かぼちゃ ポタージュ ミキサー。 ミキサーも生クリームも使わない!濃厚かぼちゃポタージュスープ

かぼちゃのポタージュはミキサーなしでも作れる!おすすめレシピをご紹介♪

かぼちゃ ポタージュ ミキサー

そんな場合でも、ポタージュスープは作れちゃいます! ただしちょっと手間と時間がかかります。 よく煮込んだ野菜をまずは木べらなどでざっくりとつぶし、それから目の細かいざるや古いなどでつぶしながら濾すのです。 以前ミキサーなどを持っていなかった時には、まずはざるで挑戦したのですが、手持ちのざるの目が粗すぎて全然ダメでした。 そこでひらめいたのが茶こし! スプーンで野菜をすくい取り、茶こしに入れ、少しずつ濾していきました。 茶こしはかなり目が細かいので、なかなか濾すことができません。 でも濾そうと茶こしの中で押しつぶしているうちにかなりとろとろの状態になるんです。 勿論お茶碗などの中でつぶすのもいいと思います。 でもお茶碗などの中って野菜が滑っちゃうんですよね・・・そういう意味でも茶こしはなかなか優秀でした。 もし暇があったらチャレンジしてみてください。 少し目の細かいざるがあるともっと楽にできます。 お菓子やパン作りなどで使う麺棒などがあれば、ボウルや鍋のなかでつぶすと、粒粒が残った舌触りになりますが楽にポタージュが作れます。 1.まずは、かぼちゃ大体8分の1個(150gくらい)と人参・玉葱それぞれ半分をバター適量で炒めます。 (私はバターをかなり多めで炒めてます。 好みでオリーブオイルでもいいと思います。 )火は弱めの中火位でじっくり炒めてください。 2.そこに水150mlをそそぎ、コンソメ小さじ1を加え蓋をして茹でます。 3.くたくたに柔らかくなったら、ざるや茶こしなどで濾します。 粒粒が残っても良ければ麺棒や木べらなどでつぶすだけでもいいですよ。 4.牛乳150mlを加えます。 5.味噌を小さじ1加えます。 6.味を見ながら塩コショウで調整します。 7.最後に刻んだパセリを散らします。 ケーキ作りなどで生クリームが余っている時にはそれを使ったりもします。 ポタージュを作ることだけを考えるとミキサーの方が適しています。 フードプロセッサーは野菜を刻むのが得意ですよね。 水分の多いものを扱うのが苦手なので、フードプロセッサーをポタージュ作りに使う場合には水分を少なめにした状態でフードプロセッサーに投入してくださいね。 最後に ミキサーなしでも作れるかぼちゃのポタージュスープについて簡単にまとめてみました。 ちょっと根気がいりますが、慣れるとコツがわかり、結構簡単にこなすことができるようになってきます。 それでもやっぱりもっとトロトロの食感がいいな…という場合にはミキサーなどの購入を検討し見てください。 野菜をみじん切りにするのに重宝します!.

次の

【基本のレシピ】ミキサーで簡単! とろとろ「かぼちゃポタージュ」のレシピ・作り方

かぼちゃ ポタージュ ミキサー

かぼちゃのポタージュの材料 このかぼちゃのポタージュレシピは、 かぼちゃ250gに牛乳500mlを合わせるので、比較的あっさりめな仕上がりです。 そのねらいとしては、 普段の和食の献立にも取り入れやすいよう、生クリームなどは使わずに、作りやすく、さらりと飲みやすくしたかったから。 かぼちゃと牛乳以外に使うのは玉ねぎとバター。 玉ねぎは繊維を断つように薄切りにしておきます。 かぼちゃは種とワタをスプーンなどで取り除き、ヘタがあれば切り落として皮をむきます。 皮に近い部分の緑色がほとんどなくなるくらいに皮をむいてから、切りやすい幅に切り分け、かぼちゃをまな板の上で安定させてから1㎝幅に切ります。 切ったかぼちゃを平皿などに重ならないように並べてラップをして、 600Wで2分加熱します。 取り出して厚みのある部分に爪楊枝などを刺し、火通りを確認します(火が通っていなければ追加で加熱し、この段階でほぼ火が通っている状態にしておきます)。 かぼちゃのポタージュの下ごしらえ 鍋にバターを入れて弱めの中火にかけ、溶けて熱くなれば玉ねぎを加えて炒めます。 玉ねぎが透明になるまで火を通します。 玉ねぎに火が通れば、弱火にして、 小麦粉大さじ1を全体にふりかけ、すぐに炒め合わせます。 バターが多くないので、玉ねぎにまとわりつくような形になりますが、それでも大丈夫です。 1分くらい炒め合わせます。 ここで500mlのうち300mlの牛乳をそそぎ入れます。 火を少し強め、玉ねぎと小麦粉がほぐれるように混ぜながら牛乳を温めます。 沸騰前にレンジで加熱したかぼちゃを入れ、沸いたら極弱火にして、1~2分ほど加熱して火を止めます。 ミキサーの場合は軽く冷ましたものを移し、後から残りの冷たい牛乳200mlを足し入れて混ぜます。 これで完全に冷めるので、その状態でミキサーにかけます。 その場合のことは下の補足にまとめています。 かぼちゃがこまかくなって、ポタージュ状になればOKです(ミキサーに移し終わった鍋に移せばよいので、鍋は特に洗わずに置いておくとよいです)。 鍋に取り出し、飲むタイミングで火にかけます。 温まればAの塩(小さじ1弱)と味をみて甘みが足りなければ少量の砂糖を加えます。 温めるときに鍋肌や鍋底にスープがこびりつきやすいので、ゴムベラやお玉で落としながら温めるとよいです。 あとは器によそって、粗びき黒こしょうをほんの少し振りかけるのもおすすめです。

次の

かぼちゃのポタージュ(スープ)のレシピ/作り方:白ごはん.com

かぼちゃ ポタージュ ミキサー

寒い日には温かい食べものが何よりも嬉しいですよね! 今回ご紹介するレシピは「かぼちゃのポタージュ」です!普段、かぼちゃが苦手という方もポタージュにすれば食べてくれる確率も高いです。 特に子供は!!(笑) このポタージュは 面倒なミキサーいらずで完成するので洗い物が少なくて済みます。 ミキサーって便利ですが、後片付けが結構面倒だと感じませんか? じゃあ、ミキサーの代わりに何を使うのかというと、裏ごし(漉し)ます。 裏ごし器があれば使えばいいですし、ご家庭でないのなら目の細かいザルでも大丈夫です!(我が家はザルを使っています) おうちにある道具で工夫さえすれば高価な小売り器具を買わなくても十分代用が利きますよ。 かぼちゃをしっかり裏ごししたら、あとは牛乳で濃度を決めます。 牛乳の分量で生クリームを使わなくても十分濃厚なポタージューに仕上がります。 かぼちゃのポタージュは意外にかぼちゃをたくさん使用するのでかぼちゃが余ってしまった時には大量消費できて便利です。 毎回毎回かぼちゃのペーストを作るのは大変なので、時間がある時にかぼちゃペーストを作って冷凍保存しておけば本当に重宝します! 簡単!濃厚かぼちゃ ポタージュスープの作り方 途中、味見をして塩・こしょうで調味します。 ミキサーを使わない代わりに裏ごししますが、専用の裏ごし器は不要です。 少し目の細かいザルがあればいいんです! 実際、私はアルミ製のザルでかぼちゃを裏ごししています。 裏ごしするのは少し手間がかかりますが、ポタージュの仕上がりがとても滑らかになるので是非ともやっていただきたい作業です。 どうしても面倒!っというのなら〈手順1〉でティースプーンでわたを取り除く時にかなりキレイにかぼちゃのワタを取り除いてください! そして、電子レンジ加熱で柔らかくなったかぼちゃを裏ごす代わりにしっかり麺棒などで潰していただくだけでもグッと仕上がりが滑らかになりますよ。 blogspot. blogspot.

次の