インターネット 接続 方法。 【猿でもわかる!】プロバイダ接続設定方法を画像付きで解説!

インターネットを有線接続する方法!ルーターが近ければ有線が効果的 [LAN・無線LAN・Wi

インターネット 接続 方法

引越しや接続機器の変更のたびに変わってしまう、家庭でのインターネットの接続・設定方法。 「あれ、どうやるんだっけ?」と思ったら、インターネットをはじめるのに必要なものから通信回線プランの選び方まで、ここで一からおさらいしておきましょう。 端末ごとの接続方法• インターネットをはじめる際に必要なものって? 今や私たちの生活にすっかり浸透したインターネット。 ニュースを読んだり、映画や音楽を鑑賞したり、メールやSNSで友人とコミュニケーション、アプリをダウンロードしたり…最初の接続設定さえしっかりやれば、すぐに楽しいネットの世界が開けます。 基礎の基礎から確認しましょう。 自宅でインターネットをはじめよう!と思ったら何を準備する必要があるのでしょう 10代~20代の方でしたら、すでにスマートフォンや携帯電話でインターネットの世界を経験していることかと思います。 ここでは、リビングやダイニング、書斎、寝室など、自宅の好きな場所でインターネットを楽しむための準備・方法をおさらいしておきます。 プロバイダとの契約 まずはPCやタブレットを選びます。 たくさん種類があって選ぶだけでも大変ですが、用途で選ぶとよいでしょう。 メールやWordなどキーボードをよく使う方はタブレットよりPCのほうが快適。 ソファやベッドに寝転びながらネットのコンテンツを楽しみたい方であれば、もちろんタブレットが便利です。 PCやタブレットをインターネットに接続するために必要なネットワーク機器については、使う通信回線の種類を決めて、インターネット・サービス・プロバイダと契約すると自宅に届けられます。 通信回線には、インターネット・サービス・プロバイダが提供する光ファイバーやADSL、ダイヤルアップ接続、ケーブルテレビのインターネット接続サービスなどがあり、利用のしかたに合った回線と料金プランを選びます。 それが決まれば、インターネット・サービス・プロバイダとの契約になります。 プロバイダと契約すると、選んだ通信回線に合ったネットワーク機器(光ファイバーであればルーター、ADSLであればモデム)が自宅に送られてきますので、それをPCと接続します。 タブレットのようにWiFi(無線LAN)での利用が前提の場合は、別途無線LANルーターが必要になります。 自分に合った通信回線プランを選びましょう 光ファイバーやADSLといったインターネットの通信回線プランは、各バリエーションが多くて選ぶのが大変そうに見えます。 PCやタブレットを選ぶときと同様、用途や利用スタイルから、自身に最もフィットするものを選ぶとよいでしょう。 自宅では映画やストリーミング動画などの大容量コンテンツをじっくり楽しみたいという場合は、最も通信速度が速い光ファイバー回線がオススメです。 Webサイトの表示やファイルのダウンロードやアップロードの速度もダントツに速いので、使用料金もぐっと下がった今では一番のオススメです。 利用には光ファイバーの配線工事が必要ですが、集合住宅などであらかじめ配線済みの場合もあります。 一方、特に大容量コンテンツを利用しないので、リーズナブルにインターネットを楽しみたいという場合は、ASDL回線にするとよいでしょう。 導入が簡単で光ファイバーほどではありませんが通信速度も十分に速く、快適に使うことができます。 また、かつて家庭用インターネットの主流だったダイヤルアップ接続という通信回線もあります。 今となっては通信速度が遅く、低価格化が進む光ファイバーやADSLを選んだほうが得策ですが、料金が最も安いので、メールの送受信にしか使わないといった用途で選ばれることが多いようです。 タブレットを使って自宅の好きな場所で気軽にインターネットを楽しみたい場合、ワイヤレスで接続できるWiFi環境が必要になります。 自宅でWiFi環境を利用できるようにする方法はいくつかあります。 この方法であれば、WiFiアクセスのために追加の通信費がかからず、有線LANとあまり変わらない快適なWiFiアクセスが利用できます。 SIMフリーのタブレットやスマートフォンをお持ちであれば、最近人気が増している、割安なモバイル通信SIMカードを別途契約して使う方法もあります。 この場合、自宅だけでなくタブレットを外に持ち出してインターネットにアクセスすることもできます。

次の

家庭でのインターネット接続方法

インターネット 接続 方法

インターネット接続サービス(フレッツ光、他) フレッツ 光ネクスト• 工事前やインターネット接続前の確認事項、パソコンと機器の接続方法など• 機器接続について• 便利なサポートメニューを提供、フレッツアクセスサービスご利用者専用サイト• フレッツ 光ライト• 工事前やインターネット接続前の確認事項、パソコンと機器の接続方法など• ご利用量と通信料(概算)のご確認等ができるサポートページ• Bフレッツ• 機器接続について• トラブルシューティング• 重要なお知らせ• フレッツ・ADSL• 機器接続について• トラブルシューティング• 重要なお知らせ• フレッツ・ISDN• 機器接続について• OS別接続設定• フレッツ・ISDN接続時のエラー集• トラブルシューティング• 重要なお知らせ• その他のサービス フレッツ・ミルエネ• フレッツ・ミルエネの取扱説明書・ガイド映像等• 機能概要、操作• 機器とりつけガイド• ソフト配信 プラットフォーム• ソフト配信プラットフォームについて• フレッツ・あずけ~る(無料・有料プラン)• フレッツ・あずけ~るご利用ガイド• フレッツ・パスポートID• フレッツ・パスポートIDのご利用ガイド• サービス情報サイト (NGN IPv6、NGN IPv4)• 接続方法について• ご利用中の回線やパソコン等の環境による接続テスト• フレッツ 光ライト、フレッツ 光ネクストご利用の方の接続方法• トラブルシューティング• サービス情報サイト (IPv6、IPv4)• 接続方法について• ご利用中の回線やパソコン等の環境による接続テスト• Bフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDNご利用の方の接続方法• トラブルシューティング(IPv6)• トラブルシューティング(IPv4)• メール情報配信• メール情報配信について• ひかり電話ルーター対応 無線LANカード• 050IP電話対応機器• バージョンアップお知らせ機能について• 対応プロバイダ/設定情報• 機器接続について• トラブルシューティング• 重要なお知らせ•

次の

インターネット接続やメールがご利用できない場合の対処方法について

インターネット 接続 方法

Contents• パソコンを買い替えしたら設定は必要? 同じプロバイダや回線を利用していても設定は必要です パソコンを購入する際、購入店側で初期設定を行ってもらえます。 初期設定とは、初期出荷状態から、パソコンがすぐに使える状態に設定することです。 パソコン自体はすぐに立ち上げられるようになりますが、注意しなくてはならないのが、インターネット接続です。 初期設定を行っても、インターネットの接続は行ってもらえません。 自身で接続を行う必要があります。 また、購入を機にプロバイダや回線を変更しなくても、設定は必要です。 接続の設定については、モデム(インターネット通信で必要な装置)とパソコンを有線で利用していたのか、または無線で利用していたのかでも異なります。 インターネット接続には2つの方法があります。 LANケーブルでモデムとPCを直接繋いでインターネットに接続する LANケーブルを使った、オーソドックスなインターネット接続方法です。 有線接続とも言います。 パソコンとモデムを直接ケーブルで接続するため、データ通信の干渉に強く、Wi-Fiの調子が悪いときにも活用できます。 Windows7の場合で、接続手順を確認してみましょう。 【Windows7インターネット接続方法(有線)】 1. LANケーブルでモデム(またはルーター)とパソコンを繋ぎます。 左下の「スタート」をクリック。 メニューから「コントロールパネル」を選択。 「ネットワークと共有センター」にある「ネットワークの接続とタスクの表示」をクリックします。 ネットワーク設定の変更から「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選びます。 インターネットの設定画面になるので「インターネットに接続します」をクリック。 ワイヤレスではなく、「ブロードバンド」を選択します。 ユーザー名とパスワードを入力して接続します。 ・モデムの場合 モデムを使用する場合はプロバイダ情報をパソコンで設定する必要があります。 なのでプロバイダより通知されているIDやパスワードなどの情報が必要になるので、契約したときの書類を用意しておきましょう。 詳しい設定方法については、各モデムの取扱説明書をご確認ください。 【Windows7インターネット接続方法(無線)】 基本的に有線のときと手順は同じです、インターネット接続後に、ブロードバンドではなく「ワイヤレス」を選択して、選択肢の中から自身が使用しているルーターの名前を選びます。 (周辺でルーターを使用している人がいれば複数表示されることがあります。 )パスワードが要求されるので、ルーターの裏面などに記載されているパスワードを入力して接続します。 【Macインターネット接続方法(無線)】 1. メニューバーのWi-Fiアイコンをクリック。 周囲のアクセスポイントが表示されるので、自宅にあるルーターの名前を選択。 パスワードが要求されるので、ルーターの裏面などに記載されているパスワードを入力します。 なお、ご紹介した接続方法は、有線、無線ともに一例です。 OSや機種によって異なる場合があるので、詳細はルーターやモデムに付属している取扱説明書、またはプロバイダのWebサイトをご参照ください。 モデムやルーターの設定画面が表示されない、またはログインができなくてインターネットに接続できない場合 モデムやルーターの設定画面が表示されない場合 モデムやルーターがしっかりと接続されていれば、問題なく設定画面がされるはずです。 ご紹介したようなインターネット接続の操作を行っても設定画面が表示されない場合は、モデムやルーターの電源が付いているか、配線は正しく差し込まれているか確認しましょう。 また、ネットワーク上で機器を識別するためのIPアドレス(パソコンを識別するためのアドレス)の間違いも表示が上手くされない原因としてよく挙げられます。 IPアドレスに間違いないかは確認しにくいので、IPアドレスが自動取得になっているかを確認しましょう。 自動取得に入っていないと特定のIPアドレスになり正常に接続できないことがあります。 Windows7の場合、コントロールパネルのネットワークと共有センターから、アダプターの設定の変更を開き、接続しているネットワーク名を右クリックし、「プロパティ」を開きましょう。 インターネットプロトコルバージョン4またはバージョン6をクリックして、IPアドレスの自動取得にチェックが入っているか確認しましょう。 もしついていなかったらチェックをつけておきましょう ログインができない ログインできない場合、ユーザー名とパスワードを間違っている可能性があります。 変更していなければ初期設定のルーター記載のパスワードで確認できます。 どうしても自分で解決できそうにない場合は、パソコン修理店に依頼して修理または設定してもらいましょう。 インターネット接続は意外に簡単 インターネット接続の手順はそんなに難しくありません。 新しくパソコンを購入したら、有線での接続とルーターを使った無線での接続があるので、接続の方法に合わせて手順を確認しながら設定を行いましょう。 もし、設定が上手くいかない場合は、IPアドレスやパスワードが誤っている可能性があります。 まずは、手順に従って誤りがないか確認して、それでも接続できない場合は、パソコン修理店に依頼して設定してもらいましょう。

次の