伊勢 物語 東 下り 現代 語 訳。 伊勢物語『東下り』現代語訳(1)(2)(3)

伊勢物語~かきつばた~(1)

伊勢 物語 東 下り 現代 語 訳

伊勢物語絵巻四段(西の対) 絵巻物で読む 伊勢物語 |||||||| 伊勢物語絵巻四段(西の対) むかし、ひむがしの五条に、大后の宮おはしましける。 西の対に、住む人ありけり。 それを本意にはあらで、心ざしふかゝりける人、行きとぶらひけるを、む月の十日ばかりのほどに、ほかにかくれにけり。 ありどころは聞けど、人のいき通きかよふべき所にもあらざりければ、なを憂しと思ひつゝなむありける。 又の年のむ月に、梅の花ざかりに、去年を恋ひていきて、立ちて見、ゐて見ゝれど、去年ににるべくもあらず。 うち泣きて、あばらなる板敷に月のかたぶくまでふせりて、去年を思ひいでゝよめる。 月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして とよみて、夜のほのぼのと明くるに、泣く泣く帰りにけり。 (文の現代語訳) 昔、東の京の五条に、皇太后の宮がおいでになった。 その御殿の西の対に、住んでいる人があった。 その人を、思い通りにはならないものの、深く思っていた男がいて、通っていたのだったが、その人が正月十日ばかりの頃に、他の場所に身を隠してしまった。 その居場所を聞いたものの、身分の低い者が通えるようなところではなかったために、男は一層辛いことだと思っていたのだった。 翌年の正月、梅の花盛りの頃、去年を懐かしんで西の対を訪ね、立っては見、座っては見渡したが、去年の様子に似るべくもない。 男は泣きながら、がらんどうの板敷に月が傾くまで横になって、去年を思い出しながら歌を詠んだ。 月は昔のままだろうか、春は昔のままだろうか、わが身だけはもとのままだというのに と詠んで、夜がほのぼのと明ける頃に、泣く泣く帰っていったのだった。 あばら骨も、胸のがらんどうの空間を包み込んでいることから、あばら骨と呼ばれた。 (絵の解説) 絵は、がらんどうになった板敷に横になった男が、月を見上げているところを描いている。 その月の光に照らされて梅の花が咲いている。 しかし、月も花も去年とはまったく違った様子に見えるのは、思いを懸けた人が、そこにいないからだ。 それゆえ、身分の低い者が近づくことはできないのである。 近づけないので、もともと思い通りにいかなかったことが、ますます思い通りにならなくなって、「なを憂し」ということになったわけである。 ここでは疑問形として受け止めた。 反語として受け取ると、月も春も昔のままだということになり、昔のままの自分と、すこしも異ならないことになって、歌としては面白みがなくなる。 | 作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved C 2014 このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである.

次の

伊勢物語~築地の崩れ~

伊勢 物語 東 下り 現代 語 訳

伊勢物語絵巻九段(東下り) 絵巻物で読む 伊勢物語 |||||||| 伊勢物語絵巻九段(東下り) むかし、をとこありけり。 そのをとこ、身をえうなきものに思ひなして、京にはあらじ、あづまの方に住むべき国求めにとて行きけり。 もとより友とする人ひとりふたりしていきけり。 道知れる人もなくて、まどひいきけり。 三河のくに、八橋といふ所にいたりぬ。 そこを八橋といひけるは、水ゆく河の蜘蛛手なれば、橋を八つわたせるによりてなむ八橋とはいひける。 その澤のほとりの木の陰に下りゐて、乾飯食ひけり。 その澤にかきつばたいとおもしろく咲きたり。 それを見て、ある人のいはく、かきつばたといふ五文字を句の上にすゑて、旅の心をよめ、といひければよめる。 から衣きつゝなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ とよめりければ、皆人、乾飯のうへに涙おとしてほとびにけり。 ゆきゆきて、駿河の国にいたりぬ。 宇津の山にいたりて、わが入らむとする道は、いと暗う細きに、つたかへでは茂り、もの心ぼそく、すゞろなるめを見ることゝおもふに、修行者あひたり。 かゝる道はいかでかいまする、といふを見れば見し人なりけり。 京に、その人の御もとにとて、文書きてつく。 駿河なる宇津の山辺のうつゝにも夢にも人にあはぬなりけり 富士の山を見れば、五月のつごもりに、雪いと白う降れり。 時知らぬ山は富士の嶺いつとてか鹿の子まだらに雪の降るらむ その山は、こゝにたとへば、比叡の山を二十ばかり重ねあげたらむほどして、なりは塩尻のやうになむありける。 なほ行き行きて、武蔵野の国と下つ総の国との中に、いと大きなる河あり。 それをすみだ河といふ。 その河のほとりにむれゐて思ひやれば、限りなく遠くも来にけるかなとわびあへるに、渡守、はや舟に乗れ、日も暮れぬ、といふに、乗りてわたらむとするに、皆人ものわびしくて、京に思ふ人なきにしもあらず。 さる折しも、白き鳥の嘴と脚と赤き、鴫の大きさなる、水のうへに遊びつゝ魚をくふ。 京には見えぬ鳥なれば、皆人見しらず。 渡守に問ひければ、これなむ都鳥といふをきゝて、 名にし負はゞいざことゝはむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと とよめりければ、舟こぞりて泣きにけり。 (文の現代語訳) 昔、男があった。 その男が、(京にいても)仕方ない身だと自分を思い成して、京にはおるまい、東国の方に住むべき国を求めようと、かねてからの友人一人二人とともに出かけた。 道を知っている者もなく、迷いつつ行った。 そして三河の国の八橋というところに着いた。 そこを八橋といったのは、水の流れが蜘蛛手のように別れていたので、橋を八つかけていたからだった。 その水の畔の木陰に馬から降りて腰をおろし、乾飯を食ったのだった。 そこにカキツバタがたいそう美しく咲いていた。 それを見てある人が、「カキツバタと言う五文字を句のそれぞれの冒頭に据えて旅の心を詠め」といったので、(このように)詠んだのだった。 唐衣を着て慣れ親しんだ妻が(都に)いるので、はるばるここまでやって来た旅が、つくづくと思われることよ このように詠んだので、皆が乾飯の上に涙を落し、(乾飯が)ふやけてしまったのであった。 どんどん進んでいって、駿河の国についた。 そこの宇津の山というところに来て、これから自分たちが入っていこうとする道はたいそう暗くて細く、蔦や楓が生い茂り、なんとなく心細く、ひどい目をみることだと思っていると、修行者と出会った。 (その人が)こんな道になぜまたいらっしゃるのですか、と言うので、見れば見知った人であった。 (そこで)京にいるお方のもとに、文を書いて(その人に)託したのだった。 駿河の国の宇津の山べにおりますが、その名の通りうつつにも夢にも、人に(あなたに)あうことがありません 富士の山を見ると、五月の末日にかかわらず、雪がたいそう白く降り積もっている。 (富士は)時を知らぬと見えて、その頂には、鹿の子まだらに雪が降り積もっていることよ その山は、都に例えれば、比叡の山を二十ほども重ね上げたような高さであり、姿は塩尻のようであった。 更にどんどん進んで行くと、武蔵の国と下総の国の間に、たいそう大きな川があった。 その名を隅田川と言った。 その川のほとりに皆で座って思いに耽っていると、限りなく遠くまできたものだと、物悲しい気分になるのだったが、渡守が「早く船に乗りなされ、日が暮れる」という。 そこで船に乗って川を渡ろうとしたが、みな物悲しい気持ちであった。 それぞれ都には思う人がいないわけではない。 そんな折に、色が白くて、嘴と脚が赤い、大きな鳥が、水の上に浮かびながら魚をついばんでいる。 京には見えない鳥なので、知っている者がない。 そこで(その名を)渡守に聞いたところ、「これこそ都鳥です」という。 それを聞いて、 (都という)名前がついているのであれば、是非に尋ねてみたいものだ、我が思う人は、(無事に)いるかどうかと このように詠んだので、舟中がこぞって泣いたのであった。 川の畔には、カキツバタの群れ咲く様子が描かれている。 それぞれの人の前に置かれた台は、「かれいひ」を乗せた食膳なのだろう。 二枚目は、宇津の山の中。 一行が修行者と出会う場面である。 三枚目は、駿河で富士の山を見上げる一行の人々、彼らの視線の先にあるのは 四枚目に描かれた富士の嶺である 五枚目と六枚目は、舟で隅田川をわたる一行を描いている。 また、歌には唐衣の縁語として、「着つつ」、「なれ」、「つま」、「はる」などが含まれている。 更に、「つま」は「妻」と「褄」との、「はる」は「遥か」と「春」との掛詞と言う具合に、様々な工夫が盛り込まれている。 遊び心に富んだ歌ということができる。 これも遊び心に富んだ歌である。 今でも東京湾や隅田川に住みついている。 名に似合わず獰猛なところがあり、カラスを追い散らすそうだ。 | 作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved C 2014 このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである.

次の

伊勢物語絵巻五段(わが通ひ路)

伊勢 物語 東 下り 現代 語 訳

「伊勢物語」『東下り』 現代語訳 「伊勢物語」『東下り』 現代語訳 昔、ある男がいた。 その男が、我が身を無用の者であると思い込んで、京にはいるまい、東の国の方に住むのにふさわしい国を求めようと考えて出かけていった。 古くから友人としている人、一人、二人とともに出かけていった。 道を知っている人もいなくて、迷いながら行った。 三河国の八橋という所に到着した。 そこを八橋といったのは、水の流れていく川が蜘蛛の足のように四方八方に分かれていたので、(それぞれの流れに)橋を八つ渡してあったことから八橋というのだった。 その沢のほとりの木の蔭に馬から下りて座って、乾飯を食べた。 その沢にはかきつばた(の花)がたいそう美しく咲いていた。 それを見て、そこにいる人の言うことには、「かきつばたという五文字を歌の(五・七・五・七・七の)各句の冒頭に置いて、旅の心を詠みなさい。 」と言ったので、(男が)詠んだ(歌)、 から衣…(着物を何度も何度も着ていると 褻(な)れてくる、その 褻(な)れではないが、) 馴(な)れ親しんだ妻が都にいるので、はるばるとやって来た旅をしたものだなあと、この旅をしみじみと思うことだ。 と詠んだので、そこにいた人は皆、乾飯の上に涙を落としたから、(乾飯が)ふやけてしまった。 旅をどんどん続けていき、駿河国に到着した。 宇津の山までやって来て、これから自分が踏み入っていこうとする道は、ずいぶん暗くて細いうえに、蔦や楓が茂り、なんとなく不安で、思いがけない(つらい)目に遭うことだと思っていると、修行僧が(向こうから来て)一行に会った。 「このような(都から遠く離れた難所の)道にどうしていらっしゃったのですか。 」と言う修行僧を見ると、(都で会って)知っている人であった。 京都に(いる)、あの(恋しい)人のお手もとにと考えて、手紙を書いてことづける。 駿河なる…(私は今、駿河国にある宇津の山辺に来ましたが、「うつ」といえば、)現にも夢にも(恋しい)あなたに逢わないことですねえ。 富士山を見ると、五月の末(というの)に、雪がずいぶん白く降り積もっている。 時知らぬ…時節をわきまえない山は富士の嶺だ。 いったい今をいつと思って子鹿の毛の白い斑点のようにして雪が降っているのであろうか。 その山は、ここ都でたとえてみるならば、比叡の山を二十ほども積み重ねでもしたほどの高さで、形は塩尻のようであった。 (それから)なおもどんどん旅を続けて(いくと)、武蔵国と下総国との間に、ずいぶん大きな川がある。 その川をすみだ川という。 その川の岸に集まり座って、(はるかな都に)思いをはせるとこの上もなく遠くまでやって来たことだなあと皆で嘆き合っていると、(無情にも)渡し守が、「早く舟に乗れ。 日も暮れてしまう。 」と言うので、舟に乗って川を渡ろうとしたが、(川を渡ればますます都から遠く離れると思うと)一行の人たちはなんとなく悲しい気持ちになり、(それというのも)都に恋しいと思う人がいないわけではない(からだ)。 ちょうど(都を恋しがっている)折も折、白い鳥で嘴と脚が赤く、鴫ぐらいの大きさの鳥が、川面の上に遊びながら、魚を食べている。 都では見られない鳥なので、(一行の)だれも見知っていない。 渡し守に尋ねたところ、「これが都鳥だよ。 」と答えるのを聞いて、 名にし負はば…(都という恋しい言葉を)名に持っているのであれば、さあ尋ねてみよう、都鳥よ。 私が恋しいと思う人は無事でいるのかどうかと。 と詠んだので、舟の中の人はだれもが泣いてしまった。 advanced Q. advanced Q. 「男」の理屈が分かるように解説しなさい。 advanced Q. advanced Q. *ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります。

次の