キヤ e195。 機関車けん引レール輸送列車が消える日もそう遠くない! JR東日本 キヤE195系 がしれっと増備、ちかく本格稼働か

レール輸送用の新型ディーゼルカー「キヤE195系」を東北に導入 JR東日本

キヤ e195

そんなことを想わせる動きが、いま尾久車両センターなどでちらっとみえる。 2017年9月のJR東日本発表を覚えてる? レール輸送用新型気動車キヤE195系を導入するという内容。 「JR東日本は、交換用のレールを輸送するために、機関車とレール輸送用貨車を使用している。 これら国鉄時代に製造され、老朽化の進んだ車両の置き換えを行うため、気動車方式による効率的な輸送システムの検討を行ってきた」 「このたび、JR東海が開発し、2008年に導入したレール輸送用であるキヤ97系をベースに、当社むけに耐寒耐雪対応等のカスタマイズを行った、レール輸送用新型気動車を導入することにした。 今後、性能評価や技術的検証を実施した後に、本格的に運用を開始する予定」(JR東日本) そう。 JR東日本キヤE195系は、JR東海が日本車輌に発注してつくらせたキヤ97をベースにつくったロングレール運搬車と定尺レール運搬車の形式で、耐寒耐雪構造強化、JR東日本保安装置搭載に加え、ロングレール運搬車は編成の組み換えがかんたんにできるような積付装置の配置の変更などが施された。 そんなキヤE195系が実は、しれっとその数を増やしてた。 3年前の発表からスポットライトを浴びないまま。 ちなみにキヤのキは気動車、ヤは役所で、事業用ディーゼルカーって感じ。 所属先の小牛田運輸区にはいま、ロングレール運搬用11両編成 LT-1 編成が1本、定尺レール運搬車2両編成 ST-2 ~ ST-6 編成5本がいる。 そして1本 ST-1 編成が尾久車両センターに転属したらしいし、しかもいまロング11両の LT-1 編成も尾久車両センターにいるらしい。 こうした気動車式レール運搬車は、機関車けん引列車と違い、レール基地から現場までのレール輸送や回送を効率化し、現場でのレール取り卸し作業性を向上させるという。 JR東日本に、JR東海グループがつくるキヤが続々と増備されて、いよいよ本格稼働すると、これまでの機関車がけん引するレール輸送列車が、消える。 3年前の発表には、北九州や瀬戸内の製鉄所でつくられたレールが、船や貨物列車で東京・越中島(東京レールセンター)や仙台(仙台港、仙台レールセンター)に輸送するイメージ図が描かれている。 営業運転旅客列車ダイヤの間を同じ歩調で走れるというメリットももつ。 もしかして、形式数字の95って、この最高運転速度からきた? もちろん、もともとあるポテンシャルも有利。 機関車けん引と違い、気動車方式を採用することで、電化・非電化区間を問わず走行OK。 編成両端に運転台があるから、機関車の入換作業(機回しとか)が要らない。 乗務員の機関車のハンドル訓練とかも省略できるし、機関車別のメンテナンスもなし。

次の

レール輸送用の新型ディーゼルカー「キヤE195系」を東北に導入 JR東日本

キヤ e195

本項では、(JR東日本)で導入された キヤE195系気動車についても記述する。 概要 [ ] 在来線の輸送は、(国鉄)時代からレールをに積載して牽引で輸送する方法がとられてきたが、貨車や機関車が製造から30年以上経過して老朽化が進行していた。 ではこれらの置き換えを行うに当たり、同社の所属車両の大多数がと気動車であり、機関車は少数であったこと、技術継承の観点や周期の違いなどの保守管理の観点や、などのの煩雑さをなくすことを念頭に検討した結果、自力走行が可能な気動車方式によるのレール輸送車として開発されたのが本系列である。 ならびに25 の運搬用の2両4本と、200 mの運搬用の13両編成1本があり、それぞれ R1 - R4、 R101の編成番号を称する。 いずれもメーカーはで、前者が(20年)4月、後者は同年7月に運用を開始している。 配置されているは前者が、後者がである。 毎週火・木・土の週3日、定尺レール運搬用車両がととの間を1往復している。 ただし名古屋港線は(JR貨物)のであるためこの車両は自走できず、1両に牽引されて運用されるが、この区間はJR貨物の貨物列車扱いとなるため「JR旅客会社所有の気動車を使用して運転される貨物列車」という極めて珍しい列車ということになる。 構造 [ ] 車体 [ ] ロングレール運搬用(R101編成) 乗務員室上部が丸い形状になっている。 車体長は、従来のロングレール輸送用長物車(チキ)とほぼ同じ18. 2 mとしている。 側梁は、床下の機器艤装スペースを確保しつつレール積載荷重に対応したを有する構造とするため、従来の長物車を天地逆向きにしたような形である逆魚腹構造とした。 (運転台)は定尺レール用(キヤ97形0・100番台)とロングレール用(キヤ97形200番台)で構造が異なり、0・100番台はに準じた、前面のみ製のとなっている。 対して200番台は、レール取卸し作業の際にレール方向に下ろすことになるため、を高床構造とすることでレールを通すスペースを確保している。 そのため、乗務員室上部はに沿って丸い形状となっている。 車体色はどちらもキヤ95系と同様、普通鋼部分が黄色、部分は無塗装で、青の太帯とスカイブルーの細帯が引かれている。 主要機器 [ ] 駆動機関、充電発電機、蓄電池、空気圧縮機などの主要機器は、動力車に集中搭載されている。 駆動機関・ブレーキ [ ] は電子燃料制御方式の C-DMF14HZC(カミンズ製N14E-Rと同型) を動力車1両あたり1基搭載する。 定格出力は360、定格回転速度は2,100rpmである。 はリターダ機能を内蔵したDW19-Rを、加速性能を高める目的で変速2段・直結3段に変更し、レール卸し作業の効率化を図るために定低速機能 を付加した C-DW19A を採用した。 ブレーキシステムは・キヤ95系と共通のであり、常用(増圧制御有)・非常(増圧制御有)・直通予備・耐雪ブレーキの4系統を備える。 機関車などに連結され、無動力扱いで牽引時に使用する機能を搭載し、常用・非常ブレーキのみが作用する。 台車 [ ] には円錐積層ゴムによる軸箱支持機構を備えるである C-DT66(動台車)・C-TR254(付随台車)を採用する。 枕ばねには、積載荷重に対応した有効径560mmの空気ばねを使用する。 鉄塔(高圧送電線用 輸送も行う。 形式・編成 [ ] 定尺レール運搬用 [ ] キヤ97-1 - 4 上で向きの先頭車。 キヤ97形100番台と2両固定編成を組成する。 キヤ97-101 - 104 東海道本線上で米原向きの先頭車。 ロングレール運搬用 [ ] キヤ97-201・202 ロングレール運搬用の先頭車。 方向転換可能。 キヤ96-1 - 6 キヤ97形200番台編成の中間車。 そのものの外見だがれっきとした気動車であり、排気筒を装備している。 キサヤ96-1 - 5 キヤ97形200番台編成の中間付随車。 キヤ96形に近い外見だが機関を搭載していないので排気筒がない。 1と5には作業用電源としてディーゼル発電機が設置されている。 キヤE195系気動車 [ ] JR東日本キヤE195系は、がにて導入した、キヤ97系のカスタマイズモデルである。 導入経緯 [ ] JR東日本では、老朽化したレール輸送用の機関車と貨車の置き換えに際し、気動車方式による効率的な輸送システムを検討した結果、JR東海キヤ97系と同型の車両を導入するに至った。 但し、東北地方に対応する為、耐寒・耐雪対応等、JR東日本向けの仕様変更を行っている。 東海車と同様、豊川製作所にて製造。 2017年冬に量産先行車として150mロングレール運搬用の車両を1編成11両、25m定尺レール運搬用を1編成2両の合計13両を新製し、各種性能試験を行ったのちに本格導入される方針。 車籍についても2017年11月29日に該当13両が小牛田運輸区において入籍している。 今後は仙台レールセンターを拠点に運用される。 また、2018年5月30日-翌31日に新潟地区(・)でもキヤE195-1+キサヤE194-101+キヤE195-101の3両編成での試運転が行われた。 構造 [ ] 車体及び主要機器は、基本的に東海車と変更はない。 但し、改良点として、耐寒・耐雪構造の強化や、東日本側の信号システムに合わせる為の機器類の変更等を実施。 帯はJR東日本のコーポレートカラーである緑の太帯と黒の細帯が引かれ、JRマークが添付されている他、前面のヘッドライトや作業ライトはLED化した。 またレール運搬用設備はグレーで塗装されている。 定尺レール運搬用 [ ] R1 - R4編成をベースとする。 2両固定編成を組成。 編成番号はST-1。 2018年1月10日-翌1月11日に掛けて、まで甲種輸送された。 キヤE195-1000 盛岡方先頭車。 キヤE195-1100 上野方先頭車。 ロングレール運搬用 [ ] R101編成をベースとするが、150mのレールを積載する為、2両短い11両編成で組成する。 編成番号はLT-1。 2017年10月31日-翌11月1日に掛けて、まで甲種輸送された。 小型の作業用ライトを4基備えている。 ヘッドライトの左右には保安装置用アンテナが取り付けられた。 キヤE195 ロングレール運搬用の先頭車。 上野方1両目(100番台)と盛岡方11両目(0番台)に位置。 運転台下にレール排出器を左右2基ずつ装備。 方向転換可能。 キヤE194 エンジン付き中間車。 3~5両目・7~9両目に位置。 キサヤE194 中間付随車。 2、6、10両目に位置。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日本語 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2017年9月5日 , 2017年11月6日閲覧。 「」、『』58巻(通巻683号(2018年1月号))、 p. 190• 2018年6月1日. 2018年6月2日閲覧。 2018年6月5日. 2018年6月7日閲覧。 2018年1月11日. 2018年1月11日閲覧。 2017年11月2日. 2017年11月6日閲覧。 参考文献 [ ]• JR東海東海鉄道事業本部車両部車両課「キヤ97系レール運搬用気動車」『』第566号、、2008年6月、 74 - 78頁。 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

キヤE195系4編成が出場+ST

キヤ e195

そもそも工事用臨時列車・レール輸送とは? 鉄道の骨格の1つである鉄道レールは、車両走行によって歪み・凹みが発生します。 これらはレール削正車、土台のバラスト 砂利部分 はマルチプルタイタンパーと呼ばれる保線車両によって列車が走らない深夜に矯正をして行きます。 しかしながら、徐々にレール表面は削れていくほか、バラストも尖った部分が削れて丸くなっていくので、永久に使えるものではありません。 検測車両や保線作業、経年などから古くなったレールやバラスト、枕木などは順次交換がされて行きます。 これらの輸送は様々な方法がありますが、バラストや枕木はトラックなどの外部でも輸送が出来る一方で、レールについては通常のレールで25m単位・最近使用例が多いロングレールでは200m=通勤電車10両編成相当の長さがあるため、陸路での輸送は難しいものとなります。 そのため、 レール輸送専用の貨車を使用することで、25m定尺レールは最寄りの保線基地まで、ロングレールでは交換場所の本線上まで輸送をしています。 JR東日本では、関東近郊のレールの発着拠点として越中島レールセンターが、東北地区のレールの発着拠点として仙台レールセンターの2箇所が設置されています。 このレールセンターでは、九州・山陽地区の製鉄所から鉄道貨物・船舶で輸送されたレールを工事用貨車に載せ替えて各地に運んでいます。 この保線作業のために運転される、工事用臨時列車が通称「工臨」と呼ばれています。 気動車方式とすることで機関車牽引のデメリットである 入れ替え作業簡略化を実現したほか、ブルートレイン廃止と合わせてJR東海では自社保有の機関車自体を一掃することに成功しています。 JR東日本でもこれに追従する動きが見られており、 機関車の定期検査を実施している秋田総合車両センター内の掲示のほか、量産先行車が配置されている小牛田運輸区などで機関車牽引列車廃止とレール輸送用気動車の準備プロジェクトチーム設立が目撃されていました。 そのような情勢のなか登場したのがキヤE195系レール輸送用気動車です。 このキヤE195系気動車では、JR東海向けのキヤ97系の設計をベースに耐寒耐雪性能付加と保安装置対応、LEDヘッドライトの採用などの最新技術の反映、ロングレール輸送編成の組み替え容易化などが行われています。 なお、レールのほかにもバラストが採石場から各地に工臨列車にて輸送されていましたが、こちらはバラストがトラックで代替可能なことから、各社で規模が縮小されています。 設計自体はキヤ97系同様だったものの…… JR東日本向けのカスタムが施されてこそいるものの、基本的な構造はJR東海向けのキヤ97系と同一のものであり、外観は帯色が異なる程度で瓜二つです。 ファン人気の熱い機関車牽引列車代替というだけで不人気になりがちなところ、外観までキヤ97系と同一のものとなったため、あまり歓迎されない登場となりました。 JR東海でも登場当初は、その特異な外観から「生首くん」などの蔑称がされ、EF58形やEF64形などを置き換えた 悪役のようなイメージで運用スタートをしましたが、現在はロンキヤ編成を中心にファンも増えてきました。 JR東日本では、2017年冬から走行試験を実施としていたものの、短距離のものが中心でなかなか進んでいませんでした。 2018年夏にはロングレール輸送編成を3両に短縮した編成で関東入り、その特異な外観で各地を走行していたところで故障が発生、置き換え対象の機関車に引っ張られて小牛田運輸区に帰還しています。 それ以来大きな動きもないまま1年、ファンから存在も忘れられ始めていたところでしたが、 2019年8月に入って今度は定尺レール輸送用の2両編成の試運転が始まりました。 こちらは今のところ順調に行われているようですが、現在行われている試運転は信号見通し試運転=従来と異なる運転台配置ゆえに信号機がちゃんと見えるかの確認ですので、運転士・保線員双方の慣熟を目的としたものではありません。 これ以上大きな問題が起きなければ量産車の製造が始まるものと見られ、量産が進めば各保線基地での訓練も行われるでしょう。 とはいえ、ロングレール貨車だけで関東3編成・東北1編成。 定尺レール用となればその倍以上となりますので、本格的な投入はまだまだ先となりそうです。 導入線区と機関車牽引列車全廃までの道のり 2017年のプレスリリースでは東北地区の導入のみがアナウンスされていましたので、まずは仙台レールセンターベースで運用されている東北地区で導入開始となるものと見られます。 ただでさえ活躍の場が少ないED75形にとっては大打撃となりそうですが、ED75形が活躍する仙石線用205系の郡山総合車両センターへの入出場配給輸送など、全廃は難しいところでしょうか。 JR東日本では機関車牽引列車一掃が遅かれ早かれ行われる見通しです。 多数派のレール輸送工臨列車はキヤE195系に置き換えられるとしても、事業用車・牽引車の代替がどうなるのかなど、まだまだ謎が多い JR内でもまだ確定していない点も多い ところですので、今後の動向が気になりますね。 関連記事はこちら.

次の