ソーシャル ディスタンス。 『IPPONグランプリ』ソーシャルディスタンス守った番組ロゴに注目集まる(2020年6月14日)|BIGLOBEニュース

ソーシャルディスタンスの意味やソーシャルディスタンシングとの違いは何?

ソーシャル ディスタンス

すっかり耳慣れた言葉となった「ソーシャルディスタンス」ですが、英語ではSocial distancingと書きます。 そうなんです、本当はソーシャルディスタンシング。 なぜディスタンスが定着したのかわかりませんが、多分言いにくかったのか最初にニュースにした時に間違えたのか? (タイトルはわかりやすいように定着した方を使いました) しかしながら、ソーシャルディスタンス(Social Distance)だと用語で、「特定の個人やグループを排除する」「社会での圧迫がある距離」という意味になります。 これ、ちょっとあんまりよろしくない伝わり方ですよね。 ソーシャルディスタンシング(Social distancing)であれば、感染予防戦略を表す用語であり、感染拡大を防ぐために物理的距離を保つことを言います。 そして、最近はSocial distancingではなくPhysical distancingと言おうとWHOが言っています。 It doesn't mean that socially we have to disconnect from our loved ones, from our family. (略)We're changing to say physical distance and that's on purpose because we want people to still remain connected () これはや家族との関係を社会的に断たなければならないという意味ではない。 我々があえて物理的距離と言い換えているのは、人と人とのつながりは引き続き保ってほしいと思うからだ。 フィジカルディスタンシング。 この話を聞いたのはカ在住の方からですが「フィジカルPhysical(肉体的・物理的)な距離は離れても、心の距離を寄り添わせましょう」ということが、強く発せられるようになっているそうです。 危機の時こそ、人の内面や本質が浮き彫りになります。 こういう時に連絡を取り合う人、なんとなく距離が離れる人。 仲が良かったはずの人とも、根本的な考えが合う・合わないと気付かされたりします。 ある意味、時間を無駄にしてしまうような必要のない人間関係も、淘汰される時かと思います。 本当に大事な人と交流している時間は黄金です。 前向きに行きていくために意味のある話、明日へのやる気、気持ちや考えを共有することでの心の平穏、いろんな嬉しいものが生まれます。 ちょっとした口論や意見の不一致も喧嘩も含めて、ね。 そういったもので人生を彩っていきたいもの。 お互いを思いやれない関係や、何か得をするかもという気持ちだけで会う時間、ただ暇をつぶしあうだけの飲み会。 それらは若い時多くの時間を費やしてしまうものです。 でもそのおかげで、本当に大事な人はどういう人なのかがわかってくるから、全然無駄だとも後悔もありません。 けど、これから先には必要ないものではありませんか。 人間関係の整理。 このタイミングだからこそ、意図的にではなくても、勝手にそうなってしまってる状況もあるのかなと思います。 しんどい時でも、しんどい時だから連絡を取りたい人。 この人ならばと情報交換をする人。 一緒に問題に取り組んでいける人、高め合っていける人、安心できる人。 心がゆるむ人。 大事な人を見極めて、淘汰する時期。 最後に。 わたしは、このBlogを読んでくださる方をPhysical distancingな関係だと感じています。 どこの誰が読んでいるかさっぱりわかりません。 どんな人なのか、一生お顔を見ることも叶わない方も多いかと思いますが、心の距離は近いのかなと。 いつも読んで頂き、本当にありがとうございます。 感謝しています。 何かしらの小さなお役に立ててればと願います。 台湾の知人が「日本はチームプレーを尊ぶのが素晴らしい。 台湾や中国は人生一人プレーです。 」と言って、この漫画を推していました。 確かにこの漫画にはチームプレーの素晴らしさがてんこ盛りです。 でもみんながみんな最初からそれが出来てるわけではなく、みんなとプレーする内に成長していくのですよね。 まさにフィジカルをぶつけ合いながらの心のデゥタンシングを掴む!(こじつけた)読みだしたら止まらなくなります。 まだまだ連載中。

次の

「ソーシャルディスタンス」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

ソーシャル ディスタンス

そもそも「社会的距離(social distance)」という概念はアメリカの社会学者ロバート・E・パークが社会的な疎外を説明するために考え出したものです。 近代化と都市化が加速して、人々は周囲に見知らぬ人たちが多く存在する世界に生きることを余儀なくされました。 それに加えて、多くの移民たちがアメリカに流入するわけです。 幾つもの移民で構成されるアメリカ社会だからでしょうか、みなさん異民族と接触しながら生活して様々な価値観と文化的な葛藤に向き合わなければならなくなりました。 自分が持って生まれた文化的かつ伝統的な価値観とアメリカでの新しい価値観とのあいだで「ゆらぎ」が生まれます。 すぐそばにいる人は物理的には近しい存在ではあるけれども、心理的かつ社会的には遠い存在となるわけです。 自分とは異なった価値観の人たちと生活圏を共有しなければならないけれど、どこかで疎外感のようなものを感じるようになったでしょう。 アナタはワタシとは物理的には近いけど社会的には遠い存在。 ワタシの育った社会とは異なる価値観を持った存在。 そうやって身近の人に対して物理的には距離感がないにもかかわらず、社会的には距離を感じるようになったのです。 「カレとは距離を感じるわ」というときの「距離」です。 つまり「われわれ」と「彼ら」という境界線が生まれたわけです。 それが「社会的距離」の本来の意味なのです。 話を元に戻します。 いま巷でよく耳にする「社会的距離(ソーシャル・ディスタンシング)」ですが、指摘されているのは他人と十分な距離をとりなさいということです。 であるならば、別に「社会的距離」ではなく「物理的距離」でいいのではないのでしょうか。 パークの概念からも明らかなように、感染症対策の話というよりは、人間の心理的な距離の話になり、両者は学術的に大きな解釈の違いがあるのです。 実はいまアメリカを中心に、この「社会的距離(ソーシャル・ディスタンシング)」という言葉は間違っているという指摘が頻繁になされています。 3月20日にWHOの疫学者マリア・ケルクホーフェは「物理的に離れていても他人とはつながっていて欲しい」ことを理由に「物理的距離」という言葉の使用を訴えています。 シンガポールでは「安全距離(safe distancing)」と言われているそうです。 スタンフォード大学の心理学者ジャミル・ザキは「社会的距離」をひっくり返して「距離をおいた社交(distant socializing)」を提唱しています。 「社会的距離」という表現だと人と社会的にも距離をとりなさいというメッセージを送ることになるからでしょう。 物理的に距離をとるだけでなく、社会的にも距離をとりなさいという負のメッセージなのです。 要するに、社会的に孤立することを奨励する感じになってしまうのです。 「距離をおいた社交」だと、物理的に距離があっても社会的にはつながっているんだというメッセージになるわけです。 「ディスタンス」という言葉には単なる距離ではなく「離れる」という意味が含まれています。 日本語で「距離」というのと異なって、英語圏では「ディスタンス」は人から離れるという疎外感を伴うものなのです。 普段から身体接触が多い欧米人にとって「ディスタンス」という表現は日本人が考える以上に酷で悲しいものなのです。 ただでさえ人と物理的に離れなければならないのに、社会的にも離ればなれになってしまうなんて、酷な話です。 もうひとつ大切なことがあります。 アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が最近定義したところによると「社会的距離(ソーシャル・ディスタンシング)」とは他人との距離をとることのみならず、そもそも人が集まることを回避する、すなわち外出を自粛することも意味します。 家から一歩でも出て人と接触することを禁じられることを「社会的距離」と呼ぶことへの抵抗感は、わたしたちが想像する以上のストレスになるのかもしれません。 たかが言葉、されど言葉。 では変えれば良いのですが、そうもいかないようです。 ボストン大学の医師トーマス・パールによれば、人々を混乱させてはいけないからだそうです。 今回の騒動が一段落したらいろいろなことが検証されることでしょうけど、「社会的距離(ソーシャル・ディスタンシング)」もそのリストに挙がるのではないでしょうか。 アナタとワタシは物理的には離れていても社会的にはこうやってネットを介してつながっているのです。

次の

ソーシャルディスタンスの意味とは?人との距離を取ることが重要

ソーシャル ディスタンス

感染症の拡散割合および病院の収容能力超過による死亡者数を比較した。 社会的交流が通常状態の場合 左側。 200人が自由に行動する と、社会距離をとった場合 右側。 25人が自由に移動する。 それは、人と人との間に物理的な距離を取ることによって人が互いに密接な接触を行う機会を減少させる方策のことであり、 典型的には他者から一定の距離を保つこと どの距離が適切かは、時と場合によって、また国によって異なることがある や、大きなグループでの集まりを避けることを含む。 社会距離を置く目的は、感染症のある人と感染していない人との接触の可能性を減らし、の、、そして最終的にはを最小限にすることである。 表記は他に、 社会的距離戦略 、 社会距離戦略 、 人的接触距離の確保 、 社会的距離の確保 、でした ソーシャル・ディスタンシングや意訳した 人混みを避ける措置 などがある。 なお、社会学用語のSocial distanceの訳語である (ソーシャルディスタンス)は本来は別概念である。 日本語でも英語でも物理的な対人間の距離を示す語として、あまり区別なく用いられることもある。 また、Social distancingの訳語としても認知されている。 からにかけての期において、 WHO は感染を防止するのはあくまで物理的な距離であり、人はテクノロジーを経由して社会的なつながりを保つことができるという概念に基づき、「社会的」 social 距離の代わりに「物理的」 physical 距離という用語を用いるよう提案した。 ある未者が者と身体的接触を行う可能性を減少させることで、が制限され、の減少につなげることができる。 社会距離の拡大策は良好な呼吸器官の衛生策 着用、エチケット、呼吸器の分泌物や汚染物に触れた場合の手指消毒など やと組み合わせて用いられる。 伝染病の拡散速度を弱め、とりわけ医療システムに過重な負担をかけることを回避するために、 広範囲の流行 の間は、学校の閉鎖、職場の閉鎖、、、 ()による封鎖、 ()の中止などの社会距離の拡大策がとられる。 現代では、過去の感染症の流行において社会距離の拡大策が成功した事例もいくつかある。 のでは、におけるの の初感染例が市内で確認されてすぐ、行政当局がの閉鎖、大人数の集会の禁止その他の社会距離の拡大のための介入策を実施した。 のは、の感染事例を確認したにも関わらず大人数が参加するを実施し、初感染事例の確認から2週間以上経過しても社会距離の拡大策をとらなかったの死亡率を大幅に下回った。 社会距離の拡大策はにあたっても実施されている。 社会距離の拡大策は、感染症が次の1つないしそれ以上の方法で拡散する場合には、効果がより大きなものとなる。 性交渉を含む• 間接的な物理的接触 例:汚染物の表面に触れる• が空気中で長期間生存できる場合 一方で、感染症が主として 衛生管理が不十分な水、食物を通した感染 やその他の昆虫などを通じて拡散する場合には、効果がより小さなものとなる。 社会距離の拡大策の欠点としては、感、の低下、に関連した便益の減少などが挙げられる。 の時に社会距離の拡大を呼びかける 、、 CDC は、社会距離拡大戦略について、一連の「感染症の拡散リスクを減少させる目的のため、人と人との間の接触の頻度および近接性を減少させる方法」と表現している。 時に、CDCは社会距離拡大戦略の定義を「集団的な場 congregrate settings から離れていること、大人数の集会を避けること、可能であれば他者から約6フィートまたは2メートルの距離を保つこと」に変更した。 上記より以前に、年のの流行時に、 WHO は社会距離拡大戦略のことを「他の人から少なくとも腕1つ分の距離を保ち、人が集まることを最小限に抑えること」と表現した。 社会距離拡大戦略は、良好な呼吸器官の衛生策やと組み合わせて用いられるものであり、を規模を縮小したり遅らせたりするのに現実的に最も実現性の高い方策と考えられている 効果 [ ] 社会距離拡大戦略は、咳やくしゃみなどでする感染症の場合に最も効果的である。 性的接触を含む直接的な身体的接触による感染や、間接的な物理的接触による感染、または空気感染する場合にも効果的である。 しかし、感染が主に汚染された水や食物を介して、または蚊や他の昆虫などのによって伝染する場合、社会距離拡大戦略はあまり効果的ではない。 この戦略の欠点としては、、、、もしくはといった心理的・社会的問題が発生することが挙げられる。 具体例 [ ] 社会距離の拡大により感染のピークの急激な発生を防止 ()の平坦化 し、医療サービスが需要に対応して医療サービスの量が増加し内容を改善するために必要な時間を延ばすことに寄与する。 病気が社会の中を循環しているということが認知されれば、人々が公共の場や他の人から離れていることを選択するという ()のきっかけとなる可能性がある。 社会距離の拡大策が伝染病のコントロールのために実施される場合、便益をもたらしうる一方で経済的コストを伴う。 社会距離の拡大策が有効に機能するためには、対策を即座に厳格に適用しなければならないことを、研究結果は示している。 伝染病の拡大抑制を目的とした社会距離の拡大策がいくつか実施されている。 身体的接触の回避 [ ] 社会距離の拡大には、典型的には、、 () で用いられる、鼻と鼻、額と額を触れ合う挨拶 の時に起こるような、身体的接触を行わない、ということが含まれる。 互いに最低6フィート 2 m の距離を取り、直接身体を触れ合うようなやを行わないことによって、の 広範囲の流行 やのような感染症の感染リスクが減少する。 個人で衛生上の予防策を取ったうえで、上記の離隔距離を保つことは、職場においてもまた推奨されている。 可能であれば、が推奨される場合もある。 というに替わるような様々な方法が提案されている。 手のひらと手のひらを合わせ、指を上に向け、その手を心臓のところに引きつける、のは、身体的接触を伴わない代替手段のひとつである。 時にがレセプションでの来賓との挨拶にこのジェスチャーを使い、 WHO の事務局長やの首相がこののを用いることを推奨している。 その他の握手の代替手段としては、手をふること、 () などで用いられる、とを伸ばして残る3本の指を折りたたむ仕草 、の一部で用いられるを心臓の部分に置く仕草、などがある。 のにおけるの週毎の患者数の推移。 では学校は通常7月中旬から期間に入り、9月上旬に授業を再開する。 学校を閉鎖することによって感染症の流行を遅らせられる可能性が、によって示されている。 しかしながら、その効果は生徒が学校外でどの程度他人と接触を持っているかにもよる。 両親のうち一方が仕事を休まねばならなくなることが多く、学校の閉鎖期間の延長が必要となる可能性がある。 これらの要因によって社会的、経済的な混乱が起こる可能性がある。 職場の閉鎖 [ ] のデータに基づいたやの研究結果からは、感染症の影響を受けた職場の10%が閉鎖された場合、総合的な感染症の伝播率は約11. 9%となり、感染者数のピーク時期はわずかしか遅らせられないことが示唆される。 一方で、感染症の影響を受けた職場の33%が閉鎖された場合、感染症の伝播率は4. 9%にまで減少し、感染者数のピーク時期が1週間遅らせられる。 職場の閉鎖の対象には「必要不可欠でない」事業サービスや社会サービスの閉鎖が含まれている 「必要不可欠でない」サービスとは、地域社会の主要機能の維持を行わない事業所・機関という意味で、 () の対義語である。 大人数の集会の中止 [ ] ()の中止対象には、のイベント、、の公演などが含まれる。 大人数の集会によって感染症の伝播の潜在的可能性が増加していることを示唆する証拠は決定的なものではない。 ある種の大人数の集会がの伝染リスクの増加と関連しており、また時においては、地域の中に新たなウィルスの集団の種を播き、その地域社会に伝染を引き起こしてしまう原因となる可能性を示唆する や風聞などの形をとる形式的ではない証拠 が存在する。 のの の流行 時にの および において開催されたにおいて、感染したと一般市民の群衆がまざりあったことが感染症を拡散させた原因となった可能性がある。 大人数の集会を規制することと、その他の社会距離の拡大策の介在を組み合わせることで、感染症伝播の減少に役立つ可能性がある。 旅行の制限 [ ] 国境規制もしくは国内旅行の制限は、99%のカバー率で実施しない限り、感染症の拡大を2週間から3週間以上遅らせられない見込みである。 での検査は、 および で発生したの 重症急性呼吸器症候群 の 突発的発生 においては、の伝播の防止に効果がないことが分かった。 ととの間の国境において、の感染者が側に流入することを防止するためからまで厳格な国境の管理が実施されたが、これは効果があったと言われている。 国境管理策が設定されてから領内では一度も大規模な疫病の流行が発生しなかったためであるが、一方で側では後半まで何度も伝染病の蔓延に悩まされ続けた。 3月に公表されたの研究では、「との間の旅行の制限は、地域社会や個人のレベルで感染減少の努力が行われ、それらの努力と組み合わさる場合にのみ、の拡大の速度を遅らせられる。 ]旅行の制限は、社会距離の拡大と組み合わせて実施されなければ十分な施策ではない。 この研究によって、における旅行の禁止措置は、国外に対する感染症の拡大を80%程度減少させたものの、 本土の他地域への感染症の拡大を3日から5日程度遅らせたに過ぎなかったことが明らかになった。 旅行の制限措置が有効でなかった主な理由は、多くの感染者が感染の初期段階において症状を示さないためである。 感染からの遮蔽 [ ] 個人が感染から遮蔽を行う方法には、対面を行う方法には、対面での接触を制限すること、電話やネット上で業務を行うこと、公共の場を避けること、不要な出張を減らすこと、などがある。 検疫 [ ] 詳細は「 ()」を参照 のの の流行 時に、の町は、感染症の流入を防止するため、2ヶ月間町全体を自己隔離した。 にはが設置され、町に到着した列車の乗客は5日間隔離された。 予防隔離の結果として、ガニソンでは感染症が流行した期間中のによる死者数はゼロとなった。 他に複数の自治体が類似の対策を採用した。 その他 [ ] その他の対策には、の運転停止や運転の制限 、スポーツ施設 地域の、ユースクラブ、 の閉鎖 清浄地域の確保、他人と会う機会を減らす、人込みを避けるなどの自己防衛、などがある。 ブルームバーグ公衆衛生学部のBruce Y. Leeは以下を列挙する。 (上記と重複するものもある)• できるだけ家から出ない• 2以内に近づかない• 体を密着させない• 部屋、のなかでも距離を置く• 、、をしない(日本人のようななど代わりになる方法を探す)• 職場、学校、映画館、スポーツイベントを避ける(在宅勤務、遠隔授業、インターネット視聴などに切り替える)• 食料品店やコインランドリーは空いている時間に行く• を避ける(満員電車を避ける)• 、押しボタン、など、多くの人が触れた可能性のあるものには触らない。 触った場合には、すぐによく手を洗う。 ペンは携帯する。 ドアノブに触るときは、清潔なペーパータオルなどを使う。 会議、集会、のを避ける。 感染していないという確証が得られる人とだけ、少人数で集まる。 欠点 [ ] 社会距離の拡大には、参加者に精神衛生上の悪影響をおよぼす可能性があるという懸念がある。 社会距離の拡大策に参加することで、、、ないしが、特に既に、やなどの精神状態にある個人に、引き起こされる可能性がある。 マスメディアによって 、とその経済波及、それらに起因する苦難について広く報道されることが、不安を作り出す可能性がある。 他者と離れていることによる精神的ストレスに加え、日常環境の変化や将来に対する不確実さによってもストレスが増すことがある。 一見たいした削減幅でないようにも見えるが、病気の指数関数的な蔓延を遅らせる上で、大きく寄与し得る。 言葉の使い方 [ ] 社会距離を示す英語である "social distance"「ソーシャルディスタンス」という言葉は1830年前後から、やを異にする人々の間に生じる距離感を指して使われており、の用語として広く使われていた。 "social distancing"「ソーシャルディスタンシング」も、そのような距離をとる行為を指して社会科学関連の文献において1950年代末から2010年代にいたるまで広く使用されていた。 一方、一般的に社交上、対人間であけるべき物理的な距離という意味の "social distance"「ソーシャルディスタンス」は1935年から用例がある。 しかしながら2019年以降の流行により、"social distancing"「ソーシャルディスタンシング」及び名詞の"social distance"「ソーシャルディスタンス」が感染症予防のためにとるべき対人間の距離という意味で広く使われるようになり、2020年の3月には英語辞典のウェブ版にこれらの名詞の意味が登録された。 一方で "social" という語を用いることについては、感染症予防のために対面で人と接することを控えたとしてもテクノロジーを用いた人間同士の交流は可能であり、「実際には社会的や社交的に他人と距離を置いて疎遠になることを求めているわけではない 」ことから、批判がある。 は物理的距離を意味する "physical distance" をより望ましいものとして提案している。 企業による広告 [ ] ソーシャルディスタンスが呼びかけられる中、企業がこの習慣を広めるための広告キャンペーンを行った。 (法人)、、、、などは認知度の高いロゴに文字間を開けるなどの改変を施し公開。 ソーシャルディスタンスの概念や意義を視覚的に訴えた。 日本企業でも、、、などが企業ロゴやアカウント名に間隔を設けソーシャルディスタンスを呼びかけた。 注 [ ]• 日本語表記は、当時の感染症情報センターによる表記の一つを採用した。 出典 [ ]• 2020年3月14日. 2020年3月29日閲覧。 岡部信彦、谷口清州、森兼啓太、砂川富正、松井珠乃、安井良則. 国立感染症研究所感染症情報センター. 2020年3月20日閲覧。 2020年3月20日. 2020年3月29日閲覧。 Johnson 2020年3月10日. 2020年3月11日閲覧。 The Hub. 2020年3月13日. 2020年3月29日閲覧。 2020年3月22日. 2020年3月29日閲覧。 国立感染症研究所 感染症情報センター. 2020年3月20日閲覧。 国立感染症研究所 感染症情報センター. 2020年3月20日閲覧。 8 2007年4月13日. 2020年3月20日閲覧。 日本心理学会. 2020年3月27日閲覧。 2020年3月19日. 2020年3月20日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2020年4月30日閲覧。 ITmedia NEWS. 2020年4月30日閲覧。 Buder, Emily. www. theatlantic. com. 2020年5月13日閲覧。 Time. 2020年5月13日閲覧。 www. merriam-webster. com. 2020年5月13日閲覧。 日本放送協会. NHKニュース. 2020年4月30日閲覧。 2020年3月23日. 2020年3月29日閲覧。 2020年3月29日閲覧。 Corona Virus Outbreak: Keep Physical Distancing, Not Social Distancing. Rochester, NY. 2020年3月26日. 2020年3月27日閲覧。 Regula Venske is president of the. www. com. 2020年5月15日閲覧。 2009年5月2日. 2020年3月29日閲覧。 GOV. 2020年3月29日閲覧。 2007年2月15日. 2020年3月23日閲覧。 12 pages• Pandemic Influenza: Emergency Planning and Community Preparedness. 1 August 2008. 123—133 [133]. www. cidrap. umn. edu. Public Health Department: 2017年. 2020年3月17日閲覧。 2007年2月. 2020年3月29日閲覧。 395 10227 : 912—920. 14 March 2020. 2020年3月20日閲覧。. 一定の時間、多くの人が会ったり、集まったり、同じスペースを共有したりするような環境のこと。 例として、刑務所、拘置所、シェルター、職場、学校、保育所、託児所、高齢者福祉施設、社交クラブ等が挙げられる。 サンタ・クララ郡公衆衛生局。 、2007年2月。 2020年3月9日. 2020年3月9日閲覧。 2020年3月14日. 2020年3月13日閲覧。 395 10228 : 931—934. 9 March 2020. 2020年3月28日閲覧. "疫学者にとっての重要課題は、政策立案者が感染症の影響緩和のための主要政策目標、例えば罹患率の最小化とそれに関連する死亡率の最小化、医療サービスを崩壊させる感染症の急速な拡大の回避、経済への影響の管理可能な水準への抑制、ワクチンの開発や量産とそれに引き続く抗ウィルス剤による薬物治療の開始を待てるような感染症の流行曲線の平坦化等、の決定を支援することである。 12 1 : 679. 2012. 2020年3月18日閲覧。 safety-security. uchicago. edu. 2020年3月29日閲覧。 2020年3月13日. 2020年3月18日閲覧。 2009年12月24日. 2009年12月24日閲覧。 31 August 2010. 614. 9 8 : 473—481. August 2009. 2020年3月29日閲覧。. 52 10 : 1009—1013. October 2010. 102 1 : 134—140. January 2012. 3月、 DHS の () CISA は、医療サービス、行政・治安維持、食糧生産、エネルギー、水道、交通、卸売・小売、金融、建設など24分野を「必要不可欠なサービス」と定めた 詳細は、英語版を参照。 2008年3月. 2017年2月13日閲覧。 National Centre for Immunisation Research and Surveillance 16 2 : 119—126. 2015. 2015年5月15日閲覧。. 13 pages• Biosecurity and Bioterrorism: Biodefense Strategy, Practice, and Science 4 4 : 366—375. 2006. () Philadelphia Liberty Loans Parade。 中に、市民に戦時の申込みを促すために開催された。 20万人以上の一般市民が参加した。 21 September 2018. 2020年3月27日閲覧。. 2020年3月28日閲覧。 Journal of Epidemiology and Global Health 1 1 : 33—60. December 2011. Booy and J. Ward, , National Centre for Immunisation Research and Surveillance. 442 7101 : 448—452. 2006. 10 11 : 1900—1906. 2004. Learning from SARS: Preparing for the Next Disease Outbreak. 2004. Kohn, George Childs, ed 2008. Facts On File—Library Of World History 3 ed. New York:. Byrne, Joseph P. , ed 2008. 978—0—313—34102—1 vol 1 , 978—0—313—34103—8 vol 2. News Northeastern. 2020年3月6日. 2020年3月28日閲覧。 368 6489 : 395—400. 6 March 2020. 12 11 : 1671—1681. November 2006. 2020年3月29日閲覧。. 2017年. 2017年4月23日閲覧。 www. bhf. org. 2020年3月29日閲覧。 Annals Academy of Medicine 35 5 : 345—349. May 2006. 2017年4月23日閲覧。. 44 4 : 289—296. 2012. 2014年8月14日. 2017年6月5日閲覧。 44 19 : pp. 381—382. 1995年5月19日. 2017年6月5日閲覧。 Clinical Correlations , New York:. 19 February 2015. 2020年3月29日閲覧。. Betrayal of Trust: The Collapse of Global Public Health. 2011. Center for the History of Medicine. 2017年6月6日閲覧。 12 12 : 1961—1964. December 2006. 2017年6月6日閲覧。. 2020年3月20日. 2020年3月25日閲覧。 globalsecurity. org. 2020年3月23日閲覧。 Glass RJ, Glass LM, Beyeler WE, Min HJ. , Emerging Infectious Diseases 2006;12 11 :1671-1681. 2020年3月19日. 2020年3月24日閲覧。 2020年3月23日. 2020年3月24日閲覧。 2020年3月22日. 2020年3月24日閲覧。 2015. 104. Jonathan M Read, Jessica RE Bridgen, Derek AT Cummings, Antonia Ho, Chris P Jewell 28 January 2020 英語. 2020年4月20日閲覧。. Science 2020年4月14日. 2020年4月20日閲覧。 " OED Online, Oxford University Press, March 2020, www. oed. Accessed 13 May 2020. "social distancing, n. " OED Online, Oxford University Press, March 2020, www. oed. Accessed 13 May 2020. www. merriam-webster. com. 2020年5月13日閲覧。 Fatsis, Stefan 2020年3月26日. Slate Magazine. 2020年5月13日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2020年5月13日閲覧。 CNN. 2020年6月5日閲覧。 advanced by massmedian. 2020年6月5日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 『』 -• 『』 -.

次の