就活 メール お礼。 【OB訪問等で使える就活メール例文集】お礼、面接日程変更/辞退、説明会キャンセルの連絡など|就活サイト【ONE CAREER】

面接のお礼メールの書き方を就活に活かそう!企業へ送る例文やマナーも解説

就活 メール お礼

就職希望者が企業に提出する「エントリーシート」と呼ばれる応募用紙を、「応募フォーム」の形でホームページ上から送信させる企業は、もはやごく一般 的になってきています。 ・もちろん、採用に関する正式な通達や連絡は書面 で行われますが、一方で「まだ現状では社員の募集をしていません」という企業に対し、資料請求をしたり採用スケジュールに関する情報提供の依頼をする場合や、その企業に対して問い合わせ、質問などを行う際には、メールという手段がごく一般 的に使われているようです。 ここでは、就職活動・就活に使えるメールの文例やビジネスマナーをご紹介します。 就職活動に使う主なメールとその内容 就職活動にメールを使う場合の心構え ・就活にメールを使う場合には、第一希望の企業だけに限らず、関心のある企業に複数出すことが多いと思います。 仮に同じ文章をいろんな相手あてに使うとしても、BCC(相手先を伏せた一斉送信)の機能は使わず、相手の名称を冒頭に入れ、内容もチェックしてから一通ずつ送るようにしてください。 相手はメールであなたの印象を判断します。 人気の高い企業であるほど、採用担当者も厳しい目を持っています。 もし、宛先の名称に誤りがあるなど、失礼なメールを送ってしまうと、採用の可否に影響することがあります。 十分にチェックして送信してください。 資料請求のメール ・就職を希望する企業に対し、募集職種や応募規定、採用スケジュールなどがかかれた募集要項や、パンフレットなどをメールで請求することがあります。 ・ ただし、一部の企業、官庁では返信用封筒に切手を貼り、同封した上で「資料請求」と朱書(赤字で書くこと)を郵送するよう指示されることがあります。 メールによる請求はあくまでも略式ですので、郵送での資料請求を指定された場合には、応募する企業、官庁の指示に従ってください。 採用に関する問い合わせのメール ・現在募集をしていない企業に対して、採用予定人数や、募集職種、採用スケジュールに関する問い合わせをメールで行うことがあります。 また、応募方法について具体的な質問をメールで行うこともあります。 先輩社員、先輩職員へのメール ・通常は、企業や団体、官公庁に勤務する面識のない相手にいきなりメールを送るということはありません。 大学の先輩、クラブや部活動の先輩、ゼミの先輩などとして面識のある相手、あるいは学校の紹介、先生・教授などの紹介などにより先方と「つながり」が得られた場合にのみ、先輩社員や先輩職員あてにメールを送ることがあります。 ・業務内容のほかに、職場の雰囲気や仕事のやりがいなど、パーソナルな情報を得ることができます。 基本的には、メールアドレスがわからなければ送ることはできません。 (筆者がむかし後輩からもらったのは「手紙」でした。 ) 4. お礼のメール ・「資料が届いた」「アドバイスを頂いた」「情報提供を受けた」…こうした場合には必ずお礼の連絡をします。 メールでの依頼したことに対して返答やアクションをしていただいた場合にはお礼のメールを必ず送るようにします。 資料請求のメール書き出しのマナー ・書き出しには、先方の社名と宛名を書きます。 ・ 先方の担当者の部署、役職、氏名がわかる場合には冒頭に明記します。 ・社名につく「株式会社」はできるだけ省略せずに書きます。 どうしても長くなってしまう場合に限り省略します。 ・会社名、部署名などの、区切りのよいところで改行します。 メールの内容 ・文章中には自己紹介も兼ねて、自分が就職活動中であることを必ず入れ、氏名をフルネームで伝えます。 ・できれば、なぜ興味を持ったか、なぜ魅力を感じたかなど、メールを送る理由を書きます。 ・ 文末、末文として、署名欄には、学生の場合は住所氏名の他に大学、学部、学科、専攻、連絡先電話番号、メールアドレスなどを記載します。 初めての相手、面 識のない相手あてのメールに用いるマナーとして誤りではありません。 ただ、この書き出しで始まるメールの大半が迷惑メール、スパムメールなので、筆者はこの一文に対する印象があまり良くありません。 できるだけ使わないようにしています。 見本商事株式会社 人事・採用ご担当様 初めまして。 私はサンプル大学国際経済学部四年の丸地一朗と申します。 卒業を控え将来の進路を考える中で、これまで学んで来た 知識や専門性を活かせる分野をさがしていたところ、 卒業生の就職先勉強会で貴社のことを知りました。 日本の国際競争力をにらんだ経営ビジョンと国際戦略に 魅力を感じるとともに、OB、OGのコメントでも 職場の雰囲気や活き活きと仕事をしている様子が伝わっ て参りまして、ぜひとも貴社で働きたいという思いを 強くいたしました。 つきましては、採用に関する資料、会社案内等をお送り いただきたくメールをお送りする次第です。 お手数をおかけしてまことに恐縮ですが、下記宛お送り いただきますようお願い申し上げます。 何卒宜しくお願い申し上げます。 野之花子と申します。 ぜひとも採用に関する資料、会社案内等をお送りいただきたく メールをお送りする次第です。 お手数をおかけしてまことに恐縮ですが、下記宛お送り いただきますようお願い申し上げます。 何卒宜しくお願い申し上げます。 基本的には、相手に対しては尊敬語、自分に対しては謙譲語を使います。 ビジネスで用いられる敬語のマナーと同じですが、良く用いられる例をピックアップしました。 以下の3つを頭に入れておきましょう。 相手や相手の会社、相手の所有物、相手の考えや行動には尊敬語を用いる 2. 自分や自分の会社、自分の所有物、自分の考えや行動には謙譲語を用いる 3. ・ 相手や相手の所有物を敬う表現の時には、「貴」「御」などをつける場合が多く、 自分や自分の所有物をへりくだって使う表現のときには、「小」「拙」「弊」などをつけます。 (貴社の資料を)拝見しました。 (あなたの意見を)拝聴しました。

次の

【新卒向け】面接後に送るべき「お礼メール」の書き方|例文有り

就活 メール お礼

こんにちは、ワンキャリ編集部の井口です。 就活を始めた学生にとって、不安なことの1つにOB・OG、メンターなどに送る「メールの文章の書き方」があると思います。 大学生活の中でのLINEやメールでのやり取りの文面そのままはダメだと分かっていても、社会人がどのようにメールを使っているのか分からない、というのが就活初期にぶつかる悩みではないでしょうか。 件名の付け方や返信の仕方など、気を付けなければいけないビジネスマナーは山ほどあります。 そんな学生のため、就活でよく使うメール例文を11パターンほど厳選してご紹介します。 (or大学のキャリアセンターにてご連絡先を伺いました。 ) 貴社への理解を深めたいと思っており、仕事内容についてお話をお伺いさせていただきたく、ご連絡いたしました。 書中でのお願いで大変恐縮ではございますが、ご検討いただけますと幸いです。 この度は、ご多用のところOB訪問をお引き受けいただきまして、誠にありがとうございます。 当日伺いたい質問を事前にお知らせしますので、ご確認いただけけますと幸いです。 ・(質問) ・(質問) ・(質問) 以上でございます。 お忙しい中恐縮ですが、何卒 (なにとぞ)よろしくお願いいたします。 本日はご多用のところ、貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。 特に今日の「(具体例)」のお話は、(感想)で印象に残り、大変勉強になりました。 またご相談させていただくこともあるかもしれませんが、その際は、ご指導よろしくお願いいたします。 貴重なお時間をいただきましたこと、重ねて御礼申し上げます。 引き続きどうぞよろしくお願いいたします。 過日はご多用のところOB訪問のお時間をいただき、誠にありがとうございました。 心より感謝申し上げます。 一日も早く貴社の一員として活躍できるよう、精進いたします。 今後とも先輩として、ご指導ご鞭撻 (ごべんたつ)のほどよろしくお願い申し上げます。 この度は、貴社のインターンシップに参加させていただき、大変貴重な経験となりました。 その感謝の気持ちをお伝えしたくご連絡いたしました。 初めての企業という場で、業務の一端を経験させていただくことで、思い描いていた以上の責任の大きさを実感しました。 円滑なコミュニケーションに心を配りながら、自身の目標を明確にし、確実に課題をクリアにして達成していくことの大切さを実感しました。 (具体的な感想を述べる) また、業界理解、業務内容についても、貴社で活躍する社員の方々から具体的なお話を伺う機会に恵まれ、進路を選ぶ上で大変学びの多い体験となりました。 インターンシップを終えて、「貴社の一員として働きたい」という憧れがさらに強くなりました。 貴重な体験をさせていただいたこと、重ねてお礼申し上げます。 末筆ながら、貴社のご発展と社員の皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 本日は、貴社の会社説明会に参加させていただき、誠にありがとうございました。 説明会を経て、貴社への憧れがさらに強くなりました。 いただいた資料を熟読し、貴社への理解をさらに深めて参ります。 貴重な時間をいただきまして、誠にありがとうございました。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 せっかくお席をご用意いただきましたのに(/お時間を作っていただいたのに)、大変申し訳ございません。 大変恐縮ですが、別日程で説明会がございましたら、参加させていただきたいと考えております。 (/面接のお時間をいただくことができるようでしたら、お願いしたく存じます。 ) お忙しいところお手数をお掛けして申し訳ございませんが、 ご検討のほど何卒よろしくお願い申し上げます。 大学のゼミ発表の予定が変更となり、同日の説明会(/面接)に参加することが難しくなってしまいました。 お忙しい中お手数をおかけしまして、大変申し訳ございません。 ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 選考を辞退させていただきたくご連絡いたしました。 本来、直接お目にかかってお詫びすべきところ、メールでのご連絡となりますこと、重ねてお詫び申し上げます。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 jp -------------------------------------------------------------- 内定辞退の場合は、なるべく丁寧に電話とメールで伝え、追ってお手紙を書くなど最大限に誠意を持った対応を心掛けましょう。 先日はご多用のところ、OB訪問をはじめ採用に関しまして多くのお時間をいただき、誠にありがとうございました。 また、この度は、内定のお知らせをいただきましたこと大変嬉しく思っております。 重ねてお礼申し上げます。 そのようなところ誠に恐縮なのですが、一身上の都合により内定を辞退させていただきたく、ご連絡いたしました。 内定をいただいた後、貴社でどのような仕事をしていくか、また私が貴社でどのような仕事に貢献ができるかと自分なりに考えておりました。 その結果、別の会社様とのご縁を感じ、そちらの会社様へ入社する決意を固めました。 本来、直接お伺いしてお詫びすべきところメールでのご連絡となってしまったこと、重ねてお詫び申し上げます。 大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。 最後になりましたが、貴社の益々 (ますます)のご発展をお祈り致しております。 今後、何かのご縁でご一緒する機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。 先日はご多用のところ、面接をはじめ採用に関しまして多くのお時間をいただき、誠にありがとうございました。 またこの度は内定の通知をいただきましたこと、大変嬉しく思っております。 重ねてお礼申し上げます。 一日も早く貴社の一員として活躍できるよう精進いたします。 今後ともご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願いいたします。 jp -------------------------------------------------------------- おわりに 以上、就職活動でよく使うメール例文11パターンを紹介しました。 OB・OG訪問のお礼、面接の日時変更の連絡、採用担当者への返信、就活中に送るメールには必ず守らなければならないポイントが存在します。

次の

就活マナー(メール):お礼のメール文面例

就活 メール お礼

1つ目のパターンは、「 人事担当者に感謝を伝えたいとき」です。 人事担当者は、忙しい中で時間を割いて、応募者の面接をおこなっています。 ですので、感謝をきちんと伝えておきたいという人もいるでしょう。 実際の面接の場では時間がなく、感謝を伝える余裕があまりありません。 そういった際にお礼メールを活用すれば、感謝の気持ちをきちんと伝えられるのです。 面接でうまくいかなかったとき 2つ目のパターンは、「 面接で上手くいかなかったとき」です。 面接の場になるとどうしても緊張してしまい、本来の実力が出せないことは珍しくありません。 もし、人事担当者が選考を進ませるか迷った場合、お礼メールの有無がきっかけとなることがあります。 面接で上手くいかなかったと感じたときにお礼メールを送ると、少しは安心できるでしょう。 人事は黙って切り捨てる!あなたのマナーは大丈夫? 就活ではメールの書き方以外にも、細かいマナーが沢山あります。 マナー違反をすると、 指摘されることもなく、黙って落とされてしまうでしょう。 そこで活用したいのが、「」です。 マナー力診断を使えば、 24の質問に回答するだけで、「身だしなみ」「電話・メール」「履歴書の書き方・送り方」など、 自分の弱点をグラフで見える化できます。 ぜひ活用して、就活の不安を無くしましょう。 面接後に送るお礼メールの項目別の書き方を、ご紹介します。 まずは、宛先です。 一番上にあるからといって、宛先を最初に入力するのは好ましくありません。 宛先を最初に入力してしまうと、本文が完成していないのにもかかわらず、誤って送信してしまう可能性があるのです。 本文を書き終えて、 メールを送る直前に入力しましょう。 しかし、企業に送るメールでは、件名をきちんと入力するのがビジネスマナーなのです。 面接後に送るお礼メールにも、件名は入力しましょう。 ポイントは、 件名を見ただけで内容がわかるようにすることです。 自分の名前と大学名も、あわせて入力しましょう。 「いつどこで何をした誰なのか」を意識すると、シンプルな自己紹介ができます。 そして、面接で感じたことや考えたこと、面接を受けて変わったことなどを書いていくのです。 本文を書く際は、言葉遣いや誤字脱字に注意しましょう。 署名とは、「このメールは私が作りました」と証明するためのものです。 ビジネスマナーとして、必要なものなので覚えておきましょう。 お礼メールに書く署名の項目は、 氏名・大学名・住所・電話番号です。 この4つの項目のほかに、メールアドレスを追加しても問題ありません。 電話番号の代わりにメールアドレスを記入するのはNGなので、注意しましょう。 本日はお忙しい中、面接のためにお時間を割いて頂き誠にありがとうございました。 面接中は大変緊張してしまいましたが、自分のありのままをお伝えすることができたと思っております。 是非とも良いご連絡がいただけますよう祈っております。 末筆ながら、面接のお礼を申し上げます。 最後までお読みいただき、ありがとうございます。 こちらのメールに返信は不要でございます。 jp 自宅:xxx-xxxx-xxxx 携帯電話:xxx-xxxx-xxxx お礼メールでは読みやすいように改行を活用し、3〜4行毎に行間を入れましょう。 長文のお礼メールだと熱意が伝わって好印象、というわけではありません。 就活の面接後に送るお礼メールは、 全体的にシンプルな構成にした方が良いのです。 宛先や誤字脱字など、相手に失礼にならないお礼メールを作成することも大切なポイントとなります。 お礼メールで感謝を伝えるためにも、マナーには十分気をつけておきましょう。 ちょっとした心遣いができているかどうか お礼メールの最後に、返信が必要ないことを書いておくと親切です。 書かなくてもマナー違反ではありませんが、あるかないかでは印象が大きく変わってくるでしょう。 面接後に送るお礼メールの目的は、あくまでも「 感謝を伝えること」です。 忙しい人事担当者の手間を考えて、ちょっとした心遣いをすることがプラスに働くでしょう。

次の