キチガイまま。 よくもあんなキチガイレコードを!

夢野久作 キチガイ地獄

キチガイまま

まずキチガイと言われる人の特徴としてあげられるのが、周囲の人への迷惑行為です。 キチガイな人と言うのはそもそも私たちとは思考が全く異なっていると言えます。 そのため私たちが感じている常識が全く通用しないのも特徴でしょう。 キチガイな人にとって、私たちが迷惑だと思うようなことも迷惑だと感じませんし、むしろなんとも思っていない可能性があります。 自己中心的なタイプが多いので、相手がどのように感じるかなんて考えもしないのです。 そんなキチガイがいな人がすぐそばに住んでいたとしたらどうでしょうか? 例えば夜中に爆音で音楽を流していても、キチガイと言われる人たちは何も感じません。 自分が楽しければ周りのことなどお構いなしなのです。 一般の人からしたら真夜中に音楽を流されるなんてとんでもないでしょう。 明日も仕事や学校で忙しいのに眠れないなんてことにもなりかねないのです。 自分には全く非がないと本気で思っているのです。 そのため言い訳もとても上手い傾向にあります。 また言い訳のためにありもしない事実を勝手に作り上げることも珍しくないです。 とにかく自分への評価が高いので、自分のミスであったとしても事実を認めてはくれません。 特に職場でそのようなことに巻き込まれたらたまったものではありませんね。 そのため流行に対しても敏感ではありますが、決して一般的なものは取り入れないのです。 一番顕著に表れるのが「ファッション」でしょう。 ファッションスタイルは私たちの中でとても重要でその人の雰囲気を決めるものでもあります。 周りから理解されないようなファッションをキチガイな人たちはしている傾向が強いのです。 一般的な感覚と一緒にされたくないのであえて奇抜なファッションで身を包むのです。 中には周りに迷惑をかけるのではないかと言わんばかりのファッションスタイルで平然と歩いている人さえいます。 キチガイな人が職場や学校などに一人でもいるとなかなかめんどくさいと思い、人間関係が上手くいかなくなってしまうかもしれません。 そんな、人との関わりがめんどくさいと感じてしまう心理や原因に迫った記事もありますので一緒にいかがでしょうか。 もしも自分の周りにキチガイな人がいたらどうしましょう?キチガイな人と言うのは男女関係なく存在するものです。 キチガイな人に変わってもらうのはなかなか難しく不可能に近いので、自分自身が上手く対処する必要があります。 これ以上自分が傷つかないために、まず対応の方法は「無理に理解しない」ことです。 先程からも述べているようにキチガイと呼ばれる人たちは私たちの常識が通用しません。 そのため私たちが振り回されてばっかりなのです。 そんな人のことを無理に理解しようとすれば疲れてしまいます。 世の中には知らなくてもいいことと言うのはたくさんありますよね。 キチガイと呼ばれる人は一般的な感覚を持っていないので深入りし、理解しようとすればするほどこちらが参ってしまいます。 こういう人も世界に入るのだと思うだけで良いのです。 私には理解できない人だと割り切ってしまいましょう。 上手に躱す 理解することが難しい「キチガイな人」ですが、その場にいるだけでも疲れてしまい増そうです。 そのためには上手に躱して関わらないことが大切です。 キチガイな人と正面から向き合ったとしても良いことなんてありません。 むしろこちらの常識が通用せず、余計なトラブルになりかねませんから、その場をやり過ごしましょう。 もしもキチガイな人と真正面から向き合って、対応したとしてもしかしたら自分に不利益になったり責任転換の的になってしまうかもしれません。 そうならないためにも、波風を立てないことが重要なのです。 納得のいかない内容だったとしてもぐっとこらえてこれ以上騒ぎにならないよう穏便に事を済ませましょう。 反論はなるべくしない キチガイな人は自分中心であることがほとんどです。 そのため「あなたはおかしい」「あなたのせい」と言ったように反論をすると、筋の通っていない怒り方をします。 自分の考えは間違っていないと信じていますから、他人から文句を言われるのが心の底から気に食わないのです。 そんな人に対して反論をしてしまったら、トラブルになるのは目に見えています。 反論せずにその場を収め、周囲の人や上司に相談してみましょう。 キチガイな人本人にぶつけるよりも、周囲の人との連携で問題を解決した方が効率も良いです。 悪いのは明らかに相手であることがわかれば、きっと周囲の人も理解をしてしてくれますし、同じように思っている人も少なからずいるはずです。 自分一人でキチガイな人のために悩む必要はありませんから、本人には反論せず、争いをせずに冷静に対処するのが得策でしょう。 可哀そうな人だと思う キチガイな人と言うのは自分が周りに迷惑をかけていることや以上であることに全く気付いていません。 そのためにさまざまなトラブルを起こすのです。 つまりは自分の間違いに気づけない「可哀そうな人」なのです。 本来ならば相手を思いやる気持ちや集団行動のとり方と言うのは、学生のうちに自然と身に着くものです。 間違いを犯してしまったとしても、親や先生などによって「いけないこと」を教えてもらえるのですが、キチガイな人はそんな「教えてくれる人」が周囲にいなかった可能性もあります。 そのため、自分が異常な行動を起こしていても気づけず、反省することも「出来ない」のです。 反省をすることができないので、いつまで経っても自分の悪い部分気づけません。 と言うことは、自分の能力を向上することもないでしょう。 いつまでも現状維持なままになってしまいますから、進歩がみられない可哀そうな人なのです。 そう思うと少しばかり自分の中でキチガイな人への対応も出来るようになりませんか? 距離を置く もしも可能なのであればキチガイな人から距離を置くのも解決策の一つとなります。 無理に関わる必要は一切ありませんから、苦手意識がある様ならば距離を置きましょう。 突然無視をすると相手から不振がられたり怒られてしまうこともありますから徐々に距離を置いたりあいさつ程度しか交わさないなどの対応をとりましょう。 キチガイな人とは関わらないのが一番安全な方法です。 もしもあなたから距離を置けるような立場なのであればすぐにでも距離を置いて、関わらないように離れてください。 そうすることで精神的にも安心出来るようになります。 もしもあなたが職場の人間関係が上手くいかず、上手に距離を置いたり関係を保ったりするのが苦手なようであれば参考になる記事もございますので合わせていかがでしょうか。 「ファッションキチガイ」と言う言葉をご存知でしょうか?ファッションキチガイとは、キチガイの振りをしている人のことを指します。 本当は普通の人なのに、頭のおかしいキャラクターを演じているのです。 本質は全く持って普通の人なので本当のキチガイに出くわしたときに対応ができなくなったり本性が露わになります。 またキチガイの振りをしているだけで、本当はただの「性格の悪い人」と言うパターンもよくあります。 本当にキチガイだと思われる人は、何を言っているのかわかりませんし話が通じません。 ファッションキチガイの場合はある程度話が通じますし、本気で起こったり注意すれば止めてくれる可能性もあります ただし「ミイラ取りがミイラになる」と言った言葉があるように、キチガイの振りをしているうちに本当のキチガイになってしまった、常識がわからなくなってしまった、と言うようなことも少なくはないのでもしも周りにファッションキチガイがいたら道を外さないように諭してあげるといいでしょう。 ただヒステリーな女性キチガイ 女性に多いのが「ヒステリー」を起こす人です。 どの行動によっては「ヒステリックキチガイ女」とののしられてしまうこともあります。 女性は感情で生きているなんて言われるように、感情を重視する傾向にあります。 ヒステリーを起こしやすいのもそのせいと言われています。 自分が間違っていても自分の感情が高まっていたり感情によって怒りなどが収まりきらなくなるとヒステリーを起こします。 こうなってしまうとお手上げで何を言っても聞いてくれませんし一人で落ち着いてくれるのを待つしかありません。 と言っても無視されることによってさらにヒートアップすることもあるので難しいのです。 この「ヒステリー」を一度起こしてしまうと、駅であろうがお店であろうが関係ありません。 自分の感情が収まらない限り怒鳴り散らしたり、泣きわめいたりと手の施しようが無くなってしまうのです。 クレーマーでもヒステリーを起こす人はとても厄介ですよね。 自分に酔ってるタイプのキチガイ 自分が大好きなキチガイの多いのがこのタイプです。 他人とは違う自分を心から愛しているのです。 つまりは自己顕示欲や承認欲求が強いとも言えます。 一般的な服装や生活パターンを極端に嫌うため、近所付き合いもうまくいきません。 それどころかトラブルを引き起こすことも珍しくはないのです。 とにかく自分が大好きなので、周囲から浮いている存在だとしても全く気に留めていません。 TPOをわきまえないので人付き合いとしても嫌われる傾向にあります。 周囲の人から嫌われているのだと気づいたとしても、「自分のことを理解できない哀れな人たち」と言うように見下しているのです。 自分のセンスが絶対なので、それを理解されない=自分にふさわしい人ではないと感じています。 当の本人が間違っている何て、微塵も思わないのでしょう。 確かに昨今の日本ではサブカル文化のように特徴のあるファッションも流行りですが、TPOをわきまえないスタイルはキチガイと捉えられてしまいます。 精神障害を持っているタイプ キチガイだと言われてしまう人の中には「精神障害」に落ちいている場合もあります。 この場合は周囲からの理解や家族の協力が不可欠です。 もともと普通の人だったのに異常な行動をとったり、被害妄想や疑心暗鬼に憑りつかれているようでしたら、ストレスなどによって精神に異常をきたしている可能性もあります。 精神的な病気が原因である場合は、回復が見込めます。 専門機関に相談する必要があります。 病気が原因で本当であれば大人しい普通の人なのに、攻撃的になったり異常行動を起こしているかもしれませんからそう言った人に対して「キチガイだ」と言ってしまうと差別用語をぶつけてしまっていることになります。 病気と闘っている場合には、キチガイだ!と決めつけるのはとても失礼ですから、きちんと理解して対応してあげる必要があるでしょう。 確かに突然暴れ出したりする姿を見たらキチガイだと言いたくなるかもしれませんかこちら側が冷静になるのも必要です。 キチガイな人と適度に距離を置いて平和を保とう.

次の

よくもあんなキチガイレコードを!

キチガイまま

反応や対応が普通ではなく、ちょっと変わった行動をする人のことを周りから見ると「キチガイ」と感じてしまうことがあります。 周りに平気で迷惑をかけたり、常識では考えられない行動をしていることもあります。 そのような行動で、一度でも「キチガイ」と思われたら、周りは一線を置いて接するようになってしまうでしょう。 そのような人たちが周りからキチガイと思われがちなのですが、具体的にどんな特徴があるのでしょうか? 1. 感情のコントロールが出来ない 人間には、喜怒哀楽の感情があります。 それがあるから、人としてただ単に息をしているのではなく、人生を楽しんだり、時に辛かったり悲しかったりすることから学ぶことができるのでしょう。 感情というものはとても不思議なものですが、小さい赤ちゃんのころは感情をコントロールすることはまだ覚えていませんでした。 しかし、大人になっていくにつれて、感情というものは自分で制御しコントロールするものだということを学んできました。 普通ならイライラしたからといって、その感情を誰彼構わずぶつけることは良くないことだと知っているでしょう。 しかし、感情を全くコントロールできない人たちもいます。 それも感情が移り変わりやすく、周りの人たちが困惑するほど、感情的になってしまう人がいます。 今まで普通に笑っていたかと思ったら、急に怒り出したり、時には急に暴力を振るったりする場合もあるかもしれません。 穏やかな人が突然豹変して起こって暴力的になることはあるのです。 そのような人は、周りから恐れられてキチガイと思われ、距離を置かれてしまう場合が多いでしょう。 突然発狂したり泣き出したりする 突然発狂したり、泣き出したりする人もキチガイと思われがちでしょう。 いろいろなストレスが溜まりにたまって追い詰められた結果、自分でもどうしようもなく涙が出てきたり、ストレスの原因と思われることを見たり聞いたりしたときに発狂してしまうこともあるかもしれません。 今まで抑えてきた感情が、ある種の警告として表に出たのかもしれません。 でも悲しいことですが、その人の抱えているストレスについて、何もわからな人から見ると、その人はキチガイのように見えてしまう可能性があります。 恨みをいつまでも根に持っている 自分がされて嫌だったこと、いわれて傷ついたことをいつまでも根に持って、いつまでも相手を恨み続けている人もキチガイと思われがちかもしれません。 人間なのでわたしたちはお互いに人に嫌なことをされたり、逆にしてしまったりすることがあります。 また、恋人として愛し合っていた二人も、何かがこじれて顔も合わせたくないほどの関係になってしまったりすることもあるでしょう。 しかし、キチガイと思われがちな人はしょうがないことだと割り切ることができず、自分が受けたいじめとか傷つけられた経験をいつまでも根に持ち続けているのでしょう。 自分も他の人に迷惑をかけたり、人を傷つけたりしたことがあるはずです。 しかし、そのことは全くなかったことになっていて、ただただ自分がされたことばかりを並べ立てて、被害者妄想を繰り広げているなら、悲しいことですね。 常に自分は正しい、相手が100%悪いと思っていて、相手が自分のように苦しんだり、つらい目に合わない限り納得できない、と思っているのかもしれません。 恨みつらみはすぐに忘れないと、もっと自分の中で根が深くなって、憎しみはやがて殺意に変わることがあるので、自分のためにも早めに忘れるほうが懸命なのかもしれません。 執着心が強い 一途に誰かを愛せることって素晴らしいことだし、きっと多くの人は恋人にするなら一途なタイプの人がいいと思っていることでしょう。 でも、それが度を超すと相手に迷惑をかけたり、怖い思いをさせてしまうことがあります。 例えば、一途にその人を思い続ける以上に、その相手を独占することが愛情の大きさだと勘違いしている人は、相手の意思に関わりなく自分のものにするためにどんな手でも使うかもしせん。 しかし、. 執着心が強すぎると相手が嫌がっているにもかかわらず付きまとったり、相手が自分を拒否した時にそれを受け入れられなくて、執念深く相手に迫ったりするなら、それはストーカーという犯罪行為になってしまいます。 そのようなことをしてしまう人は、相手のことを一番に考えているわけではなく、自分の気持ちや欲求を満たすことしか考えていないのかもしれません。 相手が怖がったり嫌がったりする事も平気でしてしまうし、自分がそのような行動をするのは、自分を受け入れない相手が悪い、と相手を責めたりする可能性もあります。 そのような執着心が強い人に付きまとわれたら毎日が恐怖でしかありませんね。 あまりにも執着心が強くて、相手に迷惑をかけてしまう人はキチガイと思われてしまうでしょう。 自分が間違っていても絶対に謝らない たとえ、自分が間違っていることが明白な状況でも、「自分が間違っている」という事実を認められない人もいます。 どうにかして、誰かのせいにしたり、自分を正当化したり、自分が被害者みたいに装ってみたり、周りを攻撃することで自分を守ったり・・・いろいろな方法を駆使して、自分の間違いを認めず、正しいと言ってもらえるまで絶対に譲らない人です。 そうゆう人は周りからすると理解できず、キチガイと思われてしまうかもしれません。 みんな間違いはするし、絶対に自分がいつも正解ではないということをわかっていないのでしょう。 いつだって、自分が正解で、自分が黒だといえば黒、白だといえば白、というように世の中が自分を中心に回っているかのように勘違いしているのかもしれません。 露骨に人を攻撃する キチガイと思われがちな人は、人を攻撃し、人を傷つけようとする人もいます。 それは単に暴力という形だけではなく、その人を精神的に追い詰めてしまうこともあるでしょう。 人前で相手の悪口を言ったり、あからさまに無視して仲間外れにしたり、気に入らない人を存在していない透明人間のように扱って、メンタルを攻撃したりすることも考えられます。 誰か一人をターゲットにして露骨にいじめたり、攻撃の対象とする人にとって、人を傷つけることは何でもないことで、単なる遊びや習慣になってしまっているのかもしれません。 自尊心が非常に強い 「自分が一番」、「自分は特別」などと思い込んでいて、そうならないと怒り出したり、おかしくなってしまうような人もキチガイと思われがちです。 そのような人は、自分は特別な人間で、自分は人よりも重要な存在だ、という感覚を持っていることがあります。 自分の業績や才能を自慢したり、それを誇張したり、何も評価されるものがないとしても自分が優れていることを認められることを期待したりするようです。 【自尊心については、こちらの記事もチェック!】• 平気で嘘をつく きっと嘘をついたことがない、という人はいないでしょう。 小さなものであれ、大きなものであれ、人は嘘をついてしまうことがあります。 でも、あまりにも平気で嘘をつく人もいますよね? つまり「虚言癖」があり、虚栄心や自分を実際よりも大きく偉大に見せようとして、平気でホラを吹くようなことがあるのです。 隠し事をしたかったり、何かやましいことがあると、こちらが見たり調べたりすればすぐにわかることなのに、ごまかそうとしてすぐに嘘をつく人もいます。 さらに、他人についても間違った情報も平気で流し、周りに迷惑をかけることもあるでしょう。 他人の気を引こうとして、そうする場合もあったり、肥大化した自分と現実の姿のつじつまを合わせるために嘘を重ねる場合もあります。 被害妄想が強い 被害妄想が強すぎる人もキチガイと思われることがあるでしょう。 自分が何かの被害を受けたとき、決定的な証拠がなくても「あの人の仕業だ」と思い込んで、その人が自分を攻撃しているとして見当違いの恨みを持つこともあります。 「傷つけられた」という経験がずっと忘れられなくて、人間関係が怖くなったり、人を懐疑的に見てしまうということもよくあることです。 ただ、なんの証拠もないし、全然見当違いのことでも、自分がある特定の人から攻撃されているとか、傷つけられているということを思い込んで、その人を恨んだり、逆に攻撃しようとするなら、お互いに大きな問題を抱えてしまうでしょう。 周囲は皆、敵だと思っている 「みんな自分を嫌っている」「みんなからバカにされている」、「見下されている」など、周りの人がみんな自分を批判的な目で見ている、という考えになってしまうこともあるでしょう。 ある種の被害妄想でもあるのかもしれませんが、自分に自信のない人はそのような考え方の傾向に陥りがちなようです。 自分が自分を否定しているときは、周りの人もそう見ているように感じてしまうことがあります。 自分が自分を愛せていないときにも、周りの人から愛されていないと感じて、つらくて周りを攻撃的な目で見てしまうこともあるのかもしれません。 周囲の人を攻撃的な目で見ている人は、なんでも他人の言動や行動を否定的に受け取る傾向があります。 そうなると、周りの人に攻撃的になり迷惑をかけてしまい、キチガイと思われてしまうのでしょう。 まずは、自分で自分を愛して認めることが必要なのかもしれませんね。 ちょっとしたことでクレームを言う 「お客様は神様」。 日本にはこんな精神がまだ残っていますよね。 それで、仕事してサービスを提供している人に向かって、その行動や態度が気に入らなかったということで、クレームをつけそして相手を人間以下のような扱いをする人は、周りから見るとキチガイだと思われがちです。 店員の言い方が気に入らなかった、とか、やる気を感じないなど、ちょっとしたことでも大きく取り上げ、相手が謝罪するまで絶対に許さないというような、普通以上のクレームを付けることもあるでしょう。 ある時には、店員のちょっとしたミスに対して怒り出した人が、その店員や店長に土下座までさせたというニュースなんかもありましたよね? 人間なんだからミスをすることだってあるし、自分は客とはいえそんなに偉いわけでもないですよね。 逆にサービスを提供してもらいに自分で来たわけなので、そのようなことをする人はおかしい人と思われるでしょう。 自分が買い間違えたのに、それを店のせいにしたり、わけわからないことでクレームをつけることもあります。 キチガイと思われがちな人と適度に接するために キチガイと思われるような人と一緒にいると周りの人は疲れてしまうでしょう。 というよりは、理解できない行動や言葉に大きなストレスを抱えることになりかねません。 「キチガイ」とは、気が狂うとか気がふれるという意味で、発狂した人間や、常軌を逸した人、さらに行動や言動が他の人と大きく異なる人を指しています。 そのような人を見て、恐怖を感じることがありますよね。 では、どうしたらそのような人たちと適度に接することができるのでしょうか?? キチガイの人が周囲に与える影響 通常とは違い、喜怒哀楽に大きな波があったり、それを他人にぶつけ、他人を傷つけたり、当惑させたりする人がいます。 例えば、まったく根拠のないことで騒ぎたち、自分の子どもや上司など近くで関わる人たちを責め立てわめくような人たちもいます。 そのような人と生活や仕事を共にしなければいけない人たちにとっては、地獄のような場所となってしまいます。 なんといっても、常識や論理的な思考は通じないことが多いです。 さらに、親がそのような状態でいつも傷つけられたりして育った子どもは、その不幸な生い立ちゆえに大人になっても病んでしまうケースも多いようです。 心が安定していなかったり、普通の思考とは違い、どこかおかしかい人と一緒に過ごす、ということは周りの人にとって大きなストレスとなってしまいます。 接したくないけど接しなきゃいけない場合 どこかおかしな人とはできるだけ一緒にいる時間を少なくしたい、と思うかもしれませんが、それができない状況にいる人もいるでしょう。 例えば、家族の中や、仕事場にそのような通常では考えられないような言動や行動を繰り返す人がいる場合、毎日接する必要があって大変な思いをしているかもしれません。 こちらが理解してほしい常識や一般論は通用しませんから、もうどうしていいかわからなくなることも多いと思います。 真面目にずっと付き合っていると、かなりのストレスを溜めてしまうことになるでしょう。 では、接したくないと思っていても、どうしても接する必要があるとき、どうやって対処していったらいいのでしょうか?? 1. うまくその場をやり過ごす 一番は、うまくその場をやり過ごすことです。 正面からぶつかって、どうにかその人にこちらが思う常識とか当たり前、というものを理解させて相手を変えさせようとする必要はないのかもしれません。 正面から対応してしまうと、お互いに傷つけ合って終わってしまったり、分かり合えないまま嫌な気持ちだけが残ることも多いからです。 こちらが注意したり、正論を述べたりすることで相手の怒りを買ってしまい、一番の悪者のようにとらえられて、責められてしまうこともあるかもしれません。 そのため、その場が一番波立たないように、問題が最小限に抑えられるような方法でとりあえずその場をやり過ごした方がいいのではないでしょうか。 例えそれが自分の筋を通せない方法だったり、納得のいくような手段ではなくとも、平和裏にその人接することができるのであれば、自分を守ることができるのかもしれません。 無理に仲良くする必要は無い 人は、誰かとの関わりや交流を求めるものですが、友だちや恋人は選ぶべきものです。 もしかしたら、どんな人でもこちらに興味を示してくれた人に対して、それに応じなきゃと思う親切で優しい人もいるかもしれません。 しかし、もし相手が周りの人を傷つける言動や行動をなんとも思っていなかったり、自分勝手すぎて周りの人を追い詰めるようなタイプの人なら、その人と無理に仲良くする必要はありません。 誰とでも仲良くなりたい、と思うことは良いことかもしれませんが、それでも世の中にはこちらの力ではどうしようもできない人もいるのです。 わざわざその人を避けるということはしませんが、それでも仲良くなる必要はないのです。 もし、あからさまにその人を避けるような態度をとってしまうなら、「態度が気に入らない」と逆にその人に目をつけられてしまうこともあります。 そのため、他の人と同じように接しつつも、一定の距離を保ち深入りしないようにしたほうがいいでしょう。 反論してはいけない 筋の通っていないことや、あからさまにおかしい行動や言動をしている人に対して、注意したり、反論したりしたくなることもあります。 でも、もし反論してしまったら、自分をもっと苦しめてしまうことにもなりかねません。 その人は、自分の考えが間違っているとか、他の人はどう感じるか、なんて全く気にもしていないし、考えたこともないかもしれません。 そのような人に「あなたはおかしい」とか「あなたは間違っている」というような反論をしたり、常識とか、当たり前を突きつけてもただただ争いが大きくなるだけでしょう。 人の意見なんてもともと聞く気もない人には、何をどのように言ったって、結局こちらが悪者になってしまう可能性が高いです。 こちらが、反論すればするほど問題は大きくなり、こちらへのダメージが大きくなります。 もちろん、悪いのは相手だったり、こちらの言うことが全く正しいとしても、気がおかしい人に対して相手を責めるようなことを一言でも言ったり、何か反論するようなことをすると 相手はもっとキレてもっと無茶苦茶なことを言ってくることもあります。 ですから、基本は争わないようにする、ということです。 理解する必要はない きっと、普通の人が「は?」「何言っているの?」「おかしでしょ!」「人間として信じられない!」と思うことを、平気でやってしまうのため、キチガイと思われがちなのでしょう。 実際に、世の中には普通の感覚を持っていない、という人がいます。 「理解したい」ではなく、「こうゆう人も世の中にはいるんだ」という一種の受け入れ態勢でとどめておくとよいかもしれません。 その人を理解しようと気に病んだりする必要もなく、だからといって自分の生活の中から存在を締め出そうと必死になっても、それができないなら逆にストレスが溜まってしまうこともあります。 「自分には理解できないような人間も世の中にはいるんだ」と認めて、あまりその人に乱されないように、距離を保って付き合っていくほうがいいのかもしれませんね。 自分で異常に気付いていない 周りからおかしい人、普通じゃない人と思われているとしても、本人は自分が「おかしい」とは思っていない場合があるでしょう。 自分が間違っているとか、何か人と違うんだ、ということに気付いているのなら、まだ人の意見や反応を気にして自分を改善する努力をするかもしれません。 それに、自分が言っていること、やっている行動がどんなに道理から外れているのか、ということを理解できていないので、反省もしない人もいます。 逆に、人を傷つけておいて、いつも自分が被害者だと思い込んでいるケースもあるでしょう。

次の

キチガイゲージとは (キチガイゲージとは) [単語記事]

キチガイまま

建売戸建を買い マンションから引っ越しましたが ブッとんだ変人が境界線40㎝の隣に住む事になるとは… 最初は変わり者と思っていましたが、騒音や、地味な嫌がらせをする行為が続き 途中からキチガイ認定しました うちは 気をつかうタイプで おとなしく暮らしてますので 完全にターゲットにされているようです 日々 むちゃくちゃな ありえない事ばかり起こるので 本当に疲れました 近すぎるんですよね… 全窓カーテンついてないし シャッター付いてたって丸見えのまま 閉めないし 露出狂が 意味不明な事を日々してきます カーテンないから うちの行動が丸見えで 嫌がらせもやりやすいようです 一部フェンスつけましたが 足りません、、全部につけたら 60〜70万くらいになってしまいます… こんな事なら まだマンションがよかった、、 皆さんのお近くの変態またはキチガイ教えてください あと、今後の参考に そいつらの特徴を教えてください 緊急通報12回、警察署への相談4回。 夜中1時に玄関チャイムを乱打され、 表に出てみると手にバットを持って「出ていけ」を連呼。 夏は駐車場のすぐ脇にボンボンベッド持ち出し昼寝する。 出かけるためにエンジンをかけると、「うるさい」と罵声を浴びせる。 家内が庭に出ると、走り寄ってきて「まだいたのか」と恫喝する。 一旦火が付くと、30分は罵詈雑言を近所にも聞こえる声で叫ぶ。 警察を呼ぶと途端に善人顔を繕い、うちの電波で脳が冒されたという。 警察は民事不介入、傷害事件になれば逮捕もできると言うだけ。 家内が表に出なくなり、洗濯物もずっと部屋干しをしていた。 ある夜、9時過ぎに玄関ドアを乱打され表に出てみると、 夫婦の卑猥な声が筒抜けだからやめてくれと大声で叫ぶ。 警察が帰りしなに、弁護士に相談すればどうですかと言った。 翌日、弁護士事務所を訪ね相談すると内容証明書を出してくれた。 翌々日、警察官に連れられ弁護士事務所に隣人が来たという。 その際、統合失調症の患者カードを提示したと言われた。 弁護士から、精神疾患患者に責任を求めることはできないので、 今後は一切無視して過ごすしかないと言われた。 その後まもなく警察官が家に来て、個人情報なので言えなかったが、 うちの家を新築した前の持ち主は顔を十数回殴られ入院した。 退院後、この家を売りに出し引っ越したと告げられた。 警察は隣人がそういう病気を持っていることを把握していた。 それ以後は市の保健所の担当が定期的に巡回している。 また、警察も週に一度は見回るようになった。 ナイス: 0 おお…大変ですね… 私は、アパートのすぐ真下の住人に粘着されたことがあります。 四階建てアパートの三階に越して来てすぐの事でした。 ある日玄関チャイムがなってドアを開けたら、 男「布団…干してるでしょ、バタンバタンしないでください」 私「布団?いや、今日干してないですけど」 男「バタンバタンうるさい!やめろって言ってるんだ!」 無理にドアをこじ開けようとしてきたので突き飛ばして鍵とチェーンかけました。 最後の方は警察の方もすごく道場してくれて、「夜遅くにゴメンね、あいつもうすぐ引っ越すからね」って言ってくれました。 ナイス: 0.

次の