しらこい。 「ふてこい」=「しらこい」?

多田くんは恋をしない

しらこい

「ふてこい」「しらこい」について見てきましたが、「〇〇こい」の方言はまだまだたくさんあるんです。 ここでは関西圏やそれ以外の地域にも目を向けて、「〇〇こい」の言葉をご紹介します。 「なれこい」 「ふてこい」「しらこい」と同様に、「なれこい」も関西地方の方言です。 標準語でいうところの「馴れ馴れしい」という意味を持っていて、宮城などでも使われているようです。 例えば、初対面なのに距離感が近い人は「なれこい人」と表現されます。 他に「なれこい態度」「なれこい言い方」も代表的な使い方です。 「ひやこい」 関西圏を中心に使われる「ひやこい」には、「冷たい」という意味があります。 大阪・奈良・和歌山のほか、徳島にも広まっている方言です。 また、似ている表現として、福島・埼玉・静岡などでは「ひゃっこい」という言葉が使われています。 こちらも「ひやこい」と同じく「冷たい」という意味です。 例えば「冷たいお茶」なら、「ひやこい・ひゃっこいお茶」と表現されます。 「めんこい」 「めんこい」とは、北海道や東北地方で広く使われている方言の一つです。 どちらかというとメジャーな方言なので、テレビや雑誌などで目にしたことがあるのではないでしょうか。 かなり広く知られているがゆえに、「めんこい」と名付けられた商品もあります。 「めんこい」には「可愛い・可愛らしい」という意味があり、語源は「愛し(めぐし)」という古語です。 ペットや子供、服や顔など、可愛いもの全般に使えます。 また、小さな子を褒めるときには「めんこいな(偉いな)」と言うケースもあります。 「やにこい」 主に関西圏に伝わる「やにこい」は、地域によって異なる意味を持つ方言です。 例えば京都・兵庫では、「やにこい」は「弱々しい・壊れやすい」という「か弱さ」を意味します。 一方、奈良県では「弱さ」のニュアンスが少し変わり、「粗悪で貧弱な」という意味です。 さらに和歌山県では、「ものすごい」という風にガラッと意味が異なります。 例えば京都で「あの人、やにこいわぁ」と言うと「あの人、弱々しいなぁ」という意味ですが、場所が和歌山県なら伝わり方は180度変わるでしょう。 というのも、和歌山県では「あの人、ものすごいなぁ」と凄さを伝える意味になるからです。 「しなこい」 福島県には「しなこい」という方言が伝わっています。 「しなこい」は形容詞の一種で、「柔らかくて弾力性がある」という意味です。 シチュエーションとしては、主に食べ物の食感を表すときに使われます。 例えば、「このホルモンはしなこいから噛み切れない」という表現のように、食事中に使用されることが多いです。

次の

恋はつづくよどこまでもの最終話ネタバレ!佐倉と天堂は結婚する?

しらこい

21日、フジテレビ系列で「 ザ・ゴールデン」が放送された。 すべらない話は放送されるたびに視聴率は15%を越え、番組の模様を収めたDVDは売れに売れてついに累計販売数180万本を突破した超人気番組。 昨夜もまた、芸人たちのすべらない話が私たちを大いに楽しませてくれた。 昨夜のMVS(Most Valuable すべらない話)に選ばれたのは、小籔千豊(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)の「合コン」。 大まかにいえば、吉本新喜劇の老人といってもいいほどの大先輩が合コンについてきて困った、という話だ。 非常におもしろく、まさにすべらない話であったことに間違いはないが、小籔が使っていた言葉が気になった。 それは『しらこい』だ。 しらこいとは、関西圏の方言で白々しいという意味だそうだ。 徳島周辺ではずるいという意味で使うこともあるようだが、話の流れからすると白々しいがしっくりくる。 恥ずかしながら私はこの言葉を知らなかったため、色々と調べてみたのだが、同じ疑問を抱えた視聴者がちらほらいたようだ。 『すべらない しらこい』などで検索するとよくわかる。 日本の笑いは大阪が本場とされ、関東よりも関西のほうが優勢とされている。 それは芸人のおもしろさといった問題ではなく、笑いに触れる機会や笑いに関する情報量の多さという意味でだ。 関西では一般人もボケたりつっこんだりするというし、日本の笑いの中心点が首都・東京よりも西に寄っていることは疑う余地がない。 まして小籔は大阪出身の新喜劇俳優、コテコテの関西芸人だ。 そんな彼の中で『しらこい』はごく当たり前の言葉であり、自然と口から出たものであろう。 方言を方言と意識せず使うことは日常生活でもままある。 目くじらを立てるほどのことではないだろうが、一部の視聴者を置き去りにしてしまったことは確かだ。 おもしろい話なのに、意味のわからない部分がある。 なんともったいないことか……と思ったのは2回目まで。 その後も『しらこい』が何度となく登場し、くり返されるたびになんとなく響きだけでおもしろく感じられてしまった。 関西弁だとおもしろく感じられる関西弁マジックが働いたのだろうか。 ちなみに、この話にも出てきて多くの芸人が使う『いきる』とは、格好をつけることだそうだ。 方言がブームになっていると言われて久しいが、こういったところから徐々に広まっていくものなのかもしれない。 (編集部 三浦ヨーコ) 【お笑い峰打ちコラム】バックナンバー.

次の

小藪さんが「しらこい」って言っていたんですが、どういう意味ですか?どこの言葉ですか?

しらこい

1、女がこじるりを嫌うのには心理学的理由がある なぜ女性はこじるりの悪口を言うのか?(こじるりファンな女性の方すみません…) これには心理学的に理由があり、女性は 自分のリソース(領域)を侵される危険性があると攻撃的になるからという説があります。 例えば、自分のコミュニティに「こじるり」が入ってきたとしましょう。 頭の回転も早く、ナイスバディな「こじるり」に 大体の男性陣はメロメロになることが予想されます。 大体の女性は「敵わない…」と思うと同時に、今まで自分がチヤホヤされていた領域(リソース)を乗っ取られた気がしてきっと良い気分がしませんよね? そうなると、 こじるり=敵=攻撃しようの図が出来上がるのではないか、と私は推測しています。 2、男性はとにかく女性の悪口が嫌い 男の人は とにかく女の人の悪口が嫌いなようです。 「攻撃している女嫌だな…」と。 そうなると、 「こじるりは好きだけど、こじるりの悪口を言う女は嫌い。 」が出来上がるのではないでしょうか。 」になりませんか? こうなるともう 「こじるり」の一本勝ちです。 あとは、ライバルの女性陣が自分の悪口を言うことにより、 勝手に自滅しているのを見ていれば良いだけの話ですからね。 ですので、「こじるり」は自分の手を汚さず、男性に好きなままで居てもらうことができます。 と思ってしまいました。 女の私からみてもやっぱり 「こじるり」可愛いですからね。 コンサル妻。

次の