きも ちぃ いじめ。 リク4

まふまふの彼女や顔画像は?本名や年齢、身長や体重、学歴やそらるとの関係とは?

きも ちぃ いじめ

本当の幸せ〜いじめ〜 ssnote• 本当の幸せ〜いじめ〜 作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!• このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。 この作品は執筆を終了しています。 本当の幸せ〜いじめ〜• 9270• Good• をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。 表示を元に戻す• 」 ユミル「アルミン!上手い」 クラス 104期 「キャハハ」 エレン「・・・」 知っている。 黒幕は・・・ 少し安価。黒幕は誰にしますか?オリキャラで 『ブタ子とか…」• 期待だよぉー。 ぶす女が• 隊長は37で副隊長は俺だ。 俺はエレン護衛団の長官だな。 エレンの通学に護衛の車両13台でエレンの学校に向かいます。 教師の方と協力してエレンを警護します。 エレン警護団特殊部隊がエレンのクラスに6時間目までついています。 長官の私も見張りに警護団員二〇人連れて行きます。 以上です。 エレン警護団でエレンの結婚相手になりたい人• 管理人さんなら調べればわかると思いますが、どうか害悪ユーザーカエサルの嘘には騙されないでください。 奴は紛れもなく害悪ユーザーであり、今まで多くのグループでイキリ倒して多くのユーザーに迷惑を掛けました。 また、カエサルの仲間であるスルメやカグラも同様に害悪ユーザーです。 カエサル、スルメ、カグラは全員暴言を吐き名誉毀損を繰り返していました。 カエサルの嘘には騙されないでください。 こいつら全員の対応をよろしくお願いいたします。 何やら自演して撹乱する計画や、どうにかして逃げようと計画を立てているようです。 こちらのグループも強制的にプライベートを解除して今までのスレを全て復元して悪事を暴いて管理人さんの正当な判断を期待しています。 勿論このグループもメッセージや名前も変更しています。 お確かめください。 今は消していますが、全てスクショして証拠は保存しています。 管理人さんなら調べればわかると思いますが、必要に応じてスクショ画像を公開したいと思います。 害悪ユーザーカエサル達について何かあれば情報提供をお願いします。 ちなみに管理人さんの作品には他の方が1000レス全て埋めてしまったので、管理人さんが管理するグループの方に、証拠拡散スレと同じように有益な情報を拡散して頂けると嬉しいです。 お前らがアカウントを消そうが、自演しようが管理人はアカウントを復元できるし、自演も見破れる。 お前らのユーザーアカウントとユーザーidは記録しているし、証拠も全てスクショして拡散してある。 逃げられると思うなよ、嘘つきカエサル• 本当の幸せは、みんながいじめられず、平等に生きている世界じゃないかな.... エレンをバカにすると奴らは殺すとか死ねとかエレンの婚約者とか結婚相手とか自分の夫とか言ってます。 皆さんエレン信者の見張りを管理人さんお願い申し上げます。 そう言えばエレン信者はエレンオタクの女ばっかりですね。 自分は、何もしてませんみたいな風に言えるんだろう それが不思議でならない。 とにかく私が言いたいのはエレン様をいじめた、あるいは傷つけた人は一人残さず駆逐してやるという事なのです。 金は王政からでないことになっているんだ。 農業か地下街に行くんだ。 調査兵団と駐屯兵団はお前を断っているぞマーレ軍から裁判結果が来たぞ死刑みたいだぞ。 絞首刑銃殺刑どっちがいいんだ。 また、トリップを使用することができます。 詳しくはをご確認ください。 トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。 執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。 本文 2000文字以内で投稿できます。 0 投稿時に確認ウィンドウを表示する このSSは未登録ユーザーによる作品です。 「進撃の巨人」カテゴリの人気記事• 「進撃の巨人」カテゴリの最新記事• 「進撃の巨人」SSの交流広場• Powered by Luilak.

次の

【DQ10】痛い恋愛脳を晒すスレ9【ドラクエ10】

きも ちぃ いじめ

リク4 俺の執事 やぎゅにお 碧さん 「ああ、仁王君…ちょっといいですか…?」 「ん?何じゃ?」 「一つ聞きたいんですが、貴方なら恋人にどっちを着せますか?」 柳生が燕尾服とゴシックな服を持ってきた。 ってか、恋人って柳生の事だよな。 何なんじゃ。 でも、柳生だったら燕尾服だろ。 「こっち。 」 「執事がお好みですか?」 「おお、ええのぅ。 俺に従う柳生とは、ぞくぞくするのぉ。 」 「貴方はサドですねぇ。 」 「あはは、そうじゃけぇ。 」 小さく柳生が本当はドエムっぽそうですが。 と言ったのは聞こえなかった。 「では、たまにはコスプレをして、いやらしいことをするのはどうですか?」 「何じゃ、お前さんコスプレえっちがしたかったんか?」 「ええ、お恥ずかしながら。 」 てれっとする柳生が可愛くて思わず笑ってしまう。 「ま、いいけどなぁ。 」 「いいんですか?良かったです。 では着替えてきますね?あ、貴方にはこれを。 」 手渡されたのは半ズボンというか、短すぎる短パン。 ちょ、どういう趣味してんだアイツは。 ま、女装させられなかっただけマシかと思うしかないか。 で、待っているのだが、中々来ない。 お坊ちゃまが執事を待ってるというのに。 「?」 「すみませんお待たせして。 開けていただけませんか?」 ドアを開けたら紅茶を持っていた。 ああ、雰囲気作りってやつか。 「ご主人様のために淹れてきました。 」 ほんわり微笑まれて、俺はきゅんとする。 「あ、ああ。 サンキュ。 ん、美味しい…。 これは?」 「ブルーベリーティーです。 」 「エエ香りじゃのぅ。 」 「その香り、私にも堪能させてください。 」 軽くチュッと唇に吸い付かれて。 俺は心地よくて舌を出した。 ちゅるっと吸われ、唾液が出る。 それを柳生が吸い取る。 いやらしい音が響く。 「ん、んんっ、んふ、んっ、はぁ…。 」 「ご主人様…。 」 「や、ぎゅ…。 」 「勃起してますよ?」 「ぁ、やぁ…。 」 「キスで興奮しましたか?」 「ん、ぁ、あ、やだっ!」 太ももに、指を食い込ませる柳生。 何かとてもえっちぃ。 力を込めたり抜いたりして、刺激を与える。 もどかしくて、腰を突き出してしまった。 「やらしいですね。 」 「え、あっ、違っ!」 咄嗟に腰を引いて。 「ダメです。 」 「や、ぁあっ!柳生ダメ!」 短パンの上から刺激されて。 そんなことをされたら、下着から汚してしまう。 「ぱんつごと、汚してしまいなさい。 」 「や、ぁんっ!ダメじゃっ!」 くにくにと下着で擦るように。 先走りが下着を汚す。 「や、んっんっ!柳生、嫌じゃ…。 」 「ほら、シミができてきました。 」 「あ、ぁあ、あっ、ひぅっ!」 俺はベッドに倒れ込んだ。 柳生は早々と脱がせてきて。 何かを取り出して俺のモノの先っぽに埋めた。 「んぐぅうっ!? 」 「ああ、綿棒です。 」 「ふ、ぁあっあ、酷い!痛い、から、取れ!」 「ええー、気持ち良さそうにしているのに?」 「痛いて言っとるじゃろ!」 「だったら、何故勃起したままなんですか?ご主人様?」 柳生は耳をねっとりと舐めてきて。 そんなの、柳生がしてくるからに決まってるだろ。 「本当は痛いの好きなんでしょう?」 「違っ、ぁあっ!ひぁ、あんっ!」 「好き、でしょう?」 「違っ、のっ!やぎゅ、が、する、からっ!」 「それはそれで嬉しいですがねぇ。 」 「はぁっ、はぁっ、ぁあっ、んんっ!」 「出し入れしたら、どうですか?」 綿棒を出し入れする柳生。 すごく痛くて涙を浮かべる。 でも、口から漏れるのは甘い喘ぎ。 「はぁあ、んっ、や、ぁあっ!」 柳生が興奮した面持ちで舌なめずりをする。 俺はゾクリと背を震わせて。 「ふ、ぁああんっ!やぎゅ、イケないっ、ぁあ、んっ!苦し、よぉっ!」 「だったら、自分で取って自分でしごいてイキなさい。 」 「わ、わかった!ぁあ、んっ、はぁん、あっあ!」 俺は綿棒を抜き、自身をしごき始めた。 「淫乱が。 」 「お、おれ、いんら、んっ、だから、ぁあ、きもちぃこと、すきっ!」 「ああ、本当に貴方は可愛らしい。 いじめたくなる。 」 「ぁあ、あ、あっあ、イク、イッちゃぁあ、あっ、ぁああああんッ!!!! 」 「クックッ…沢山出ましたね…。 」 「はぁ、は、んっ、やぎゅ…。 」 「すみませんが私もそろそろ限界なので。 」 柳生は俺の出したものを後ろに塗り付け、そして中に指を侵入させた。 慣らされているこの身体は柳生の指を喜んで受け入れる。 「はぁ、んんっ!やぁあ、あっ!」 「柔らかいですね。 」 「早く、欲し、から、ぁっん!」 「では、手早く慣らしますね。 」 「んぁ、あっあ、はぁんっ!」 くちゅくちゅと指が出入りするたびに甘えるような声が。 でも、もう抑えられなくて。 「も、いいから、入れて…。 」 「そうですか。 では、失礼しますね?ご主人様。 ん、くっ!」 「は、ぁああんっ!」 「ご主人様の、中は…熱い、ですねっ…!」 「あんっあんっ!や、ぁあ、あんっ!奥の上のほうっ、ぁあ、はぁんっ!」 初めから激しかった。 だけど、気持ち良くて。 ねだる。 「きも、ちぃいっ、ぁあ、んっ!」 「やらしくて、可愛くて、最高です、よ。 」 「ぁあ、あ、んぁ、もっと!もっとぉ!」 「ここ、ですか?」 「いいっ!い、からっ、あ、あっあ、んっ!イク、イッちゃうっ!」 「堪え性のない…。 」 「おれ、やらし、からっぁあ、我慢、でき、な…っんんっ…はぁあ、あっ…!」 「なら、私もラストスパート、かけますかねっ!」 内臓引っくり返るくらい速く動かれて、引きつれるような感覚に陥る。 「は、ぁああああんッ!!!! 」 「っく!」 「何が燕尾服で執事だ。 ご主人様だ。 酷い抱きかたしおって。 」 「何がです?」 俺は終わってから不満たらたらだった。 綿棒プレイだぞ。 最悪だ。 「このドエス。 」 「ええ、ドエスです。 そして貴方はやはりドエムでしたね。 」 「開き直るな!それに俺はドエムじゃない!」 「ま、いいでしょう。 「あー、もうええ。 飲み物持ってこい執事。 」 「はいはい。 」 部屋から消えた柳生に一言。 「……悔しいけど、格好良かった。 」 扉の向こうで、柳生が聞き耳を立てているとも知らずに。 END -------------------------------------------------------------------------------- 「454454」碧さんリクエスト。 やぎゅにお、無自覚M、多少抵抗…というリクエストでした。 リクエストありがとう御座いました。 こんなものですが、感想頂けると嬉しいですv write.

次の

【DQ10】痛い恋愛脳を晒すスレ9【ドラクエ10】

きも ちぃ いじめ

リク4 俺の執事 やぎゅにお 碧さん 「ああ、仁王君…ちょっといいですか…?」 「ん?何じゃ?」 「一つ聞きたいんですが、貴方なら恋人にどっちを着せますか?」 柳生が燕尾服とゴシックな服を持ってきた。 ってか、恋人って柳生の事だよな。 何なんじゃ。 でも、柳生だったら燕尾服だろ。 「こっち。 」 「執事がお好みですか?」 「おお、ええのぅ。 俺に従う柳生とは、ぞくぞくするのぉ。 」 「貴方はサドですねぇ。 」 「あはは、そうじゃけぇ。 」 小さく柳生が本当はドエムっぽそうですが。 と言ったのは聞こえなかった。 「では、たまにはコスプレをして、いやらしいことをするのはどうですか?」 「何じゃ、お前さんコスプレえっちがしたかったんか?」 「ええ、お恥ずかしながら。 」 てれっとする柳生が可愛くて思わず笑ってしまう。 「ま、いいけどなぁ。 」 「いいんですか?良かったです。 では着替えてきますね?あ、貴方にはこれを。 」 手渡されたのは半ズボンというか、短すぎる短パン。 ちょ、どういう趣味してんだアイツは。 ま、女装させられなかっただけマシかと思うしかないか。 で、待っているのだが、中々来ない。 お坊ちゃまが執事を待ってるというのに。 「?」 「すみませんお待たせして。 開けていただけませんか?」 ドアを開けたら紅茶を持っていた。 ああ、雰囲気作りってやつか。 「ご主人様のために淹れてきました。 」 ほんわり微笑まれて、俺はきゅんとする。 「あ、ああ。 サンキュ。 ん、美味しい…。 これは?」 「ブルーベリーティーです。 」 「エエ香りじゃのぅ。 」 「その香り、私にも堪能させてください。 」 軽くチュッと唇に吸い付かれて。 俺は心地よくて舌を出した。 ちゅるっと吸われ、唾液が出る。 それを柳生が吸い取る。 いやらしい音が響く。 「ん、んんっ、んふ、んっ、はぁ…。 」 「ご主人様…。 」 「や、ぎゅ…。 」 「勃起してますよ?」 「ぁ、やぁ…。 」 「キスで興奮しましたか?」 「ん、ぁ、あ、やだっ!」 太ももに、指を食い込ませる柳生。 何かとてもえっちぃ。 力を込めたり抜いたりして、刺激を与える。 もどかしくて、腰を突き出してしまった。 「やらしいですね。 」 「え、あっ、違っ!」 咄嗟に腰を引いて。 「ダメです。 」 「や、ぁあっ!柳生ダメ!」 短パンの上から刺激されて。 そんなことをされたら、下着から汚してしまう。 「ぱんつごと、汚してしまいなさい。 」 「や、ぁんっ!ダメじゃっ!」 くにくにと下着で擦るように。 先走りが下着を汚す。 「や、んっんっ!柳生、嫌じゃ…。 」 「ほら、シミができてきました。 」 「あ、ぁあ、あっ、ひぅっ!」 俺はベッドに倒れ込んだ。 柳生は早々と脱がせてきて。 何かを取り出して俺のモノの先っぽに埋めた。 「んぐぅうっ!? 」 「ああ、綿棒です。 」 「ふ、ぁあっあ、酷い!痛い、から、取れ!」 「ええー、気持ち良さそうにしているのに?」 「痛いて言っとるじゃろ!」 「だったら、何故勃起したままなんですか?ご主人様?」 柳生は耳をねっとりと舐めてきて。 そんなの、柳生がしてくるからに決まってるだろ。 「本当は痛いの好きなんでしょう?」 「違っ、ぁあっ!ひぁ、あんっ!」 「好き、でしょう?」 「違っ、のっ!やぎゅ、が、する、からっ!」 「それはそれで嬉しいですがねぇ。 」 「はぁっ、はぁっ、ぁあっ、んんっ!」 「出し入れしたら、どうですか?」 綿棒を出し入れする柳生。 すごく痛くて涙を浮かべる。 でも、口から漏れるのは甘い喘ぎ。 「はぁあ、んっ、や、ぁあっ!」 柳生が興奮した面持ちで舌なめずりをする。 俺はゾクリと背を震わせて。 「ふ、ぁああんっ!やぎゅ、イケないっ、ぁあ、んっ!苦し、よぉっ!」 「だったら、自分で取って自分でしごいてイキなさい。 」 「わ、わかった!ぁあ、んっ、はぁん、あっあ!」 俺は綿棒を抜き、自身をしごき始めた。 「淫乱が。 」 「お、おれ、いんら、んっ、だから、ぁあ、きもちぃこと、すきっ!」 「ああ、本当に貴方は可愛らしい。 いじめたくなる。 」 「ぁあ、あ、あっあ、イク、イッちゃぁあ、あっ、ぁああああんッ!!!! 」 「クックッ…沢山出ましたね…。 」 「はぁ、は、んっ、やぎゅ…。 」 「すみませんが私もそろそろ限界なので。 」 柳生は俺の出したものを後ろに塗り付け、そして中に指を侵入させた。 慣らされているこの身体は柳生の指を喜んで受け入れる。 「はぁ、んんっ!やぁあ、あっ!」 「柔らかいですね。 」 「早く、欲し、から、ぁっん!」 「では、手早く慣らしますね。 」 「んぁ、あっあ、はぁんっ!」 くちゅくちゅと指が出入りするたびに甘えるような声が。 でも、もう抑えられなくて。 「も、いいから、入れて…。 」 「そうですか。 では、失礼しますね?ご主人様。 ん、くっ!」 「は、ぁああんっ!」 「ご主人様の、中は…熱い、ですねっ…!」 「あんっあんっ!や、ぁあ、あんっ!奥の上のほうっ、ぁあ、はぁんっ!」 初めから激しかった。 だけど、気持ち良くて。 ねだる。 「きも、ちぃいっ、ぁあ、んっ!」 「やらしくて、可愛くて、最高です、よ。 」 「ぁあ、あ、んぁ、もっと!もっとぉ!」 「ここ、ですか?」 「いいっ!い、からっ、あ、あっあ、んっ!イク、イッちゃうっ!」 「堪え性のない…。 」 「おれ、やらし、からっぁあ、我慢、でき、な…っんんっ…はぁあ、あっ…!」 「なら、私もラストスパート、かけますかねっ!」 内臓引っくり返るくらい速く動かれて、引きつれるような感覚に陥る。 「は、ぁああああんッ!!!! 」 「っく!」 「何が燕尾服で執事だ。 ご主人様だ。 酷い抱きかたしおって。 」 「何がです?」 俺は終わってから不満たらたらだった。 綿棒プレイだぞ。 最悪だ。 「このドエス。 」 「ええ、ドエスです。 そして貴方はやはりドエムでしたね。 」 「開き直るな!それに俺はドエムじゃない!」 「ま、いいでしょう。 「あー、もうええ。 飲み物持ってこい執事。 」 「はいはい。 」 部屋から消えた柳生に一言。 「……悔しいけど、格好良かった。 」 扉の向こうで、柳生が聞き耳を立てているとも知らずに。 END -------------------------------------------------------------------------------- 「454454」碧さんリクエスト。 やぎゅにお、無自覚M、多少抵抗…というリクエストでした。 リクエストありがとう御座いました。 こんなものですが、感想頂けると嬉しいですv write.

次の