緊急アフターピル 通販。 アフターピル(緊急避妊)|アイピル|個人輸入通販のつるかめ薬局

避妊薬ピル|お薬通販|ジェネリック医薬品|お薬ラボ

緊急アフターピル 通販

緊急避妊ピルが役に立つ時 緊急避妊ピルは、避妊に失敗し、妊娠の危険がある時に服薬することで、貴女&貴方を助けてくれます。 妊娠したら困るのは、女性だけとは限りませんね。。。 浮気・不倫中の男性にとっても、アフターピルは必要かもしれませんよ。 避妊具を使わず、生で挿入、射精された• コンドームが破れてしまった• コンドームが脱げてしまった• うっかりスキンを付け忘れた?• 安全日を間違った• 今日は大丈夫よと、だまされて出してしまった• 無理やり中出しされた• 暴行された(レイプされた)• 通常のピルを飲み忘れた時に、セックスしてしまった• 射精された精子を殺したいが、方法がわからない• 膣外射精(ちつがいしゃせい)に失敗した• ピルを飲み始めて最初の1週間に3回も服薬を忘れた• 避妊具(コンドーム:スキン・ペッサリー)を使わずに、生で膣内射精を行った• コンドーム(スキン)が破れた・脱げた・取れた・外れた・付ける場所を間違った?• ペッサリーを8時間以内に外してしまった• ピルを飲み忘れていた• 激しい下痢でや嘔吐できちんとピルが吸収されていないかもしれない• 酔っぱらって気が付いたら中に出されていた• 外に出したつもりだが心配だ• いつも飲んでいるピルを飲み忘れていた• 間違って偽薬(プラセボ)のほうを飲んでいた• 唯一、緊急避妊剤と呼ばれているのは、2011年5月から(医師の処方のもとに)販売されている、『ノルレボ:Norlevo』です。 ノルレボは、アメリカでは『Plan B』、イギリスでは『Levonelle One Step』、その他、『Vikela』『Duofem』等の販売名で欧州、アジア、アフリカ等約50カ国で販売されています。 エラワン• ノルレボ• プラノバール:ヤッペ法• 低用量ピルによる代替法 緊急避妊用に使われるピルは、4種類になります 2011年5月に、緊急避妊専用薬として『ノルレボ』が販売されるまで、日本には、公式に承認された緊急避妊用の薬剤はありませんでした。 世界各国では当たり前の『緊急避妊』が、日本では、つい最近まで、公式には認められていませんでした。 そのため、避妊に失敗したり、暴行等による望まない形での妊娠を避ける必要がある時には、医者の判断と責任で、月経困難症や子宮内膜症などの治療に用いる中用量ピルを、緊急避妊のために使っていたのです。 服薬の仕方の比較 副作用 病院で手に入るの? 医薬品として認可されてるか? 健康保険は使えるか? 120時間(5日)以内の出来るだけ早い時間に 1回だけ服用する 少ない 買えません。 認可されてません。 個人輸入なら簡単に買えます。 72時間(3日)以内の出来るだけ早い時間に 1回だけ服用する 少ない もらえます。 認可されています。 でも保険は使えません。 10割負担で、 12000~20000円程度です。 72時間(3日)以内の出来る限り早い時間に 2錠服用し、 その12時間後に、さらに2錠服用する 多い もらえます。 認可されています。 保険は使えないので、 全額自己負担で、3~4千円程度です。 3日以内の服薬が条件の『ノルレボ』より2日間も余裕ができました。 エラワンの成分は、ウリプリスタール酢酸エステル(Ulipristal acetate )です。 日本では、まだ、認可されていない、 次世代型の緊急避妊薬です。 主要な先進国では、認可されてるのですが・・・ ノルレボ ノルレボは妊娠の危険があるエッチの後、3日以内(72時間以内)に服薬することで、望まない妊娠を防げるピルです。 この方法は、ノルレボ法と呼ばれます。 ノルレボは、レボノルゲストレル(levonorgestrel : LNG)という、黄体ホルモンの単独剤になります。 欧米では、すでに、1999年から広く使用されてきました。 ノルレボは『緊急避妊剤』として、厚生労働省が認可しているので、病院でもらうことができます。 ただし、健康保険は使えません。 全額自己負担になります。 従来のヤツペ法より、副作用が極めて少なく、避妊効果も優れています。 プラノバール プラノバールは、『経口避妊剤』に分類される中用量ピルです。 【黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配合剤】で、正式名称は、【ノルゲストレル, エチニルエストラジオール】です。 ノルレボが日本でも使えるようになるまでは、『緊急避妊』と言えば、ヤッペ法と呼ばれる、プラノバール等の中用量ピルを使った方法でした。 しかし、中用量ピルは、ホルモン含有量が多く、吐き気や嘔吐、頭痛などの副作用が、高い頻度で起こっていました。 服薬方法も、ちょっと面倒で、 『妊娠の危険があるセックスの後、72時間以内に2錠 、その12時間後に2錠 』となります。 メリットと言えば、簡単に安く、病院でもらえる、ということです。 緊急避妊ピルの作用と避妊の仕組み そもそも、本来のピルの働きは3つです。 ピルは、妊娠に至る3つのプロセスに、それぞれ働きかけます。 妊娠に至る3つのプロセスとは• 着床 以上の3つのプロセスを防ぐことで、避妊します。 つまり、『精子が子宮に入ることを防ぐ』ことは出来ないわけです。 そこで、残りの2つの作用によって、妊娠を妨げることになります。 排卵を抑制・阻害する=. 精子が卵子と出会わないようにする事で、受精卵が出来ないようにする• 着床を妨げる=受精卵が出来てしまっても、子宮内膜に着床出来ないようにする 排卵を抑制・阻害する 緊急避妊ピルは、服用すると、5日間~7日間位の期間、排卵を阻害する効果があるとされています。 一方、射精後の精子の寿命は、平均2〜3日、長くても1週間と言われています。 つまり、緊急避妊ピルの作用によって、女性性器内(膣=ヴァギナ)に進入した全ての精子は、生きている間に卵子と出会うチャンス(機会)を失い、結果、受精卵が出来ないので、妊娠が成立しないことになります。 言い換えれば、5~7日間遅れて卵子が排卵された時には、精子はすでに死んでしまっている訳です。 着床を妨げる 受精卵が子宮内膜に着床しない限り、妊娠は成立しません。 緊急避妊ピルの成分である黄体ホルモンの働きによって、子宮内膜は着床のために必要な厚さになることが出来ず、着床しにくい状態になります。 緊急避妊ピルが通用する期間・時間 緊急避妊ピルが通用する時間は、限られています。 WHO が行った大規模な調査では服用が遅れるにしたがって有用性が低下するという結果が得られています。 UPSIとは UPSI=Unprotected Sexual Intercourse=無防備な性行為、つまり、避妊しないで行ったセックスのことです 72時間を過ぎたらノルレボは絶対に効かないの? WHO による大規模無作為化比較対照試験により、 『 UPSI後72 時間を超えてLNG(レボノルゲストレル) を投与した場合でも、予想される妊娠率を低下させる』 という研究結果が示されています。 72時間後に急に作用が消失するわけではない• 性交後 72時間以上経た場合、有効性は低下するが、120時間までは避妊効果が認められる• 120時間を超えた服用では、その避妊効果についての実証結果は無い 緊急避妊用ピルは何回飲んでも良いの? 月経の1周期中(1サイクル=28日間)に、緊急避妊用ピルを、2 回以上使っても良いのでしょうか? LH サージが起こる前であれば、妊娠を回避するために、ECP(緊急避妊用ピル)を、繰り返し使用することは可能です。 でも、LHサージが起きてしまうと、緊急避妊ピルの力では、排卵を止めることはできません。 一つの月経周期の中で、2 回以上 ECP を使用すること自体は問題ないのですが、繰り返し服薬することで、月経周期が乱れる可能性はあります。 緊急避妊ピルを複数回使った時に、既に妊娠していたとしても、その反復投与によって流産が誘発されることはありません。 ECP の最短投与間隔の有効性を示すデータはありませんが、服用後12 時間以内にUPSI (避妊をしないセックス)をしたときに、再度緊急避妊ピルを飲む必要はありません。 緊急避妊ピル服用後に吐いてしまった場合 出来ることなら、医師に相談して下さい。 「それは無理」というなら・・・• 服用後2間以内であれば、出来るだけ速やかに ECP 一回分を服用して下さい。 服用後2時間が経過していれば、ホルモンは十分吸収されており、その後嘔吐することがあっても追加投与は不要です。 また、嘔吐が繰り返される場合には、Cu-IUD(銅付加子宮内避妊具)による緊急避難法を検討してください。 緊急避妊が必要なピルの飲み忘れとはどんなケース? 日本産科婦人科学会では、以下の場合に、緊急避妊ピルの使用を勧めています。 ピル(経口避妊薬・OC)を服用して、1週目(1~7日目)に、3 錠(3回)以上飲み忘れた場合• 経口避妊薬(ピル)を飲み忘れたために、緊急避妊ピルを使用した場合は、その後7日間はコンドームを使用する。 次の月経からは再度、経口避妊薬などの確実な避妊法を講じる必要がある。 次回の月経時に異常出血がある、あるいは、月経が5日以上遅れた場合には、妊娠検査のために受診が必要である。 緊急避妊ピルで妊娠を回避できても、その後、避妊をしなかったらまた同じことが起こりますよ。 また、その際には、消退出血が遅れることを十分に理解してください。 緊急避妊ピルの成功率・阻止率・失敗率~100%大丈夫なの? 通常のピル 経口避妊薬 を、避妊目的で継続的に使用している女性なら、100%近い避妊効果がありますが、緊急避妊ピルには100%の避妊効果はありません。 WHO(世界保健機関)による緊急避妊の成功率の調査結果• 性交後 24 時間以内に服用したものに高い避妊効果を認めている• 72 時間を経た場合には有用性は低下する• 最大の避妊効果は性交後24 時間以内に服用したものに認められている• 緊急避妊ピルの服用を 12時間遅らせることによってほぼ 50%ほど妊娠率は上昇すると報告されている 以上の結果から、 緊急避妊用ピルは、性交後できるだけ早期に服用することが望ましいとされている。 妊娠してしまう可能性は?~望まない妊娠を防げる確率• 通常のピルを定期的に服薬する=ほぼ100%避妊できる• 緊急避妊用のピルの服薬=2%程度 50回に1回 の失敗率がある 緊急避妊法での避妊の失敗率の比較~ヤッペ法対ノルレボ法 従来、日本で緊急避妊用に用いられてきたヤッペ法、つまり、中用量ピル(卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤)を使った緊急避妊法では、 妊娠率(避妊失敗率)が3. 17%。 一方、緊急避妊薬のレボノルゲストレルは1. 17%• 13% 緊急避妊用ピル比較表 緊急避妊が成功したかどうかの確認方法 緊急避妊ピルが本当に効いたかどうか、つまり、避妊が出来たのか?は、服用直後には判りません。 ノルレボの場合• この出血をもって、緊急避妊が完了となります。 もし、予定月経日を1週間過ぎても出血が見られないか、通常よりも症状が軽い場合は、妊娠が疑われます。 妊娠を防ぐことができた後はどうすればよいの? 基本的な月経周期は28日間ですが、 緊急避妊ピルは、一回のセックスの際の妊娠の危険を回避するもので、その周期の残りの期間の避妊を保証するものではありません。 緊急避妊ピルによって、妊娠が確実に否定されたのであれば、周期にかかわらず、すぐに避妊法(通常のピルの服薬)を開始することができます。 緊急避妊の失敗と赤ちゃんへの影響~障がい児等の発生は? 緊急避妊に失敗して、妊娠してしまった場合でも、 妊娠に悪影響は及ぼさないと考えられています。 異常妊娠になったり、奇形等の赤ちゃんに異常があったりという報告はありません。 そもそも、妊娠時には母体から緊急避妊薬の10倍以上の女性ホルモンが分泌されます。 ですので、緊急避妊薬(経口避妊薬も同様)程度の女性ホルモン量では、胎児に与える影響はほとんど無いのです。 緊急避妊ピルの安全性と禁忌(タブー) 1970年代の半ば頃より、世界の主要国では、緊急避妊ピルを使用してきました。 緊急避妊ピルの安全性 WHO(世界保健機関)による緊急避妊用ピルの安全性の報告では• 緊急避妊ピルが使えない女性は、既に妊娠している女性のみである• ヤツペ法で使用される中用量ピルや、ノルレボ(アメリカではプランBと呼ばれる)、エラワン等の緊急避妊ピルを使用することで、子宮外妊娠のリスクが上昇することは無い• 実際に妊娠回数が減少するため、子宮外妊娠の割合は、一般女性よりも緊急避妊ピルを使用した女性の方が低下すると報告されている• 仮に、妊娠している女性が経口避妊薬を服用したとしても、先天異常の赤ちゃんを出産するリスクは上昇しない• 緊急避妊ピルの使用は、一般的な経口避妊薬(通常のピル)が禁忌(タブー)となっている女性においても、禁忌ではない• 緊急避妊ピルに含まれているホルモンに対する被曝はごく短時間で、連続使用が必要な一般の経口避妊薬のようなネガティブな影響はもたらさない• 神経学的症状を伴う偏頭痛(へんずつう)、脳卒中(のうそっちゅう)の既往歴(きおうれき)、血栓(けっせん)の既往歴のある女性などには、一般の複合ピルは禁忌であるが、緊急避妊ピルは用いてもよい 緊急避妊ピルの禁忌(タブー)~使うと危険な場合 ACOG(アメリカ産婦人科医学会)は緊急避妊ピルの禁忌として• 妊娠している女性や妊娠が疑われる女性• ホルモン製剤に過敏に反応する女性• 異常出血が認められる女性 などを挙ています。 緊急避妊ピルの副作用• ホルモン剤を緊急避妊ピルとして用いた場合の、一般的な副作用には、悪心や嘔吐があるが、複合ピル(卵胞ホルモン+黄体ホルモン)よりも黄体ホルモン単独ピルのほうが副作用の発生率が低い。 その他の副作用として、めまい、疲労感、頭痛、乳房の圧痛、下腹部痛、むくみ、下痢などがあるが、いずれの症状も複合ピルを用いるよりも、黄体ホルモン単独ピルの方が発生率は低下する。 そのため緊急避妊として複合ピルを用いる女性には制吐剤が勧められた。 複合ピルも黄体ホルモン単独ピルも、次の月経の時期や期間などにも影響を与えることがある。 1998 年の調査では、複合ピルを服用後、悪心が50. 5%、嘔吐は 18. 8%に認められたと報告されている。 WHO による最近の研究では、黄体ホルモン単独緊急避妊ピルの副作用の発現率は低く、制吐剤の処方は不要であったと報告されている。 複合ピル=ヤッペ法で使われる中用量ピル 黄体ホルモン単独ピル=ノルレボ法で使われるレボノルゲストレル(商品名:ノルレボ) 緊急避妊と性感染症 緊急避妊ピルと子宮内避妊具は、どちらもHIVやエイズを始めとした性感染症(例えば梅毒、淋病、クラミジア、ヘルペス)を予防することはできません。

次の

緊急避妊薬(アフターピル)の種類・効果・副作用 [薬] All About

緊急アフターピル 通販

中絶手術は日帰りでできることが多いですが、心の傷は簡単には癒えません。 日本では性犯罪の被害にあった人の緊急避妊薬や人工妊娠中絶の費用などは、公費で出されます。 そのためには警察に届けて手続きをする必要があります。 また、性暴力によって妊娠をし中絶手術を受けることで、被害者であるにもかかわらず罪悪感と恥ずかしさを感じる女性が多くいます。 ですから性暴行による望まない妊娠を避けるために、女性は自分で自身の身体を守る必要があります。 そこで重要な役割を果たすのが、ピル(経口避妊薬)。 性交渉後にすぐ服用するアフターピル(緊急避妊薬)と、日常的に服用して避妊する一般的なピルがあります。 は別記事でご覧ください。 アフターピル(緊急避妊薬)は72時間以内に 緊急避妊薬であるアフターピル。 女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されており、避妊対策として用いられます。 アフターピルとは? 避妊無し、コンドームなどでの避妊に失敗した場合や望まない性行為、性暴力で妊娠へ脳案がある場合などに用いられるアフターピル(緊急避妊薬)。 アフターピル(緊急避妊薬)はあくまでも緊急的に用いられるものなので、毎日服用するピル(経口避妊薬)とは区別されます。 イギリスでは高校で配られるなど、海外では薬局でも安価で市販されているため一般的によく使用されていますが、、それほど知られていないのが現実です。 産婦人科で処方してもらうことができても、72時間以内という時間の制限があるため入手しにくい。。。 というのが現実。 海外の女性たちのように、 いつでも使えるよう常備しておくことが良いでしょう。 普段ピルを飲んでいても飲み忘れや、下痢によって薬剤が吸収されない場合などにも用いることができます。 【アフターピル(緊急避妊薬)の服用方法】 ・性交後できるだけ早く、72時間以内にアフターピル(ノルレボ錠またはレボノルゲストレル錠1. 5mg)を1錠服用する。 72時間を超えた場合はすぐに効果が落ちるわけではないが、72時間が基本。 早ければ早いほど高い効果が得られます。 病院が休みのときも考えると常備しておくと安心です。 ・一つの生理周期の中で2回以上使用することは生理周期を乱す可能性がある。 ・副作用で吐き気が代表的です。 食後に水かぬるま湯での服用をおすすめします。 【アフターピルの副作用】 ・アフターピルの服用後、3. 服用後2時間以内に嘔吐した場合はすぐにアフターピル1錠を追加して服用が必要。 (通販で購入する場合は予備を購入することをおすすめします。 【アフターピルの服用禁忌】 ピルは、ほとんどありませんがまれにになるリスクがあります。 ピル服用の際は、ピルを飲んでいい体質かを調べるために、まずは医師の診断を受けることを推奨します。 毎日服用する低用量ピルについて ピルの仕組み 一般的なピル(経口避妊薬)は毎日服用することによって、妊娠しにくい状態にする薬です。 日ごろからピルを服用していれば、妊娠することに怯える必要はありません。 もちろん将来的に妊娠を望む時は、服用をやめれば妊娠することが可能です。 ピル(経口避妊薬)は毎日の服用が必要ですが、ライフスタイルに合わせて時間を決められるので日常生活に取り入れやすいのがポイント。 ピルの使用に慣れてくると、生理日のコントロールも可能です。 生理での腹痛、頭痛や落ち込み、イライラなどのPMSを軽減したり、肌がきれいになるなど避妊以外のメリットも多く、ピルを使用する人は増えています。 低用量ピルの服用方法と副作用 【ピルの基本的な服用方法】 ピルにはいくつか種類がありますが、一般的に副作用が低く使用しやすい低用量ピルを例にお話しします。 ・生理開始後5日以内に服用開始。 ・初めの7日間はコンドームのなど他の避妊法も併用。 ・毎日ほぼ同じ時間で服用する。 【ピルの副作用】 ほとんどが3か月以内に軽減されますが、ピル服用には副作用が伴う場合があります。 ・吐き気、腹痛 ・下腹部の痛み ・不正出血 【ピルの服用禁忌】 ・35歳以上の喫煙者 ・40歳以上 ・家族に血栓症など既往歴がある ・持病がある ピルと上手に付き合うことができれば、避妊はもちろん肌荒れやニキビの改善や生理不順の改善など、女性特有の悩みの解決にも繋がります。 ピル服用に悩んでいる方は、まずはをご覧ください。

次の

アイピル通販|避妊薬|即日発送|お薬なび

緊急アフターピル 通販

アフターピルについて ココロ薬局では、性行為後に服用することで妊娠を防ぐ効果があるアフターピルをはじめとした避妊薬を取り揃えています。 アイピルや アンウォンテッド72をはじめ様々なメーカーが製造しているアフターピルは、別名「 緊急避妊薬」と呼ばれる医薬品で、錠剤タイプの内服薬が一般的です。 これらの製品に含まれている有効成分のノボノルゲストレルはホルモンバランスの変化を促し、「受精を防ぐ」「受精卵の着床を防ぐ」という二重の効果を発揮します。 子宮内膜の増殖を阻害 たとえ妊娠の準備が整っていたところに精子が侵入してきたとしても、高い確率で回避することが可能です。 具体的には排卵を遅らせて受精を防ぎ、またたとえ受精してしまったとしても受精卵を着床させるための子宮内膜の増殖を阻害してこれを防ぎます。 エラワンの有効成分として含まれているウリプリスタール酢酸エステルも同等の働きをします。 性行為後72時間以内に服用 ただし、アフターピルは性行為後72時間以内に服用する必要があります。 また、アフターピルはあくまでも事後、使用すべき医薬品です。 あえて急激にホルモンバランスを変化させる作用によって多くの場合は嘔吐感や頭痛、めまいなどの副作用があります。 軽度のものではありますが、体調不良には違いありません。 もしもの時のために購入し、 普段から備えとして持っておく薬として使用するのが無難です。 副作用が起こった場合は また副作用によって嘔吐してしまった場合、特にアフターピルの服用から2時間経過していない場合は有効成分が十分に働いていない可能性があるので、 もう一度服用する必要があります。 避妊用フィルム 当サイトでは、避妊用フィルムも取り揃えています。 性行為の前に膣内に挿入しておくことで、侵入してきた精子を高い確率で完璧にマヒ状態にして妊娠を防ぐことができるフィルムです。 低用量ピルを毎日服用するのが面倒という方、アフターピルに頼りたくないという方、コンドームだけでは安心できないという方はこちらもチェックしてみてください。

次の