ヒカル valu。 【ヒカル】禁断ボーイズ モーリーが内部告発か【ネクステ 暴露】

独占取材「YouTuberヒカルVALU大炎上」の舞台裏 VAZ社 森代表インタビュー

ヒカル valu

マイクロトレードサービス・ VALUは8月23日、YouTuberの さん、 さん、の いっくんさんらがVALU上で起こした一連の問題について、彼らの所属会社であるVAZおよび同社の元顧問・井川拓哉さんに、 ユーザーへの損害賠償などを勧告した。 VALU、ヒカルらに対してユーザーへの損害賠償を勧告 VALUは、個人が株式会社のようにVAとよばれる株を発行し、資金調達を行うことのできるサービス。 VAの取引はビットコイン(仮想通貨)を用いて行われ、購入したVAをほかの株主(VALUER)に買い取ってもらうことで差益を得ることができる。 「ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)および井川氏に関する対応等についての続報」と題した文面では、YouTuberによるVALU取引を巡って起きた一連の騒動()について、VALUの顧問弁護士から賠償や補填などを勧告する通知を、内容証明郵便として送付したことを明らかにしている。 その中で、4人が行ったVAの大量販売などによる損害への賠償、VALU保有者からのVAの買取り、損害を被ったユーザーへの対応内容とスケジュールの公表などを勧告。 ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)および井川氏に対する通知書の送付について 本日、弊社顧問弁護士より、VAZ社および井川氏に対し、VAの大量販売など一連の行為による損害または損失が発生した本サービスユーザーへの損害賠償または損失補填、VALU保有者からのVAの買取り、ならびに損害を被ったユーザーに対する今後の具体的な対応の内容およびスケジュールの公表等を勧告する通知書を内容証明郵便により送付いたしました。 さらにVALU側の対応として、「利用者保護を強化する利用規約の改定を含む新ルール」を、来週中をめどに発表するという。 炎上の発端と、VALUの最初の声明 一連の問題が発生したのは8月15日。 前述のYouTuber3人が、ビットコインを用いたマイクロトレードサービス・VALU内で、大量のVA(個人の価値を取引するための疑似株)を一斉に売却、利益を得るとともに、彼らのVA保有者に被害を与えたというもの。 特に、関係者であるVAZ顧問・井川さんが、ヒカルさんらが全VAを手放す前に売り抜きを図ったように思える行為を行い、利益を得たことも大きく批判された。 批判を受けたYouTuber3人は、売り払ったVAを買い戻す意向を表明。 自社株買いスタートしました。 よろしくお願いします。 — ヒカル kinnpatuhikaru 対して、VALU側でも、該当するVAへの売買注文をすべてキャンセル。 取引で発生した手数料収入については、VALUと同様の「人の価値を発掘し、高める。 」という意向を掲げる組織へ寄付することを発表。 寄付先および寄付金額は確定次第報告する、とされていた()。 しかし、その後も騒動は各方面へ波及。 他のYouTuberやアーティスト、投資家、法律専門家、関係者からも言及され、新聞社も報道する事態へ。 ヒカル叩きがネット上で過熱 井川氏はVAZ顧問を辞任 一方、ネット上ではヒカルさんたちへの批判が強まり、匿名掲示板「2ちゃんねる」内の特に「なんでも実況(ジュピター)」(通称「なんJ」)ではその動きが過熱し、ヒカルさんたちの動画に対して自動で低評価をつけるツールを配布したり、関係者の住所を特定したりといった嫌がらせに発展。 VALU騒動に端を発する一連の炎上とは別に、ネット上の私刑については多くの人が反感を示している。 そして、ヒカルさんらの動画を無断でコラージュし、特定宗教を侮辱するような動画を投稿するに至り、ヒカルさん側も「捜査機関と連携」すると発表、出演イベントもキャンセルするなど、事態はいまだ収拾する気配がない。 ここ最近の一部の人の行き過ぎた行為について — ヒカル kinnpatuhikaru また、22日には、当初株の売買で言う「インサイダー取引」に当たる行為を疑われ、その後否定していた井川さんだが、VAZおよびヒカルさんたちが所属する事務所・NextStageの顧問を辞任すると発表している。 本日、一身上の都合により、VAZinc. 顧問及びNextStage顧問を辞任することにいたしました。 この度は世間をお騒がせし誠に申し訳ございませんでした。 引き続きVAZやNextstageをよろしくお願いします。 — 井川 wGDg1DH5TQz7tA4 VALUの責任を追求する声も 当初から、VALUに対してプラットフォーム側の責任を問う声も多くあったが、今回のVALU側の続報についても、「責任転嫁ではないか」「そもそも企業の発表内容として不透明すぎる」といった厳しい声が集まっているのも事実だ。 そして、舌鋒鋭い独自の持論を展開するYouTuber・シバターさんが、8月24日(木)、この件について改めて動画で語ったことが新たな波紋を呼んでいる。 それによると「彼らのVALU参入についてはVALU運営側も噛んでいた。 当初は、一緒にVALUを盛り上げていこうという話だったが、炎上したらVALUが手を引いたので、裏切られたとヒカルから聞いている」とのこと。 シバターさんは動画内で、ヒカルさんの発言が正しい根拠もない、とも発言している。 元々ヒカルさんらと交流があり、炎上してからもコラボ動画を公開したり、ヒカルさん・ラファエルさんと共に「炎上軍の休日」という共同YouTubeチャンネルを発足したりしているシバターさんによるこの新情報。 事実だとすれば、なぜ本人たちはその経緯を明らかにしないのか疑問も残る。 いずれにしろ、VALUの勧告を受けて、ヒカルさんたちがどのような対応を示すのかに注目が集まっている。 新世代YouTuber、どこへ向かうのか?.

次の

VALUとは〜ヒカルがVALU詐欺?

ヒカル valu

VALUとは? VALUとは、かなり大雑把に言うと、個人を「株式会社」に見立てたサービスです。 VALUとは証券取引所のようなところで、個人が登録すると、個人の知名度に応じた株数を割り当ててVALU上に上場することになります。 そして上場すると自分の仮想株式(VA)を売り出すことができます。 VAは仮想通貨のビットコインでのみ購入が可能です。 VALUは、上場した個人が、応援してくれる人がVAを購入することで資金調達をする仕組みになっていますが、通常は上場した個人が「優待」を設定し、その優待に魅力を感じた人たちがVAを購入することになります。 そういう意味では、VALUは「クラウドファンディング」の資金調達方法に近いのですが、仮想通貨ビットコインでの資金提供になるのと、上場した個人の価値(会社でいう「時価総額」)が高くなることを見込み、投資的な視点でVA取引が行われる点が異なってきます。 VALUでヒカルは何をした? そんなVALUに人気Youtuberのヒカルが上場しました。 そして、その後、ヒカルは「優待」や「時価総額」が上がりそうな情報があるかのように見せた後に、一般利用者に対してヒカルが所有しているVAを全て売りに出したため、その行為が株式売買における「インサイダー取引」や詐欺に当たるのではないかとして問題視されているわけです。 ただ膨大なヒカルのVAは全て売却されたわけではないようですが、情報によると2000VA(約4000万円)の売却には成功しているようです。 ヒカル自身の意図は不明ですが、ヒカルの「時価総額」が上がるかのような情報を発信する一方で、自らが所有する膨大なVAを全て放出したことについては、VALU自体のサービスをぶち壊すものであり、損失を被った人がいる以上、訴えられた場合は「詐欺」と捉えられても仕方ないかもしれません。 ヒカルの一件でVALUはどうなる? ヒカルの一件を受け、VALU運営会社は「利用者保護を最優先に考え、取引に関するルールづくりを進めております。 新たなルールについては、決定次第発表いたします。 運営一同、引き続き初心を忘れず精進してまいりますので、今後共どうぞよろしくお願いいたします」というコメントをホームページ上で発表しました。 しかし、VALUは資産価値を捉えにくい「人」というものに対し、仮想株式を発行して、仮想通貨で決済するという非常に見えづらいサービスですので、今回のヒカルの件を踏まえ、資金調達の手法として世間に浸透することは難しそうです。 ただ、問題点を露呈してしまったVALUとヒカル自身の落ちた信用の回復は簡単ではなさそうです。

次の

VALUとは〜ヒカルがVALU詐欺?

ヒカル valu

概要 高速トークを操るのが特徴の一つとされる。 というブランドを創立している。 過去には小嶌宣輝と「」というも結成し音楽活動もしていた。 略歴 高校卒業後、地元の工場に勤めていたが、給料も安く、年功序列も厳しく、自分の意見を全く聞いてもらえない環境だった。 また退職して行った社員への批判など、があった為退職した。 その後、一般企業に研修の形で勤めた後、を行っていた。 2013年6月1日、チャンネル「Hikaru Games」を開設。 動画投稿を始めたのは人気がほしかったためだとしている。 2016年3月18日、チャンネル「ヒカル(Hikaru)」を開設。 10月16日にチャンネル登録者数10万人達成し12月20日にはチャンネル登録者数100万人を達成した。 2017年4月3日、の春祭りでのを大量に買う動画を公開し、15万円分のくじを買っても当たりが出なかったことが話題となった。 8月20日、YouTuberの、と炎上軍というユニットを結成した。 2018年9月16日、音楽ユニット「カルxピン」を結成。 2020年1月、とのYouTube上でのコラボレーションを実施、話題となった。 3月27日に「カルxピン」の解散を発表。 5月4日、宮迫と共に出演したロコンドテレビCM復帰編 30秒ver. がテレビ東京で放送された。 出演 CM 2020年• 「」-と共演。 脚注 [] 出典• YouTuberの本 October 2017』、、2017年9月1日、 25頁。 ORICON NEWS 2020年3月26日. 2020年7月6日閲覧。 Real Sound 2020年4月29日. 2020年7月6日閲覧。 日刊サイゾー サイゾー. 2017年9月6日. 2018年10月5日閲覧。 YouTube. 2017年10月1日閲覧。 「SPECIAL INTERVIEW 06 ヒカル」『Next Stage オフィシャルファンブック』、コスミック出版、2017年8月5日、 58頁。 YouTube. 2017年4月6日閲覧。 ライブドアニュース. 2017年4月4日. 2017年4月6日閲覧。 ORICON NEWS 2020年1月30日. 2020年7月6日閲覧。 公式動画.

次の