラなしでも多くのポケモンを倒せたりと威力は申し分ありません。 そのため、後出しからでも強く出れるという面で 他の型とは差別化できていると思います。 チイラ型がどっしりと構えた抜きエースとして捉えるのなら、タスキ型は奇襲により盤面を壊すアタッカー兼サポート役として捉えてもらえればなと思います。 他のポケモンとの比較 かるわざという観点から見ると似たような立ち回りができるポケモンとしてはルチャブルがいますが、ルチャブルの攻撃種族値は92なのに対して、サワムラーは120あり、 今回のような奇襲型で用いるのなら火力の面でサワムラーを選択するのが良いと思われます。 性格 さみしがりorやんちゃ 努力値は少しでもタスキ発動の可能性を上げたいので ASぶっぱが基本です。 残った4は適当にCとかに振ればいいと思います。 ただし、 実は最速エースバーンにダイジェットを1回積まれると準速かるわざサワムラーでは素早さが負けてしてしまいます.そのため、エースバーンを狩るためにはカウンターを採用する必要があり、バレットパンチ込みでH4エースバーンを狩るにはHの個体値は31、努力値はバレットパンチ込みで最低124,バレットパンチがないなら244振る必要があります。 エースバーン対策のタスキカウンターは有名で読まれやすいですが搭載したい場合は参考までに。 また、カウンターはエースバーン対策の他に、かくとう半減への対抗策としても使えます。 しかし、格闘半減するポケモン(やなど)は特殊アタッカーが多く、エースバーン以外には刺さる場面はあまりないように感じました。 それ以上にHに振ることで準速でなくなり、 ほかの準速すいすいアタッカーに負けてしまうことへのデメリットのほうが多いように個人的には感じます。 そのため、ASぶっぱが安定です。 個体値 0-31-0-31-0-31 ・インファイト 特殊アタッカーやタスキを潰された場合のメインウェポンにできる技。 、、などにも強く出れます。 これを打ってBとDを1段階下げることでタスキ発動範囲を広げることができますし、今回の型とかなり相性がいいです。 ほぼ確定枠 ・かわらわり 壁をはられた場合にも後ろに繋げられるようになります。 、、などに強く出たい場合は採用もあり。 ・ストーンエッジ やに強く出れるようになります。 (ワンチャンを狩れる時もある)命中不安が残るが急所にあてれば多くの飛行タイプをDM切られたとしても蹂躙できるロマン砲。 個人的使用枠 ・いわなだれ ストーンエッジの命中不安が怖いなら。 命中不安がなくなるとは言っていない。 かるわざが発動すれば上から打てるのでひるみを狙えるのもgood。 ・どろぼう 相手のもちものを奪って散れます。 ・とびはねる DMターン枯らしに。 ・じごくづき 苦手なやに大きな一撃を入れられます。 かげうちを恐れることなくを削るのにも使えるので バレットパンチが個人的採用枠。 うちのパーティがミミッキュに対して重いだけ ・ゆびをふる 全部じわれを出して当てれば勝ち。 立ち回り 安易に物理技で殴ってきた相手にタスキを発動してもらい、きしかいせいを連打が基本。 交代を読まれて積まれたとしても種族値120から繰り出されるタイプ一致インファイトを受けることのできるポケモンは少ないので耐久を上げられない限り、タスキ発動まで打てばどうにかなります。 例えば 自分ポリゴン2、相手ウーラオスの対面 1. 自分:かるわざで素早さ関係が逆転したのでのきしかいせいで消し飛ばす。 みたいな立ち回りを想定しています。 サワムラーで突破した後はきしかいせいなどで相手の後ろを殴り、自分の後ろにつなぐ立ち回りをすればOK ちなみに、サワムラーのS実数値は かるわざ込みですいすい準速も抜ける278と圧倒的値をとりますが, かるわざがなくても139と準速を抜くくらいには早いです。 そのため、一度引っ込むとかるわざの効果はリセットされますが、場合によっては交代もありです。 与ダメージ計算• きしかいせいは威力200で計算しています。 また、DM時のHPは200%として換算してください。 基本交代から出すのを想定しているのでいかくなどは考慮に入れませんが、基本的にいかくが入るとワンパンラインから外れます。 ・きしかいせい H4ドリュウズ 284. 基本的に被ダメ計算はワンパンがきわどいラインのみ記載、ほかに被ダメを知りたい技があればコメント欄に記載してくれれば追加します。 A特化ドラパルト ドラゴンアロー:58.

次の

【ポケモン剣盾】アローラ御三家「アシレーヌ」は攻めも受けも強すぎる!?【種族値と育成論】

タスキアシレーヌ

ページ:• 投稿者:炊き込み淡水• コメント 31 みんなの評価 :• 投稿者:篠月まな• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:10円• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:グレイシアが大好きなおにぎり• コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:Sennori9• コメント 10 みんなの評価 :• ページ:• 1 パーティ構築 30件• 投稿者:トリッキー• コメント 5 いいね! 投稿者:Y• コメント 6 いいね! 投稿者:ユークリ• コメント 6 最終78位 いいね! 投稿者:Y• コメント 4 いいね! 投稿者:アル• コメント 0 最終22位 いいね! 投稿者:しお• コメント 0 最終94位 いいね! 投稿者:ganguro• コメント 0 いいね! 投稿者:フィオーレ• コメント 0 最終706位 いいね! 投稿者:ALICE• コメント 6 いいね! 投稿者:ロイ• コメント 5 いいね! ページ:• 投稿者:美中年• コメント 29 みんなの評価 :• 投稿者:Raru• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:美中年• コメント 57 みんなの評価 :• 投稿者:はかば• コメント 53 みんなの評価 :• 投稿者:Primarina. Yuki• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:桟敷の上の桟敷• コメント 13 みんなの評価 :• 投稿者:天才リエマハ• コメント 32 みんなの評価 :• 投稿者:ゆ• コメント 30 みんなの評価 :• 投稿者:とまっち• コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:田中大輔• コメント 3 みんなの評価 :.

次の