動画 コンテナ 共有。 動画コンテナって何?

写真袋の代わりになる写真・動画共有の類似アプリ一覧

動画 コンテナ 共有

ページ内リンク目次• 動画のファイル形式とは 動画のファイル形式には様々な規格があり、その規格名がファイル形式にあたります。 この規格については様々なメーカーや団体が策定している為、互換性の面で問題がありましたが(Windows標準のAVIをMacで視聴するにはMOVへの変換が必要)近年はMpeg4形式の普及により、ほとんでのデバイスで同じ動画ファイルを再生することが出来るようになり、この問題をクリアしています。 当然ですが各ファイル形式に対して、それぞれの動画ファイルの拡張子も変わってきます。 例えばWindows標準のファイル形式であるAVIであれば拡張子は. avi、Macの標準のファイル形式であるQuickTimeであれば. movといった感じです。 拡張子をみればファイル形式を判断することが出来ます。 動画ファイルの仕組み わかりやすく説明すると動画ファイルは一般的に1秒あたりに24枚から60枚の静止画を順番に再生することで動いて見えてます。 パラパラ漫画を想像してもらえるとイメージがしやすいと思います。 5枚と100枚どかでも、一般的には24枚~60枚。 で、この1秒あたりに24枚から60枚の静止画に音楽や音声など音データを含めて動画ファイルにするためにコンテナとコーデックが必要になります。 コンテナとコーデック コンテナについてはファイル形式=コンテナと思ってもらってOKです。 ようはハコ(入れ物)です。 このハコ(入れ物)に どんな方法で大量の静止画を入れるのか?どう収納すればコンパクトに収まるか?この収納方法がコーデックと考えるとわかりやすいと思います。 コーデックの役割 コーデックの役割は動画と音声データを圧縮して動画ファイルの容量を小さくするためです。 例えば乱雑に何も考えずに収納していくと箱をどんどん大きくしないと大量の静止画が入りません。 箱がどんどん大きくなると部屋のスペースを沢山取ってジャマになりますよね?これと同じで動画ファイルの容量がどんどん大きくなるとハードディスクを圧迫することになります。 コーデックの性質上、動画ファイルの容量を小さくするほど画質は低下します。 これはコーデックにより動画・音声のデータを圧縮しているためです。 ファイル形式と拡張子 ファイル形式 拡張子 AVI. avi MOV. mov MPEG2-TS. m2ts. ts MPEG2-PS. mpeg. mpg MPEG4. mp4. m4a WMV. wmv FLV. flv. f4v WebM. webm VOB. VOB MKV. mkv AVCHD. mts. m2ts 各ファイル形式について AVI Windows標準の動画ファイルフォーマットで、拡張子は「. avi」です。 正式にはAudio Video Interleave(オーディオ ビデオ インターリーブ)でAVI(エーヴィアイ)と呼ばれています。 Windows標準といってもコーデックによってはWindows Media Playerで再生出来ないものもあります。 その場合コーデックインストールするか個別に動画プレイヤーをインストールする必要があります。 QuickTime Mac標準の動画ファイルフォーマットで、拡張子は「. mov」です。 アップル社が開発する動画ファイルフォーマットです。 アップル社から提供されていたQuickTime Playerは開発が終了したためWindowsでmovファイルを視聴する場合は別の動画プレイヤーが必要です。 MPEG4 Mpeg-1、Mpeg-2の流れのファイル形式であり、インターネットでの利用に適したフォーマットです。 圧縮率が高くパソコン、スマートフォンやYoutubeなどインターネット動画のような視聴用動画に向いています。 WindowsパソコンやMacパソコンにiPhoneやandroidスマートフォンなど、どの端末でも再生することができ高い汎用性を持っています。 ただし圧縮率が高いため、業務用の動画編集には不向きです。 主要コーデックはh246. が多いです。 汎用性の高さから業務用とのビデオカメラに採用されている場合はあります。 WMV WMV ダブルエムブイ 、Windows Media Video(ウィンドウズ・メディア・ビデオ)は、マイクロソフトが開発した動画ファイルフォーマットです。 音声ファイルとしてWindows Media Audio(ウィンドウズ・メディア・オーディオ)、WMA(ダブルエムエー)があります。 Windows Media Playerなら問題なく再生可能です。 FLV Adobe社が開発した動画ファイル形式で、数年前に主流のインターネット上で配信されていた動画ファイル形式です。 現在はその地位は落ち、ゆくゆくは使われることがなくなっていくのでは推測されます。 またWindows Media Playerなどの一般的な再生プレイヤーでは再生することが出来ないため専用プレイヤー及び対応した別のプレイヤーが必要になります。 WebM Googleが開発した動画ファイル形式で、インターネット上で配信することがメインの用途で開発されています。 Youtubeなどで採用されており高画質、高圧縮を両立出来ることを目標として開発されています。 MKV Matroska(マトロスカ、マトリョーシカ)と呼ばれるオープンソースで開発されている動画ファイル形式。 GoogleのWebMのコンテナとしても採用されています。 Windows 10がMatroskaに標準対応しています。 VOB 通常はDVDデータの格納形式として映像、音声、字幕、メニューなどの情報をひとつのオブジェクトに格納したデータ構造です。 DVDの中身をパソコンにコピーした際に拡張子がVOBの動画ファイルが抜き出せる場合があります。 DVD用のデータと覚えておけばいいでしょう。 AVCHD AVCHD(Advanced Video Coding High Definition, エーブイシーエイチディー)は、パナソニックとソニーが基本仕様を策定した規格です。 主にビデオカメラやBlu-rayディスクに記録する動画ファイルの形式です。 現行の家庭用ビデオカメラはほとんどこの規格で記録しています。 1部の業務機にも採用されています。

次の

「動画コンテナ」のモザイクを削除してくれるプラグインを作成しました│気まぐれ情報局

動画 コンテナ 共有

画像・写真の共有ツールは動画もOK! 打ち合わせを行う際は資料や説明だけではなく実際に画像を見てもらうと誤解なく伝わりやすいです。 補足資料として画像・写真を持ち歩くことも有効ですが、よりたくさんの資料から相手に合ったものをさっと取り出すには画像・写真共有のツールの活用が便利です。 画像・写真共有ツールは無料プランでも十分に活用できるものばかりです。 それぞれに使用できる容量やアップロードできる画像・写真の枚数、保存期間などに差があるため、自分にあったサービスを検討してみましょう。 また、画像・写真以外に動画など登録に対応している場合もあります。 必要な画像を登録して日頃よりビジネスチャンスを逃さない工夫をしておきましょう。 画像・写真の共有ってどうするの? 画像・写真共有ツールはWindows、Macを問わず利用できます。 また、ほとんどが専用アプリを持っておりタブレットやスマートフォンでも簡単に画像・写真が閲覧できるのが特徴です。 画像・写真共有ツールに画像・写真を共有する手順はとても簡単で、ユーザー登録を行い指定の場所に画像・写真をドラッグ&ドロップするだけです。 手軽に編集や削除も行えます。 また、用途ごとにグループ分けをしてタイトルをつけたり、閲覧権限を設定して公開するとセキュリティも万全でしょう。 画像・写真を見てほしい相手にはURLを知らせるだけで共有できるので非常に利便性が高いです。 おすすめ!画像・写真共有ツール8選! 画像・写真共有ツールは非常に多くの種類がありますが、ツールを選ぶ際は自分がどのように画像・写真を共有する予定なのかを考えておきましょう。 例えば登録できる画像形式、データの保存期間、個人で使えるデータ容量などは気になるポイントです。 また、普段自分が使っているIDが活用できたり、画像・写真以外にも保管しておきたい情報があるかなども踏まえてツールを選びましょう。 ここでは安心して使える画像・写真共有ツールの特徴や無料プランの内容についてご紹介します。 短期間の写真共有だけでなくアルバム機能も充実。 30日以内のファイル復元が可能。 データ高速同期。 【運営者】Dropbox, Inc. (米) 【ストレージ容量】2GB(お友達1人紹介するごとに500MB追加、最大16GB) 【1枚あたりの容量】無制限 【データ保存期間】無制限(共有期限設定可能) 【有料プラン】複数プランあり。 無料で容量無制限。 コラージュ、アニメーションGIFの自動作成など編集機能も豊富。 【運営者】Google Inc. (米) 【ストレージ容量】無圧縮:15GB、高品質モード:容量無制限 【1枚あたりの容量】無制限、サイズ16Mp以下 【データ保存期間】無制限 【有料プラン】複数プランあり。 写真以外のデータの共有にも利用可能。 【運営者】ロジックファクトリー株式会社 【ストレージ容量】15MB(有料の場合32MB) 【1枚あたりの容量】無制限、サイズ400x400~10000x10000p 【データ保存期間】30日(30日未ログインの場合削除) 【有料プラン】複数プランあり。 【運営者】Amazon. com, Inc. (米) 【ストレージ容量】無制限(動画やPDFなど写真データ以外は5GB) 【1枚あたりの容量】無制限 【データ保存期間】無制限 Facebook 【特徴】facebookの「いいね」機能やコメント機能がそのまま使え、共有はもちろんのこと公開範囲も設定することが出来るので便利です。 また動画も共有することができます。 タブレットやスマートフォンに対応する専用アプリが提供されていることが多く、OSやデバイスを問わずいつでも画像・写真が閲覧できますよ。 使い勝手が良く無料で十分なこともありますが、有料の拡張機能をつけるとより活用の幅を広げられるかもしれません。 ツールを選ぶ際は画像・写真をいつまで保管できるのか、どのくらいのサイズの画像・写真が登録可能なのかなどサービスの特徴を踏まえて使いこなしていきましょう。

次の

動画コンテナの使い方!安全性と動画ダウンロードの違法性は?

動画 コンテナ 共有

はじめに Dockerのホスト側(すなわち、自分のローカルPC)とコンテナ側で共有フォルダを作成すると、ホスト側で色々なファイルを編集したり追加したりして、コンテナ側でそのファイルを実行することができます。 これならコンテナ側で使いたいコードをホスト側で好きなエディタを使って編集できます。 ここでは、ホスト側とコンテナ側の共有フォルダを設定するための手順をメモします。 環境と手順概要• ホストOS : Ubuntu18. Docker version: 18. 0-ce ここでは詳しい説明は省略しますが、共有フォルダを設定するにあたってポイントとなるのは、 ホスト側のユーザのUIDと、コンテナ側に作成するユーザのUIDを一致させることになります。 ホストとコンテナはUIDとGID(グループID)が独立しているわけではなく共有しているため、このUIDを一致させることでホスト側のユーザの権限とコンテナ側のユーザの権限を一致させて共有できるようにします。 この点については、以下の参考サイトに詳しく書かれており理解が深まりました。 具体的な手順としては以下のようになります。 ホスト側のユーザのUIDを確認する• 同一のUIDを持つユーザを追加する設定をDockerfileに記述• 共有フォルダを指定してコンテナを作成、起動する ホスト側のユーザのUIDを確認する 以下のように、 idコマンドでUIDを確認します。 UIDについて Ubuntuで設定されるUIDは、通常だと1000からになります。 confというファイルにて設定されています。 conf (・・・上省略・・・) package, may assume that UIDs less than 100 are unallocated. 同一のUIDを持つユーザを追加する設定をDockerfileに記述 まず、適当なフォルダに移動して、そこで Dockerfileを作成します。 Dockerfileの中身は後述します。 useraddの -u 1000にてuidを1000に指定しています。 なお、 useraddコマンドについては、に詳しく説明が載っており大変参考になります。 また、上記で使用している useraddのオプションの説明をいかに載せます。 その他のオプションについては、にまとめられており勉強になります。 -u UID 新規追加するユーザのUIDを指定します。 -m 新規追加するユーザのホームフォルダも一緒に作成します。 -d フォルダパス 新規追加するユーザのログイン時のデフォルトのフォルダを指定します。 以下のコマンドでビルドします。 mydockerは適当につけたコンテナ名です。 これで後はDockerを起動します。 共有フォルダを指定してDockerを作成、起動する 以下のコマンドでホスト側とコンテナ側の共有するフォルダを指定してコンテナを作成、起動することができます。 以下に各オプションの説明を載せます。 -it シェルで操作するために入力待受状態にします。 厳密には、 -i、 -tと別々のオプションです。 コンテナ内で操作したい場合は使います。 上記で必要な設定は完了です。 ホスト側、コンテナ側で指定したフォルダにファイルを追加したり、ファイルを編集したりするとそれぞれのフォルダが同期されます。 このようにホスト側とコンテナ側で共有フォルダを設定できれば、コードなどはホスト側の好きなエディタを使って編集し、そしてそのコードをコンテナ側で実行することが便利です。 dockerコマンドをsudoなしで使用するための設定 なお、 dockerコマンドはデフォルトだと実行にroot権限が必要になります。 ただ、毎度 sudoをつけるのは面倒な上、セキュリティ上よろしくありません。 そこで通常使用している一般ユーザを dockerグループに所属させることでroot権限なしに dockerコマンドを実行できるようにします。 以下手順です。 すでに存在している場合は以下のように dockerと記載されている部分を見つけられると思います。 なお、 usermodコマンドにて -aオプションをつけずに -Gオプションのみで所属グループを指定してしまうと、指定したグループにのみ所属する状態となり、元々所属していたグループから外れるので注意してください。 以下の参考サイトに usermodのオプション全般について詳しく書かれており大変勉強になりました。 まとめ Dockerを使い始めてみると、これまで色々な環境構築にかかっていた時間を大幅に短縮でき、またローカル環境をいじる必要がないので精神的にもハードルが下がりました。 環境構築手順に変更があっても、それに対応済のコンテナを持ってくれば良いのは楽です。

次の